2017年02月01日

The Capital Grille

今週はワシントンDCのレストラン・ウィーク。参加したレストランはどこでも35ドルでディナーを食べることができる。店によっては30%オフとか、50%オフとかになるので、海外からのお客さんでもないと行けないような店に行くチャンスである。ということで、キャピタル・グリルに来てみた。




























念のため書いておくと、これはふたり分。さすがにこの分量全てで35ドルというわけにはいかない。もちろん、大満足。

このレストラン・ウィーク、場所ごとにちょっと時期をずらして開催してくれるので、今週はDC、来週はベテスダ、といった具合に食べ歩くことができて素晴らしい。

The Capital Grille
5310 Western Ave
Chevy Chase, MD 20815
(301) 718-7812  

2016年12月10日

Black Angus Steakhouse

米国で知らない場所に行ったら、食べるべきは中華か肉と相場が決まっている。なので、今日は肉にしてみた。yelpでは非常に評価が低い店だったのだが、泊まっていたホテルから徒歩で30秒という立地だったので、迷わずここにした。ステーキを食べてみたけれど、安定のうまさ。この程度なら十分に満足である。やはり、米国では肉が安全パイ。












Black Angus Steakhouse
6231 International Dr
Orlando, FL 32819
(407) 354-3333  

2016年11月23日

ら、ぼうふ ららぽーと横浜店

何度も用賀店に行こうと思ったことがあるのだが、いつもいっぱいで食べることができず、カーナビには「有名な焼肉屋」と登録してあった。その店が実家の直近である鴨居のららぽーとに出店したということで、久しぶりに日本に行ったタイミングで食べてみた。




























だいたい、想像通りの質。他の店は混雑していたのに、この店は空いていた。ららぽの客層にはちょっと高いのかもしれないが、都内で食べることを考えればそれほど気にならない。歩いて行けるし、行列もないので、また行きたい。

店名 ら、ぼうふ ららぽーと横浜店
TEL 045-414-2753
住所 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜 3F
営業時間 11:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 不定休(ららぽーと横浜に準ずる)  

2016年08月14日

Old Homestead Steak House

チェルシー・マーケットへ行ったついでにランチで食べてみた。



















ちょっと小さいかな、と思ったけれど、食べてみたらランチにはちょうど良い大きさだった。夜にも来てみたいけれど、お高いんでしょうね(笑)。

Old Homestead Steak House
56 9th Ave
New York, NY 10011
(212) 242-9040  

2016年08月07日

The Capital Grille

DCにあるThe Capital Grilleのチェビーチェイス店。本店にはだいぶ前に行ったことがあるのだけれど、せっかく近所にあるので行ってみた。

肉の重量表示がオンスだったのだけれど、これをポンドと間違えてしまい、「こんなに少量でこの値段か!」とビビっていたら、物凄い大きさのステーキが出てきて二度びっくり。お腹いっぱいすぎて死にそうになった。






















こんなにでかいとわかっていたら、シーフードの大皿は頼まなかったよ。

三人で死にそうになって、支払いは3万円ぐらい。この金額になるとチップ代もバカにならない。

The Capital Grille
5310 Western Ave
Chevy Chase, MD 20815
(301) 718-7812  

2016年07月05日

たまにはハード・ロック・カフェ

世界中どこへ行っても、HRCがあるところなら大抵期待したクオリティの料理を出してくれるのがありがたい。ほぼ一ヶ月ぶりのアルコール。











  

2016年05月18日

この辺りは最初に就職した会社のすぐそばなので、当時からやっていた店もいくつかあるのだけれど、大半は違う店になってしまった。この店も、前は何だったか思い出せない場所にあった。地下には牛タンの店があったのだが、その店もなくなっていた。

さて、罠というジビエ料理の店である。鹿、猪、鴨、熊などの肉を食べることができる。その日に入荷している肉にチェックが入って表記されるシステム。



一応、トマトとかのサイドメニューもある。






しかし、メインは肉。



それを炭火で焼く。



面倒なので、コースにしてみた。あと、追加で熊。



























一番美味しかったのは鹿かな?あと、熊もなかなか美味しかった。

店員の接待がとても良く、楽しく食べることができた。息の長い店になると良いのだが、肉の仕入れもとはちょっと気になった。最近は安い外食を食べるとすぐに福島を想像してしまう。

店名 焼ジビエ 罠 神田
TEL 03-3251-8899
住所 東京都千代田区内神田2-10-10 谷合ビル 1F
営業時間 17:00〜23:30
定休日 日曜日・祝日  

2016年05月01日

Katz’s Delicatessen

NYに向かうバスの中から、日本の投資会社に勤務している大学時代の同級生の藤澤さんに「今、どこにいるの?今日からNYなので、近所にいるなら連絡して」とメールしてみると、「ちょうど今、NYに到着したところ」との返事。世界は広いようで狭い。ということで、グランドセントラルで待ち合わせして、ランチに行くことにした。お店は、藤澤さんが行ってみたいというKatz’s Delicatessenに決定。

「駅から12分だから、すぐだよ」とのことだったので、小雨だったけれど歩いて向かうことに。ところが、歩いても、歩いても、店には到着しない。おかしいなぁ、と思っていたら、12分なのはタクシーでの話だったようで、結局1時間かかった(笑)。

