2004年08月18日

アテネオリンピック水泳男子800mフリーリレー決勝

世界で一番早いブログ中継シリーズ(競技終了3秒以内に配信)。

日本は決勝に残っていないが、オーストラリア対アメリカの勝負か?フェルプスは第一泳者、ソープは第四泳者。
フェルプスはさっきバタフライを泳いだばかりでの登場なのでかなり疲労が残っているのではないか。100のターンでのラップはそれでもフェルプス。150のターンでもアメリカ、オーストラリアの順。結局フェルプスはほぼ体ひとつリードしてリレー。

第二泳者、50のターンで貯金をほとんど使い果たし、100のターンではほぼ同着。150のターンでもアメリカがラップ。しかし、オーストラリアには最終泳者にソープがいるので、貯金が欲しいところ。しかし、ここでオーストラリアの第二泳者が力尽きておくれた。2位にはイタリアが上がってきている。

第三泳者、100のターンでアメリカ、イタリア、オーストラリアの順。150のターンでアメリカとオーストラリアの差は体ひとつ。この差はちょっと大きい感じ。

注目のアンカー。飛び込んだ直後にいきなりソープが飛ばす。50のターンではアメリカが少しリード。しかし、体ひとつあったアドバンテージはほとんどなくなっている。ソープ速い。100のターンでもまだアメリカがトップ。アメリカも踏ん張る。150のターンでもアメリカトップ。アメリカ、逃げ切りそうだ。残り25、アメリカ、どうか、逃げ切った!わずかにソープ及ばず。

最後はコンマ13差の僅差。オーストラリアは第二泳者がちょっと足を引っ張った感じだが、まぁ、仕方ないかな。面白いレースだった。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
アテネ五輪無事終了イベント!LIBLOGではアテネオリンピック五輪競泳男子に関するエントリーのトラックバックお待ちしています。(そのほかの各種競技も同時募集しています)
男子全般【Liblog】at 2004年09月06日 13:25