2012年05月04日

総統閣下はお怒りです 第九話 「瞬間、数、重ねて」



だだもれ直前生放送
番組が週2回?
参議院の定数是正
富士急ハイランド

本日のニュース
貞子の始球式
トキの卵
京都の事故
今週のドラゴンズ
今週のマリノス

本日の映画
僕等がいた 後篇
閣下の適正価格800円

本日のラーメン
可以@神保町
適正価格900円

日常の疑問
ナースのための統計学
恐怖の放送事故

  

2012年04月27日

総統閣下はお怒りです 第九話 「瞬間、数、重ねて」予告

今日は、統計の数字とか、参議院の議席数とか、僕等がいた後篇とか。

  

2012年04月26日

盗まれた因果関係

モリタック:閣下、中日が非常事態のようです(;_;)

閣下:どうしたんだ?

モリタック:新聞情報によれば、森野と山崎と、野本までもが登録を抹消されたそうです。

中日に緊急事態!インフルで山崎&野本、肉離れで森野が抹消
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000018-dal-base

閣下:中日は怪我人情報を公表するようになったんだな。

ヒロッコ:年頭に、脱オレ流ということで怪我人を公表するという方針が発表されています。

脱オレ流!守道竜はケガ人公表
http://www.daily.co.jp/baseball/2012/01/20/0004755223.shtml

閣下:怪我人を公表するかどうかは球団の考え方だからどうでも良いんだが、この記事の最後のほうで「落合監督のせいで観客動員が減少した」と書かれていることにはちょっと同意できんな。

ヒロッコ:いつもの、相関はあっても因果関係は不明、という奴ですね。

閣下:本当に、こういう、相関関係を因果関係を不明確にして大衆をミスリードすることを狙った記事が多くて嫌になるな。

ヒロッコ:そういえば、今日もこんな記事がありました。

震災番組、見過ぎで影響も=1日4時間超でPTSD強く―国の医療派遣170人調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000018-jij-soci

モリタック:え?私はこれを読んで、そうなのかぁ、と納得してしまったんですが。どのあたりがまずい内容なんでしょうか?

閣下:ちょっと読むだけだと、もともとPTSDになりやすい性格の人が、現場で取り乱したり、一日4時間以上も震災関連のテレビを観たんじゃないの?と感じるな。

ヒロッコ:つまり、因果関係があべこべだ、ということでしょうか?

閣下:いや、そのあたりもこの記事だけではわからないな。わかるのは、震災番組を観た時間の長さと、PTSDの症状の強さに相関がありそうだ、ということだけじゃないか?

モリタック:そういえば、記事の中でも「精神状態を悪化させる原因となったのか、悪化した結果として視聴し続けたのかははっきりしない」と書いてありますね。

閣下:それはそれである程度フェアだが、俺はどちらでもない可能性が高いと思ってしまうな。

ヒロッコ:つまり、PTSDになりやすいことと、震災番組を長く見ることとは、直接の因果関係がなく、それぞれが共通の何かと因果関係がある、ということですね。

閣下:うむ。だが、この記事を読むと、3つ目の可能性は全く考慮されていない。

モリタック:なるほど、やっぱり、色々な場面で、ただ相関関係があるだけなのか、それとも直接的な因果関係があるのか、きちんと整理しなくちゃいけないんですね。

閣下:そういうことだな。

関連エントリー:因果関係を追え

  

2012年04月22日

総統閣下はお怒りです 第八話「ヤマト、発進」



だだもれ直前生放送
富士急ハイランドの絶叫マシン
不良社会人のフットサル
今週のダイエット

本日のニュース
今週のドラゴンズとマリノス
原発再稼働

本日の映画
宇宙戦艦ヤマト2199
閣下の適正価格1,000円

初恋のきた道

本日のラーメン
ちっちょ極(きわめ)
適正価格900円

日常の疑問
大きな政府と小さな政府  

2012年04月18日

第七話「人の造りし原発(もの)」



だだもれ直前生放送
今週のダイエット
天然物と人工物はどちらが体に悪いか
寝る前に食べると太るのか
日の出テレビ(4月12日の回)の放送事故
藤が丘のラーメン屋「もえぎの」

本日のニュース
北朝鮮ミサイル失敗
公務員新規採用大幅削減に賛成する国民
がれきの広域処理
今週のドラゴンズとマリノス

本日の映画
バトルシップ(ネタバレ注意)
秘書の適正価格1,100円
閣下の適正価格0円

アーティスト
適正価格1,800円

本日のラーメン
麺処HACHI
適正価格600円

日常の疑問
梅ちゃん先生
豚肉決戦結末  

2012年04月13日

総統閣下はお怒りです 第七話「人の造りし原発(もの)」予告

そろそろタッチーなところにも突っ込みますかね・・・。

  

2012年04月09日

「アクアポークからの挑戦」の結果報告

「総統閣下はお怒りです」@日の出テレビがスタジオの外に飛び出す番外イベント「アクアポークからの挑戦」が、昨日大手町のビストロ・リヨンを決戦の場として開催されました。

このイベントは、横浜の新進気鋭銘柄豚「アクアポーク」が、秋田の桃豚、三重の松坂豚といった一流どころに「味」で挑戦するというものでした。味を評価する審査員は14名。皆さんにブラインドで三種類の豚肉を食べていただき、美味しい順番に優劣をつけていただく、という方法でした。肉は、ロース肉を選択。素材の味がわかりやすいように、塩コショウで炒めるだけとしました。

では、まず投票の結果を発表します。

A皿
12_04_08_979

一番美味しいと感じた 1名
二番目に美味しいと感じた 7名
三番目だと感じた 6名

B皿
12_04_08_980

一番美味しいと感じた 10名
二番目に美味しいと感じた 3名
三番目だと感じた 1名

C皿
12_04_08_981

一番美味しいと感じた 3名
二番目に美味しいと感じた 4名
三番目だと感じた 7名


1番になったお皿に3点、2番に2点、3番に1点をそれぞれ割り振ると、

A皿: 23ポイント
B皿: 37ポイント
C皿: 24ポイント

となりました。

僕が食べた印象を書くと、まずA皿は肉そのものの旨みが感じられる一方、脂が少なめで、ちょっと硬い印象。今回はやや厚切りだったので、その硬さが前面に出た感じでした。味は良いものの、食感の点で2番にしました。B皿は脂身の旨みのバランスがとても良く、また柔らかさの点でもAに優っていました。肉の旨味よりは脂の旨味と食感で食べさせる感じで、今回の食べ方では一番美味しく感じました。C皿はあまりにも脂が前面に出すぎていて、ちょっとしつこい印象を受けました。僕は日頃から脂身をあまり摂らない人間で、とんかつを食べる時もロースではなくヒレを頼みます。なので、C皿は3番目とジャッジしました。

元木のランキング 1番B、2番A、3番C

続いて、ばら肉を同じようにソテーして一皿提供していただき、それがA〜Cのどの皿と同じ肉かを当てるテストをしてみました。

謎の皿
12_04_08_982


僕は一切れ食べてみて、肉の部分の硬さが感じられたので、Aの肉と判断しました。同じようにこの肉をA皿と判定した人は5、6人ぐらいだったでしょうか。
#誰がこれを当てたのか、きちんとチェックしておかなかったのはちょっと失敗でした。

さて、結果発表です。

A皿→アクアポーク
B皿→桃豚
C皿→松坂豚
謎の皿→A皿(アクアポーク)

でした。うーーーーーん、残念。ポイント評価では、アクアポークはわずかに松坂豚に負けて最下位となってしまいました。しかし、松坂豚との差はほんとうにわずか。今回は松坂豚とアクアポークの優劣というよりは、桃豚が圧勝、という感じだと思います。

でも、僕は前述のとおり脂身の旨みよりも肉そのものの旨みが好きなので、硬さは薄く切れば良いだけ、と考え、アクアポークの肉を1セット、その場で注文しました。届くのが楽しみです。

今回思ったのは、牛ほど銘柄を気にすることのない豚でも、食べてみると個性が異なるということです。肉の旨味のアクアポーク、バランスの桃豚、脂の旨味の松坂豚、という感じでしょうか。だから、料理によって使い分ければ良いし、それぞれの肉にあった料理もあるはずです。例えば、ビストロ・リヨンの嶋氏によれば、松坂豚は赤ワインとの相性がぴったりとのことでした。僕は折角アクアポークのセットを買ったので、これからしばらくはアクアポークを使った料理をブログに載せていきたいと思います。

ちなみに、ばら肉を炒めたあとの脂を使って炒めたご飯も美味しかったような・・・・(でも、この頃にはワインをたっぷり飲み過ぎていて、写真もなく、本当にそんなものがあったのかどうかもわからず、夢の中での話かも知れません・・・)。

ということで、勝負についてはやらせなし。アクアポークが真っ向挑んだものの、残念ながら桃豚に敗北という結果となりました。

でも、本当に、良い勝負だったと思います。次は「勝負」ではなく、それぞれの肉の良いところをシェフに引き出してもらい、3種類の豚肉を満喫できるような、いわば「協奏」のイベントを考えてもらおうかな、と思っています。

日曜日の夜というちょっと難しめの時間に集まっていただいた皆さん、どうもありがとうございました。また、対戦の場を提供していただき、料理とたっぷりのワインを振舞っていただいたビストロ・リヨン、およびオーナーの嶋様、ありがとうございました。さらに、リスクを覚悟の上でガチの勝負を挑んでいただき、楽しい食事の機会を与えていただきましたアクアポーク様にも御礼申し上げます。

また、今回は都合が悪くて参加できなかった方々も、次の機会にはぜひいらっしゃってください。

ビストロ・リヨン

アクアポーク  

2012年04月08日

第六話「決戦、氷上初心者大会」



だだもれ直前生放送
観ると痩せる!?「レコーディングすらしないダイエット秘法」

本日のニュース
カーリング初心者大会

ベンチャー支援

強いドラゴンズと弱いマリノス

本日の映画
僕達急行 A列車で行こう
適正価格1,200円

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
適正価格1,800円

ブラック&ホワイト
適正価格1,200円

本日のラーメン
はしご
適正価格1,000円

日常の疑問
豚肉決戦
国民新党分裂騒動
  

2012年04月06日

総統閣下はお怒りです 第六話「決戦、氷上初心者大会」は本日21時から生放送!

本日の放送の予告編です。ぜひ、生放送でご覧下さい。

  

2012年04月05日

今度の日曜日は大手町のビストロリヨンで豚肉食べ比べ!

既報の通り、今度の日曜日の夜、大手町のビストロ・リヨンで豚肉食べ比べイベントを開催します。お近くの方は、ぜひいらっしゃってください。


「総統閣下はお怒りです」番外イベント 〜アクアポークからの挑戦〜

日時:4月8日(日曜) 夜6時〜

場所:ビストロ・リヨン@大手町
http://www.towncryer.jp/lyon/index.html

費用:4,800円

メニュー:3種類の豚肉(桃豚、松坂豚、アクアポーク)のソテー、軽食、ワイン(赤、白)

参加方法:Facebook(イベントに参加表明、あるいは元木に連絡)、ツイッター(@Amidalachan)、本ブログ(コメント欄利用)、メール(タイトル「豚肉勝負参加希望」でbuu@mac.comまで)などで事前にお申し込みください。定員に達し次第締め切らせていただきます。  

観ると痩せる「総統閣下はお怒りです」は毎週金曜日、夜9時から生放送

現在日の出テレビで放映中の「総統閣下はお怒りです」ですが、なりゆきでダイエットを実施中です。レコーディングすらしない秘密のダイエット法により、現在進行形で僕が痩せています。今日までのデータはこんな感じ。

taiju


ポイントは健康的に痩せる、無理せず痩せる、飲み会をやりながら痩せる、ということ。実際、先月末には5日間で4日間飲み会、しかもそのうち一日は昼の2時から終電までピザ食べまくり、という暴飲暴食っぷり。

現場:毎月恒例のピザパーティでまたまた死にそうになった件

それでも痩せる、しかも、費用はたったの200〜400円/日という夢のような秘策は、番組でぜひ。録画もあります。

第四話「塩、茹でた後」


第伍話「ピザ、心のむこうに」



#注意:観る「だけ」では痩せませんのであしからずご了承ください。  

2012年04月03日

総統閣下はお怒りです番外編「アクアポークからの挑戦」

モリタック:横浜の銘柄豚、アクアポークさんから挑戦状が届きました。

註釈:アクアポーク
横浜にある豚肉屋さん。日の出テレビの「総統閣下はお怒りです」のスポンサー様。http://www.sanbussan.co.jp/


閣下:どんな内容だ?

モリタック:「横浜にも美味しい豚があることを知って欲しい。品質に自信があるから、他の豚と食べ比べてみてくれないか」とのことです。

閣下:食べ比べというのは牛ではありそうだが、豚ではあまり聞かないな。面白いじゃないか。

註釈:食べ比べ
つい先日はパスタを茹でるのに塩をいれるべきかどうかの実験を実施。結果はこちらで。


ヒロッコ:どうしましょうか?

閣下:では、早速決戦の場を手配しよう。この間のパスタ実験で協力いただいた、大手町のビストロ・リヨン殿はどうだろう?

註釈:ビストロ・リヨン
オールアバウトのフレンチガイドをやられている嶋啓介さんのお店。地下鉄の駅から直結でとても便利。


ヒロッコ:連絡してみます・・・

-----------------------------------------
コマーシャル:「総統閣下はお怒りです」(ブックマン社)、絶賛発売中!!

-----------------------------------------

ヒロッコ:おまたせしました。8日の日曜日の夜なら大丈夫とのことです。

閣下:話が早い!さすが嶋殿だな。では、勝負の内容を考えよう。ヒロッコ、案を頼む。

ノブポン:ここはやはり、閣下の大好きなトンカツ勝負でどうでしょうか?

閣下:トンカツは肉ももちろん大事だが、衣や油など、肉以外の部分も少なからず味に影響するから、あまり良くないかも知れないな。

ノブポン:では、閣下が大好きでいらっしゃる吉高由里子が先月「チューボーですよ!」で作っていたポークジンジャーではどうでしょうか?

註釈:吉高由里子
今公開中の「僕等がいた」がなかなか良い。


閣下:吉高由里子の回はスンドゥブチゲじゃなかったか?

註釈:スンドゥブチゲ
レシピはこちら(公式サイト)


ノブポン:そうでした。では、チャーシューとかは?

モリタック:もう良いよ、閣下はヒロッコに聞きたいんだから。

ノブポン:それなら、帰っても良いんですか?

モリタック:も、問題発言だ!問題発言だよ!!!

閣下:どこかの国の予算委員会みたいな幼稚なやり取りはそこまでだ。ノブポンはちょっと廊下で立っていろ。

註釈:どこかの国の予算委員会
参考「枝野経産相:「帰ってよいか」発言で退席命令−−参院予算委」(毎日新聞)


ヒロッコ:今回は素材勝負ですから、シンプルに塩・胡椒で食べていただく、というのはどうでしょうか。

閣下:なるほど、ではそれでいってみよう。料理はシンプルにソテーして、塩・胡椒で味付け。肉と脂の味を評価してもらおう。アクアポークの他には2種類の肉をビストロ・リヨン殿に用意していただき、参加者の皆さんにはブラインドで3種類を味わっていただく。その上で、全員にどの肉が好みかを投票してもらう、という趣向でどうだ。

ヒロッコ:了解しました。では、対戦相手を選びましょう。肉の価格に大きな差があるのは不公平なので、価格は同程度のものを探しました。まず、東の代表として秋田の桃豚。それから、西の代表として三重の松坂豚。横浜が東西の雄に挑戦する、という形でどうでしょうか。

モリタック:ちょ、グドンとツインテールと帰ってきたウルトラマンみたいですね!!

