2018年08月20日

米国で30ヶ月生活してみての米国と日本 その3 コミュニケーション

米国の歩道を歩いていてすぐに気がつくのは、知らない人がどんどん話しかけてくることだ。「Hello」「How are you」「Lovely weather, isn't it?」ぐらいは普通だし、「I like your umbrella」「I like your shoes」なんて持ち物や洋服を褒めてくることもよくある。最初のうちは独り言かなと思っていたのだが、そうではなく、非常にフランクに話しかけてくる。

あるいは、バスに乗って来たおばさんが財布を取り出すときに、一番前に座っていた男性に自分がもってきたスタバのカップを「ちょっと持っていて」と手渡したりするのも日常茶飯事である。

バスの客が暇だと運転手のところへいって雑談を始めるのも普通。

色々な人種、年齢の人がいるのが当たり前で、彼らは何の分け隔てもなく気軽に話しかけて、会話し、バスで降りるときに「何かSNSやってないの?」と言ってIDを交換して行ったりする。