2004年05月28日

My best of 中島みゆき

まぁ、どうという理由もなく中島みゆきの個人的ベスト10を決めてみようと思う。
#いや、音楽のカテゴリーのコンテンツがないからなんだけどね。

五才の頃
ホームにて
おまえの家
小石のように
この空を飛べたら
強がりはよせヨ
泣きたい夜に
バス通り
with
二隻の舟
風にならないか

あれ?11曲ある・・・(ちなみに古い順)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ボギーボビーの赤いバラ とか
流浪の歌        とか
世情          とか。

あ。ビーグルなのに「狼になりたい」が入らないのはいかがなものか。
まーどーでも良いのですが(^^ヾ

最後に買った中島みゆきのアルバムは「予感」だったかな?

#いまさら1966年のエントリーを発見して、それでもそこにコメントす
 るのは悔しくて、こんなところにコメントしたのは秘密
Posted by e- at 2004年09月29日 20:20
さすらいのうたは良いですねぇ。ママがねぇ。誰なのよ、って感じでねぇ。ちゃんと落ちがあってねぇ。

世情は、個人的には詩をうまく解釈できないのです。がんこものがえらいのか、えらくないのか。普通に考えれば、「がんこものは世の中にあわせられなくて、不器用にしか生きられないけど、それで何が悪い」ってことなのかなぁ、とも思うのですが・・・・金八であの曲が使われたのも良くわかりませんでした。僕にとっては中島の曲の中ではもっとも難解な曲の一つです。
Posted by buu* at 2004年09月30日 01:57
どーにも遅くなって_(o)_

難しい歌詞だと思います。なんか歌ってる本人がどちらのがわにいるのか、いまいちはっきりしないし...
でも個人的には「民衆に同化しきれないインテリの孤独」をうたってるんじゃないかなぁ、と思ってます。

金八は見てないのでノーコメントです(^^;;;
Posted by e- at 2004年10月05日 13:20
世の中はいつも 変わっているから
頑固者だけが 悲しい思いをする

 ここまでは理解可能

変わらないものを 何かにたとえて
その度崩れちゃ そいつのせいにする

 何かにたとえるのは「頑固者」?
 その度崩れるのは、「自分」それともたとえた「何か」?
 そいつとは、たとえた「何か」?
 「世の中は変わっているから、頑固者は自分の正当性を何かにたとえ
 ようとするが、そのたとえた対象自体が変わってしまい、いつも悲し
 い思いをする」という意味?

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

 変わらない夢を流れに求めているのはシュプレヒコールの主?
 「変わらない夢を見たがる者」にかかるのは、「変わらない夢
 を流れにもとめて時の流れを止めて」?それとも、「時の流れ
 をとめて」?シュプレヒコールをしているのは「頑固者」?
 普通に考えれば、このセンテンスは
 
 「変わらない夢を流れに求めている頑固者のシュプレヒコールの
 波が通り過ぎていく」
 「そのシュプレヒコールは、時の流れを止めることによって変わ
 らない夢を見たがる者たちと、戦うためのものだ」
 
 って感じになるけど、それで良いのか?
 

世の中は とても 臆病な猫だから
他愛のない嘘を いつもついている

 ここは理解可能

包帯のような嘘を 見破ることで
学者は世間を 見たような気になる

 ここもオッケー
 この4行では、「世の中は他愛のない嘘をいつもついている。それを
 見破ることで学者は世間を見たような気になる。でも、嘘を見抜いた
 ところで、世間を見ているわけではない」ってことですよね?
 #余談だが、これは「時刻表」(寒水魚)にも通じますな。

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

 以下、繰り返し。



うむむむ・・・・・・解釈としては、

歌い手の位置は「頑固者」。そのそばには、非頑固者と戦う頑固者がたくさんいる。しかし、自分はそこには同化できない。それは頑固者達が、自分の頑固さに自信が持てず、「頑固」と対極にある「流れ」にまですがろうとしているからである。そして、結果として頑固者たちの中に発生する『何かにすがろうとしている弱さ』に同調できないからだ。世の中の評論家達は、世の中に氾濫している嘘を見破るだけで世の中を見た気になっているが、実は世の中など見えていない。反語的に、歌い手には世の中は見えているし、自分のスタンスを貫き通したいと思っているが、世の「頑固者」とつるんでいくことはできない

みたいな感じでしょうか?これって、学生運動を、主張は同じでも運動に加わらないという視点から歌ったもの?
Posted by buu* at 2004年10月05日 15:02