註釈:グドンとツインテール
『帰ってきたウルトラマン』第5話「二大怪獣東京を襲撃」に登場する怪獣たち(第6話にも登場)。グドンとツインテールとウルトラマンはそれぞれ仲が悪い。


閣下:なんか、素晴らしい企画だな。さすがはヒロッコ!!!

ヒロッコ:いや、実はビストロ・リヨンの嶋殿にアドバイスいただきました。

閣下:良いブレインを持つことは大事だ。

ヒロッコ:ビストロ・リヨン殿によりますと、最大で20名までにして欲しい、とのご要請です。

閣下:よし、では、参加希望者には、Facebook(イベントに参加表明、あるいは元木、嶋殿に連絡)、ツイッター(@Amidalachan)、ブログ(コメント欄利用)、メール(タイトル「豚肉勝負参加希望」でbuu@mac.comまで)などで事前に連絡していただくことにしよう。

ヒロッコ:日の出テレビの番組キャストも参加しますし、勝負の様子は録画し、後日、動画サイトにアップできるかも知れません。

閣下:ぜひ、たくさんの人に集まっていただきたいところだな。

「総統閣下はお怒りです」 番外イベント 〜アクアポークからの挑戦〜
日時:4月8日(日曜) 夜6時〜
場所:ビストロ・リヨン@大手町
http://www.towncryer.jp/lyon/index.html
費用:4,800円
メニュー:3種類の豚肉(桃豚、松坂豚、アクアポーク)のソテー、軽食、ワイン(赤、白)
参加方法:Facebook(イベントに参加表明、あるいは元木、嶋殿に連絡)、ツイッター(@Amidalachan)、ブログ(コメント欄利用)、メール(タイトル「豚肉勝負参加希望」でbuu@mac.comまで)などで事前にお申し込みください。定員に達し次第締め切らせていただきます。  

2012年04月02日

第伍話「ピザ、心のむこうに」



Video streaming by Ustream

だだもれ直前生放送
若手アーティストを応援!
観ると痩せる!?5日間で4日飲み会でも痩せる「レコーディングすらしないダイエット秘法」

本日のニュース
中学生は座って柔道
プロ野球開幕
パスタ実験@大手町ビストロリヨンの結果報告
第二の実験!豚肉食べ比べ
高速道路でけんかして事故死

本日の映画
ももへの手紙
適正価格1,500円

マリリン 7日間の恋
適正価格800円

本日のラーメン
地獄ラーメン田中屋
適正価格400円

12_03_30_966


日常の疑問
ダイエット秘策
要らないテレビ

今週の一枚
12_03_30_967
  

2012年04月01日

特報!!「総統閣下はお怒りです」がテレビドラマ化!

今、軽井沢でカーリングの試合に出ているのですが、びっくりな電話がかかってきました!なんと、「総統閣下はお怒りです」のテレビドラマ化が決まりました。

まだ、局とか、出演俳優さんとかは書けないんですが、脚本は一部を僕が書きます。採用される話は大体決まっているのですが、大人の事情(汗)で使えないものもあり、それについては新作を書き下ろすことになります。東京に戻り次第、すぐに打ち合わせとなりました(^^;

待て、緊迫の続報!!!

#でも、明日はまだカーリングです(^^;  

2012年03月30日

総統閣下はお怒りです 第伍話「ピザ、心のむこうに」は本日21時から生放送!

予告動画です。再生すると音がなります。



今日もイベントの告知があるかも?  

2012年03月29日

アクアポーク増量セールの締め切りは4月1日です!!

先週の「総統閣下はお怒りです」でお知らせしました、横浜の銘柄豚、アクアポークの日の出テレビタイアップ増量セールは、4月1日の注文まで有効です。そろそろ締め切りが近づいてきているので、まだ注文していない方はお急ぎください。

アクアポークのサイトはこちら↓↓

アクアポークのサイト

なお、増量セールに関するお知らせは番組の中で喋っています。ただ注文しただけでは増量されませんし、一部、例外となる商品もありますので、ご注意ください。

録画もありますので、興味がある方は今からでもどうぞ↓



Video streaming by Ustream  

総統閣下はお怒りです「ネットが来た」

モリタック:民放連の新会長がNHKに対して「ネットによる番組同時再送信は控えて欲しい」と述べたようです。

註釈:民放連
社団法人日本民間放送連盟。日本において無線で放送する民間テレビ・ラジオ局による業界団体。


ヒロッコ:元ネタはこれね。

民放連次期会長「NHKの同時配信控えて」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000117-san-soci


民業圧迫につながるという見解のようです。

註釈:民業圧迫
公的組織の提供するサービスが民間の事業を圧迫すること。東大があるおかげで早稲田や慶應が冷や飯を食うとかも民業圧迫かな?


閣下:どのあたりが民業圧迫になるんだろうな?

モリタック:もちろん・・・・わかりません。

ノブポン:なんでもかんでも「民業圧迫」として機械的な対応をすることは社会的に許されない可能性もありますね。

註釈:枝野大臣は東電の値上げについて「機械的な対応をすることは社会的に許されない」(28日、参議院経済産業委員会)と述べたようです。


閣下:例えば「今日、3人の死刑囚の死刑が執行されました」というだけでは単なる事実の伝達に過ぎない。速報という価値は存在するけれど、その価値はテキストとして速報されても消費される。ということは、ニュース番組を同時にネットに流したとしても、大した影響はないんじゃないのかな?

註釈:死刑が執行
3月29日午前、死刑囚3人の刑が執行された。平成22年7月以来1年8カ月ぶり。法律で決まっているのだから当たり前。刑執行を命じない法務大臣には罰則を用意すべき。


ノブポン:ニュースをネット配信する会社と、テレビで放映する会社が同一会社である状況が長く続くことは、ニュースの速報性の観点からも、ニュースの需給の観点からも、望ましいことではないという判断でしょうか?こうした発言が民放連の次期会長から出るとなれば、影響が出ることは間違いないとも言えますが、ただちに影響が出るかどうかはなんとも言えませんね。

モリタック:ごめん、何を言っているのか良くわかんないんだけど。

ヒロッコ:3月から閣下もテレビのキャスターを始めたから、私達としても興味はあるけれどね。

註釈:テレビのキャスター
日の出テレビの「総統閣下はお怒りです」のこと。毎週金曜日、夜9時から1時間の生放送。http://hinode.tv/


閣下:事実に対してどういう付加価値をつけるのか、例えば、死刑の執行について、どんな問題意識があるのかを、テレビ局・ラジオ局として提示することが重要なはずで、そこに局としての価値が生ずると思うんだがな。それこそが放送局の差別化であり、視聴率につながるんじゃないか?

モリタック:つまり、速報性だけでは、もはや価値ではない、と?

閣下:いや、速報性に価値はあるけれど、今や、その価値はネットのほうが上だろ?「ゆれくる」とか、テレビのスイッチを入れる前に情報が提供されるじゃないか。

ヒロッコ:テレビは、速報性においてナンバーワンの地位をネットに譲った、ということですね。

閣下:白黒ついたのかはわからんし、そもそもネット対テレビという形で対立するものなのかもわからんけどな。ネットとテレビの関係が今後どうなっていくのか、というのはなかなかに興味深い。視聴者、スポンサー、テレビ局の関係も含め、色々と勉強していきたいところだな。

モリタック:閣下にもわからないことがあるんですね。

閣下:むしろ、ほとんどわからないと言ったほうが良いくらいだよ。どうやったら視聴率が上がるかなぁ。  

2012年03月26日

オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」結果報告

「総統閣下はお怒りです」で取り上げたことをきっかけに、ビストロリヨン@大手町の全面協力によって、オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」が開催されました。

疑問について、放送では1時間3分30秒ぐらいから言及しています。



Video streaming by Ustream

以下、実験の結果報告です。

実験は、パスタの皿を2種類用意し、片方は塩水で、もう片方は普通の水で茹でました。それぞれを参加者全員がブラインド(どちらがどちら、と知らされない状態)で食べてみて、味、食感、ソースの絡み具合などを各自が独立に判断しました。

まず、ペペロンチーノの皿です。パスタは、茹でるときに塩があるかどうかだけが違うけれど、その他のハンドリングは基本的に一緒、とのことでした。

12_03_25_950


12_03_25_951


僕の感想は、B皿の方が硬く、味は一緒、というものでしたが、他の全員はB皿のほうが塩気がないというもので、B皿の方が硬い、という人が数人いました。あれ?と思い、もう一度食べてみたら、今度は確かにB皿は味が薄いんです。みんなが口を揃えて味が薄いと言ったからかな?と思ったのですが、味にむらがあるのかも知れません。とにかく、二度目の僕の感想は独立ではないので、ちょっと信頼性が低いです。

とりあえず、

元木一度目 B皿の方が硬い、味は一緒
みんな B皿の方が硬く、塩気が足りない
元木二度目 B皿の方が硬く、塩気が足りない

となりました。ここでお店の人に種明かししてもらったところ、A皿が塩水で茹でたものとのこと。B皿がなぜ硬いのか、と聞いたら、B皿のほうが15秒くらい、茹で時間が短かったとのこと。ということで、次はなるべく茹で時間が一緒になるようにお願いしました。

次に、同じようなハンドリングで、クリームソースのパスタを作っていただきました。

12_03_25_952


12_03_25_953


これまたブラインドで食べて、全員で目をつぶって、「塩気が多いと思った方で挙手してください」と聞いたところ、全員一致でB皿になりました。これはもう非常に明確で、明らかにB皿の方が塩気があります。一方で、麺の硬さとか、ソースの絡みなどは関係がない、全く同じだ、というのが全員の感想でした。

ペペロンチーノの場合、調理の過程で両方ともに茹でたあと、塩を加えるフェイズがあることに反して、クリームソースでは塩を加えない、ということが、塩気の差が明確になった理由かも知れません。

最後に、ペペロンチーノで、水で茹でたパスタの調理の際、通常の倍の塩を使って調理していただきました。

12_03_25_954


12_03_25_955


これまた、食べてみると答え一発。塩が倍になったおかげで、同じような塩気のペペロンチーノが完成しました。が、片方は、部分的にしょっぱすぎます。つまり、むらがある。ということで、全員一致で、「こちらが塩をたくさん使ったパスタですね?」とお店の方に尋ねると、そのとおりとの返答でした。

実験はここで終了。今回は現役の検察官と現役の弁護士さんが参加していたため、非常に論理的な考察が実施され、全員一致での結論を出すことができました。

以下、考察内容です。

◯硬さ、食感、ソースの絡みについては、塩があってもなくても一緒である。

◯味は、塩水で茹でた方がしょっぱい。

◯ソースパスタでも味の違いはある。

◯ただし、調理の途中で塩を振る、あるいは多めに振れば、水で茹でてもしょっぱくできる。

◯しかし、その場合、味にムラができやすくなるので、注意が必要である。

◯後から塩を振る場合、均一にするのは結構難しいのではないか。

◯均一に同じ味にしたいなら、塩水で茹でるのが良いだろう。例えばレストランなら、塩水で茹でるのが無難だろう。

◯一方で、自宅で食べる場合、特にお一人様やお二人様なら、作ったあと、お好みで塩を振れば良い。

結論
違いは味!ただし、味付けで対応可能!家庭で作るなら水でも良い!

#すいません、「温度を計って!」というオーダーがあったのですが、今回は調理人一人、かつ全員がブラインドで判定する、というしばりがあったため、温度計測ができませんでした。

今回の実験では、ビストロリヨン様には大変お世話になりました。実験の結果が面白い、ためになった、という方で首都圏在住の方は、ぜひビストロリヨンをご利用ください!! 

#もしかしたら食べ比べ第二弾で、豚肉食べ比べも実施するかも知れません。

ビストロリヨン
TEL 03-5204-8066
住所 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル B1F
交通手段 都営・東京メトロ「大手町駅」E1&A4出口直結

嶋さん、ご協力、どうもありがとうございました!!

また、日曜日の夕方というタイトな設定、および2日前に告知というショートノーティス(中央官庁の必須イディオム)にも関わらずご参加いただきました皆さんにも御礼申し上げます。次の機会も、ぜひよろしくお願いいたします。  

2012年03月25日

オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」は本日開催!!

日の出テレビ「総統閣下はお怒りです」からスピンアウトした特別企画第一弾、オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」は、本日、大手町のビストロリヨンさんの全面協力によって開催されます。夕方、17時からスタート。

#残念ながら、ネット中継はありません。

23日の放送で科学的なところには触れましたが、その後のタレコミも含めてまとめると、おおよそ次のような感じです。


◯動機その1:塩味をつけるため 

>味付けの目的であれば、茹でた後に塩をまぶしたほうが良い。内部まで塩を入れたいなら、うどんやそうめんのように、製造段階で入れてしまた方がずっと効率的。


◯動機その2:沸点上昇によって茹でる温度が上昇する

>沸点上昇の効果はごくわずかである。1リットルに1モルの食塩(58.4グラム)を投入しても1.03度しか上昇しない(水は1モルの溶質あたり0.515Kだけ上昇する。また、1モルの食塩は溶解して2モルのイオンになる)。沸点上昇の高い温度が期待できるほど投入したら、しょっぱくて食べられない。また、沸点上昇の効果よりも、台風が来た時の気圧の低下や、標高の高い地域などによる沸点の低下の方が影響が大きいのではないか(約300ヘクトパスカル気圧が低くなると、沸点は10度低くなる)。「今日は台風だからパスタがまずい」「あそこは標高が高いからパスタがまずい」という意見はあまり聞いたことがない。


◯動機その3:塩析効果により、パスタがしまる

>塩析とは、タンパク質などの高分子は高濃度の塩の溶液には溶けにくい、という性質を利用したもの。たとえば、石鹸を作るときに利用される。塩析によってタンパク質の溶出が変化するためには、かなりの塩濃度が必要。石鹸の場合、加えるのは通常20%前後の食塩水。これまた、しょっぱくて食べられないと思う。そんなに硬いのが良いなら、茹で時間を短くすれば良い(実際、僕は9分指定のところ、8分で茹でている)。


◯動機その4:グルテンに対する化学的効果

>グルテンは塩があると化学変化を起こして固くなる、という説がある。数%程度の塩濃度でこのような効果があるとは考えにくいが、調べた範囲では、この効果に対する情報はポジティブ、ネガティブともに見つけられなかった。


放送では、1時間3分30秒ぐらいから言及します。



Video streaming by Ustream


さて、科学的には「おかしくない?」という説ばかりの「塩使用」ですが、実際に食べてみたら全然違う、ということであれば、何か理由があるはず。でも、本当に違うの?実際に確かめてみようよ、ということで、レストランのシェフに塩あり、塩なしでパスタを作ってもらい、食べ比べてみます。

「興味ある!!」という方は今からでもぎりぎりエントリー可能なので、このエントリーのコメント欄、僕のツイッター(@Amidalachan)、Facebookのイベント告知(http://www.facebook.com/events/197315107038773/)などを利用して、参加希望表明をしてください。ギリギリで、15時まで大丈夫です。

お時間の許す方は、ぜひご参加ください。あ、オトナの実験と称していますが、未成年のお友達でも大丈夫です。お酒は飲めませんが・・・。

場所:ビストロリヨン
 TEL 03-5204-8066
 住所 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル B1F
 交通手段 都営・東京メトロ「大手町駅」E1&A4出口直結
時間:17:00〜
内容:パスタ3種類について塩あり、塩なし、おつまみ、ワイン(白&赤)
費用:イベント分で3,500円/人、他の注文はご自由にどうぞ  

2012年03月24日

オトナの実験に参加される方へ

先日ブログに書いて、テレビでも宣伝したオトナの実験(ビストロリヨン@大手町)ですが、

オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」開催!!
http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51328887.html

パスタを買ったり、ブラインドテストの準備をしたりしなくてはならないので、参加表明をお願いします。この記事のコメント欄に「名前」「人数」を記載していただければオッケーです。なお、コメントは公開しません。

あるいは、Facebookのイベント機能を利用していただいても構いません。

http://www.facebook.com/events/197315107038773/

できれば今日中、遅くとも明日午前中ぐらいまでに、ぜひ、よろしくお願いいたします。  

2012年03月21日

オトナの実験「パスタを茹でるのに塩って必要?」開催!!

