2018年08月21日

米国で30ヶ月生活してみての米国と日本 その27 郵便・宅配便

郵便・宅配便事情は、日本の方が格段に優れている。

米国は料金が高い上に、届くのが遅い。米国人たちがアマゾン・プライムをありがたがる理由がよくわかる。普通に注文すると、1ヶ月かかった上に商品がなくなって強制キャンセルといった事態も珍しくない。また、宅配業者が配送物を家の前に置いて帰ってしまい、失われてしまうこともあるので、保険をかけなくてはならないケースもある。

米国はオークション文化が発展していて、日本がヤフオク、メルカリなど数社によって寡占状態なのとは全く状況が異なるのだが、リアル・オークションがネットと連動しているケースが多々ある。こういうオークションでは、落札者が自分で地元の配送業者を手配する必要があるのだが、ピックアップ、梱包、発送までの手続きで、みかん箱サイズの荷物でも50ドルから400ドルぐらいまで見積もり額に差がある。配送料金は総じて高めである。