2018年08月26日

Smithsonian American Art Museum’s Renwick Gallery

スミソニアンの中ではこじんまりとしていてちょっとマイナーな感じを受けるRenwick Galleryに行ってきた。




今の展示は照明を上手に使った大物がメイン。この手のアートは他の場所では見ることができないものがほとんどなので、今、この場所で見なくてはほぼ一生見る機会を逸してしまう。

入り口から、巨大な門。



生身の人間に着てみて欲しい衣装。









で、馬鹿でかい像。これが、照明が色々変わって、その度に受ける印象が変わってくる。見ても楽しめるけれど、写真を撮るのも楽しい。


















竜の山車のような、自転車。






その他、もろもろ。


















お祈りをする部屋。









こちらは光だけではなく、音でも楽しめる部屋。






巨大なきのこたち。









これが、時間とともに色と形が変わっていく。









こちらも、照明で楽しめる巨大オブジェ。






























観光客はもちろんだけど、DC近郊に住んでいる人におすすめ。