ほとんどのイタリア料理の本には「パスタを茹でるときには塩水で茹でましょう」と書かれています。たとえば、「15分でおいしい人気のパスタ」(宝島社)では、1リットルの水に対して大さじ1の塩を入れます」と書かれています。逆に、「塩を入れずにただの水で茹でましょう」と書かれている本は見たことがありません。ですから、ほとんどの人が、パスタを茹でるときにはお湯に塩を入れてから茹でているのではないでしょうか?

でも、なぜ塩を入れるのですか?麺に塩味をつけるなら、茹でた後に塩を振れば良いはず。それに、パスタソースと絡めてしまうなら塩味なんて意味がないような気もします。また、どうしても塩味が必要というのなら、うどんやそうめんのように、麺を打つ時から塩を加えてしまったほうが効率的ではないでしょうか?それとも、味以外に何か秘密があるのでしょうか??

不思議です。

そこで、日曜日の夕方、ビストロリヨンで、オトナの実験をやってみましょう。本当に塩は必要なのか。実際に複数のパスタについて、塩あり、塩なしで調理して、それを食べ比べてみるのです。味に差はあるのか?それとも、塩なんて全然関係ないのか?美味しいワインを飲みながら、あなたの舌で確かめてみて下さい!!

日時:3月25日(日曜日)17:00〜

場所:ビストロリヨン(地下鉄大手町駅直結)

費用:パスタ(味付けなし、ペペロンチーノ、ホワイトシチュー(ソースは当日変る可能性あり)について、それぞれ塩あり、塩なし)、ワイン赤、白、ちょっとしたおつまみで3,500円(料理やお酒の追加は大歓迎)

備考:このテーマについて、Ustreamの日の出テレビ「総統閣下はお怒りです」で、多少(笑)科学的な見地からの考察を述べます。事前に勉強したい方は、こちらもご覧下さい。23日(金曜日)21時〜、http://hinode.tv/  

2012年03月17日

3月16日 第参話「来ない、コメント」

第参話「来ない、コメント」



本日のニュース

キムタクのスピード違反について


本日の映画

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
適正価格1,000円
余談:「クレイマー、クレイマー」について。放送内では「タイトルは“クレイマー夫妻対クレイマー息子の対決”という意味では」との話がありましたが、ウィキペディアによりますと、「原題は「原告クレイマー対被告クレイマー裁判」の意。」とのことなので、元木の解釈は間違っていなかったようです。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
適正価格1,400円

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D
適正価格300円


本日のラーメン

まる玉
適正価格1,000円


日常の疑問

ラーメンの評価のポイント  

2012年03月15日

総統閣下はお怒りです 第参話「来ない、コメント」 予告

生放送だから、なるべく生で観て下さい(笑)。

  

2012年03月11日

総統閣下はお怒りです 第弐話「見知らぬ、秘書」

第弐話「見知らぬ、秘書」

本日のニュース
国家公務員新規採用4割減について

本日の映画
SHAME−シェイム−
適正価格2,800円

本日のラーメン

適正価格1,100円

日常の疑問
パスタの茹で方について

録画放送はこちら。



Video streaming by Ustream  

2012年03月10日

総統閣下はお怒りです「侵略される若者たち」(註釈はのちほど)

モリタック:日本の出生率が低すぎて、このままだと日本人は絶滅するそうです。

ヒロッコ:そりゃぁ、全部の国民が結婚して、みんなが2人以上の子供を産まないなら、人口は減る一方ですからね。そのままの傾向が続くなら、いつかは絶滅するわよね。

モリタック:それで良いんですか???

ヒロッコ:良いんですか、と言われてもねぇ。それに、いつまでもずっとこの傾向が続くとも限らないし。

モリタック:それにしても、なぜ日本人は減り続けているのでしょうか?

ヒロッコ:子供を生むと大変だからじゃない?

モリタック:みんな子供が嫌いなんですか?

ヒロッコ:いや、みんながみんな子供嫌いってことはないと思うわよ。

モリタック:育てるのが大変だから、生まないのかな?

ヒロッコ:それはあるわよね。日本社会は全く先が見えない状態だから。子供は短くても20年は面倒を見る必要があるから、子供を持つというのは簡単な決断ではないわよね。

モリタック:やはり、公務員のように安定した家庭のほうが子供は多いんですかねぇ?

ヒロッコ:国勢調査とか調べれば分かるかも知れないわねぇ。

モリタック:調べてくれないんですか?

ヒロッコ:あなたのためにはね(笑)

モリタック:世の中、そんなものですよね。でも、できちゃった結婚した人たちを見ていると、みんななんとかやってますよね?

ヒロッコ:そうねぇ。なんとかならないと大問題だしね。

モリタック:そりゃぁそうなんですが・・・

ヒロッコ:一体、どうしたの?こんな話、あなたらしくないわよ。

モリタック:いや、だって、このままじゃ日本はおしまいだって言う人がいたから。

ヒロッコ:じゃぁ、あとで閣下に見解を聞いてみたら?

モリタック:あれ?今日は総統閣下は不在なんですか?

ヒロッコ:合コンらしいわよ。もうすぐ帰ってくるんじゃない?

閣下:ただいま。

ヒロッコ:ほら。サザエさんのお父さんみたいね。噂をするとなんとやら。

モリタック:ご都合主義ですね。・・・閣下、今日の合コンはいかがでしたか?

閣下:残念ながら収穫なしだな。

モリタック:時間の無駄でしたね。

閣下:楽しかったから良いけどな。

モリタック:今日はどんな相手だったんですか?

閣下:損保の営業担当の女性たちだったよ。

モリタック:いくつぐらいの方ですか?

閣下:30代半ばだったなぁ。

モリタック:可愛くなかったんですか?

閣下:いや、全然。むしろ、なんでこんな可愛い子がこの年齢まで独身だったの?という感じだったよ。

モリタック:なんでなんですかね??

閣下:俺の経験から言うとアラフォー女子独身のパターンはいくつかあるんだが、ありがちなのは「10年付き合っていた彼氏と最近別れた」というのだな。これは本当に頻出ケースだ。

モリタック:ほほう・・・興味深いですね。

閣下:それで、30も半ばぐらいまで働いていると、彼女たちもそこそこに社会的に評価されていて、自分一人なら独立して食っていけるぐらいには稼げるんだよ。

モリタック:海外旅行やら何やら、私よりもよっぽど遊んでいる感じです。

閣下:日本社会の多くは年功序列で終身雇用だ。結婚しないなら、ずっと働いていれば良い。最近は男女の差別も大分なくなってきたから、女性が一人で暮らし続けることも以前ほど大変ではなくなったよな。

モリタック:女性がみんなお局さん化したら、会社としては迷惑なんじゃないですか??

閣下:そんなことはないだろう。ちゃんと働いてくれるなら、会社としては文句がないはずだ。

モリタック:じゃぁ、もう、女性は結婚する必要はない、と。

閣下:普通に働いて、普通に遊んで、それで人生終了、っていうのが嫌じゃないなら、女性がそういう一生を送るのに全く問題ない世の中になってしまった。

モリタック:それでは子供は生まれませんね。

閣下:そうだな。少なくとも、今アラフォーの女性の少なくない人たちがそんな感じじゃないか?

モリタック:でも、そんな女性たちがなぜ合コンに来たりするんですか?

閣下:一人でいいわ、私、これで一生遊んで暮らすの、という女性もいるけれど、やっぱり結婚したい、子供生みたい、という女性もいるからな。

ヒロッコ:むしろ、そちらの方が多いんじゃないでしょうか。

閣下:本人的にはそれで良くても、頭が古い親とかが文句を言ったりするからな。だから、話がややこしくなってくるんだ。

モリタック:どうややこしくなるんですか?

閣下:40近くなって「結婚したい」って言ってもなぁ。女性の価値は、男性の価値に比較して経年劣化が早いんだよ。

モリタック:そんなこと言ったら、フェミニスト達が文句を言ってきて作戦室は大混乱ですよ!!急いで発言を取り消さないと。

閣下:そうか?例えば子供を作る能力に限定すれば、女性はどんなに頑張っても45歳だろ。一方で、男性は60歳でも大きな問題がない。こればっかりはどうしようもない話だ。

ヒロッコ:そうですね。

閣下:加えて、男は若いオネーチャンと美人が大好きだ。

ヒロッコ:若いオネーチャンが良いっていうのはオジサンの証拠ですよ。

閣下:それはそうかも知れないけれど、一般論として、男は若くて可愛い子が好きなんだよ。だって、グラビアとか、AKBとか見ていても、頑張ってもせいぜい30歳ぐらいまでだろう??

モリタック:ほんとだっ!!!

ヒロッコ:誰も口に出さないだけで、みんな知っている話だから、「!」を3つもつけなくても良いわよ。

モリタック:ちょっと何を言っているのかわかんないです。

ヒロッコ:なんで何言ってるかわかんないのよ。

閣下:とにかく、だ。女性の、「女性」としての魅力というのは30歳ぐらいから激減していくんだよ。

ヒロッコ:また、元も子もないことを(笑)。

閣下:だから、25から付き合い始めた女性なら、5年も経ったら「あんた、ちゃんと責任取ってよね」って言い出さないと、トンデモないことになりかねない。

ヒロッコ:それはそうですね・・・。

閣下:35ぐらいがぎりぎりのラインだろうなぁ。そこから先は、相当頑張らないと売り先は見つからないと思うぞ。40過ぎたら絶望的だ。

ヒロッコ:なんか、ちょっと日本の少子高齢化の原因が見えてきた感じですね。

閣下:少子高齢化なんて難しい話を考えていたのか?

ヒロッコ:閣下が合コンに行っている間にモリタックと話していたんです。

閣下:4、5年付き合ったら、さっさと結婚しろ、ということだな。

ヒロッコ:女性に結婚願望があるなら特に、ですね。

閣下:そう。タイミングとしてはもっと早くても良い。2年も付きあえば、大体わかるだろ、相手のことなんか。

ヒロッコ:わかりますねぇ。

閣下:結婚はゴールじゃないんだ。それから先、下手したら5〜60年も一緒に暮らすんだから、むしろスタートラインだろ。気立てが良くて、健康な相手なら、あとはのんびり関係を作っていけば良いだけの話だ。

ヒロッコ:おっしゃるとおりで。

閣下:2年も付き合ったら、さっさと結婚して、子供を作って、家族ゲームを楽しめば良いんだよ。なんて人間らしい一生だろう。

ヒロッコ:ほんと、ほんと。

閣下:それに、相手のことが嫌になったらさっさと離婚すれば良いだけのこと。とにかくやり直しがきくうちに色々動かないとダメだな。こと結婚に関しては、女性に対するセーフティネットはすごく貧弱なんだから。

ヒロッコ:さっさと動け、と、そういうことですね。それで、結婚して、さっさと子供を産め、と。

閣下:産んだら産んだで、また問題はあるけれどな。

ヒロッコ:どんな問題ですか?

閣下:誰が育てるか、どうやって育てるか、という問題だ。「女性は専業主婦として子育てをしていれば良い」という時代じゃないし、そういう時代に戻れるわけでもない。

モリタック:そんな、「女性は結婚して家庭に入っていれば良いんだ」とか言い出したら、我が帝国でも大問題になりますよ。

閣下:そりゃそうだ。

ヒロッコ:結局のところ、社会全体が、少子高齢化に向かって突き進んでいるわけですね。

閣下:ただ、少子高齢化には他にもいろんな要素が入ってくるはずだ。大体、それは日本だけじゃなくて、先進国のほとんどに見られる現象だろう?

ヒロッコ:単行本化される場合にはデータを集めてきます。

閣下:日本について言うなら、社会がすべからく、制度が若者向けになっていないんだ。

ヒロッコ:昨日のテレビでもおっしゃってましたね。

閣下:昨日は就職活動と年金について語ったけれど、制度だけじゃなくて、マインドもそうだな。「高齢者を大事にしなくては」と言われると、みんな言葉につまるんだよ。誰だって高齢者は大事にしたいからな。でも、二者択一なんだ。今会社にいる人間と、まだ会社に入っていない人間と、どちらを大事にするか。

モリタック:難しい選択ですね。

閣下:「大事にする」というから難しくなるのかも知れないな。言葉を変えるなら、どちらに機会を与えるか、と考えても良い。今の社会は、年長者の「雇用継続の機会」と、若年者の「就職の機会」を天秤にかけて、前者を優先している。おかげで、生まれた年によって、就職しやすかったりしにくかったりするという不公平が生まれている。これはオカシイ。

モリタック:では、どうしたら良いんでしょうか。

閣下:会社や公務員については、入社・入所の機会は均等に、入社後は競争して、役に立たない奴はクビ、いつまでも腰掛けないように早期退職の勧奨、給与は基本的に能力給で、年功給制度の廃止、同一労働同一賃金に、で良いんじゃないのか?

モリタック:そうしたら、子供は増えますか?

閣下:効果は期待できるだろうな。俺の大学時代の友達たちはほとんど結婚しているし、その多くが子持ちだ。ずっと結婚していない奴はほとんどいない。ちゃんと就職できれば、子供もできる。

モリタック:でも、雇用の継続を保証しなかったら、クビになるのが怖くて結婚できない人が出てきませんか?

閣下:しかし、クビになるのは本人の努力が足りないからだろ?努力が足りないなら諦めもつくんじゃないか?問題なのは、本人の努力とは無関係な、生まれた年や卒業の年次によって、就職できたりできなかったりする不公平が蔓延していることなんだよ。

モリタック:なるほど、生まれた年によって権利を得てしまっている人たちが既得権にしがみついているのが悪いんですね。

閣下:ただ、民間企業の方針に口を出すことはできないから、まずは公務員の制度改革だろうな。もちろん、これは問題の一つに過ぎないから、これを解決するだけじゃダメだ。

モリタック:他には何がありますか?

閣下:例えば年金制度だ。これも、全く若者に配慮していない。強制的にお金を巻きあげて、既得権者にばらまいているだけだからな。

モリタック:もうちょっと詳しくお願いできますか?

閣下:年金問題は長くなるので、また別の機会にしよう。問題は、就職にしても、年功序列にしても、年金制度にしても、すべからく日本の社会は高度成長期時代のものをそのまま踏襲していて、全く見直しがかかっていないってことだ。

モリタック:なぜ見直しがかからないのですか?

閣下:みんな、「俺達が生きている間は大丈夫だろう」って思っているんじゃないのか?

モリタック:大丈夫なんでしょうか?

閣下:俺の知り合いの年金の専門家は、「みんなが思っているほど破綻は早くない」って言ってたな。

ヒロッコ:「早くない」って具体的には、何年後ぐらいと思われているのですか?20年後ぐらいですか?

閣下:そいつの説では、5年後だったな。

モリタック:十分早いですよっ!!!

閣下:つまり、事態は、国民が思っているよりもずっと切迫しているってことだろ。

モリタック:どうしたら良いんでしょうか?

閣下:とりあえず、政治家の皆さんに頑張っていただくしかないんじゃないのか?

