2000年02月05日

盤上の敵

北村薫「盤上の敵」読了。

盤上の敵
いじめのシーンがちょっと生々しいのがアレだけど、全体的には楽しめる。2度ほど、「あれ??」と思わされるのがちょっと快感。読後には「そんなうまい話があるか??」と思わないでもないが、まぁ、許そう。それより、「スキップ」では感じなかったんだけど、北村薫氏の文章のリズムはちょっと僕には合わないみたい。導入でうまく本の中に入っていくことができなかった。あと、描写も頭の中にうまく描けない部分がいくつかあった。

で、評価は☆1つ半。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
盤上の敵 北村 薫 の感想。
■盤上の敵【のほほん生活。】at 2004年08月10日 19:45
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます♪
確かに、うまくいきすぎてるとこはありますね(笑)
文章については「スキップ」と「盤上の敵」はちょっと作風が違うので、「スキップ」が合うのなら大丈夫だと思います^^*
Posted by まみ at 2004年08月10日 19:43
そういえば、まだ読んでない北村本が何冊かあったような(^^;
現在、「半落ち」中なんですが、その次は何の予定だったかな(^^;

時間があったらスキップの次を探してみます(^^
Posted by buu* at 2004年08月10日 23:08