2018年04月01日

西浦裕太 木彫刻展  憶えのある声を遠くに聞いたのは きっと想い出が近づいているからさ

川越のうつわノートで西浦裕太展をやっていたので、見て来た。木彫刻というと大森暁生さんしかきちんと見たことがないので、楽しめるかどうか心配だったのだけれど、杞憂だった。一目見て、ツボにはまった。

まず、これが良い。



そして、一番良かったのがこれ。






他の作品も、どれもこれも、なんとも言えない味がある。



























世の中には本当に色々な才能がある。それをきちんと見つけて来ては紹介してくれるうつわノートさんは本当に素晴らしいギャラリーである。

以下はうつわノートの庭とか。こちらも相変わらずかっこいい。そして、今の季節がとても良い。