ヒロッコ:でも、自民党も、民主党と大して変わらないんじゃないでしょうか?

閣下:何しろ、国民の大多数が「既得権者」だからな。これじゃぁ、若者はいつまで経っても幸せになれない。子供も増えない。お先は真っ暗、ということだな。

ヒロッコ:「このままでは日本人は絶滅する」という記事は、あながち間違いではないんですね。

閣下:今のままでは、生物学的な絶滅よりもずっと早く、その時期が来てしまいそうだな。  

2012年03月09日

総統閣下はお怒りです「勇気ある祝辞」

モリタック:そろそろ卒業式シーズンですね。

ヒロッコ:あ、やばい、総統閣下が頼まれている卒業式の祝辞の原稿、手配してない!

モリタック:閣下はいつも自分で書いているから平気でしょ?

ヒロッコ:とはいえ、何が起きるかわからないでしょ?一応、原稿だけは用意しておくものなのよ。

モリタック:そんな時こそインターネット。親切な人がここに例文をアップしてくれています。

来賓の卒業式の祝辞の例文・文例
http://www.jp-guide.net/businessmanner/b-manner/speech-b-sotsugyou.html#3

ヒロッコ:あら、これ、どこかで見た気がするわね。

モリタック:さすがヒロッコ、もう調査済みでしたか!

ヒロッコ:一応参考として、過去の事例調査はするんだけど・・・あ、あった、これね。

平成22年度卒業式祝辞
http://www.kochinet.ed.jp/akisakuragaoka-h/dousoukai%20HP/syukuji.html

モリタック:あ、ほとんど全部一緒ですね!!黎櫻会会長の山本諭さんもこのサイトを参考にしたんですね!!

ヒロッコ:それにしても、この相同性の高さは凄いものがあるわね。ひな形から引用した部分を太字にしてみるわよ?

 卒業生の皆さん。本日はご卒業おめでとうございます。
 ご臨席のご父兄の皆様には、心よりお祝いを申し上げますと共に、校長先生並びに諸先生方のご功労に対し、改めて敬意を表したいと存じます。
 卒業される皆さん。皆さんはこれまではご両親に守られ、学校という安全なカゴの中で、学生という肩書によって文字どおり「加護」を受けて参りました。
 しかし、これからは、一人前の大人として、責任と自覚を持って行動することが求められます。

 特に今年は、日本は未曽有の経済危機と言われる状況にあり、皆さんは非常に厳しい環境に身を投じることになります。時には、「辛抱」や「忍耐」という経験も積む事もあるでしょう。
 しかしながら、皆さんが夢を持って、その夢までいかにして到達するかを強く心に思い描けば、必ず道は開けます。
 努力も、忍耐も、結果としては「すばらしい経験」となって、皆さんの中に蓄積されていくことでしょう。

 例えば、人が物事を判断する時、知識だけではなく「経験」が非常に重要な役割を果たします。
 これまでの学生生活で学んできた事が「知識」だとすると、これから先の人生で得られる「経験」が皆さんを格段に豊かな人間にしてくれます。
 こんな時代だからこそ、どうか皆さん、恐れず、ひるまず、前向きにチャレンジしてください。どんな経験も必ず皆さんを育ててくれます。

 結びにあたり、少しだけ私の経験をお話しましょう。私は社会人になって、四十年近くになります。私の経験から間違いなく言える事は、学生時代の友人ほど、本音で語り合える相手はおりません。
 皆さんには、友達と呼べる相手が何人いますか?上下の関係なく、プライドも見栄もなく、苦しい時もつらい時も腹を割って語り合える友が、人生の宝となります。
 何かあった時に本音で語り合える友人をどうか大切にして下さい。
 この先どんな事があっても、皆さんの年齢がかわっても、職業や肩書が変わっても、学生時代の友人とは一生、裸の心の付き合いができます。

 これからは、家族や友、職場の同僚を大切にし、しっかりと地に足を付け人生を歩んで行って下さい。
 尚、本日の卒業をもって、安芸桜ケ丘高校同窓会「黎櫻会」の一員となるわけですが、同窓会行事に多くの方に参加して頂き、親睦を深めてもらえれば幸いです。
 黎櫻会総会は、安芸市内で開催され、各支部でも毎年支部会を開催しております。各地区同窓会への積極的な参加をおまちしております。
 最後になりますが、高知県立安芸桜ケ丘高校のご発展と、卒業生の皆さんならびに、ご臨席の皆様のご健勝とご活躍をお祈り致しまして、私のお祝いの言葉とさせて頂きます。


モリタック:うわっ!真っ黒だっ!!

ヒロッコ:ひな形の方にはわざわざ「2009年1月作成」って書いてあるから、どちらがオリジナルで、どちらが模倣かははっきりしているわね。

モリタック:えっと、2009年っていうことは・・・

ヒロッコ:平成21年よ。それで、黎櫻会会長の祝辞は平成23年。

閣下:それにしても、これだけ心のこもっていない祝辞も珍しいな。



  

総統閣下はお怒りです 第弐話「見知らぬ、秘書」は本日21時から生放送!

予告最新版です。



第壱話ではすっ飛ばしてしまったラーメンも、今日は必ずやります。

日の出テレビ  

2012年03月05日

総統閣下はお怒りです「消された絆」(註釈は後ほど)

ヒロッコ:なんか、最近モリタックが元気ないのよね。

ノブポン:少なくとも、私はその原因について承知しておりません。

ヒロッコ:どうしたのかしらね、あ、キタ。

モリタック:絆とか、結局のところきれいごとですよね。

註釈:絆
「絆」とか、「寄り添う」とか、加齢臭が伴う単語で正直キモイ。使っている奴を見ると馬鹿だと思う。


ノブポン:我が作戦室の絆はいつも強固であるとの自負がありますが・・・

註釈:我が作戦室
確認されたところによれば閣下、モリタック、ヒロッコ、ノブポン、カツマーナの5名。


ヒロッコ:何か、道端で拾って食べたんじゃないの?

モリタック:そんなことはないですが、NHKのニュースでも、地震のあと、絆は弱くなったってやってましたよ。

ノブポン:ええ?被災地の絆は相変わらず強固で、それが弱くなったなんてありえないのではありませんか?

ヒロッコ:モリタックが言っているのはこれね。

震災後“絆弱まった” 3人に1人
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120305/k10013493051000.html

閣下:38%が弱まったと言っているのか。でも、強まったと言っている人もいるんだろう?

ヒロッコ:63%ですね。

閣下:おかしいだろ。足すと100%を超えてしまうぞ。

註釈:100%を超えてしまう
38+63=101


ヒロッコ:確かにおかしいですね。

閣下:良く読め。「弱まりを感じたことがある」「強まったと感じたことがある」であって、「強まった」「弱まった」ではないじゃないか。

ヒロッコ:見出しがおかしいですね。「絆弱まった」では、地震前に比較して絆が弱まったと判断しているように感じられますが、実際は弱まったと感じたこともあれば、強まったと感じたこともある、という人が結構いると予想されます。

閣下:そういうアンケートを元に、「絆弱まった」と見出しを打つのも情報操作だが、その結果を元にして「災害とは家族や家を奪うだけでなく、人と人とのつながりや人を思いやる余裕、将来に対する希望といった精神的なものまで奪ってしまうことだと思う。被災した人に寄り添って気持ちを理解することが重要で、お互いの連帯感、共通の目標が生まれると、そこに絆も生まれてくる」とか分析している室崎益輝教授っていうのも、良くわからんなぁ。

註釈:寄り添って
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ノブポン:このアンケートはNHKのお手製のようですが、どこかにきちんとアンケートに関する情報が公開されるのでしょうか?

ヒロッコ:さぁ、どうなのかしらね?

モリタック:なんでもっとストレートに、「震災の前に比較して絆はどうなったと思いますか?1.強くなった、2.弱くなった、3.変わらない、4.わからない」って聞かないんでしょうか?

閣下:俺に聞くな、NHKに聞け。  

2012年02月29日

総統閣下はお怒りです「海底GO!GO!GO!」

モリタック:閣下!素晴らしい発明です。神戸大学の教授が驚天動地の発表をしました!!

註釈:神戸大学
兵庫県にある国立大学。「真摯」「自由」「協同」の精神で、社会に貢献するような指導的人材を育成する世界的研究・教育機関たることを目指しているらしい。


ヒロッコ:今度は何?

モリタック:海を利用した発電システムの発明です。日本は長野や群馬など、一部の海無し県を除いて海に面していますから、これからは発電し放題です。

註釈:海なし県
埼玉県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県


閣下:そんなこと、あるわけないだろ?

モリタック:でも、神戸大学の大学院がリリースを出してますよ!

ヒロッコ:これですね。

超大規模海洋発電(原子炉千基分以上の発電可)装置の発明 
      ―海洋に巨大水力ダムを造るー
 ☆☆エネルギー資源輸入国からエネルギー輸出大国へ☆☆
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201202222587
(さすがに恥ずかしくなったようで、リンク切れ)

閣下:どれどれ・・・・って、これは・・・

モリタック:画期的ですか??5倍以上のエネルギーゲインがありますか??

註釈:エネルギーゲイン
ガンダムの第一話でコクピットに座ったアムロが「凄い!5倍以上のエネルギーゲインがある」と叫んで以来、エネルギーゲインといえば5倍が普通。何に比べて5倍なのかは不明。アムロの電動自転車に比較してかも知れない。


閣下:この間、京大の教授が乞食の真似をして国民をびっくりさせたばかりなのに、今度は神戸大学か、という感じだな。しかも、グレードがアップしているぞ。

註釈:乞食の真似
参考記事→新しい研究資金の集金システム


モリタック:それは、つまり???

閣下:こんな装置で発電ができるわけがないだろ。さり気なく「排水」とか書いてあるけど、どんだけ水圧がかかっていると思っているんだ。その排水装置が作動する際に必要とする電気量だけで、間違いなく発電量を上回るぞ。

モリタック:発電装置じゃなくて、電力消費装置になってしまいますか?

閣下:そうだな。こんなので発電できたら、世界中が「あっ」ということ間違いなしだ。

註釈:「あっ」
人間がびっくりした時に思わず出す声。


モリタック:実際はどんな感じですか?

閣下:「えっ?こんなリリース、マジで出したの?」と思ったよ、俺は。

註釈:「えっ?」
人間がびっくりした時に思わず出す声。ただし、本当にびっくりした時には何も出ないこともある。下記動画参照。




ヒロッコ:とりあえず、この教授と、このリリースを流した責任者はクビでしょうか?

閣下:あえて言おう、カスであると!

註釈:カス
アホ、馬鹿、キチガイなどと同じく、人を馬鹿にしていう言葉。例:ググレカス(=ggrk)


モリタック:じゃぁ、「巨大水力ダム」っていうのは・・・

閣下:ダムとは違うのだよ、ダムとはっ!


  

いよいよ今週金曜スタート、日の出テレビ版「総統閣下はお怒りです」

今週金曜日から日の出テレビの生放送をやります。毎週金曜日、夜9時から1時間です。

第壱話の予告編はこちら


日の出テレビはこちら→日の出テレビ

以下、プレスリリースから抜粋します。

第6回マニフェスト大賞「最優秀コミュニケーション賞」を受賞したネットテレビ局「日の出テレビ」に3月2日から新番組が登場します。キャスターは、政治家以外では初となる元木一朗氏。東工大卒でコンサルタント、経産省、バイオベンチャー社長を経由しIT会社社長という変わった経歴の持ち主。「インチキな数字や、社会の変な話に文句を言っちゃいましょう」をコンセプトにラーメン、映画、スポーツなど、さまざまなジャンルの情報を取り上げます。

<番組名>「総統閣下はお怒りです」毎週金曜日21時〜22時放映
<キャスター>元木一朗(ITベンチャーCEO)
<番組紹介>メディアで流れる情報を鵜呑みにしていませんか?情報バラエティはもちろん、ニュース番組であっても、多くの情報にはバイアスがかかっています。トマトジュースを飲んだら健康になるのですか?ヨーグルトを食べたらインフルエンザにならないのですか?巷に流れる怪しい情報を取り上げて、その真相に迫ります。また、堅い話ばかりではなく、ラーメン、映画、サッカー、野球、ネットの話題など、各種の情報を取り上げますので、のんびり楽しんで下さい。


  

2012年02月25日

総統閣下はお怒りです「姿なき小児がん患者」後日談

おしどりマコ氏と週刊文春の反論会見があったので見てみた。

おしどりマコ氏・「週間文春」編集部緊急記者会見(タイトルには誤字が含まれるが、そのまま転載)

どうせ大したことはないだろうと思っていたけれど、予想通りである。おしどり氏と文春編集部がどうやって保身を図るのかと思ったら、出てきた技は「情報源の秘匿」である。それって、情報源を守るための技であって、今回は情報源たる内科医が自分で「僕です」って出てきて記者会見までやっているんだから、なんだそりゃ、自己保身のためにそれを使うって、募金活動をしておいて集めたお金で豪遊とかそんな感じですか、という気分である。

記者会見の質問がぬるかったので、ほとんど聞く価値がない会見だったが、唯一聞く価値があった発言は「福島以外の子供についてエコー検査をしていない」という部分である。検査にあたって一般人のコントロールが取られていないということでは、全く科学的ではない。あたりまえの話だが、福島の子供と、県外の子供を同じように調べてみたら、福島の子供だけに異常が見つかった、ということでなければ、全く意味がない。調べてみたら普通の子供達からも結節や嚢胞が見つかるかもしれないじゃないか。それほど難しくないんだから、なぜそれをやらないのだ、という話である。

#実際に調べてみたら福島県外の子供たちからは何も見つからず、福島の子供だけから特異な結節・嚢胞が発見されたというのなら、大問題になる可能性がある。研究畑に近い医者であれば、そういう可能性がありそうなら必ず興味を持つはずで、そういう医者が全く出てこないことには首をかしげざるを得ない。

「絶対に甲状腺がんではないと結論が出たわけではないから、『甲状腺がんの疑い』というタイトルは嘘ではない」というのなら、あぁ、そうですか、という感じであって、なんだかつまらないニュースだったな、と思うのである。  

2012年02月24日

総統閣下はお怒りです「姿なき小児がん患者」

(週刊文春を買ってきたので、大幅に改定しました)

モリタック:とうとう子供たちが甲状腺がんになったようですよっ!!!

閣下:またいつもの奴だろ?

モリタック:ガセネタってことでしょうか?

閣下:そのとおり。

モリタック:そんなことないですよ!週刊文春に載っていたんですから!

ヒロッコ:だから、どうして雑誌に載っていたら本当なのよ。

閣下:とりあえず、ちょっと読んでみるか・・。文春はどこだ?

モリタック:給料日前につき、立ち読みでした・・・。

ヒロッコ:ノブポン、ちょっと買ってきてちょうだい。

ノブポン:了解いたしました。

ヒロッコ:ウェブにも記事がありますね。文春のサイトではありませんが。

郡山の4歳児と7歳児に甲状腺がんの疑い!?チェルノブイリと同じ健康被害か
http://www.j-cast.com/tv/2012/02/23123195.html?p=1

閣下:だけど、小児がんが発生するタイミングとしては早すぎるんじゃないか?チェルノブイリの時は、3、4年後からだったよな?

