2016年09月02日

君の名は。

車で池袋に行ったところ、劇場の前にすごい行列ができていて、はて、どんなプロモーションをやったらこんな大行列になるのだろう、と不思議に思った。ということで、急遽鑑賞することにした。

新海誠監督の作品を観るのはこれが初めて。ストーリーは男女の心が入れ替わるという、古くからあるいつものやつ。正直、またこれか、と思ったのだけれど、同じようにどこかで聞いたことのある他の仕掛けを巧妙に組み合わせてあって、意外と複雑な構造になっていた。途中まで素晴らしく楽しい映画だったのだが、起承転結の転あたりで調子も狂い始め、先が不安になってくる。でも、そのあとでちゃんと持ち直した。ラストシーンではちゃんと感動させる展開になっていて、さすがは日本のアニメと思わされるできだった。

写真をトレースして作画することによって背景を描く手法はどこかのアニメでも前に見かけたのだが、精緻な背景を配置することによって、フィクションとノンフィクションの境界をぼかしているところがとても効果的だった。映像もなかなか美しく、出来栄えは良い。声優も普通に良かったし、音楽もまぁまぁ。

物語の流れに緩急があって、その塩梅が最大の特長だと思う。

ある程度詳しくストーリーに言及するとどうしてもネタバレになってしまうので、公開直後の今、それを書いてしまうのは申し訳ない。ということで、細かいところには言及しないけれど、若干のツメの甘さはあったものの(というか、物凄くおかしくて、完全に破綻しているのだが)、このレベルで表現してくれるなら文句はない。大行列も納得である。それにしても、劇場では僕が最高齢だったんじゃなかろうか。評価は星3つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51531257