2017年05月01日

ネバダ観光サービスのツアーについてのまとめ

今回のグランド・キャニオンとアンテロープのツアーではネバダ観光サービスという旅行会社を使ってみた。そのまとめを書いておく。

(1)時間について
非常にパンクチュアルで良かった。早まることはあっても遅れることはほとんどなかった。これは運営会社の質が高いこともあるのだが、参加者の質が高かったこともある。その点、参加者が日本人ばかりというのは大きなアドバンテージである。

(2)ツアー内容
ツアーの内容も、全く問題なかった。行きたいところはほとんど網羅されていた。また、各観光地の見頃の時間を良く考えてツアーを組み立てられていた。おかげで行動開始時間は早朝だったけれど、こればっかりは仕方ない。そう何度も繰り返し行くことができないので、頑張るしかない。

(3)バスの乗り心地
標準的なインフラ。贅沢を言うなら、ACアダプターとWi-Fiが欲しいところ。

(4)運転
スケジュールがタイトなのでそこそこスピードを出していたけれど、不安に思うことはなかった。

(5)ガイド
一番大事なのがガイドさんの能力だと思うのだが、親切で気が利くだけでなく、撮影技術やラスベガスに関する知識の豊富さなどで全く文句がなかった。バスに乗っている間は常にエアコンの効き具合に気を配っているなど、細かいところへの配慮も素晴らしかった。ただ、あくまでも個人の能力なので、他のガイドさんがどの程度トレーニングされているかはわからない。今回のツアーのガイドさんはあたりだった、ということ。

(6)宿泊
清潔で行き届いていた。食事も米国で食べるものとしてはなかなか良かった。

(7)トラブル対応
今回は使っていた車が途中で釘を踏んでしまい、タイヤ交換の必要が生じた。しかし、運転手さんとガイドさんがきちんと連絡をとって適切に対応してくれたので、なんの不都合もなかった。

(8)食事
米国では食事に期待する方が間違っているので、特筆すべきことはない。激しくコストパフォーマンスが悪かったわけではない。

(9)希望
あえて何か付け加えるとすれば、個人的にはユタやアリゾナのスタバに行って欲しかった。スタバのマグカップを集めているので。でもまぁ、これは本当に個人的な希望。しかも、そもそも今回の観光ルート上には存在していないかも?あと、ナバホ族の簡単な挨拶について、一枚っぺらがあると良かったかも?やーべ、あっひゃへー、はこーて。

(10)結論
ラスベガスステイでグランドキャニオン方面に観光に行きたい場合はかなりオススメです。

ネバダ観光サービス 欲張りツアー 関連エントリー
その1 出発
http://buu.blog.jp/archives/51546131.html

その2 セリグマン
http://buu.blog.jp/archives/51546135.html

その3 グランド・キャニオン前編
http://buu.blog.jp/archives/51546161.html

その4 グランド・キャニオン後編
http://buu.blog.jp/archives/51546162.html

その5 モニュメント・バレー 夕方
http://buu.blog.jp/archives/51546163.html

その6 ビュー・ホテル
http://buu.blog.jp/archives/51546164.html

その7 モニュメント・バレー 朝
http://buu.blog.jp/archives/51546167.html

その8 ロウアー・アンテロープ・キャニオン
http://buu.blog.jp/archives/51546168.html

その9 アッパー・アンテロープ・キャニオン
http://buu.blog.jp/archives/51546183.html

その10 ホースシューベンド
http://buu.blog.jp/archives/51546186.html

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/51546224