ヒロッコ:こちらに資料がありますが、ベラルーシ共和国で有意に小児甲状腺がんが増加したのは1990年頃からです。チェルノブイリ事故は1986年ですから、約4年のタイムラグがあると考えられます。

チェルノブイリ原発事故後の健康問題
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/bunka5/siryo5/siryo42.htm

ノブポン:買って来ました。

ヒロッコ:お疲れ様。おつりはお駄賃でいいわ。

閣下:ちょっと読んでみるか・・・。って、この記事にも「甲状腺がんは通常、進行が非常に遅いはずだ。旧ソ連においても発症が確認され出したのは事故の約半年後のことだった」って書いてあるな。

ノブポン:「何かの間違いでは――。 だがそんな思いは、事実の前にあっさり裏切られた」そうです。

閣下:ちょっと、非常識な話に読めるな。

ノブポン:放射線の被曝による被害があったとしても、ただちに影響があるものではないので、今回の甲状腺がんに関する文春の記事はかなり怪しい内容と言えますね。

閣下:とりあえず、続きを読んでみよう。

郡山4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い!


閣下:衝撃スクープだな(笑)。

私は年間二千人ほど甲状腺の手術を行います(先の内科医)


閣下:おい、この内科医はなんでこんなに大量の外科手術をやっているんだ?毎日10人ぐらい、甲状腺の手術をしているのか?歯医者が治療している虫歯の数じゃないんだから、いくら何でも多すぎだろ。

ヒロッコ:さぁ・・・・

七歳の長女の甲状腺にできたしこりと腫瘍は、他の子供に先立って二月中旬に行われた血液検査の結果「良性」と診断され


閣下:あれ?良性だって書いてあるぞ。がんの疑いはもう晴れているじゃないか(笑)。

ヒロッコ:良くわかりませんね・・・。

閣下:四歳児の検査はどうなったんだ?

ヒロッコ:このあとは放射線のネタは出てきませんね。

閣下:七歳児はもうがんじゃないことがわかっているんだし、それなら四歳児の検査が終わってから記事を書けば良いんじゃないのか?

ヒロッコ:モリタック、どうなってんのよ!!

モリタック:私が聞きたいです。

ノブポン:これは、私の個人的な見解を申し上げるなら、四歳児の検査が終わって、「がんではない」という所見が出た場合、記事にできなくなってしまうことから、検査の前に記事にしてしまおうという思惑が働いたのではないかと推察されます。

閣下:あほらしい。文春が「何か原発関連で注目されそうなネタを載せよう」って、いい加減な記事を載せただけなんじゃないのか?

ヒロッコ:閣下、週刊文春の記事に関連した北海道の内科医の方がUstreamで記者会見をやられたもようです。録画で閲覧することができるようです。

閣下:・・・じゃぁ、その、内科医なのに年間2,000も手術をやってしまうゴッドハンドの会見の録画を見てみるか・・・。

【録画配信】120223 週刊文春に掲載された、北海道への自主避難者のお子さんに甲状腺異常が見つかったことについての記事に対する、抗議の会見
http://www.ustream.tv/recorded/utm_campaign=togetter.com&utm_source=20642071&utm_medium=social

閣下:こっちを先に見れば良かったな。要すれば、文春はこのゴッドハンドが喋った内容を適当にでっち上げて記事にしてしまった、と、そんな感じだな。

モリタック:しかし、上杉隆さんも、「長期に亘る取材と綿密な裏取り作業があったことは証明できます。」って発言してますよ!!

https://twitter.com/#!/uesugitakashi/status/172502643548241922

閣下:要するに、長期に亘る無駄な取材と綿密に見えてザルだった裏とり作業があったってことなんだろ?

ヒロッコ:どうも、そんな感じですねぇ。

閣下:この会見で配られた資料はないのか?

ヒロッコ:あるはずですよ・・・これですね。

ファイルのダウンロード元
http://firestorage.jp/download/cdfecfce9a2803918a58788550490c54f60c425d

閣下:ここに「大きな誤り」「杉澤憲が説明していないこと、事実誤認などに加え、いたずらに不安を煽る表現が目立つ」と書いてあるじゃないか。

モリタック:うーーーーーん。どういうことなんでしょうか。

閣下:ここが一次情報の発信元なんだから、そういうことなんじゃないのか?それに、一般的、科学的な常識に照らしても、このタイミングでゴロゴロ小児甲状腺がんの患者が発見されるっていうのも違和感があるしな。

ヒロッコ:甲状腺がんじゃなかったと書いてありますね。

閣下:それは文春の記事でもそうだったよな?だから、何が問題なのか良くわからなくなったんだが。

ヒロッコ:福島からの避難民に異常が見つかったのも事実ではないようです。

閣下:タイミングが早すぎるからな。

ヒロッコ:他にも、言ってもいないことを書かれているようですが・・・

閣下:言った、言わないの論争は俺達が判断できないから時間の無駄だ。そこはスルーしておこう。なんか、いつものようにモリタックが駆け込んできて、いつものようにガセネタで、何も残らない、ということになりそうだな。

モリタック:いやいやいや、ちょっと待ってください。明日、この記事を書いたおしどりマコ氏の記者会見があるらしいですよ!!

2月25日(土)おしどりマコ氏・「週刊文春」編集部緊急記者会見
http://fpaj.jp/?p=2541

閣下:ほほう・・モリタックが聞きに行ってくれば良いじゃないか。

モリタック:閣下は行かないので?

閣下:俺は来週スタートのテレビ番組の打ち合わせがあって、そこには行けないんだよ。

モリタック:閣下が一緒に行かないなら私も行きません。

閣下:なんかお前、女子中学生みたいだな(^^; とりあえず、誰かがレポートしてくれるだろう。綿密な裏とり作業の内容を楽しみにしておこう。  

2012年02月21日

総統閣下はお怒りです「第四惑星の握力」

モリタック:閣下、握力が強いと長生きできるらしいですよ!

ヒロッコ:え?

註釈:握力
昔「テニスボーイ」というマンガで「あいつの握力は50kgもある(数字はうろ覚え)」みたいなセリフがあって、そうかぁ、テニスには握力が必要なんだなーと思い、みんなが授業中に握力用のトレーニンググリップを握っていた時代があった。当時、僕の握力は70kgだったが、テニスは別に上手じゃなかった。


註釈:テニスボーイ
こちらにまとまっています。
テニスのOB様・・・「テニスボーイ」レビュー 前編
テニスのOB様・・・「テニスボーイ」レビュー 後編


モリタック:みんなで握力を増強するトレーニングをしましょう!

閣下:お前も、良く次から次へとそういう馬鹿ネタをみつけてくるよな。

註釈:馬鹿ネタ
過去の記事をご参照下さい。


モリタック:お褒めに預かり光栄の至り。

ヒロッコ:褒めてないから。

閣下:元ネタはなんだ?

ヒロッコ:これみたいですね。

握力が強いほど長生き、循環器病発症も低リスク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000643-yom-sci&1329716050

閣下:もう、百万回ぐらい言っている気がするんだが、相関関係と因果関係は違う、っていうことはわかっているよな?

モリタック:もちろん・・・

ヒロッコ:わかってないわよね。

モリタック:わかった気になっています。

閣下:良いか、そりゃぁ、厚生労働省の研究班が20年も血税を投入して調査したんだから、寿命と握力には相関があるのかも知れない。だけど、握力が強いから長生きできる、だから、握力を強くするトレーニングをしよう、というのは全くトンチンカンだ。

モリタック:良くわかりません。

ヒロッコ:やっぱりわかってなかったのね。

モリタック:どうやらそのようです。

ヒロッコ:知ってた。

閣下:例えば、肉体労働をしている人と、デスクワークをしている人がいたとする。一般論として、おそらく前者の方が握力は強い。そして、肉体労働をしている人の方が日頃から体力を使っていて、筋肉がついていて、健康的だったとする。おかげで、肉体労働の人のほうが長生きだとしたら、どうなる。

モリタック:えーーーと・・・・・

ノブポン:つまり、肉体労働の方々は日頃から十分な運動をしていて、それゆえに基礎代謝が高くメタボにもならず、健康的である。同時に、日頃からのトレーニングの影響もあって、握力も強い。一方でデスクワークの方々はいつもオフィスでパソコンをいじっていますからどうしても運動不足になり、メタボ気味になる。キーボードを叩いていても握力は強くなりませんから、肉体労働の方々に比較して、握力が弱い傾向になる、との仮説を立てたわけでありますよ、先輩。

註釈:メタボ
メタボって、体に悪いんですか?良く知らないんですが。今度調べてみようかな。


モリタック:もちろん、

ヒロッコ:わかっていなかったわよね。良い後輩に恵まれたと感謝しなさい。

モリタック:ありがとうございます。

閣下:これはあくまでも俺が勝手に考えた仮説だが、こういう状況下にあっては、寿命と因果関係があることは、日頃、どれだけ筋肉を使っているか、運動をしているか、ということだ。

モリタック:運動したら長生きだ、と。

閣下:そして、日頃から運動をしている人は、そうじゃない人に比較して握力も強い。

モリタック:だから、握力が強い人は寿命が長いわけですね。

閣下:そういうことだ。握力と寿命には相関があるけれど、直接の因果関係があるわけじゃない。デスクワークをしている人が、長生きしようと思って握力のトレーニングだけをやってもほとんど無意味ということになる。

ヒロッコ:つまり、「なぜ握力が強いのか」、その原因を調べないと、寿命と因果関係のある事象が何かはわからないのよ。

モリタック:調べましょう!

閣下:それは多少意味があるかも知れないが、俺の仕事ではないな。あと、この調査自体は何か、税金の無駄遣いにも見える。もちろん、これだけを調べていたわけじゃないんだろうが。20年も調べて、相関がある項目が握力だけだったの?とも感じるし。

モリタック:今回わかったことは、握力だけを鍛えてもダメということですね。

ノブポン:ただちに影響が出るとは言えませんね。

閣下:20年前といえば、1992年、バブルがはじけるかはじけないかの頃だから、まだお金があったんだろうな。

註釈:バブル
1985年から1992年くらいまでの景気状況。当時、山手線内部の土地の価格が米国全土の土地の価格と同等だった。バブル、恐るべし。


ノブポン:少なくとも私は承知しておりません。

ヒロッコ:そりゃあそうね。  

2012年02月16日

総統閣下はお怒りです「ひとりぼっちの婚活女子」

今日、俺は昼間っから不毛な時間を過ごした。何をしたかといえば、恋愛相談である。相手はすでにアラサーとも言えない30代後半の独身女性、カツマーナだ。表向きは昔からの友人、ということになっているが、俺の中では「知人」である。

カツマーナから久しぶりに「飯をおごるから」と連絡があった時点で「これは面妖な」と思ったのだが、案の定ろくでもない相談だった。要は、合コンだかお見合いパーティだかでひっかけた男2人のうち、どちらが良いか、という話である。どっちでも良いだろ、ひっかけたんなら、と思ったのだが、奴は真剣に2人を天秤にかけているらしい。相談開始からほんの3分で今日来たことについて滅茶苦茶後悔していた俺は、「両方と付きあえば?」といって話を終わらせたかったのだが、そうは問屋が卸さない。

おい、今日のオムレツランチ、えらく割高だな。

ちょっと退屈そうに上の空で外を通るお姉ちゃんを見ていると、「真面目に婚活してるんだからっ」とピシャリと言い放たれたので、仕方なく「婚活って、何をやってんの?」と聞いたら、料理教室に通っているという意外な答えが返ってきた。奴は昔からインスタントラーメンが料理だと言い張って聞かない奴だったのに、である。それで、試しに「じゃぁ、味噌汁の作り方を言ってみろよ」と尋ねたら、「お湯を沸かして、だしの素を入れて・・・」と言い始めたので「アホか」と遮った。それじゃぁ、昆布とカツオで合わせだしを取る方法は?と突っ込んでみたところ、わからないそうで。これでは料理教室に何を勉強しに行っているのかさっぱりわからない。単に、花嫁修業の雰囲気に酔って、泥酔している感じだ。

註釈:昆布とカツオ
昆布をふきんで拭いて、ハサミで数カ所切れ目を入れてから水に入れ、一晩置く。朝になったら加熱し、沸騰直前で昆布を取り出す。つぎに削った鰹節を入れ、箸で押さえながらコトコト弱火で1、2分、アクをすくいながら煮る。火を止めて鰹節が沈むのを待ち、沈んだらお玉ですくって鰹節をこし器でこす。


俺が反応したことに少し気を良くしたのか、「どっちが良いかなぁ」とか言っているので、「あみだくじで決めたら?」と言ってやったら、「でも、体が目当てだったら困るし」って、オイオイオイ、ちょっと待て、あのさーーー、20や25の女子じゃないんだから、体が目当てって、どんだけ脳みそお花畑なのよ、と。

註釈:あみだくじ
古来より伝わるくじびき手法の定番。


註釈:体が目当て
30代も半ばを過ぎたら、注意すべきは体目当てではなく、むしろ財産目当てである。


いや、37、8だって、魅力的な女子はたくさんいるけど、お前はまず体重が不自由なんだから、それを何とかしなさいよ、俺が昨日仕事で会ってきたAV女優さんなんか、ぱっと見でも激ヤセな感じなのに、おっぱいはHカップらしいよ。脱いだら凄いんだよ。お前は脱ぐ前からダメじゃん。

註釈:AV女優さん
麻美ゆまさん。非常に魅力的な女性だった。あっという間にファンになってしまった。大抵の女子は彼女にかなわないだろう。


それに、前に会った時よりも相手に対する要求スペックが高くなってるよね。それってどういうこと?じゃぁ、君自身のスペックは上がったの?少なくとも、女子の容姿とか、肌の張りとかは、時間と共に容赦なくスペックダウンするんだよ。お化粧する女子がほとんどなことからも分かるように、女子のスペック判断の要素として「見た目」っていうのは男女双方の共通認識として間違いなく存在していて、しかもそれは時間と共に急激に劣化していくんだから、結婚したいとか言うなら、その分、女子は何かを身につけなくちゃでしょ。それこそが「花嫁修業」のはずで、だけど、味噌汁ひとつ満足に作れないんじゃぁ、「はぁ?」という感じだよ。「体が目当て」って、体だけでも目当てにしてくれるなら万々歳じゃないの?少なくとも、俺は釣られないけどさ。それにもまして、なんか、もうお前の表情からは不平、不満があふれちゃっているよね。昨日の女優さんなんか、何かあればニコニコっとしていて、凄くチャーミングだったよ。笑顔が最大のお化粧になっていたけれど、お前はなんなの、実際はつまらなくても、もっと楽しそうにしていないと、みんながお前から離れていくよ、と言いたい放題言ってやった。

註釈:言いたい放題
普通のやつは黙っているところ、ダメなことはダメとあえて言ってやるのが俺。


しかし、奴はめげない。ひと通り俺の話を聞いてから、「デザートは何にする?」って、お前の耳は馬の耳か?まずは痩せろ、話はそれからだ、と思ったのだが、今日のところはそれだけは言わずにおいた。

註釈:馬の耳
「馬耳東風」に由来。馬耳東風とは、「人は春風が吹けば冬が終わり暖かくなると喜ぶが、馬は春風が耳をなでても何も感じない」(李白)という意味。「馬の耳に念仏」も同義。


太るのは彼氏ができてからにした方が良いよ、という言葉が喉元まででてきていたけれど、それはぐっと飲み込んだ。奴はチーズケーキを飲み込んでいる。俺はといえば、このところ体重が増え気味なので、デザートは食べず、ストレートティだけを飲んで、「ま、とりあえず、どっちでも良いと思うから、さっさとどちらかに決めてしまえ。これは単に決めの問題だ。迷うくらいなら、マジで、あみだくじで良いんじゃないかな」と言って、店を出た。

それにしても不思議なのは、奴に声をかける男子が2人もいるということだ。狭いように見えて、世の中は広い。

註釈:狭いように見えて広い
普通は逆。



こんな文章がてんこもりの「総統閣下はお怒りです」、絶賛発売中!