店は大混雑だったけれど、5分ぐらいで席に案内してもらえた。メニューを見てもちんぷんかんぷんなので、適当にオススメっぽい料理を注文。



あとはしばらく店内を観察していた。















壁は有名人の写真でいっぱい。店は大混雑である。

そして、10分ほどで色々な料理がテーブルに運ばれてきた。


















何やらあまり食べたことのない料理が次々と運ばれてきて、食べてみると味まで不思議な感じ。世の中は広い。

入店の時に配られた小票は、退店時になくしていると罰金らしい。厳しいじゃないか。



たっぷり食べて2000円程度なので、人気の理由もわかろうというもの。












食べ終わると、藤澤さんは「15時から打ち合わせなので、ここで」とお別れ。こちらはせっかく南まで来たので、さらに南へ散歩することにした。

名称:Katz’s Delicatessen
住所:205 E Houston St
New York, NY 10002
電話: (212) 254-2246  

2016年04月30日

Benjamin Steakhouse

ニューヨークのステーキの有名店、ベンジャミン・ステーキハウスの支店。本店は予約が大変らしいのだが、こちらは比較的取りやすいらしい。しかし、それでも19時からでは予約できず、ちょっと早めのスタート。

まずはベーコンのステーキ。




へぇ、と思っていたら、野菜がトッピングされた。




それで、これを食べた時点で結構お腹がいっぱい。しかし、これはあくまでも導入。メインはこちら。




ちょっとピンボケなので、後で差し替えます。






こんなものを食べているんだから、米国人が大きいのは当たり前である。







いや、お腹が苦しい。

名称:Benjamin Steakhouse
住所:610 West Hartsdale Road
White Plains, NY 10607
電話: (914) 428-6868  

2016年03月25日

馬頭が4月末で店じまい

朝霞台にもかれこれ15年ほど住んでいるので、このあたりにはお気に入りの店がいくつもある。引っ越しを決めたので、そういった店にも一通り挨拶がてら食べに行っているのだけれど、今日行った馬頭は来月末で閉店してしまうらしい。多分、朝霞台に遊びに来ることもあると思うのだが、その時にはこの店は確実に存在していないことになる。

店内はホンダのレース関係者の色紙やゆかりのグッズが満載。多くのレーサーたちにも愛されてきたのだろう。今日はタン、ホルモン、ホホ、イノシシなどを焼きながら、店の歴史を感じてきた。

多分、凄い色紙がいっぱいなんだと思うのだけれど、僕のオートバイに関する知識は巨摩郡とラルフ・アンダーソンで終わっているので、正直ありがたみは良くわからなかった(笑)。































しめは、なぜかこの店の看板のカレー。ちょっとホワイトバランスがおかしかった(味じゃなくて、カメラの話)。



  

2016年02月21日

松尾ジンギスカン滝川本店

北海道でジンギスカンといえば、僕の場合は長沼一点買いなんだけれど、松尾ジンギスカンも有名といえば有名。この店の冷凍肉を千歳空港で買って帰って、家で食べたことが何度かあるのだが、大して美味しくなかった。じゃぁ、本店で食べて味を確認しようと思い立ったのである。本店が美味しくないなら、もう松尾ジンギスカンには近寄る必要がない。ということで、大雪の中、滝川まで出かけて食べてみた。



注文したのは最高級というラムリブロース、



それに特上ラムジンギスカンと上マトンジンギスカンである。



お馴染みの鍋で焼いて食べてみたのだが・・・・



味としては、特上ラム>ラムリブロース>上マトンの順番で美味しいと思うのだが、残念ながら一番良かった特上ラムでも、「まぁ、良いかな?」程度のレベル。空港で買って帰って家で焼く冷凍のタンネトウ(長沼)の方が美味しいと思う。

でも、良かった。これで、関連店に行ったり、おみやげで冷凍肉を買う必要は完全になくなった。二度と食べることもないだろう。僕はこれからも長沼か信州新町でジンギスカンを楽しむことにする。

店名 松尾ジンギスカン 滝川本店
TEL 0125-22-2989
住所 北海道滝川市明神町3-5-12
営業時間 09:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 無休 12月31日、1月1日のみお休み  

2015年08月22日

祥瑞

経産省の同窓会は幹事のクッシーがいつも良いお店を予約してくれるので毎回楽しみなんだけれど、今回は六本木の有名ステーキワインバー、祥瑞という選択。一度行ってみたかったので嬉しい。

席につくと肉の塊を3つ持ってきてくれて、普通に食べるなら小さいの2つ、がっつり食べるなら大きいの2つを勧められたので、迷わず3つとも焼いてもらうことにした。あと、魚のカルパッチョを頼んで、泡で乾杯。以後、赤ワインを2本を開けたところで「もう肉はないの?」と質問したら、「もう火を落としてしまった」とのこと。残念。食べ足りない。

ということで、チーズの盛り合わせを食べたけれどやっぱり食べ足りない。仕方なしにデザートでシャーベット。これでもまだ足りなかった。もうちょっと肉があれば良いのになぁ。
















お支払いはひとり13,320円。

店名 祥瑞 (SHONZUI)
TEL 03-3405-7478
住所 東京都港区六本木7-10-2 三河屋伊藤ビル 2F
営業時間 [月〜金]18:30〜23:00(L.O) [土]18:30〜21:00(L.O)
定休日 日曜・祝日  

2015年07月09日

ローストホース

広尾にある会員制馬肉料理の店。

お酒の持ち込み可だが、それ以上に異常なまでに良心的な価格設定に驚かされる。コースでどんどん馬肉料理が提供されていくが、色々と目先を変化させつつ、主役はあくまでも馬肉であり続けるところがさすが。最後のかぼちゃのかき氷まで、ほとんど文句のない料理が続いた。僕も北海道や熊本で散々馬肉を食べてきているので、原料としての質としてはここと並ぶ馬肉を食べた経験があるのだが、これだけ変化をつけて、かつ質を高く維持して提供してくれる店は初めて。
























































































