2004年07月21日

ハリー・ポッターと秘密の部屋


ハリー・ポッターと秘密の部屋 特別版
先日の賢者の石に続いて「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を鑑賞。  続きを読む

Posted by buu2 at 01:09Comments(7)TrackBack(8)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2004年07月18日

ハリー・ポッターと賢者の石

今さらながらにハリーポッターである(^^;

いや、映画館でも観てるんだけど、もう内容とか忘れちゃってるし、明日WOWOWで二作目をやるみたいだし、映画館で三作目を観る前に復習しておかなくちゃ、ってこと。

どうなんすかね、これ。ストーリーは散漫だし、ちょっとしたエピソードのつぎはぎって感じ。悪役と善玉がはっきりしていて分かりやすいっていえばわかりやすいんだろうけど、なんかすっきりしない。また、スネイプをことさら怪しげに見せるのもどうなのか。最後に大逆転でグリフィンドールが表彰されるのもねぇ。

特撮も特に目を見張るようなものはなくて、あのクィディッチ(?)のシーンとかはジェダイの復讐とかで観た感じがするし、クリーチャーとかもそんなに新しい感じがしない。

設定もどうなのかなぁ。魔法界の征服を企むような大物がどうして学校の中で子ども達を相手に立ち回っているのか、超謎。もっとでかいことやれよ(^^;クィディッチもはじめのうちこまごまと10点、20点って得点していたくせに、シーカーがちょこっと頑張ったらいきなり150点で大逆転。それなら、シーカーが一人で頑張れば良いじゃん。ゲームとして成り立ってない。チェスのシーンも、なんで3人分だけ都合よく駒が欠けていたのか良くわからん。ハリーが血統だけで無条件に「すげぇ魔法使い」ってのもなんだかねぇ。

評価は☆半分(魔法を映像で見せている点だけ評価)。これってさ、本当にみんな面白いと思って観てるのかな??


ハリー・ポッターと賢者の石 特別版  
Posted by buu2 at 20:54Comments(0)TrackBack(2)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2004年07月11日

ザ・コア

WOWOWでやっていた「ザ・コア」鑑賞。

米国が開発した地震発生装置のせいでコアの活動が停止してしまい、地磁気が失われてしまってさぁ大変、というパニック映画。

まぁ、プロット自体は小惑星が飛んできたり、宇宙人が攻めてきたり、氷河期がきたり、新種のウイルスが大流行、みたいなものと一緒で、良くある地球滅亡パニックもの。そんで、アメリカの大好きな自己犠牲ものでもある。

それで、そこら辺のストーリーについてはそれほど期待していなかったのだが、個人的に楽しみにしていたのは地球の中の描写。今まで観たことのない地中をどう表現するのかなぁ、と思って興味津々だった。

で、どうだったかっていうと、なんか、地面の中も宇宙を飛んでいるのとあんまり差がなかった。溶岩の海の中を航海している舟、みたいな感じかなぁ。かなり拍子抜け。地中なんだから真っ暗なはずだし、通信もできなさそうだし、地中を突き進むのはすげぇ大変そうだし、と、色々ありそうなのにそこら辺は全然問題なくすっとばして、「さぁー、突っ込むぞぉーーー!!」みたいなお気楽極楽ぶり(^^;

ま、色々小難しく考えず、ガンガンいっちゃうところが米国っぽいんだろうね。やっぱ、映画の宣伝でも一番の見所がなぜかスペースシャトルの不時着シーンっていうんだから、こんなものか。人間よりも核兵器とクジラの方が大好き、って感じのところがちょっと政治的でいやーんな感じ。大体、ミッション終了後にどうやって回収するのか、なんて、一番大事なことなわけで、そこんところがいい加減なのが「どうなのよ」って突っ込みたくなるところ。

☆半分。

ザ・コア スペシャル・エディション デラックス版<2枚組>  
Posted by buu2 at 18:01Comments(6)TrackBack(5)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2004年05月17日

マトリックス・レボリューションズ

もちろんDVDで鑑賞。

3部作の最後としては、それなりの幕引きで、まぁまぁ。しかし、劇場公開時に不評だったのもうなずける内容。  続きを読む
Posted by buu2 at 22:20Comments(3)TrackBack(0)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2004年03月18日