  

2012年02月13日

総統閣下はお怒りです「トマトの使者」

モリタック:閣下、今度はトマトですよ!!!!

註釈:トマト
ナス科の緑黄色野菜のひとつ。


閣下:はいはい、トマト、トマト。

モリタック:トマトには血液中の中性脂肪を下げる物質が含まれているそうですよ!!

註釈:中性脂肪
メタボの診断基準の一つ。この数値が高いとメタボと言われて肩身の狭い思いをする。


閣下:はいはい、下げる、下げる。

モリタック:おかげでスーパーではトマトが品切れです。

閣下:はいはい、品切れ品切れ。って、ホントにバカばっかりだな、この国は。

註釈:バカばっかり
テレビで「体に良い」とやっているとすぐ飛びつく。しばらくすると「騙された」と気がつくが、また別のものに飛びつく。学習しない。


ヒロッコ:元ネタはこのニュースのようですね。

トマトが中性脂肪の燃焼助ける…京大グループ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120210-OYT1T00602.htm

閣下:あほらしいことこの上ない。

モリタック:またデマでしょうか?

註釈:またデマ
つい最近、ヨーグルトを食べるとインフルエンザにかかりにくくなるというあやしい情報が流れたばかり。


閣下:いや、トマトには中性脂肪を下げる成分が入っているんだろう?それは嘘じゃないんじゃないの?

モリタック:では、我々もトマトを買い占めましょう!!

閣下:どれだけ買い集めるつもりだ?

モリタック:とりあえず、ひと月分でどうでしょうか。

閣下:一日に、どれだけトマトを食べれば効果が出るんだよ。

モリタック:さぁ?良くわかりませんが・・・

閣下:ヒロッコ、わかる?

ヒロッコ:まだデータが見つかりません。ただ、テレビではトマトなら1日6個、トマトジュースなら1日3本ってやっていたようです。未確認情報ですが。

註釈:1日6個
朝に2個、昼に2個、夜に2個。朝寝坊したときは昼に3個、夜に3個。風邪で寝込んでご飯が喉を通らなかった翌日は朝に4個、昼に4個、夜に4個。


モリタック:とりあえず、一日に5個ぐらい食べてみてはいかがでしょうか。

ノブポン:トマト一つの重量が200グラムとしますと、5個で1キロになる計算です。1キロ食べても十分な量である保証はありませんが・・・

閣下:モリタックは毎日1キロ、トマトを食べれば良いんじゃないのか?別にトマトじゃなくてスイカでも大根でも、なんでも良いと思うけれど。

註釈:スイカ
もっぱら、真夏の海水浴で目隠しをして棒で割るための野菜。


ヒロッコ:大根は良さそうですね、毎日1キロ食べたら痩せそうです。

閣下:要すれば、その何とかかんとかというありがたい物質が入っていようがいまいが、特定の野菜を1キロも食べていたら、嫌でも痩せるんじゃないの?ということだ。

モリタック:そんな話なんですか?トマトじゃなくちゃダメなんじゃないですか?

閣下:そうは言っても、トマトを日頃からたくさん食べているように見えるイタリア人が、日本に比較して痩せているとか、そういうイメージはないよな??

モリタック:それはそうですが。

ヒロッコ:情報は正確に。農林水産省がこんなデータを公開しています。

2007年の国民一人当たりのトマトの年間消費量(FAO調べ)

アメリカ 45.0kg
カナダ 31.7kg
メキシコ 19.2kg
ドイツ 17.3kg
イタリア 53.9kg
スペイン 46.1kg
フランス 23.4kg
ニュージーランド 27.4kg
オーストラリア 21.2kg
アルゼンチン 16.9kg
フィジー 5.9kg
アルジェリア 25.8kg
チリ 31.7kg
イラン 61.1kg
パラグアイ 18.2kg
韓国 10.8kg
中国 20.9kg
エジプト 96.8kg
モロッコ 27.0kg
インドネシア 2.7kg
レバノン 74.2kg
ギリシャ 94.3kg
リビア 93.5kg
チュニジア 86.4kg
日本 9.0kg

出典:農水省のサイト

閣下:イタリアよりもエジプトやギリシャの方が多いんだな。日本の10倍も食ってるのか!

註釈:日本の10倍
日本人がみんなが一日1キロ食べると、年間消費量は365キロになる。リビアの約4倍。てか、エジプトやギリシャやリビアは一日1個、トマトを食べているのか!!


ヒロッコ:エジプト人やギリシャ人の成人病の様子に興味が出てきますね。

閣下:とはいえ、いつもの、相関はあっても因果関係はわからない、という奴になりそうだけどな。

ヒロッコ:食べ物の健康に対する影響評価は非常に難しいですからね。

閣下:それに、今回は「もともとあったものの中から有効成分を見つけた」というだけの話だろ。

ヒロッコ:そのようです。

閣下:この手のものは、本当に効果があるのなら、「なんだかわからないけど、経験上中性脂肪が下がるから、トマトを食べましょう」ということになるはずだ。でも、そうはならなかった。つまり、そんなに目立った効果は期待できないってことだ。

モリタック:この発見は無駄なんでしょうか?

閣下:いや、そんなことはないよ。ただ、今回見つかった13―oxo―ODAという物質を、馬鹿正直にトマトから摂取しようとしても無駄だってことだ。

註釈:馬鹿正直
テレビで「トマトが体に良いんですよ」とやっているとすぐにトマトを買いに行く人たちのこと。


ヒロッコ:一日に1キロも食べていられませんよね。

閣下:物質が分かったんなら、それを精製して、薬にすれば良いんだろ?

モリタック:でも、それはなんか人工的じゃないですか?

閣下:今売っているトマトなんか、育種に育種を重ねた品種で、十分に人工的だよ。

モリタック:では、痩せ薬が開発されるのを待ちたいと思います。

閣下:それにしても、この国の民衆はどうしてそうやって楽をして痩せたがるんだろうな?運動するか、摂取カロリーを下げれば良いだけの話だろ。怠けて、うまいものをバカバカ食べて、それでも痩せていたいって、アホちゃうか?

ヒロッコ:御意・・・。

閣下:ま、トマトみたいに高い野菜がどんどん売れるなら、景気も良くなるかも知れん。こっそり陰で笑っていることにするかな。

モリタック:では、作戦室ではトマト、購入しないので?

ヒロッコ:あんたの自腹で買いなさいよ。

閣下:トマトは高いから、大根にしたらどうだ?

モリタック:わかりました、大根にします!!

閣下:毎日大根を1キロ食べていたら痩せそうだよな。

  

2012年02月01日

総統閣下はお怒りです「恐怖の超グラフ」

モリタック:最近、若い警官の不祥事が大問題になっているみたいです。

ヒロッコ:またワイドショーで変なことを吹きこまれたのね?

註釈:ワイドショー
お笑いタレントなどを司会に据えて、芸能ネタや政治ネタについてしゃべくり散らす番組。古くは「3時のあなた」「3時にあいましょう」あたりからあるので、まさにテレビ番組の定番と言える。


モリタック:いやいやいや、ちゃんとニュースで見たんですよ。

ヒロッコ:どんなニュースだったの?

モリタック:えーーーーと、年代別の警察官の懲戒処分者数をグラフにしていたんですが、10代、20代が凄く多かったんですよ。

註釈:グラフ
数字を見やすく図化したもの。印象操作に利用するためのアイテム。テレビでグラフが出てきたら、まずは疑ってかかるのが肝要。


閣下:そのグラフはどこにあるんだ。

ヒロッコ:困ったときの2ちゃんねるー、ということで、画像を拾ってきました。番組は「スーパーニュース」みたいですね。

註釈:スーパーニュース
平日夕方にフジテレビ系列で放送しているニュースバラエティ番組。


keisatsufusyoji


閣下:本当に2ちゃんねらーの皆さんには頭が下がるよな。ところで、この放送があった日とか、わかんないのか?

ヒロッコ:27日だと思いますが、詳細はわかりません。

閣下:俺達、民放ってほとんど観ないからなぁ。さて、このグラフだが・・・ひとことで言うと、「なんじゃこりゃぁ」だな。

註釈:なんじゃこりゃぁ
ジーパン刑事(故松田優作)の最後のセリフ。ショーケン演じるマカロニ、松田優作演じるジーパンによって、最後は死んで番組から去るという「太陽にほえろ!」モデルが確立された。ような気がする。


モリタック:若い人の不祥事がこんなに多かったら、日本の将来はどうなってしまうんでしょうね?

註釈:若い人
年寄りが嘆く対象として定番。かつては自分たちも「最近の若い奴らは」と嘆かれていた。


閣下:そういう意味のなんじゃこりゃぁ、じゃない。このグラフ自体がなんじゃこりゃぁ、だ。

モリタック:すいません、どのあたりがなんじゃこりゃぁなんでしょうか。

閣下:このグラフ、明らかにおかしいよな。円グラフの中心が真ん中にないグラフなんて初めて見たぞ。

註釈:中心
「中心」というくらいだから、普通は真ん中にある。普通は。


モリタック:そういえば、変なところに中心がありますね。

閣下:確かに10〜20代は一番多いけれど、50代とほとんど一緒の数値だからな。

モリタック:ほんとだ。数値を見たらあんまり変わりがありませんね。グラフを見ると、凄く多そうに見えるのに。

閣下:中心の位置を変えて面積を大きくしているんだ。加えて、10〜20代の部分だけ膨張色の赤系統の色を使って強調している。このグラフはなかなか良く考えられているぞ。

註釈:膨張色
白、赤、黄など。他の色に比べて明度が高いため、膨らんだり広がったり錯覚する。


ヒロッコ:ちょっと、普通の円グラフにしてみますね。

gurafu


モリタック:あれ?随分と印象が違いますね?

閣下:多いには多いけれど、俺の感覚ではほぼ均等に処分が発生している感じで、若い奴が問題って感じでもない。それ以上に、警官を30年以上やっている50代にこれだけ不祥事が起きていることのほうが問題のような気もするよな。

ヒロッコ:これも、書籍化する際にはきちんとデータを調べてみましょう。

註釈:書籍化
みんなが本を買ってくれないと、続編が出せません。まだ全く増刷もされていません。このままではダメです。よろしくお願いいたします。


閣下:多分、番組のプロデューサーが、「少しでもインパクトが大きくなるようにグラフを作れ」と指示したんだろうな。そして、キャスターも眉間にシワを寄せて「困ったものですねぇ」とやらかしたんだろう。

ヒロッコ:それにしても、なぜ円グラフなんでしょうか。

閣下:普通は棒グラフで表示するよな。

モリタック:10代と20代をまとめているのは構わないんですか?

閣下:10代の警察官数はそれほど多くないだろうから、そこは別に良いだろう。だが、そもそも警察官数がわからないのはちょっと問題だな。母数を調べて、それぞれの年代別に懲戒処分発生率をまとめないと、「若い警察官の不祥事が問題」とは言えないんじゃないかな?

モリタック:なるほど・・・

閣下:ところでこのグラフ、「世代別の懲戒処分者数」ってなっているけれど、警察官に関するものなのか?

ヒロッコ:2ちゃんねるから画像を拾ってきただけなので、ちょっとわかりかねます・・・

閣下:こんな印象操作をする暇があるなら、タイトルをちゃんとつけるとか、どういう数字を利用したのか出典を書くとか、ソッチの方に力を注いで欲しいものだな。ところで、今日はノブポンはどうしたんだ?

註釈:ノブポン
一部に池田信夫氏を揶揄したキャラクターであるという説があるが、全くの風説であって、事実無根であることはここでわざわざ説明するまでもない。


ヒロッコ:なんか、新しいMAD動画の作成で忙しいみたいですよ。

註釈:MAD動画
「総統閣下はお怒りです」みたいな動画。


閣下:どんなのを作ってるんだ?

ヒロッコ:こんなのみたいです。



閣下:おお、ノブポンもいよいよキャラを確立しつつあるな!

ヒロッコ:いや、これはノブポンじゃなくて、ノブパンダですから。

註釈:ノブパンダ
怒らせると怖いので註釈は避けます。


閣下:ノブパンダのイラストが見たいな!

ヒロッコ:今度、本職のプロに描いて欲しいですね、ノブパンダ。

閣下:澤井健画伯にお願いしたいな!!

  

2012年01月20日

総統閣下はお怒りです「因果関係を捜せ」

モリタック:閣下、これから我が作戦室では、毎日カレーを食べましょう!

閣下:また何か妙なものでも拾って食べたんじゃないか?

註釈:拾って食べた
良い子のみんなは、道端に落ちているものを拾って食べてはいけません。


ヒロッコ:モリタックは多分この新聞記事を読んだんだと思います。

カレー:現在も30年前も子どもの好きな人気メニューの1位に

閣下:どれどれ・・・・

ノブポン:これはなかなか興味深い話と言えなくもありませんが、果たしてカレーを食べることによって集中力に直ちに影響を及ぼすものなんでしょうか?

モリタック:知らないけど、調査結果を読めば、集中力が高まりそうでしょ。それに、あの茂木健一郎さんによれば、共感・連帯感を強くさせる働きがあるらしいですよ。

註釈:茂木健一郎
脳分野の科学コミュニケーターの一人で、脳科学の認知率を大幅に上昇させた人物。ただし、誤解率も上昇させ、専門家からは批判されることが非常に多い。科学コミュニケーターから電波芸人に進化した事例として後世の歴史学者は記すはず。


閣下:・・・俺はいつも数字のインチキに騙されるなって言ってるだろ?

モリタック:これはインチキなんですか?

閣下:2つの事象の「相関関係」と「因果関係」の違いを悪用して、それを読む人間をミスリードすることを狙っったインチキ記事だな。あるいは、記者が無意識にそれを書いてしまうような馬鹿か。

註釈:相関関係
Aが増えているときに、Bも増えていると、正の相関関係があると言う。Aが増えているときに、Bが減っていると、負の相関関係がある。男性の人口が増加していて(A)、女性の人口が増加していると(B)、男性数と女性数には正の相関がある。


註釈:因果関係
原因と結果の関係。相関があっても、因果関係があるとは限らない。というか、むしろそのケースの方が多いような気もする。男性が増えたから(A)といって、それが原因で女性が増えた(B)わけではない、みたいな。そりゃぁ、単に人間が増えただけだろ、みたいな。


ノブポン:相関関係と因果関係の違いが私には直ちには理解出来ないのですが・・・。

閣下:わざわざデータを示さないが、例えば、携帯電話の普及率は、日本では年々上昇しているよな?

ヒロッコ:多分間違っていないと思います。面倒なので今は調べませんが、書籍化する際にはちゃんと調べます。

註釈:書籍化する際
早く続編を出したいです。原稿はもうあるのに。


閣下:一方で、平均寿命も年々伸びているよな?

ヒロッコ:それも多分間違っていないと思います。

閣下:「携帯電話の普及率」と、「平均寿命」には正の相関があるわけだ。

ヒロッコ:そうなります。

モリタック:携帯電話を持っていると寿命が長くなるのかっ!!もう一つ買ってこよう!