あえてマイナスポイントを挙げるなら、まず醤油。カネヨの甘露ぐらいに甘い九州醤油を使って欲しかった。それと、接客。料理を提供するときに色々とうんちくを語るのは構わないのだが、「どこそこの馬肉はダメです」「あちらのたてがみはまがい物のインチキです」と、他者をこき下ろして相対的に品質をアピールするところ。店主が若いということもあって前のめりなんだろうが、耳障りで聞き苦しい。「どこそこで仕入れた最上級の肉です」で十分。

会員制のため、店の詳細は非公開ですいません。  

2015年06月04日

旬熟成

麻布十番でお金持ち率の高い(医者3人、ファンドマネージャー1人、会計士1人、作家1人)飲み会。肉食ってワインを飲みながら楽しく過ごす、という内容で、注文内容は全く把握せず。






















旬熟成という店名にも関わらず、熟成した感はあまりなかった。でも、熟成期間が長ければ良いというわけでもなく、適度にアミノ酸やペプチドに分解されているのが一番良いので、この店ぐらいの赤身肉が身体には一番優しい感じがした。

イノシシの肉は確かにちょっと臭かったけれど、それが熟成したからなのかは良くわからなかった。

バーニャカウダのソースがちょっと緩すぎて野菜に全く絡まなかったことと、6人の客なのにわざわざ5等分して肉を提供したあたり、「はて?」という感じだったのだが、一番いただけなかったのは、予約時間の20分前に店に着いてしまい、先にお酒でも飲んでいようと思ったら、「6時開店ですので」と言われて追い返されてしまったこと。近所に時間をつぶせるような店がほとんどないし、先客がいるわけでもない。1時間前に到着したわけでもなく、ずいぶんと融通の効かない店だなぁ、と思った。仕方なしにタリーズに行ってスワークルを飲んで時間を潰したけれど、おかげで酒も料理も今ひとつ楽しめなかった。現場がいくら接客に努力しても、店主の姿勢がこれでは台無しである。

店名 旬熟成
TEL 03-3497-8875
住所 東京都港区六本木5-11-31 1・2F
営業時間 18:00〜25:00
定休日 不定休  

2015年04月29日

青葉東武池袋店

牛たんという食材は色々な食べさせ方があるのだが、ジューシーさを強調しようと思うと、筋の硬さが残ってしまい、どちらを優先するかは判断が難しい。厚く切ったり、レアで提供すればジューシーに仕上げることができるのだが、噛み切りにくくなるし、同時に鮮度も要求されてしまう。店ではどこにバランスを見つけるか、判断力の見せ所なのだが、きちんとバランスを取っている店は、ほとんど見当たらない。有名役肉店の特上牛たんはもちろん、、牛たん専門店でも、これが一番、とは言いがたい。たとえば宮城県のアンテナショップ内にある「伊達の牛たん本舗 宮城ふるさとプラザ店」なんかは本当にアンテナショップ内にこのレベルの店を出しちゃって良いの?と思うし、有名チェーン店の「利休」なんかも食べログあたりではそこそこ評価されているけれど、一番良いのを食べてみてもピンと来ない。行列店として有名な四谷の「忍」も、内容は凡庸である。

ということで、僕の都内での牛たんに対する期待値は非常に低いのだが、ランチを食べに池袋東武の北海道展に行ったらものすごい混雑だったので、そのままスパイスまで行って、青葉といういかにもな名前の牛たん屋に入ってみた。注文したのは特上牛たんランチだったのだが・・・







もともとの期待が大きくなかったこともあるんだろうが、これは最近食べた牛たんの中ではかなり上位にランクされる。そこそこ厚みがあって、そこそこ柔らかく、ちゃんと味がある。ちょっと塩気が強すぎる感はあるものの、タンの旨味を楽しむことができる。これなら、食べる場所が見当たらない時はまた食べても良いと思う。ただし、ご飯はイマイチ。スープやとろろも凡庸で、良いのは肉だけだった。まぁ、肉を食べに行ってるんだし、そもそもその肉がイマイチという店が多い中、結構良い線行っていると思った。

しかし、隣のビルにある「利休」とこの店を食べログで比較すると、なぜか利休の方が評価が高い。ということで、みんなはどんどん利休に行けば良いと思う。おかげで、今日も行列なしで食べることができて幸せだった。

店名 青葉 東武池袋店
TEL 03-5928-1129
住所 東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店
営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:20)
定休日 無休(スパイス定休日に準ずる)

◯関連エントリー
伊達の牛たん本舗 宮城ふるさとプラザ店
http://buu.blog.jp/archives/51054718.html

利久 池袋店
http://buu.blog.jp/archives/51464862.html

たん焼き 忍
http://buu.blog.jp/archives/51388255.html  

2015年02月13日

ゆうじ

渋谷の有名焼肉屋「ゆうじ」に行ってみた。普通に色々食べてみたのだけれど、焼き物は普通に美味しかった。ただ、上タンなどはもっとうまい店がいくらでもあると思う。刺身はハツとツラミ(頬肉)を食べてみたけれど、ハツはなかなか美味しかった。ツラミはまずまずだけど、わざわざ注文するほどのこともないかな、という感じだった。

焼肉もひと通り頼んでみたが、まずまず。ただ、いただけないのは上ミノで、あろうことか、業務用にんにくで味付けしているようだった。この店は、「上」がつくメニューでも手抜きをして、まずいおろしニンニクを使っているようだ。また、ササミもバターの上に業務用おろしニンニクがのっていたので、バターは使わずに食べた。肉はなかなかなのにもったいない。

