2004年09月23日

ヴィッセル神戸対横浜F・マリノス

多分世界最速ブログ中継シリーズ、ヴィッセル対マリノス。

マリノスは前節で退場になった松田が出場停止。故障のドゥトラとあわせ、2枚落ち。代わりに栗原と中西がDFとして出場。
キックオフ後、ペースを握ったのはマリノス。ほとんどの時間をヴィッセル側でパスを回している。時々ヴィッセルがマリノスのバックラインの裏を取ろうとするが、マリノスのオフサイドトラップに引っかかる。

しかし、最初に大きなチャンスを掴んだのはヴィッセル。前半10分に中盤からの縦パスを受けた播戸が、ワントラップでペナルティエリア外側から鋭いシュート。これは惜しくも枠を外した。

試合を最初に動かしたのは坂田。遠藤からの縦パスに抜け出した坂田がGKの頭を越す見事なループシュート。1−0。坂田、うまい!!!

その後もマリノスはたびたびコーナーキックからのチャンスを掴むが得点には至らず。また、前半29分には中西のオーバーラップから安のシュート。これも残念ながら決まらず。この時点では試合は完全なマリノスペース。

そして、再び得点したのはマリノス。上野からの超ロングパスがヴィッセルのバックラインの後ろに抜け出した安につながる。これを受けた安が再びゴールキーパーをあざ笑うかのようなループシュート。2−0。ヴィッセル為す術なし。

この後も試合は完全なマリノスペースが続く。坂田は運動量が多く、マンマークの神戸ディフェンスは振り回されっぱなし。

前半終了間際、ようやく神戸はチャンス。ホルヴィが個人技でボールを持ち続け、ペナルティエリア内の播戸にパス。これを受けた播戸がシュートを撃つが、クロスバーの上。前半終了。こりゃ、試合にならないね。

後半開始直後はヴィッセルも攻撃の形を作ったのだが、5分ぐらいするとまたマリノスペース。しかし、ここでまたマリノスにアクシデント。栗原が播戸とやりあって一発退場。やれやれ。なんでこのチームはこうやって退場が多いんだろうね。

以後、ヴィッセルペースになるのかと思ったらさにあらず。退場になってもやっぱり攻撃はマリノス中心。後半13分には那須のヘッドが惜しくもゴールを外れた。ヴィッセルの攻撃はことごとくオフサイドになる。抜け出せるマリノスと、抜け出せないヴィッセルの差はわずかだが、この差が滅茶苦茶大きい。栗原の退場は試合のバランスを取る意味では丁度良かったか?

次の1点をどっちが取るかが勝負の分かれ目、と思っていたけど、この調子なら大丈夫かな、と思った後半17分、播戸のヘッドが決まって2−1になってしまった。こうなると栗原馬鹿の退場が痛い。試合は面白くなったのかもしれないけど、マリノスサポにとっちゃいい迷惑だ。

後半19分に安に代えて久保投入。久保、この間のサンフレッチェ戦では全く機能しなかったわけだが、今日は大丈夫なんだろうか。

で、次のアクシデントは後半27分。今度は久保が退場。見てなかったけど、何やってんの?久保、この間も退場食らっていたけど。

ここまでハンデをつけちゃうといくら相手が神戸でも無問題とは言えない。試合は明らかにヴィッセルペースに。

そして後半29分にペナルティエリア内で田中がファウル。PK。もう滅茶苦茶だなぁ。しかし、この播戸のPKを榎本が止めた。これが決まっていたらセカンドステージはレッズに決まり、って感じだったけど、なんとか助かった。

もうこっからはただただ我慢の時間、と思っていたら、後半37分に和多田の素晴らしいシュートが決まり同点。やっぱりマリノスのセカンドはこれでほぼ終わりか?「この充実具合なら怖いのはレッドカードだけ」と2週間前に書いてから3人も退場になっている。内容は良いけど負けている、というなら逆転の望みもあるが、得点機会をつぶすためでもなんでもないレッドをもらいまくって勝ち点を捨てているチームが逆転なんかできるんだろうか。非常に懐疑的である。

ここで試合終了。

ピッチに残った9人は良くやったと思うし、坂田と安のゴールはともに見事だったけど、こんな弱いチーム(ヴィッセル)に勝ち点1しか取れないんじゃ、セカンドはほぼ終了じゃないかな。今日の夜にレッズが勝っちゃったらねぇ・・・・。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
前半が終わって、2-0。 好調坂田と、安の2トップが点を取ったのだから、文句なしの筈だった。 しかし、私はハーフタイムの時点で「今日はBlogに、奥谷主審の事を書こう。」と思っていた。 何故なら、前半の時点で彼の笛には疑問だらけだったからだ。 明らかな誤審とは違
ジャッジについて、細かく書きますよ、今日は。【横浜刹那主義】at 2004年09月23日 22:41