ヒロッコ:なんでそうなるのよ(^^;

註釈:なんでそうなるの
相関関係をそのまま因果関係に直結させてしまったのが原因。


閣下:いや、実際、携帯電話を持っていると寿命は長くなるのかも知れない。が、その因果関係は調べてないからわからない。でも、多分、無関係だよな、感覚的には。

註釈:感覚的
非科学的という意味。


ノブポン:確かに、携帯電話を3つ持っていると通常の3倍長生きできるとかは直ちには承服しかねる説であると考えられます。

註釈:通常の3倍
別に2倍でも構わないけれど、「通常」と比較する場合はどうも「3倍」がおさまりが良い。もちろん、シャア専用ザクの影響。


閣下:携帯電話の所有率と平均寿命の伸びには相関があるけれど、携帯を持っていたら寿命が伸びるわけではなく、因果関係はない、ということだ。

モリタック:そのお話と今回の記事の関係をご説明願います。

ヒロッコ:まずはここから行きましょうか。
カレーを食べる頻度と母親から見た「子供の集中力の高さ」の関係を比較すると、カレーを週1回以上食べている母親の60.2%が自分の子供の集中力が高いと回答しており、月1回以下の母親が回答した割合よりも12ポイント高かった。また、「子供の意欲の高さ」に関する調査でも、週1回の母親の72.0%が自分の子供を意欲的だと感じており、月1回の母親の59.5%に比べ10ポイント以上高かった。


閣下:この調査における「母親から見た子供の集中力の高さ」と、「カレーを食べる頻度」の間には、相関はあるんだろう。だけど、因果関係はさっぱりわからない。だから、事実としてこうであっても、「じゃぁ、カレーを食べたら子供の集中力がアップするのか」と言えば、全然そんなことはない、ということだ。

モリタック:アップしないんですか!?

閣下:少なくとも、因果関係を裏付けるようなデータは得られていないよな。

モリタック:でも、なんか、60.2%とか、10ポイントとか、凄く科学的なんですけど。

閣下:そんな数字には何の意味もない。何の意味もない数字を出して、さも意味があるように見せている。だから、騙されるんだよ。

モリタック:いつも注意しているつもりなんですが・・・。

ヒロッコ:もっと注意しなさいよ(笑)。

閣下:俺から見れば、カレーなんて手抜き料理の代表だ。作るのは簡単だし、日持ちするから「じゃぁ、明日の夜は私、いないけど、これをレンチンして食べておいてね」なんて対応も可能だ。いい加減な母親ほどカレーを作るのかも知れない。いい加減な母親は子供の集中力になんて興味がないから、アンケートでも適当に「集中力が高い」と答えたのかも知れない。これは極論的な仮説だけど、いい加減な母親とカレーを作る頻度に因果関係があって、いい加減な母親とその子供の集中力に関するアンケート調査の回答傾向にも因果関係があるなら、カレーを食べる頻度と、子供の集中力に相関がある、という結果になっても不思議ではないわけだ。

註釈:手抜き料理
実際、玉ねぎを炒めて、肉を入れて、人参あたりを入れて茹で、ルウを溶かせばできあがり、という異常に簡単な料理である。料理っぽいところは人参の皮をむくところぐらい。奥は深いけど。


モリタック:なるほど。でも、カレーを作る母親がいい加減とか言ったら、カレーを作るお母さんたちが怒り出しませんか?

閣下:「いい加減な母親ほどカレーを作るのかも知れない」と言ったらだろ。「かも知れない」だ。

ノブポン:カレーを作る母親は必ずいい加減だと、断定して言われたわけではない、ということですね。

閣下:加えて、「子供に集中力がありますか?」と母親に聞いた、なんて調査がどの程度信頼できるものやら。実際の子供の集中力は、もっと別の調査をしなくちゃわからないだろ。

ヒロッコ:確かに調査方法にはかなり疑問が残りますね。この記事はさらに次のように続いていますが・・・。
カレーに対する好感度の高さと親子仲、夫婦仲に関する調査結果では好感度が高いほど仲が良いという結果が得られた。この結果に対し脳科学者の茂木健一郎さんは「カレーという共通の料理で食卓を共にすることが他者と共感・連帯感を強くさせる働きがあるのではないか」といい、「カレーには現代社会が特に必要とする、本当に役立つ「頭のよさづくり」に貢献する可能性がある、と私は考えています」と語っている。


閣下:あほらしいことこの上ない。調査に意味がないことは集中力の話と一緒だが、さらに筋が悪いのは茂木健一郎なんていう「学者様」を引っ張り出してきて、さも科学的に根拠があるように見せている点だ。

ヒロッコ:看板を掲げて信頼性を高めているわけですね。

閣下:だけど、良く読めば、「あるのではないか」「可能性がある、と私は考えています」なだけで、全く科学的ではないわけだ。これを述べたのが枝野幸男だろうが、ビートたけしだろうが、池田信夫だろうが、江頭2:50だろうが、誰でも一緒で、「何を馬鹿なことを」となる。所詮は個人の感想だからな。

モリタック:でも、脳科学者の茂木健一郎さんですから!

閣下:だから、そこがインチキなんだろ。こんなのは科学でも何でもない。ただカレーを持ち上げるためだけの提灯記事だ。こんな記事に「学者」としてコメントを寄せるような奴は、もう存在価値がないと言っても過言じゃない。

ヒロッコ:嘘は言ってないのよね。このあたりのトリックは「総統閣下はお怒りです」の中で散々書いたわけだけど。それで、記事はこんな風に締めくくられています。
カレー総合研究所の井上岳久所長は「カレーの魅力、それを一言でいうなら、『力をくれる』ということではないでしょうか。家族が結束する力、生きる力、希望を達成する力、カレーは、その人が持っている力を最大限に発揮できるエンジンになるような料理です」と話している。


閣下:カレー総合研究所の所長がカレーを持ち上げるのは当たり前だな。だけど、これを読んで、「家族を結束させるために、今日はカレーにしよう」とか考えるような母親の家庭は、相当ヤバイと思うぞ。

モリタック:カレーにはそんな効果はないんですね・・・。せっかく作戦室の結束力や世界征服を達成する力がアップすると思ったのに・・・。

閣下:残念だが、その計画は頓挫だな。大体、この「カレー再発見フォーラム」っていうのはハウス食品が協賛しているもので、いわば身内の、身内による、身内のためのイベントだぞ。

註釈:ハウス食品
バーモントカレー、ジャワカレー、こくまろなどを販売する食品大手。やっぱり何と言ってもハウスバーモントカレーだよー(西城秀樹)。でも、個人的にはカレーならS&Bの方が好き。


モリタック:あぁぁぁぁ・・・・また騙された・・・・。

ノブポン:モリタック先輩、そんなに落胆しないで下さい。

モリタック:同情するならカレーをくれ・・・。

註釈:同情するならカレーをくれ
今ならあの名作「買い占めするならカネ送れ」を下のリンクで見ることができます。
買い占めするならカネ送れ


ヒロッコ:ハウス食品のサイトにはこんなコンテンツがありますね。
カレー再発見フォーラム(ハウス食品)

閣下:ハウス食品が自社のサイトに載せているんだからステマじゃないけどな。ところで、カレーは美味しいし、俺も好きだし、モリタックも食べたいみたいだから、今日はカレーにしよう。

註釈:ステマじゃない
マジで、「アニメじゃない」の替え歌で「ステマじゃない」を作りたい。今度、時間があったら。


ヒロッコ:やったーーーー、カレー、大好き!!!(ステマではありません)

  

2012年01月19日

総統閣下はお怒りです「「科学コンプレックスを倒せ」

モリタック:遺伝子組換えパパイヤ、食べたくないなぁ。

註釈:遺伝子組換えパパイヤ
詳細は「姿なき遺伝子組み換え食品」参照。


ヒロッコ:食べなければいいんじゃないの?

ノブポン:老婆心ながら、遺伝子組換えと言っても、科学的には安全なのではないですか?

モリタック:でも、絶対に安全とは言えないでしょ?

註釈:絶対に安全
食品で良く言われるのが「ゼロリスクはない」。だけど、もちろんリスク軽減は可能。どのくらい軽減できるかはケースバイケース。


ヒロッコ:絶対に安全とはもちろん言えないけど、そんなことを言っていたら、何も食べられないわよ?それに、遺伝子組換え食品はもう散々食べちゃっているって、この間教えてもらったじゃない。

モリタック:それはそうなんだけど、何なんだろうなー、食べたくないって。説明できないってことは、非科学的なんだろうなぁ、きっと。

註釈:非科学的
科学的ではないこと。


閣下:非科学的だと何か困るのか?

モリタック:やっぱり、科学的であることって、重要じゃないですか?非科学的な主張には説得力がないですよね。

閣下:そうかな?典型的な科学コンプレックスだな。

モリタック:なんですか、それは。

閣下:科学的じゃないとダメに違いない、みたいな思想だよ。

モリタック:だって、科学と非科学なら、科学の方が偉いんじゃないですか?

閣下:そんなことはないよ。科学よりも重要視されることだって色々あるだろ。

モリタック:え?

閣下:科学って、何だと思う?

モリタック:実験をやることでしょうか。

閣下:実験をやっていたら科学か?例えばマウスに遺伝子組換えのダイズを食べさせたら、50%が死んだという報告があったとする。これは科学と言えるのか?

註釈:組換えのダイズを食べさせたら、50%が死んだ
組換え反対派が時々こういう実験結果について取り上げるのだが、基本的に再現性は全くないようだ。馬鹿らしくて検証実験すら行われていないのかも知れない。まだちゃんと調べてないけど。何しろ、マウスがそんなにバタバタ死んじゃうんじゃものすごい毒だと思うけれど、組換えダイズを食べて死んだ人を俺はまだ知らない。


モリタック:実験をやって、その結果、半分が死んでしまったというのは立派に科学なんじゃないですか?

閣下:実験をやったら死んだ。これがそのまま信用されるなら、学説はコロコロ変わってしまうんじゃないか?

ノブポン:「論文」という形で発表されていたとしても、それが正しい保証はこれっぽっちもないことはここであえて言うまでもない当然のことで、その信頼性はそれを掲載する組織の質によって左右されると考えられますね。

閣下:実験の結果は、第三者によって検証される必要がある。そして、検証のための方法が論文には記述されている必要がある。別の人が同じようにやってみて再現性がないと、話にならないんだ。

ヒロッコ:そういえば、年始にヘンテコな組織からヘンテコな「自称」論文が出たこともありましたね。

註釈:ヘンテコな組織
グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ。自称「仮想シンクタンク」。元三菱総合研究所の研究員から見ても意味不明の名称だし、やっていることも意味不明。「エネルギー政策を公平に研究」していると表明しているが、公平な印象は受けない。


註釈:ヘンテコな「自称」論文
放射線の健康影響 ― 重要な論文のリサーチ」。著者は「GEPR編集部」だし、内容は滅茶苦茶だし、多分査読もないし、いわゆる「論文」のフォーマットは満たしていないと思われるが、そもそも「論文」に明確な定義があるわけでもなく(ただし、科学領域では「査読のある科学論文雑誌に掲載されたもの」以外は無価値)、もちろん論文を自称するのは勝手。個人的には「作文」「レポート」でも良いと思う。


閣下:あぁ、アゴラに載ったやつか。あれはひどかったな。自称シンクタンクが発表した自称論文だったな。

モリタック:どのあたりが酷かったのでしょうか。

ヒロッコ:論文をレビューしました、という自称論文だったけれど、どうやって抽出して、何を対象にして調べて、その結果、どういう事実が判明し、それをどう考察したのか、これがさっぱりわからないものだったのよ。

閣下:要は、著者の主観だけで書かれた感想文だったわけだ。挙句、新しい論文ではすっかり主義を変えてしまった著者の古い論文だけを取り上げていたりして、なんですか、これは、というレベルのものだったんだよ。

註釈:新しい論文
Risk of cancer after low doses of ionising radiation: retrospective cohort study in 15 countries


ノブポン:「これは論文です」と自称してコンテンツをインターネット上にアップすることは誰でもできますから、論文を発表すること自体は非常に簡単と言える可能性が高いと考えられなくもありません。

閣下:ま、そういうヘンテコなものはともかく、だ。科学というのは、まず仮説を立てて、それを確かめるための実験があって、実験結果をまとめて考察して、それを論文にして、多くの専門家によってその考察が正しいかを検証し、必要に応じて追試をやり、議論し、そうしたやり取りの後に、「多分正しいんじゃないか」という合意にたどり着く、そのプロセスのことを言うんだ。

註釈:プロセスのことを言う
詳細は森博嗣「科学的とはどういう意味か」(幻冬舎新書)参照。


モリタック:なんか、とても正しそうです。

閣下:とはいえ、科学はその時点での専門家の合意事項であって、それが正しいとは限らない。科学的に安全であっても、絶対に安全というわけじゃない。

モリタック:遺伝子組換えパパイヤはどうなんですか?

閣下:科学的には安全だな。

モリタック:でも、食べたくありません。

閣下:食べなければいいだろ?

モリタック:いいんですか?

ヒロッコ:いいんじゃないの?

モリタック:それは非科学的ですよね?

閣下:非科学的でも構わないんだよ。

モリタック:科学的に説明したいです。

註釈:科学的に説明したい
特に文系の人に見受けられがちなメンタリティ。ちょっと論文を読んでみて、「これだ!」と大喜びしたりするのだけれど、良く調べてみたらそのあと取り下げられていたり、もうずっと昔のものだったり、本人は科学的なつもりでも、実際には科学的に役に立たないケースが少なくない。理系の人間は科学の限界がわかっているので、自分の専門外についてはあまり無理をして科学的に説明しようとしない。少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。


閣下:何を?

モリタック:食べたくないという、私の気持ちを科学的根拠に基づいて説明したいです。単に気分の問題じゃないんだって。

閣下:それは無理だな。

モリタック:ええっ?

ヒロッコ:科学的には安全という結論が出ているのよ。それを科学的に覆すには、それなりの努力が必要なの。

註釈:それなりの努力
少なくとも実験はほぼ必須。


閣下:別に、お前に無理やり食べさせようってことじゃないんだから、いいじゃないか。

註釈:無理やり食べさせよう
学校の給食とか、刑務所の食事で出すのはちょっとマズイかも知れない。


モリタック:うーーーーん

閣下:そういう、お前の考え方が科学コンプレックスだ。

モリタック:ダメですか?

閣下:ダメだな。そうやって、科学的に自分の立場を説明しようとするからおかしなことになる。無理に説明しようとして、頓珍漢なことを言ったりするから、トンデモの烙印をおされてしまう。

モリタック:どうしたら良いんでしょう。

閣下:科学は絶対じゃないんだよ。科学よりも優先されるものもあるんだ。

モリタック:そうなんですか?例えば何ですか?

閣下:例えば宗教だな。宗教上の理由で牛を食べることはできません、とか、あるだろ。あるいは主義。動物は食べたくありません、とか。ベジタリアンが動物を食べないのは、科学では説明ができないじゃないか。

註釈:宗教上の理由
ヒンドゥー教の教徒は肉食を忌避するケースが多い。特に牛は聖獣とされていて食べない。牛乳や乳製品はオッケー。


モリタック:なるほど。

閣下:同じように、「遺伝子組換え食品が嫌です、食べたくありません。理屈じゃないんです」って、これは十分にありだ。それを、科学的に危険だ、とか説明しようとするからおかしくなる。

モリタック:ついつい、科学的に主張したくなってしまいます。

閣下:塩酸と水酸化ナトリウム溶液があって、それらを混ぜて厳密にpHを7にしたとする。これはただの塩水だ。でも、「そんなもの、飲みたくない」っていう人もたくさんいるはずだろ?

註釈:pHを7
中性にしたということ。HCl+NaOH --> H2O+NaCl という反応で、塩水ができる。


モリタック:私は飲みたくないです。台所の塩なら大丈夫ですが・・・。

ヒロッコ:厳密に言えば、何が入っているかわからない台所の塩よりも、試薬として精製された塩酸と水酸化ナトリウムの混合物のほうが、ずっと純度は高いかも知れないのよ。

閣下:遺伝子組換えにしても、残留農薬にしても、化学調味料にしても、食品添加物にしても、ほとんどのものは科学的に「これは危険です」って主張しようとするからおかしくなる。気分的に嫌だ、でいい話だろ。抵抗がない人、抵抗がある人の両方が共存していて、お互いに相手の立場が尊重できて、自分の意思で選択できる、これで十分なんじゃないか?

