2004年09月17日

プロ野球スト

突入決定。

経営側がなぜここまで新球団の加入を拒否するのかがさっぱり理解不能だ。球団減少→1リーグ化というシナリオは既に廃棄されていると言って良い。それなら、来期のパ・リーグも5チームで実施するよりは6チームでやったほうが良いのは言わずもがなである。

考えられるのは2つぐらい。
まず一つ目は、いまだに1リーグ化が可能だと考えているということ。ここで踏みとどまれば、今後の1年間でさらに選手側の歩み寄りを引き出すことが可能となり、結果として1リーグ化へのレールを敷きなおす事が可能だと考えているのかもしれない。

二つ目。まさか本当にストをやるとは思っていなかった、ということ。これは結構ありそうな話だ。以前いた某シンクタンクの労使交渉では、完全に労働者側が馬鹿にされていた。経営者側は「どうせストなんかやるわけない」というスタンスに立っていたので、毎年の組合活動はいつも腰抜けだった。日本ではこういうケースも多々あると思う。経営者側は野球のことはさっぱりわからない人たちだが、経営者としての経験は長い。プロ野球の選手会の組織力を見誤り、舐めてかかっていたのかもしれない。

この問題、ストライキ突入ということで、経営側は選手側の覚悟、結束力を知ることとなった。これから1週間で、今度は「真剣に」対応策を練ることになるだろう。なぜなら、選手会のストは今週末だけではなく、来週以降も、そして場合によっては来年以降も続く可能性がある。選手会が「新規球団の参入は可能。要は関係者のやる気次第」と思っている以上、着地点は一つしかない。

この問題に関しては、大きな前進が一つある。それは根来コミッショナーが辞任するということだ。今回、話をこじらせて、結果としてプロ野球初のストライキに突入させてしまったのはほとんどこの人物の責任と言っていいはず。コミッショナーという立場にありながら、今回の交渉で彼がやったことは要望書を一枚提出しただけだ。そもそもの発端は近鉄球団のネーミングライツを彼が否定したことであり、たとえれば火をつけて、消防署に連絡をすることもせず、火が大きくなってからバケツで水を一杯かけただけ。本格的な火事になったら「私はしりません」とどこかに消えようとしている。こんな人物を連れてきた人の責任も追及したいところだが、それよりも何よりもこの人物がプロ野球界から去っていくことを喜ぶ必要があるだろう。可能なら、今日にもコミッショナーには辞任していただき(とは言っても、給料ももらっているだろうから、辞めるといいながら簡単には辞めない気がするが)、新たな「きちんとした」コミッショナーの下、前向きに議論を進めて欲しいものだ。

それにしても、球団間に温度差があるところで、経営サイドの予想を超える団結を示した選手会、特にその中心的役割を果たした古田は素晴らしいの一言。

この記事へのトラックバックURL