この程度だと、標準よりも下だと思うのだけれど、どうして評価が高いのか謎である。もしかして、常連しか知らないような隠しメニューがたくさんあるのかも知れない。もしそういう裏メニューがあるのなら、Bunkamuraで演劇や映画を観る機会にもう一度行ってみようと思う。

店名 ゆうじ
TEL 03-3464-6448
住所 東京都渋谷区宇田川町11-1 松沼ビル 1F
営業時間 [月〜金]19:00〜23:30(L.O) [土]18:30〜23:30(L.O)
定休日 日曜・祝日  

2014年12月18日

利久 池袋店

牛タンチェーン店はろくなところがないので、最初からそれほど期待していなかったのだが、「極」という大層な名前のついたプレミアムメニューを注文してみた。2,000円以上なので、とんかつ屋ならかなり上等なものを食べることができる価格である。
















結果は、サラダイマイチ、シチューイマサン、テールスープ合格、ご飯イマイチ、牛タン普通、といった感じ。トータルで考えれば二度と食べないレベルである。やはり、牛タンはちゃんと美味しい店で食べたいものである。牛タン専門店には質の高いタンが回ってこないのかな???

店名 牛たん炭焼 利久 池袋店 (ギュウタンスミヤキリキュウ)
TEL 03-5952-0404
住所 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋 7F
営業時間 11:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日 不定休  

2014年11月28日

赤丸ヂンギス








































臭いが強いということもあってか、牛や豚ほどの市民権が得られていない羊肉だが、北海道や信州新町などのちゃんとした(これ重要、特に北海道)店で食べれば非常に美味しい。四谷に住む知人が見つけてきたこの店は、ジンギスカンとしてはかなり高級な部類で、当然のことながら、肉も美味しかった。

ジンギスカンのイメージは安くて美味い、というものだが、今回の支払いは一人あたり1万円弱だったので、決して安くはない。とはいえ、味の方は東京で初めてちゃんとしたジンギスカンを食べたと思ったので、既成概念にとらわれずに美味しい羊を食べてみたい、という向きにはオススメできる。食べている最中に数組のお客さんが満席で入店を断られていたので、予約推奨である。

店名 赤丸ヂンギス (アカマルヂンギス)
TEL 03-5919-3435
住所 東京都新宿区荒木町7 安藤ビル 1F
営業時間 18:00〜23:30(LO22:45)
定休日 日曜日・月曜日  

2014年10月03日

たん清

秋葉原のたん清で焼肉パーティを開催。無難に美味しかった。






















店名 たん清 (タンキヨ)
TEL 03-3258-8321
住所 東京都千代田区神田練塀町45番 ライオンズマンション秋葉原 B1F
営業時間 17:30〜22:30
定休日 日曜日・祝日  

2014年08月09日

えいすけのTボーンステーキ

みずほ台のえいすけの看板メニュー、「今、話題のTボンステーキ」は600グラムぐらいからなので、一人で食べきるのはかなり大変。今回は知人二人が同行してくれるということだったので、ようやくチャレンジすることができた。







ステーキにはおろしポン酢、赤ワインソース、白ワインソースの三種類のソースとごはん、味噌汁、サラダがついて、全部で6000円程度。これはお値打ち価格である。次からは車ではなく電車で来て、ワインを飲みながら食べたい。

以前のえいすけに関する記事:えいすけ  

2014年06月18日

ルビージャックス

最近、肉といえばとんかつばかりだったので、たまにはステーキでも食べるか、と思いたち、この春にアークヒルズにできたRUBY JACK'S Steakhouse & Barに行ってみた。

新しい店とあって、店員さんもまだちょっと不慣れなところがある感じだったけれど、肉はちゃんと美味しかった。ワインを含めて、一人2万円弱ぐらいの予算。デザートは外のテラス席で食べたけれど、今の季節はちょうど良い感じ。



















店名 ルビージャックス (Ruby Jacks)
TEL 03-5544-8222
住所 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー 2F
営業時間 11:00〜14:30 18:00〜翌2:00(L.O)
定休日 無休  

2014年06月03日

焼肉ジャンボ本郷店

東大病院の女医さんと飲み会ということで、本郷のジャンボに行ってみた。

先にハンバーグやホルモンで知ったミート矢澤系列だけど、この系列はそれほど美味しくないレギュラーメニューとは別に裏メニューを用意していて、それを食べないと満喫できないんだけど、そうすると結構お値段がはりますよ、ということになるので、ついつい敬遠してしまうのだ。ということで、初参戦。

まずは普通にハラミとか、ハツとか、牛タンとか。







しかし、ここから先はお決まりの裏メニュー一辺倒。野原焼、ザブトン、ミスジ、さがり、らんぷ、なかにく・・・






















二時間はちょっと足りない感じだったけれど、お腹は一杯。支払いは3人で35,000円くらい。裏メニューとして勿体つけておいて、でもちゃんと裏専用のメニューをご用意しております、といった姿勢は相変わらず好きになれないけれど、味は良かった。美味しい部位をちゃんと覚えておけば、次から無駄な注文をしなくて済むんだけれど、残念ながら、かなり忘れてしまった。美味しいけれど、僕は京城や凛みたいな、もっと焼肉屋っぽい店のほうが好き。

ところで、今日、大活躍したのがこのアプリ。




6つのストップウォッチが独立して稼働するんだけれど、「これは20秒がおすすめ」「こちらは30秒」「これは裏・表4秒で」と指示が細かいので、きちんと計れるように、これを持って行くと良いです。「展示ウォッチ」というアプリで、無料です(Apple)。

