2018年08月25日

DCでは電動キックボードが大流行中

今年の初めあたりから、DCの街中で大流行しているのがこの電動キックボード。










それなりに高いので、二人以上の移動ならUberやLyftの方が安い。でも、一人での移動なら、こっちの方が安い。

こういう新しい道具が発明されると、米国人は「面白いからやっちゃえ」となるのだが、多分日本だと保険が、とか、免許が、とか、自動車税が、とか、警察が色々言いだして、結局いつまで経っても導入できないことになるのだろう。日本の競争力が失われたのは、こういうところにも原因があると思う。石橋を叩いているうちに、他所はすでに別の橋を作っていたりして。イノベーションを生み出したくても、ハードルが多すぎてスピード感が失われてしまう。

なので、面白いアイデアを試してみたいという人は、日本から出て行った方が良い。面白いアイデアは、海外の方が歓迎してくれる。

あ、ちなみに上で紹介した電動キックボードは、利用にあたって運転免許証をスキャンする必要があるので、観光客は利用するのが難しいはず。