2017年04月15日

なんか凄い見た目のフラペチーノ

スタバでバニラ・クリーム・フラペチーノのホイップ抜きを注文したら、ストロベリー・フラペチーノがでてきた。あれ?英語の発音が下手すぎたかな??と思ってレシートをチェックすると、ちゃんとバニラ・クリーム・フラペチーノと書いてあるし、手書きでノー・クリームと書いてある。はて、面妖な、と思っていたら、お兄さんが「ごめーーん、間違えちゃったヨ」と言ってきた。まぁ良いや、こんなことでもなければストロベリー・フラペチーノを飲むこともないので、「オッケー、オッケー、これで良いよ」と言って席についた。そのストロベリー・フラペチーノのベンティを半分ぐらい飲み終えたところで件のお兄さんが呼ぶので、何かな、と思っていると、手にした怪しげな飲み物を「ごめん、ごめん、これ、お詫びの印な。受け取ってくれよ」と言いつつプレゼントしてくれた。




なんだ、こりゃ。しかも、ベンティ。この前にストロベリー・フラペチーノのベンティを飲んでいるのに、またベンティおかわり。お兄さんの気持ちは伝わったけど、デカすぎるぜ。

飲んでみたら、味は微妙だった。なんか、ラムネ(食べ物の方)みたいな。パウダーがかかっていて、それがクエン酸みたいな味。不味くはないけれど、一度飲んだらもう十分、みたいな。

店を出たら、小さい子供が同じものを飲んでいた。子供の頃からこういう色の飲食物を口にしているから、凄い色のケーキとかも平気で食べることができるんだろうな。日本人には真似できない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51545339