2018年02月22日

平昌五輪で空前絶後の偉業

戦った選手たちにはそれぞれにドラマがあって、金メダルを獲る戦いをする選手もいれば、参加することに意義のある選手もいた。本来、それぞれに優劣をつけるべきではないのだろうが、おそらく空前絶後の偉業があったことは覚えておくべきだろう。それは、スノボパラレル大回転とアルペンスーパーGで金メダルを獲ったチェコのエステル・レデツカ選手である。

スキーやスノボについて詳しくない人のためにたとえると、羽生結弦選手がスピードスケート500メートルとフィギュア男子個人で同時に金メダルを獲るようなものだ。ゲレンデを滑り降りるという点は同じだが、使い方は全く異なる。

両種目で代表になるだけでも凄いというか、信じられないのだが、金メダルなのだから尋常ではない。大谷選手の二刀流でいえば、メジャーで打撃三冠王(ホームラン、打点、打率)になって、投手でも三冠王(防御率、勝利数、奪三振数)になるようなものだ。

日本人は、アルペンスキーでメダルを獲ったのは後にも先にも猪谷千春選手の銀メダルのみ。スノーボードは最近できた種目なので簡単には比較できないのだが、竹内智香選手がパラレル大回転で銀メダルを獲っている。つまり、日本人が一度も獲っていない金メダルを、同時に二つ獲ってしまったのである。

信じられない。