店名 焼肉ジャンボ 本郷店
TEL 03-5689-8929
住所 東京都文京区本郷3-38-1 本郷イシワタビル 1F
営業時間 17:00〜23:00(L.O)

関連記事:ホルモン稲田
http://buu.blog.jp/archives/51317412.html  

2014年04月25日

炭火焼ホルモン ぐう

スキー部の後輩と東京駅で待ち合わせしたら、肉を食べたいというので、八重洲の「ぐう」に行ってみた。

























丸腸をタレで食べさせるあたりがちょっと珍しいが、色々な部位をまんべんなく楽しめる。一部の肉についてはちょっと塩がきつすぎるし、タレ系は焦げると苦味が出るのでおすすめできないが、厚切りのハツなどはなかなか美味しい。駅から近いので、使いやすい店である。

店名 炭火焼ホルモン ぐう
TEL 03-5255-3729
住所 東京都中央区八重洲1-7-3
営業時間 [月〜木]17:00〜翌01:00(L.O 0:00) [金・祝日前]17:00〜翌02:00(L.O 1:00) [土]17:00〜0:00(L.O 11:00)
定休日 日曜日・祝祭日  

2014年04月15日

三嶋亭

せっかく京都まで来たのだから、とびきりのものを食べてみよう、と思いたち、三嶋亭に来てみた。




肉料理の店はハイエンドを追求するととんでもないことになるのだが、この店ぐらいだと小さいベンチャーの社長でもなんとかなるかな、というレベル。お値段はこんな感じ。







何はともあれ、京都産の京都府知事賞受賞牛と但馬牛特別賞牛をひとつずつ注文してみた。突き出しは牛のそぼろ。独特な感じの電熱線を使っている。







肉は京都府知事賞がこれで、




但馬牛がこれ。




野菜はこんな感じ。




座っていれば、仲居さんが焼いてくれる。







面白いのは焼き方で、まず最初に砂糖を鍋にまいて、砂糖だけで焼く。そのあと、肉の表面に直接割り下をかける。高級牛を食べ比べてみたら、但馬牛の方が牛臭さがあって、若干の硬さがあった。でも、それ以外はほとんど変わりがないように感じた。すき焼きだと、味付けが濃いし、生卵をくぐらせることもあって、肉質に過剰にこだわる必要はないのかも知れない。ご飯やデザートも美味しかった。










店名 三嶋亭 本店 (みしまてい)
TEL 075-221-0003
住所 京都府京都市中京区寺町通三条下ル桜之町405
営業時間 11:30〜22:00
定休日 水曜日(不定休)
  
Posted by buu2 at 15:52Comments(0)TrackBack(0)京都

編集

2014年03月30日

むさしや@信州新町

長野まで来て七味を買うだけで帰宅するのはもったいないので、ジンギスカンを食べることにした。寄ったのはむさしや。最近一番勢いがある店である。



















ひとり1,500円ぐらいでお腹いっぱいになるのがこの店の優秀なところである。ちなみに、生姜が効いたタレの味が濃いので、マトンとサフォークの違いは良くわからない(笑)。どちらも美味しいので、安い方で楽しむのがデフレ社会の歩き方である(笑)。  

2013年12月31日

洙苑

毎日のように「今日が最後の忘年会」と言いつつ飲んでいるのだけれど、なかなか最後の忘年会にならない。でも、さすがにこれが最後だろう。中目黒で焼肉である。






















店名 洙苑 (シュエン)
TEL 03-3710-8844
住所 東京都目黒区東山1-5-1
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜26:00  

2013年12月20日

つばめや

つばめグリルが新展開で銀座にオープンした赤身肉中心のレストラン、つばめやに行ってみた。

予約してあったので、店に入って名前を言うと、お姉さんが「こちらです」とカウンターの中へ案内する。「?」と思いながらカウンターの中に入ると、床が油でつるつるで転びそうになる。あわてて年配のおじさんが、「いや、こちらです」と、カウンターの外の通路を案内する。そりゃそうだろう。あのお姉さん、大丈夫か??それで、今度はおじさんの案内で店内右奥に連れて行かれ、「あちらになります」と放置されたのだが、「あちら」ってどこよ、全部の席が知らない人で埋まっている。「はて?」と思い、すでに厨房に去ったおじさんを探して、「全部満席なんですけど」と伝えると、何やら書類をチェックして、「こちらでした」と、今度は左の奥に連れて行かれた。ダメだ、この店は。普通、テーブルまで案内するだろ?この時点で大分帰りたくなったのだが、ここまで来て何も食べないわけにもいかないので、赤身肉を満喫するというコースを注文。






















肉は6種類ぐらいの中から好きなものを2種類注文するスタイルだったので、違いが良くわからないままに2種類注文したら、1つは注文と違うものが出てきた。この店のフロアー係は多分本家つばめグリルで全く使いものにならない奴らを集めてきたに違いない。

カメラの腕が良いので(笑)写真を見ると美味しそうに見えるのが残念。ステーキの肉の味は悪くなかったけれど量がかなり少なくて食べ足りないし、ハンバーグはスパイスが効きすぎていて肉そのものの旨味が味わえない。

何より異常に悪いサービスを満喫したいというどMさんはクリスマスパーティなどに使ったら良いと思う。ただ、僕は二度と行かないだろう。あと、つばめグリルも二度と行かないことにする。

店名 つばめや
TEL 03-3561-3788
住所 東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル
営業時間 月〜金 11:30〜15:00 17:30〜23:30(L.O22:15)  土・日・祝 11:30〜16:00 17:30〜23:30(L.O22:15)  

