2018年06月09日

Holtby隊員、新生児ICU三日目

朝、Children's National Medeical Centerへ。

待合室にはカップヌードルがある。チキン、ビーフ、エビがあって、チキンは空になっていた。
IMG_2834


インスタントラーメンはこの20年ぐらいで一度しか食べていないのだが、今回は二度目となるのだろうか。とりあえず、まだこのカップヌードルを食べたくなるほどには追い込まれていない。

病院からの説明では、体温が低い場合、何かの感染症になっていることが多いらしく、血液の培養を72時間チェックするとともに、抗生物質の投与が必要になるとのことだった。

この病院は大事な説明の時には必ず通訳(ネット通話)を用意してくれる。この通訳にも色々当たり外れがあるのだが、NICUに来てからはほとんどの場合で「じゅんこ」さんが対応してくれていて、このじゅんこさんの通訳がなかなか的確なので助かる。他の通訳だと、わからない専門用語などがあるとすっ飛ばしてしまうのだが、彼女はちゃんと聞き直して、分かるように説明してくれる。

結局、今日の退院もなしになった。

この病院では、新生児の入浴や授乳をはじめとして、枕はだめとか、意味不明に泣くことがあっても心配ないとか、様々な育児についてのレクチャーをしてくれるので、とてもありがたい。