2004年08月18日

アテネオリンピック野球日本対キューバ

世界で一番早いブログ中継シリーズ(競技終了3秒以内に配信)。

米国が予選落ちしている野球では最大のライバル。ここで叩いておくと決勝リーグでの相手が楽な相手になるので、手の内を適度に隠しつつ勝つ事が理想。その大事な試合、マウンドに立つのは松坂。一番信頼できるピッチャーだ。先攻は日本。
初回、敵失でノーアウトのランナーを出すが、後続が倒れて無得点。しかし、打てないピッチャーという感じではない。一方の松坂は上々の立ち上がりでキューバは三者凡退。

2回、内野安打で作った二死1塁のチャンスに和田が本塁打。2点先制。

3回裏、松坂がノーアウトで四球でランナーを出すが、後続を確実に打ち取る。ここ一番でノーヒットノーランを記録する松坂。ここでも可能かも。

4回表、今度は城島のソロムラン。続くノリもソロムラン。ホームラン攻勢で4−0とリード。こういう展開になると、松坂をこのまま投げさせる必要もない気がしてくる。温存して、誰か別の投手を調整登板させたほうが良いと思うのだが。ま、それはそれとして、続く谷がシングルヒットを打ったところでキューバーはピッチャーを交代。

4回裏、1死からアクシデント。松坂の右上腕部をキューバ、グリエルのライナーが直撃。ピッチャー強襲でノーヒッターも阻まれたが、問題は松坂の腕の具合。これで今後登板不能となったらシャレにならない。

7回表、和田のセカンドゴロをエラー。さらにボークで二進。ここで藤本が送りバントを試みたところ内野安打に。ほとんど何もせずにノーアウト1、3塁。ここで福留がレフトにフライを打ち上げて悠々犠牲フライ。5−0。

以後、9回まで両チームともチャンスらしいチャンスはなかったが、9回表に村松のスリーベースと藤本のヒットで追加点。6−0。

9回裏、エラーとヒット、二塁打、タイムリーヒットと松坂が打たれ、3点を失う。ここで松坂はお役ごめん。石井が後続を討ち取りキューバに勝利。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
初めまして。

キューバ相手ですから苦戦必至と思ってましたが、和田選手の2ランに始まって、城島&中村両選手のホームラン。松坂投手も好投してるし、これはいけるかもしれませんね・・・と思ったら、松坂投手に打球が直撃!心配ですね。頑張れ!!
 http://blog.goo.ne.jp/giants-55
Posted by giants-55 at 2004年08月18日 02:46
この試合は大丈夫そうですね。ちょっとよそ見をして競泳を見てました(^^;
Posted by buu* at 2004年08月18日 03:06
 昨日は工藤の200勝&キューバ戦勝利と、自分の中では野球デーでした。

 それはさておき、ホント昨日の勝利は大きいですね。他に要チェックな国ってありましたっけ?
Posted by つむぎ at 2004年08月18日 14:21
無敗のカナダ、一敗の台湾、二敗のオーストラリア、といったところでしょうか。このまま行くと、日本、キューバ、カナダ、台湾ぐらいが残る展開だと思います。
Posted by buu* at 2004年08月18日 17:45