註釈:ほとんどのもの
農薬や食品添加物は一般的に非常に厳密にリスクコントロールが為されており、健康上の問題が生じることはないと考えられる。ただし、故意に高濃度の農薬をふりかけたりする危険性は存在する(もちろん犯罪)。逆に、ジャガイモに含まれるソラニンなど、ある意味野放しになっている天然物在中の毒物も少なくない。


モリタック:科学が全てじゃないということでしょうか?

閣下:そういうことだな。遺伝子組換え食品に関して言うなら、反対派は、科学を捨てた方がずっとスマートな議論ができるはずだ。それは別におかしいことじゃない。

モリタック:変な科学を振りかざしてはダメということですね。

閣下:「科学的には反論できませんよ」って言っているのに、なぜかムキになって科学的な反論を試みて、その結果、論文とも言えない論文を見つけてきたり、10年も前の論文を引っ張り出してきたりする。パブコメに一所懸命投書しては、「反対意見がこんなにあるのに無視された」って腹を立てる。

註釈:パブコメ
規則や命令を制定する際、一般市民に広く意見、情報などを求める制度。多数決ではなく、一定の専門性を持った人からの有意義な意見を収集する手続きだが、その意図が一般には浸透しておらず、署名活動と勘違いして無駄な努力をする人が多数発生する。


モリタック:なんか、科学的なのは偉くて、非科学的なのはダメ、みたいなイメージがあるんです。

閣下:日本人の多くは無宗教だけど、「科学絶対教」の信者みたいなところがある。そろそろその宗教から脱したらどうなのかな。科学的であることが絶対的に優先されるわけじゃないんだから。

モリタック:ちょっと、水からの伝言とか、血液型性格診断とか、EM菌とか、そういうのを勉強してみます。

ヒロッコ:そういう、疑似科学の話はまた別物よ。

註釈:疑似科学
見かけ上は科学に見えてしまうような、科学ではないもの。


モリタック:あれ?そうなんですか?非科学的でも良いっていうから、てっきり・・・。

閣下:遺伝子組換え食品で言えば、「本来含まれていなかったタンパク質やペプチドが作物に含まれているもの」や、「GMOを製造ツールとして利用したもので、最終製品には組換えたタンパク質やペプチドが残留していないもの」がある、ここまでが科学的な事実だ。前者も後者も、科学的には「多分安全だ」という合意が形成されているから、それらはスーパーの棚に並んでいる。ここまでが「科学」の領域だ。それを食べるのか、食べないのかは、個人の判断で、その基準は必ずしも科学的である必要はない、ということだよ。

註釈:GMO
遺伝子組換え生物。遺伝子組換え農作物、トランスジェニックマウスなどが含まれる。GMOのうち、食べることができるものが遺伝子組換え食品、ぐらいの定義なんじゃないかと思う。


註釈:ペプチド
タンパク質を分解して得られる、アミノ酸が数個〜数十個結合したもの。


註釈:製造ツール
GMOを製造ツールとして作られているものの代表例は植物油。精製されて油だけになっているので、GMOの痕跡は取り除かれている。取り除かれている以上、非GMO由来の油とは見分けがつかないので、表示も不要になっている。たとえ非GMOを偽装されても、技術的にそれを指摘することができないからである。


モリタック:えっと、AKBの女の子たちを選ぶのは秋元康さんだけど、その中で誰を応援しようと私の勝手だと、そういうことでしょうか?

閣下:大筋で間違ってない。AKBの選抜が科学的かどうかはわからんけどな。



  

2012年01月09日

総統閣下はお怒りです「食べログ暗殺計画」

アゴラ用に書いたんですが、

元木様

メンバーからあなたのアカウントを削除し、投稿も削除しました。
アゴラのメンバーは、内容を自主管理できる人に限っています。管理者の勧告に従えない方は削除します。
投稿は、今後も自由です。

池田


とのことなので(笑)(ことの詳細は後日、『投稿が自由』なアゴラに投稿します)、自分のブログに載せます。では、本編をお楽しみください(^^

●登場人物 総統閣下とゆかいな仲間たち
sotojinbutsu2


食べログ暗殺計画(前編)

●食べログでやらせ

モリタック:閣下、食べログでやらせが起きたようです。

註釈:食べログ
カカクコムが運営する食べあるきグルメサイト。アスクユー、ライブドアグルメに続く第三のグルメサイトとして登場したが、レビュアーの引き抜きなどもあって大成功し、今やナンバーワンサイトに成長した。しかし、立ち上げ当初に活躍したレビュアーの中には更新を停止しているケースも散見される。


閣下:あのサイトがダメなのは前からわかっていただろ?

モリタック:え?そうなんですか?良く使っているのですが。

閣下:電話帳としては使えるよな。

ヒロッコ:私も良く使ってます。電話帳として。

註釈:電話帳
みんなの電話番号が書いてある分厚い書籍。昔は電話ボックスにも常備されていたけれど、最近はすっかり見なくなった。というか、あるのかも知れないけれど、電話ボックスそのものがない。スーパーマン受難の時代である。


ノブポン:実際のところ、電話帳としての利用方法以外には何ら有効な活用方法が見当たらないのが食べログというサイトの表面的な特徴ではありますが、では全く役に立たないのかと問われますれば、部分的には役に立つ場合もあり、結論としては使い手のスキルさえ高ければ大丈夫だ、問題ない、というレベルではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

閣下:そうだな、良いレビュアーを見つけることができたら、そこそこに役に立つよな。それで、やらせって、何が起きたんだよ。

ヒロッコ:こちらのサイトに詳細が掲載されています。

「食べログ」でやらせ投稿 39業者が順位上昇請け負う

どうやら、組織的な投稿によってお店の評価を上げ下げしている業者がいるようです。

閣下:ふうん(棒)

モリタック:お怒りにならないのですか?

註釈:お怒りにならない
閣下は大抵の場合カッカしている。


閣下:だって、別にどうでも良いよな?カカクコムが相手を訴えれば良いんじゃないのか?

註釈:カカクコム
価格比較サイト「価格.com」の運営会社。システム一流、運営三流に見えるが、一応上場会社。上場時1,000円以下の株価だったが、現在は2,000円代後半で、ベンチャー企業としては健闘している部類。ただし、今回の一件もあってか、株価は下がり気味。


ノブポン:サイトに対するテロ行為として偽計業務妨害にあたると解釈できる可能性があるかもしれず、ないかも知れませんが、こうしたケースではどうしたら 良いのかといえば、結局のところ運営会社がまめに調べて怪しい事例をチェックし、レビュアーの影響力を調整するなど、丁寧に対応していくしか方法がないのかも知れませんが、現実問題としてそんなことは可能なんでしょうか。

註釈:偽計業務妨害
風説を流したり、偽計(嘘とか、やらせとか)によって他人の業務を妨害する犯罪。いたずら電話や犯罪予告などが該当する。3年以下の懲役または50万円以下の罰金。


ヒロッコ:今日はノブポン、良く喋るわね。

ノブポン:実は、「総統閣下はお怒りです」の中での登場頻度が低く、しかもモリタック先輩は森永卓郎さん、ヒロッコ先輩は荻原博子さんに似ているようにも 見え、似ていないのかも知れませんが、モデルになっている気配がしないでもなく、老婆心ながらこんな表現で法律上大丈夫なのか、と心配になったりもするのですが、私は名前は池田信夫さんっぽいのにも関わらず、似顔絵は池田信夫さんには全く似ておりませんし、口調は口調で枝野幸男経済産業大臣のようでもあり、 いったいお前は誰なんだ、という指摘があったものですから、もう少し存在感を出そうかと思っているところであります。

閣下:そうか、ご苦労様。さて、それで食べログだが、俺が昔、食べログではベスト10に入る、トップレビュアーの一人だったことは知っているよな?

モリタック:もちろん存じております。

閣下:食べログの運営者が大馬鹿だから辞めたわけだけど、俺はあのサイトが嫌いだから、あんまりフェアに論ずることができないと思うんだ。だから、スルーで。

ヒロッコ:いや、簡単でも良いので、ぜひ感想などいただければ幸いです。年始ですし。


食べログ暗殺計画(後編)

●とんかつ屋に関するダメレビュー

閣下:仕方がない。たとえば東京の「とんき目黒店」というとんかつ屋さんのレビューを例にしてみよう。ヒロッコ、ちょっと食べログで目黒のとんきを調べて、そのレビューを信頼度順に並べてみてくれ。

註釈:とんき
目黒にあるとんかつ屋の老舗。衣が硬くて肉との一体感が失われているところが最大の特徴。


ヒロッコ:はい。このレビューが信頼度トップですね。約250件のレビューが書き込まれていますが、その中でダントツの信頼度です。

目黒:ハイパーとんかつ工場

閣下:じゃぁ、レビューの内容を読んでみよう。

モリタック:・・・なんか、普通に見えますが。今度行ってみましょうよ。

閣下:お前の顔に付いているその2つの黒いものはなんだ?ガラス玉か?

註釈:ガラス玉
ガラスでできた球状の物質。ビー玉など。これを使っても目玉の代わりに何かが見えたりはしない。多分。


モリタック:小さくてわかりにくいかも知れませんが、一応目玉です(汗)。

閣下:このレビュー、恐ろしいことに、書かれていることはお店のシステムについてだけだ。唯一、とんかつについて書かれているのは「とんかつ自体は同じ目黒の「かつ壱」のほうが個人的には好きである。」という一文だけだよ。

モリタック:言われてみればそのとおりです。

閣下:このレビューが参考になる人もいるのかも知れないが、少なくとも俺には、このレビューの信頼度が一番高いっていうのがさっぱりわからん。

ヒロッコ:なぜこんなレビューが参考票を集めるんでしょうか?

註釈:参考票
食べログでレビューを読んだ人が「この口コミに投票する」というボタンを押すと、1カウントされる。一見役に立ちそうだが、実際にはお友達同士で押し合うので、全然役に立たない。


閣下:おそらくは馴れ合いによって形成された食べログ村の住民たちのお友達票によって、非常に信頼度の高いレビューにまつり上げられたのだろう。こんなレベルの素人レビューをいくら集めても、何の参考にもならないのはわかりきったことだ。

註釈:素人レビュー
だって、このレビューを書いたまめぞうっていう人、とんかつ屋は5軒しかレビューしてないよ。しかも、そのうちの1軒はかつや(笑)。あんずも燕楽もやまいちも丸五も双葉も蓬莱屋もぽん太もぽん多も豚組も勝漫もレビューしてないんだよ。これじゃぁまともなレビュアーなのか判断不能。しかも、味のことを書いてないし。


モリタック:ほんとに、言われてみれば全くその通りです。

ノブポン:いや、先程モリタック先輩はこのレビューを読んで「普通のレビュー」と評したような記憶が多少私の出来の悪い脳みその一角にも残っているような、残っていないような、気のせいでしょうか?

モリタック:うるさいなぁ、閣下に言われて意見を変えたんだよっ!


●食べログで探すべきもの

閣下:もともと素人のレビューなんてろくでもないものが多い。そして、それをたくさん集めて、統計的に処理したとしても、やはり信頼性は低い。

ヒロッコ:閣下の後輩がそういうのを「集合痴」って馬鹿にしております。

CGMコンテンツの分析は集合痴に要注意

閣下:この分析は結構高度なので読みとくのは大変だけど、凄く面白いよな。

モリタック:難しすぎるので、もうちょっとわかりやすくお願いします。

閣下:当たり前の話だが、たくさんの素人による意見の集合体よりも、数人のカリスマの意見のほうがずっと参考になるってことだ。食べログも、何の役にも立たないわけではない。しかし、役に立たないレビューが少なからず含まれているし、有益なレビューのほうが少ないのが現実だ。だから、山ほどのダメレビューの中から、本当に役に立つレビューを書いている人、面白いレビューを書いている人を見つけてこなくてはならない。これは ちょっと面倒な作業だ。だけど、一度見つけてしまえば安心。いくつものレビューを読む必要はない。やらせレビューがいくらあったって大丈夫だ、問題ない。

註釈:数人のカリスマ
例えばラーメンで言えば石神秀幸さんとか。


モリタック:もともと大したサイトじゃないので、やらせレビューが紛れ込んでも大した問題ではない、と。

閣下:そういうことだな。

ノブポン:やらせやステルスマーケティングがあるのはこの手のサイトでは当然のことすぎるので、指導するまでもありませんね

註釈:当然のことすぎるので、指導するまでもない
2011年秋に東電のパーティ券購入が問題になった際の枝野経産大臣のセリフ。その後の朝日新聞の調べで東電が買っていたパー券の上位10位に枝野経産大臣の名前が入っていたことがわかったが、これも当然のことすぎるので、糾弾するまでもないのかも知れない。


閣下:もちろん食べログにも良いレビュアーはいるから、そういう人を見つければ良い。食べログでは店を探すんじゃない。レビュアーを探すんだ。

註釈:「〜〜んじゃない、〜〜んだ」
青島刑事の名台詞は「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」。



●オススメのとんかつ屋東京編
モリタック:えっと、それで、とんかつだったらどこがおすすめですか?東京で一番良いのを頼みます

註釈:一番良いのを頼む
「大丈夫だ、問題ない」の対語。


閣下:2,000円以上出す気があるなら、淡路町のやまいち、秋葉原の丸五、芝大門のむさしやの極上ロースもなかなかだな。

註釈:やまいち
以前勝漫でカツをあげていたおじさんが独立して開店したお店。これが、勝漫の目と鼻の先。しかも100円安い。俺は勝漫よりもやまいちの方が美味しいと思う。


モリタック:そんな、とんかつに2,000円なんて、殺生な・・・。

註釈:2,000円
美味しいとんかつ屋を選ぶときの一つの目安。ただし、必要条件であって、十分条件ではない。2,000円をはるかに超えるような価格のお店もあるが、だからといってそこが美味しいというわけでもない。


ヒロッコ:モリタックには厳しいわよね。

閣下:じゃぁ、朝霞のいち川でどうだ。ここのヒレカツ定食は1,400円だが、都内の2,000円以上の店にも全く引けを取らない味だぞ。

註釈:朝霞のいち川
俺が知るかぎり、2,000円以下のとんかつ屋で日本で唯一素晴らしく美味しいお店。朝霞という急行すら止まらない田舎の、しかも駅から徒歩で10分程度の場所にある。目の前は畑。


モリタック:よし、今度食べに行こうっと!

ノブポン:老婆心ながら申し上げれば、朝霞は池袋から東武東上線で240円です。往復で約500円ですから、ヒレカツ定食代の1,400円と合わせて1,900円です。モリタック先輩のお財布に対してはかなり大きなダメージを与える致命的事象となってしまう可能性が高いのではないかと想像する次第でして・・・。

モリタック:じゃぁ、かつやで我慢するよ。ヒロッコ、かつやの評価、食べログで調べて!

ヒロッコ:かつやとか吉野家とか、そんなお店のレビューを書く馬鹿はいないで・・・って、いるのねっ!!

註釈:いるのね
いる。他にもマクドナルドとか、吉野家とか、レビューを書いている人がいる。そして、そのレビューに参考票を投ずる人もいる。吉野家で調べてみると、2012年1月現在で例えば吉野家築地一号店48件、吉野家有楽町店24件、吉野家新橋東店8件のレビューがある。あほらしいことこの上ない。もちろんそういう店で食べることがあほらしいのではなく、食べログで店を調べるような人がマクドや吉牛の味を知りたいはずがないということ。


 

関連記事:レクイエム