2018年06月28日

日本対ポーランドが凡戦になった理由

W杯H組の、試合前の状況はこんな感じだった。

コロンビア 勝てば確定、引き分けると日本次第、負けると敗退
セネガル 勝てば確定、引き分けても確定、負けると敗退
日本 勝てば確定、引き分けても確定、負けるとコロンビアセネガル次第

なお、試合開始時点で順位は日本、セネガル、コロンビアの順。試合前の決勝トーナメント進出のための条件検討はかなり混沌としていた。

一番最初に試合が動いたのは日本ポーランド戦で、日本が失点した。この時点で順位はセネガル、コロンビア、日本の順。コロンビアとセネガルにこの情報が周知されれば、「残り時間は時間稼ぎで終わろうぜ」という共通理解が発生してもおかしくなかった。ただ、日本が同点に追いつく可能性はあったので、コロンビアとしては、万一日本が追いついた場合に取り返しがつかなくなる。モチベーションの点でコロンビアが優っていたのかもしれない。

日本の失点からあまり時間をおかずに、今度はコロンビアが先取点を取って、順位はコロンビア、日本、セネガルとなった。セネガルはとにかく負けたら終了なので、攻撃に転じる必要があったのだが、実際には足が止まっていて、効果的な攻撃はほとんどできなかった。

西野の1−0負け狙いの采配の是非は、このセネガルの状況を正確に把握していたか、ということだ。当然、試合を偵察している人間はいたはずで、セネガルが同点に追いつく可能性についても報告があったはずである。そして、偵察隊からの報告は「セネガルが敗退する可能性が高い」という見立てだったのだろう。その判断は間違っていなかった。

日本は無理して1点を取りに行って引き分けに持ち込んだとしても、勝ち点は5である。コロンビアの6には及ばないので、H組内での順位に変動はない。点を取りにいくなら2点取らないと意味がなかったのである。しかし、それは不可能に近かった。というのも、ベストメンバーから6人も選手を替えてしまい、しかも交代枠は残り1枚しかなかったのである。

対戦相手のポーランドはすでにリーグでの敗退が決まっていて、得点王などの記録もかかっていないため、勝って思い出が作れれば満足、あとは下手に怪我などして余計なお土産を押し付けられたりするのに注意すれば良い。

こうして日本とポーランドは点を取りに行くモチベーションを失った。一方で、セネガルとコロンビアが日本ポーランド戦に派遣した情報部隊からも、日本とポーランドは引き分け狙いという情報が伝わったはずだ。ここで日本にラッキーだったのは、決勝トーナメントの山に大きな差があったということである。決勝トーナメントの山をFIFAランクで書くと対戦はこんな感じである。

●2位の山
14位ー4位
7位ー5位
2位ー15位
3位か12位ーH組2位

●1位の山
10位ー70位
20位ー12位
24位ー6位
3位か12位ーH組1位

これは、どう考えても1位の方が上位進出の可能性が高い。これが逆であれば、コロンビアが2位狙いで手を抜く可能性もあった。しかし、実際は、わざわざ2位になる理由はない。おまけにわざと失点した後、セネガルが引き分け狙いになる保証もない。間違って2点取られてしまい、リーグで敗退となればシャレにならない。

この時点でH組の各チームの戦略は、

コロンビア このまま失点せずに勝ち切る
ポーランド 怪我を避けつつ勝ちきって思い出作り
セネガル とにかく1点!
日本 間違って失点しないようにしつつ、コロンビアにお願い

となった。そして、結局、コロンビアは守りきった。

日本戦がつまらない試合だったのは間違いないが、つまらなくなったのは監督のせいではなく、W杯の仕組み、この試合が各組のほぼ最後の試合でリーグの山がほぼ決まっていたこと、ポーランドの敗退が決まっていたこと、負けても1−0なら展開次第で日本のトーナメント進出が可能だったことなど、日本にとっていくつもの幸運が重なっていたことが原因だ。

コロンビアとの試合で、開始直後にPKをプレゼントされ、相手の守備のキーマンが退場になるという異常なまでの幸運に恵まれた西野ジャパンだが、この試合でもその強運っぷりは健在だった。しかも、リーグ勝ち抜けが決まっていない状況下で先発6枚入れ替えというありえない采配をやったのに、終わってみれば主力の温存を実現した。この結果オーライ力こそが、西野ジャパンの底力である。

さて、次はランク3位のベルギーが相手である。西野の運はどこまで通用するのか、とても興味深い。なお、僕は引き分け狙いは否定しないのだが、先発を6人も替えて、山口や高徳といった使えないとわかっているメンバーに思い出作りをさせたのは非難に値すると思っている。

順調に勝ち進むと、相手はFIFAランクで3位、2位、4位、6位となる。全部勝ったらすごいね。

#ちなみに、10年ほど前、いつも正念場で神風を吹かせるジーコという監督がいたのだが、彼の場合はW杯本番直前で運が底をついた。