2016年03月26日

佐野元春35周年アニバーサリー・ツアー 佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA

子供の頃から聴いているのは中島みゆき、坂本龍一、そして佐野元春である。手元にある佐野元春のコンサートパンフレットで一番古いのは、ロックンロール・ナイトツアーの馬鹿でかい黄色い奴だ。これは、確か中学三年生のときである。それから約35年。っていうか、ほとんど最初期の頃から聴いているんじゃん。デビュー二十周年の時には、20万円近く出してシグネチャーモデルのギターを買うくらいにはファンである。

さて、その佐野元春の35周年記念コンサートを聴きに、東京国際フォーラムに行ってきた。座席は11列目、サイド寄り。

18時開演予定のコンサートは、ちょっと遅れてのスタートだった。しかし、短いイントロから一気にボルテージのあがる一曲目。ここまでは良かったのだが・・・全く声が出ない。五年ぐらい前に観た時も高音が苦しかったのだが、今回はそれに輪をかけて不出来である。特に、勢いで押せないバラード系の曲で苦しい。もう、一曲一曲、「これはかんべんしてあげて」と思ってしまうくらいに苦しそうに歌う。歌い出しで声が出ないし、高音を中心に発声できないので、音程まで狂ってしまう。今回はカメラが入っていたそうなので映像コンテンツ化するのだろうが、このままでは半分以上の曲が使えないのではないだろうか。

ミュージシャンたちとは息があっているし、気持ちも伝わってくる。しかし、あの声ではつらすぎる。コンサート終盤で喉の調子が最悪だったのかも知れないのだけれど、実は五年前もやっぱり声が厳しかったんだよね。

佐野元春 全国クラブ・サーキット・ツアー『ソウルボーイへの伝言』
http://buu.blog.jp/archives/51088204.html

もう、あんなものなのかな・・・・?お金を返せとは言わないのだが、もうちょっとコンディションが整う形でツアーをやって欲しい。そうじゃないと、曲を楽しむ以前に、声が出ないんじゃないかと心配になってしまう。実際、出ないんだけど。

セットリストは追記に。
シュガータイム
優しい闇
東京スカイライン
私の太陽
レインボー・イン・マイ・ソウル
ボヘミアン・グレイブヤード
ヤング・フォーエバー
誰かが君のドアを叩いてる
世界は慈悲を待っている
星の下 路の上
ヤングブラッズ
ジャスミンガール
SOMEDAY
約束の橋
紅い月
VISITORS
ジュジュ
ワイルド・ハーツ
カム・シャイニング
すべてうまくはいかなくても
バルセロナの夜
君をさがしている
ボーラスタア
境界線
希望
バイ・ザ・シー
La Vita e Bella
ロックンロール・ナイト
ニュー・エイジ

アンジェリーナ
スターダスト・キッズ
ダウンタウン・ボーイ

グッドバイから始めよう
国のための準備
悲しきレイディオ

この記事へのトラックバックURL