2004年08月23日

中欧日記6 ウィーンその1

2301朝起きると喉がガラガラで声がでない。部屋にしみついているタバコの煙のせいのようだ。とりあえず軽くうがいしたら声は出るようになった。チェコのことがあるので朝食は全く期待していなかったのだが、意外とまとも。おかずもそこそこ種類があるし(味付けは全部塩味で単調だけど)、パンの種類も豊富。ジャムもたくさんの種類がある。

朝食後、まずはバスでシェーンブルン宮殿へ。ハプスブルク家の夏の離宮ってことだけど、車で30分ぐらい。日本で言えば天皇にとっての軽井沢の御用邸みたいなものかもしれないけど、それにしては近い。そして、離宮というにはあまりにも馬鹿でかい。

宮殿に到着したのは9時過ぎ。朝早いので観光客があまりいない。あまりいないのは良いのだが、宮殿の真正面の広場で昨日までウィーン少年なんちゃらかんちゃらの馬術大会だか何かがあったそうで、スタンドが設置されていて景観がだいなし。こんなところでやるなよ(^^;

2302宮殿はまず広大な庭園を見学。かなり遠くに何かあるのだが、あまりにも遠いのでそれが何だかわからない(^^;

それから館内ツアーへ。1400もある部屋のうち、代表的なところを回るもの。館内の装飾はすごいし、飾ってある絵も昨日の城の絵に比べると格段に上手だ。マリア・テレジアの絵がたくさん飾ってある。

部屋の中には8畳ぐらいでかけた費用が5000億円なんていうところがあった。確かに細かい芸は色々施されている様子だけど、それにしてもこの部屋が5000億円?埼玉スタジアムが300億強、新横浜の国際競技場が500億程度?ってことを考えると、この部屋一つでワールドカップができる勘定。

宮殿でマリア・テレジアの次に扱いの多いのがうちにもテディベアのあるエリザベート(シッシィ)。シッシィのショップもあったけど、そこに行く時間はなく、お土産売り場で一つしかなかったシッシィのピンズを購入(5.5ユーロ)。

2303宮殿を出てからバスで市内観光。めぼしい建物をガイドのおばさんが早口で説明してくれるというもの。途中までそれが市内観光だとは気付かず、このおばさん良く喋るなぁと思っていたのだが、「なるほどっ!!!これも観光の一環か」と気付き、以後はきちんと説明を拝聴。写真の建物は奉納教会。フランス風のカテドラル・ゴシックの様式。内部もゴシックで装飾されているらしい。ステンドグラスとか、凄いんだろうなぁ。

ほどなく次の目的地、カールスプラッツにある免税店に到着。オーストリアの食べ物はお土産に良さそうなので、ザルツブルグ名産の塩を使った調味料など、適当にみつくろって10個ほど購入。お店にはなぜかアテネオリンピックの速報が貼ってあり、ここで浜口京子が負けたことを読んだ。うーーーーん、やはり勝負の世界は何が起こるかわからない。

2304その後、すぐそばにあるレストランで昼ごはん。ここはビーフカツレツが名物とのことで、それを食べてみたが、日本の方が美味しい。そもそも味が薄くて工夫がない。テーブルの上にはソースも醤油もケチャップもない。仕方がないのでさっき買った塩とにんにくをブレンドした調味料を一つ開封し、カツレツにかけてみる。ちょっと向上した感じ。一緒のツアーの女性と話をしながらこのカツレツを食べていたのだが、彼女達二人は時差ぼけで昼間っから眠いらしい。考えてみれば時差ぼけなんて皆無。ホテルに戻ってベッドに入ったら即意識を失っている。やや理解不能。まぁ、もともとオリンピックのおかげで夜中に寝て昼に起きる、という生活をしていたわけで、すでに体がヨーロッパ時間に移行していたといえる。

今日は昼食後、完全にフリータイムとなるので、午後にどこに行くか作戦会議。大体のめぼしはつけたのだが、モーツアルトの墓への行き方がわからない。早口のガイドのおばさんはちょっと怖いので、昼ごはんを食べたお店のお姉さんに行き方を質問。そうしたら、トラム乗り場まで行かないとわからないので一緒に来てくれるとのこと。ありがとう。ということで、ご飯を食べ終わって解散した後、トラム乗り場へ。ここでお姉さんに行き方を聞いた後、とりあえずカールスプラッツからウィーン周辺を散策することに。

2305最初に目指したのはシュテファン寺院なんだけど、レストランを出て国立オペラ座の前に来たところで中世のコスプレをしたお兄さんに「コンサート観ませんか?」と声をかけられた。「Tシャツに短パンだけど良いの?」「いくら?」「全然ユーロを持ってないんだけど、カードでも大丈夫?「座席はどこ?」などと質問。観光客に声をかけているだけあって、ドレスコードとかは全然ないらしい。高い席だと8000円ぐらいだが、安いのだと3000円ぐらい。折角なのでちょっと高い、6000円ぐらいの座席を確保。前から2列目、ど真ん中である。クラッシックのコンサートだと、つばが飛んできたりするので前3列は安いらしい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/6296461
この記事へのトラックバック
ウィーンは、欧州では有数の大都市ながら、東京などに比べれば小さい街。それでもハプスブルクの皇帝達が残した建築や美術遺産の素晴らしさに世界中の人たちが惹きつけられる。特に素晴らしいのが美術史美術館。内容も素晴らしいのだけど、壮麗な建物自体が芸術的で素晴らし
オーストリア: ウィーンからリンツへ【Blog by Kazu】at 2004年11月12日 08:09