2004年05月23日

知的財産マネージメント研究会

駒場の東大リサーチキャンパスで実施されている知的財産マネージメント研究会に参加。

知的財産マネジメント研究会は、東大先端科学技術研究センターにおいて2000年から開催されている研究会。理工系の大学院生・ポスドクなどをメインの対象としており、毎月一回、知的財産権とそのマネジメントについて情報交換・討論を行っている。

この研究会を運営している隅蔵さんとはちょっとした知り合いで、以前から「一度来てみてくれ」といわれており、僕としても参加したいとは思っていたのだが、なかなか予定がつかず、今回、ようやくその声に応えさせてもらった。

研究会は、午前セッション、午後セッション1、午後セッション2と分かれており、午後のセッションはさらにいくつかの分科会に分れている。今回参加したのは午後のセッション2の「バイオベンチャー分科会」。

ま、その内容はともかくとして(というか、僕自身がスピーカーとして参加しており、好き勝手に2時間ほどしゃべっただけなので、評価云々を書く立場にない)、こういった研究会を毎月一回、4年間も続けていることは本当に素晴らしいことである。

研究会の参加者は主に弁理士やTLOに勤務することを希望しているようであるが、こういった場で現場の声に触れ、知識を得、人脈を形成しておくことは必ず役に立つはずである。

ちなみに午後のセッションが終了した後、懇親会にも参加したのであるが、色々な人と話をしているうちに食べ物はほとんどなくなってしまった。後から聞いたら寿司もあったらしいのだが、そんなものは見ることもなかった。これは痛恨である。次に行くときは、まずは寿司から食べようと思う。

この記事へのトラックバックURL