2013年11月03日

むさしや

東京のジンギスカンで良くあるのは、円形に整形された冷凍ロール肉をスライスした丸い奴である。しかし、ジンギスカンで有名な北海道の滝川などで食べることができるのは、漬け込み肉スタイルだ。僕は子供の頃から滝川のとなり町の砂川でジンギスカンを食べてきたので、漬け込み肉に慣れている。家で良く食べる長沼(タンネトウ)もこのタイプである。

信州新町はジンギスカン街道と言われるくらいにジンギスカンが有名だが、ここの肉も漬け込み肉である。




そして、これがなかなか美味しい。北海道で食べた肉に勝るとも劣らない。内地でここまで美味しいジンギスカンが食べられるとは思わなかった。

この店のすぐそばにある「ろうかく荘」が昔からの有名店で、僕も何度か食べたことがある。ところが、「最近はむさしやのほうが美味しい」という噂を耳にして立ち寄ってみた。そういうわけで立ち寄ってみたのだが、確かに美味しい。店は大繁盛で、日曜の昼時などは1時間以上待たなければならない。しかし、それでも食べたいと思う人がいるのも納得の味だった。

店名 むさしや
TEL 026-262-2822
住所 長野県長野市信州新町水内4394
営業時間 11:00〜20:30(LO)
定休日 月曜日  

2013年07月05日

馬頭

朝霞台にある焼肉屋で焼肉。

あれ?ここ、結構良い店で何度も行ってるんだけど、ブログで紹介したことはないんだったっけ?













焼肉といえば普通は牛肉なんだけれど、この店は豚とか、鹿が美味しかったりする。でも、店の名前は馬頭(笑)。このブログで紹介しても、「よし、行ってみよう」と思う人はすごく少ないと思うけれど、良い店です(^^

店名 馬頭
TEL 048-464-7771
住所 埼玉県朝霞市三原1-29-36
営業時間 17:00〜23:00(L.O22:30)
定休日 日曜日  

2013年04月23日

うかい亭でランチ

おばさんががんで入院していた時、お見舞いに行った。転移がんが胸膜にばら撒かれてしまい、手術は無理ということで、抗がん剤の治療をしていた。その時、おばさんは抗がん剤で非常に弱っていて、食欲もないみたいだったので、「元気になったらうかい亭でご飯を食べよう」と約束した。その後、「抗がん剤は体力を消耗するだけなので、もうやめよう。あとはホルモン剤(ファイザー社のアロマシン)を使っていこう」ということになった。これが今からさかのぼること約5年のこと。

おばさんは薬が劇的に効いて、すっかり元気になった。だから、今でも僕は時々うかい亭のステーキをごちそうしてもらう。長生きはしてもらうものだ。

13_04_20_2615


13_04_20_2616


13_04_20_2617


13_04_20_2618


13_04_20_2619


13_04_20_2620


13_04_20_2621


13_04_20_2622
  

2013年04月16日

焼肉スタジアム JAN 池袋東口店

最近池袋界隈でお店を増やしつつある黒5系列の新店。ハンバーグはなかったので、焼肉ランチを食べてみた。

13_04_16_2608


デザートという名のランチ、サラダという名のせんキャベツにご飯とわかめスープがついて950円。肉は決して悪くはないけれど、うまいという感じでもない。牛角よりはましかなぁ、というレベル。ご飯は美味しかったけれど、あとは全部月並み。多分、再訪はないだろう。評価は☆1つ半。

店名 焼肉スタジアム JAN 池袋東口店
住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-28-4 近代ビルB1
TEL 03-5956-8100
営業時間 17:00〜02:00
定休日 無休  

2013年03月23日

たん焼き 忍

超久しぶりに、四ツ谷の「忍」に行ってみた。前回の訪問は多分15年か20年くらい前。

このお店、以前は予約不可で、しかも全員揃っていないと店に入れてくれないというハードルの高い店だったんだけど、今は普通に予約できるカジュアルな店になっていた。

とりあえず、ひと通り食べてみたんだけど、どれもこれも「牛たんで料理を作ればこうなるよね」という想定の範囲内のものばかり。その中でも一番美味しかったのは単純に焼いたものだったけれど、これにしても北海道に行ってタンのステーキを食べればもっと美味しいものがある。どうしてこの程度のタン料理をみんながありがたがっているのか、理解不能。雰囲気を味わうならまだわからないでもないけれど、「18時から予約でいっぱいなので、45分だけなら」と言われても入店するお客さんが後を絶たないのは良くわからない。そこまでしてこのタン料理を食べたいのだろうか?

多分、もう一生行くこともないだろう。

13_03_21_2512


13_03_21_2513


13_03_21_2514


13_03_21_2515


13_03_21_2516


13_03_21_2517


13_03_21_2518


店名 たん焼 忍 (しのぶ)
TEL 03-3355-6338
住所 東京都新宿区三栄町16 松啓ビル 1F
営業時間 [月〜金]17:00〜23:50(L.O23:20) [土]17:00〜22:30(L.O22:00)
定休日 日曜・祝日  

2013年02月04日

王十里

大学の同級生と銀座で飲み会ということで、友だちがセットしてくれたのが銀座の王十里。以前から一度行ってみたかったホルモンのお店である。

ミノやマルチョウはお店の人が丁寧に焼いてくれる。これが・・・美味しいのは美味しいんだけれど、ホルモンって、こんな食べ物だったっけ?という感じ。上品過ぎる。もっと、炭に垂れた油に引火して火がぼーぼーやっていて、それを氷で鎮めながら、ちょっと表面が焦げていて、でも内部はまだ生なんじゃないの、これ、みたいな、粗野な食べ物だと思っていたんだけど(笑)。