マトリックス・リローデッド

バックトゥザフューチャー2、スターウォーズエピソード5同様、「つづく」を前提にして作ってあるものだから、単品ではなんともいえない。何がなんだかよくわからないし。ただまぁ、この作品のために高速道路を作っちゃったとのことで、どうしてもそれを使いたいのは良くわかるんだけど、あまりにもそのシーンが長すぎる。こういうシーンで眠くなっちゃうのはいかがなものかなぁ。とりあえず、☆は保留。でも、単品で無理に評価するなら☆ひとつ。

マトリックス リローデッド 特別版〈2枚組〉  
Posted by buu2 at 21:06Comments(0)TrackBack(0)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2003年02月14日

マイノリティ・リポート

今頃になって「マイノリティリポート」を鑑賞。事前の宣伝では特撮を前面 に押し出した紹介をしていたけど、中身は特撮ものというよりはミステリー。ちゃんとストーリーで楽しませてくれる。こういう作品を特撮、特撮でPRするのはどうなのかなーと、そういう姿勢にはかなり批判的だけど、内容的には特撮が適度なアクセントになっていて評価できる。☆2つ。
マイノリティ・リポート  
Posted by buu2 at 01:28Comments(0)TrackBack(3)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2001年09月09日

チキンラン

「チキンラン」をDVDで鑑賞。

映画の興行成績的には振るわなかったみたいだけど、大脱走のパロディをクレイアニメで作ったなかなかの秀作。「ちょっと長いかな」と思わないではないけれど、これを作る苦労を考えたらそんなことを思ってしまっては失礼か。それにしても、こんな長尺をクレイで作らせてしまうドリームワークス恐るべし(^^;

評価は☆☆ってことで。  
Posted by buu2 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2001年07月05日

A.I.

スピルバーグ監督、オスメント君主演の「A.I.」鑑賞。

温室効果で地表の大部分が水没した未来を舞台に、ロボットの2000年にわたる冒険を描いたもの。映画化構想はキューブリックだそうで、生前、映画化をスピルバーグにゆだねたらしい。

物語はまずファミリーものっぽい作りで始まり、途中、キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」風のパンクな未来が描かれ、最後に2000年後の大団円が静かに語られる。母親の愛情を求めるという、画期的な感情を持たされて生まれてきたロボットは、その機能故にトラブルを起こし、家族に疎まれ、捨てられてしまう。それでも母親の愛情を取り戻したい彼は、空間と時間を超えた冒険の末に、やっとただ一つの望みを叶える、というストーリー。

話は途中のパンクな世界だけ、キューブリック色が濃く出るが、スピルバーグの模倣は単なる真似に終わらず、なかなか見事。また、見る前には「ちょっと長いな」と感じる尺をほとんど感じさせずにラストまで持っていく描写 もなかなかである。

「母を訪ねて三千里」「オズの魔法使い」っぽい、どこかで聞いたことのあるようなストーリーではあるが、オスメント君と助演のジュード・ロウの熱演もあって、良質のエンターテイメントに仕上がっていると思う。

惜しいのは、彼の望みが叶えられるのがたった一日という、御都合主義的な設定だが、まぁ、「キューブリックに捧げる」ことだし、ここら辺は目をつぶろう。

孤児、宇宙人、ユダヤ人、黒人といった、迫害されがちな存在にスポットを当てる一連の作品の延長線上にあるとも言える今作で、スピルバーグはロボットに感情移入させることに成功している。

一見して全く正反対の作風であるスピルバーグとキューブリックの融合、SFXであることを感じさせないレベルまで到達したSFX、世代を超えて世界を代表する役者の共演、愛とは何か、人間とは何かを深いレベルまで掘り下げた内容。表現、内容の両面 で見どころ満載の一本だと思う。

監督、脚本を手掛けた(脚本を自分でやるのは随分久しぶりじゃないかな?)スピルバーグにあげられる☆が3つしかないのが残念である。ということで、評価は☆☆☆。

今度、もうちょっと空いてからまた見に行こうっと(^^  
Posted by buu2 at 12:19Comments(0)TrackBack(0)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2000年08月20日

シックスセンス

「シックスセンス」観賞。小児精神科医と、その患者の話。

シックス・センス コレクターズ・エディション  続きを読む
Posted by buu2 at 13:13Comments(4)TrackBack(2)映画-2004

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集