2004年05月29日

鳩害

我が家はやや高台のマンションで、部屋は最上階(14階)の角部屋である。去年から、ここに鳩がやってくるようになった。ベランダや廊下が汚れるので、来るたびに追い払うのだが、奴等は大分脳みそが少ないとみえて、どんなにこっぴどく追い払っても次の日には何事もなかったように現れる。巣を作られると困るので、わらやら何やら運び込もうとしているとすかさずほうきで撤去するのだが、巣があるとかないとか関係なしに卵を産んでしまいそうな勢いである。

このマンション、ちゃんと管理費を払っているにも関わらず、管理会社に「共用スペースは掃除してくれ」というと、「各階の清掃は管理人には頼めない」などと答える。それでいて「共用スペースには鳩よけの細工はしないでくれ」と言う。なんじゃ、こいつら、という感じだ。ただ、黙ってウンコを垂れ流され続けてはたまらない。毎晩見回りをして傘を振り回すわけにもいかない。そんなこんなで困り果ててウェブで色々調査をしてみたところ、鳩の止まるところに釣り糸を張っておくと良いという情報をゲット。釣り糸ならあまり人目にもつかないので、管理会社もぎゃーぎゃー言うこともないだろう。

ということで、近所の釣具屋さんに行って、一番安い釣り糸を購入。鳩が良く止まっている配管の周辺にこれを張り巡らせた。今日は釣り糸での対策初日だったが、鳩は影も形もない。まずは勝利したようである。

しかし、それにしても鳩は馬鹿である。先日「トリビアの泉」で馬と鹿はどっちが馬鹿かというのをやっていたが、鳩とカラスだったら間違いなく鳩の方が馬鹿である。多分、鶏並みかそれ以上に馬鹿である。「ばか」が二文字で言いやすいから今でこそ「ばか」だが、本来なら「鳩鶏」とすべきところだったと思う。もちろん「きゅうけい」と読むのだが、だからどうしたって、別にどうもしない。

この記事へのトラックバックURL