いや、美味しいのは美味しかったんですよ。でも、なんだかホルモンを食べたような気分になれなかった。まー、僕の民度が低いんでしょうね(笑)。評価は☆1つ半。

13_01_31_2289


13_01_31_2290


13_01_31_2291


13_01_31_2292


店名 銀座 王十里 (オージュリ)
TEL 03-3538-5866
住所 東京都中央区銀座4-8-11 善隣ビル 1F・2F
営業時間 月〜金 17:00〜24:00(L.O.23:00) 土・祝17:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日  

2012年12月02日

焼肉 横濱 慶州苑 新横浜店

新横浜でサッカー観戦の後、近所の焼肉屋で祝勝会。貧乏性なので、ついつい丸腸とか、ホルモンとか、頼んじゃうんだけどね(笑)。

12_12_01_1981


12_12_01_1982


12_12_01_1983


12_12_01_1984


12_12_01_1985


12_12_01_1986


12_12_01_1987


店名 焼肉 横濱 慶州苑 新横浜店 (横浜 ヨコハマケイシュウウエン)
TEL 045-475-4129
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-16 たあぶる館 B1F
営業時間 11:30〜15:00 17:00〜24:00
定休日 無休  

2012年10月06日

焼肉強化合宿第一弾 凛@月島

最近美味しい焼肉を食べる機会が激減しているので、強化合宿を開始することにした。まず第一弾は月島の凛。以前は良く通ったのだけれど、最近はすっかりご無沙汰だった。食べたのは鴨つくね、上タン、上ハラミ、上ロース、上カルビ、あとはホルモン類と野菜とご飯物と、最後にデザート。4名で33,000円程度。今回は早めにお腹が出来上がってしまい、サーロインステーキに行き着くことができなかった。次回は、ぜひステーキ肉まで行き着きたい。

12_10_04_1754


12_10_04_1755


12_10_04_1756


12_10_04_1757


ちなみにこのお店はお母さんキャラのお姉さんが特徴。注文から、焼き方まで、全部任せてしまうのが良い。色々と悪く言う人もいるけれど、言われたとおりに食べていれば居心地が悪いこともないし、味も良い。色々教えてくれてありがとう、と思って店を出れば、満足度も高い。ちなみに僕はもう5回以上行っているけれど、「このお店は初めてですか?」と聞かれたら「初めてではないですけど、もう忘れちゃったので教えて下さい」とお願いして、お姉さんに丸投げしてしまう。言われたとおりに注文しても一人あたりの支払いが1万円を超えることは滅多にないので、安心して座っていれば良い。

店名 焼肉 凛 (りん)
TEL 03-3531-2985
住所 東京都中央区月島1-27-1 第3メガロ 1F
営業時間 火〜金 18:00〜23:00 土・日・祝 17:30〜22:30
定休日 月曜日  

2012年07月08日

大木屋

市ヶ谷にある「大木屋」に連れて行ってもらった。

もんじゃ焼きのお店とのことだったけれど、ウリはもんじゃよりも肉だったようだ。あと、もんじゃも、僕が知っている、小さいヘラで鉄板に押し付けるタイプではなく、でかいヘラですくって食べるタイプだった。個人的にはこっちの方が好き(笑)。肉も美味しかった。

どSな店員さんにどんどん指示を出されて言いなりになる店なので、どMな人には特にお薦め(笑)。

12_07_07_1332


12_07_07_1333


12_07_07_1334


12_07_07_1335


12_07_07_1336




店名 大木屋
TEL 03-6228-1676
住所 東京都新宿区市ヶ谷砂土原町3-2-1 市ヶ谷フラッツB1
営業時間 DINNER TIME(2h制)1.18:00〜 2.18:30〜 3.20:15〜 4.20:30〜
定休日 日曜日、祝日  

2012年04月06日

幻の牛のレバ刺し

昨日、某所で焼肉を食べたら、なんとレバ刺しがある!!

本当に食べられるのかなぁ、と半信半疑で注文したら、「お出しできるんですが、あくまでも自己責任でお願いする形になります」とのこと。はいはい、自己責任で構いません、ということで注文したら、本当に出てきた、今や幻とも言える牛のレバ刺し。

お店に迷惑がかかると困るから、どこで食べたとか書けないし、写真も載せられないけれど、またこっそり食べに行こうと思う。

馬鹿な厚生労働省のせいで、これが食べられるのもあと2ヶ月弱か・・・。

「牛レバ刺し提供禁止」揺れる焼き肉店
http://www.shinmai.co.jp/news/20120404/KT120403FTI090012000.html

はっ、レバ刺し特区・・・  

2012年03月13日

よし臓

大井町にあるホルモンの店。

この店に来たのは2回目なんだけれど、前回はカメラを忘れてしまったので、今回写真入りで紹介。

12_03_10_888


12_03_10_889


12_03_10_890


12_03_10_891


この店、去年の年末に友達と「ホルモン勝負」をした時に友達が出してきたカード。一方で僕が出したのは目黒のホルモン稲田。どちらが勝ちかというと、こちら。稲田も悪くないというか、美味しいけれど、あちらはホルモンのがさつさがなくて、普通に焼肉を食べている感じ。こちらは、網の上がガンガン火事になって、ホルモン焼いているなぁ、という感じになるのが良い。評価は☆2つ半。

それにしても、焼肉は「これでもうしばらく良いや」となるんだけど、ホルモンは次の日の朝でも「また食べたい」と思うから不思議。いや、それで食べちゃうとデブまっしぐらなんですが。

店名 大井町 よし臓 2号館
TEL 03-5781-0129
住所 東京都品川区東大井5-14-19 高田ビル 3F
営業時間 17:30〜24:00(L.O.23:00) 
定休日 無休  

2012年01月18日

ホルモン稲田

大学時代に一緒にスポーツをやった仲間というのは今でも仲良く出来るもので、僕の場合はそれがスキーだったりする。一橋、神戸、東大あたりのスキー部OBとは今でも交流があってときどき飲みに行くのだが、昨年末からの課題がホルモン対決。JTに行っている友達が一押しだったお店に昨年11月に行って、ホルモンを満喫したのだが、そのとき、「目黒のホルモン稲田も美味いみたいだから食べ比べしよう」という話になっていた。

しかし、すぐに忘年会シーズンになってしまったこともあって、その宿題は棚上げにされたままだった。そして、ようやく新年会として、食べに行くことができたわけである。

写真はたくさん撮ったんだけど、肉の部位は写真を見ただけじゃ良くわからないので、適当に貼っていく(笑)。

12_01_17_758


12_01_17_759


12_01_17_760


12_01_17_761


12_01_17_762


12_01_17_763


12_01_17_765


12_01_17_766


と、ここまでは「あれ?普通の焼肉屋?」という感じである。上舌を塩で、とか言っていたら、「今日のオススメはザブトンです」から始まって、延々と普通の焼肉が始まってしまった。いや、美味しい。美味しいんだけど、俺が食べに来たのは焼肉じゃない、ホルモンだ、という気持ちになってきた。これは、牛丼屋に行って豚丼を食べる、蕎麦屋に行ってうどんを食べる、はがきを買いに行って切手を買う、DVDを借りに行ってBDを借りる、みたいな、ちょっと背中がムズムズする感覚だ。

そこで、ちょっとお口直しにセンマイ刺しとか。

12_01_17_764


うん、ちょっと軌道修正できた。だけどここでまた残念なことが。なんと、レバ刺しがない!!!あぁーーーー、もうっ!!!いや、お店のせいじゃないんだけど。なんか、誓約書を書いたらレバ刺しを食べることができるとか、「以前はレバ刺しとして出していたものと同品質のレバー、各自で良く焼いて食べて下さい」みたいな商品提供とか、できないのかな?できるでしょ???

という非常に残念な思いを抱えつつ、いよいよホルモン。

12_01_17_767


12_01_17_768


12_01_17_769


12_01_17_770


そうそう、これこれ。こんな感じを求めていたんだよ。あれ?でも、もうお腹が一杯だぞ?なんか、ホルモンじゃなくて、肉でお腹が一杯になった感じ。これで良いのか??

ということで、終始、ホルモンじゃなくて焼肉屋に来たような印象を持ちながら、2時間きっかりでお店を出ました。美味しいし、たっぷり食べて、5人で36,000円だったかな?価格もお手頃。だけど、やっぱりとんかつを食べに行ったらカツ丼しかなかったような違和感が残りました。

いやいやいや、ホルモンはあるんだから、肉を頼まなければ良いだけのことで、店には何の責任もないんです。むしろ、ホルモンを食べに行って、普通にロースとか、ザブトンとか、頼んだ僕たちの運用の問題なんです、はい。

ということで、評価は☆2つですが、正直、大井町のお店のほうが「ホルモン」としては勝利していたような。それは例えば新宿の高層ビルの最上階にあるタイ料理屋よりも、新大久保の雑居ビルにあるタイ料理屋の方が雰囲気があるよね、みたいなものなんですが。次に行きたいのは明らかに大井町。

(ステマじゃない)

店名 ホルモン稲田 (いなだ)
TEL 03-5447-2914
住所 東京都品川区上大崎2-13-45 トラストリンク第轡咼 2F
営業時間 17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日 年中無休(年末年始のみ休業)  

2012年01月05日

鮮Qのレバカツランチ

池袋の「鮮Q」でレバカツランチ。

12_01_05_748


12_01_05_749


駅からちょっと遠いけれど、味は結構いけている。昼はレバ刺しがないので、レバカツで。今日は「現在研究中」というにんにくベースのタレを試させてもらった。これもなかなか。  

2011年11月10日

黒5

池袋にめっぽううまいハンバーグを出す店がある、と聞いて、ハンバーグ評論家としては食べないわけに行かず、早速食べてきた。

#今のところ、ラーメン、とんかつ、ハンバーグの評論家です。

メニューはこんな感じ。

CA3B0829


1,000円のランチなので、過剰な期待は禁物。2,000円以下のとんかつに旨い店がほとんどないのと同様、ハンバーグも2,000円以下でまともな店はほとんどないのだ。

まず、出てきたのはスープとサラダ。

CA3B0827


CA3B0828


評価はなし。というか、何も書かないことから察して欲しい。

CA3B0830


ライス。無言。まぁ、1,000円だからな!

そして、いよいよハンバーグである。

CA3B0831


ちょっと割ってみるとこんな感じ。

CA3B0832


すいません、今日、デジカメを持ってくるのを忘れて、携帯のカメラなんです。撮り直し・・・・

CA3B0833


ま、ま、まぁ、良いよね、雰囲気だけでも伝われば。

さて、それで食べてみたんですが、このハンバーグ、ハンバーグというよりはユッケの丸焼き、という感じ。ちなみに「ユッケの丸焼き」というフレーズは来月出る予定の「総統閣下はお怒りです」に登場するフレーズなんだけど、まさかこんな所でお目にかかるとは。

とにかく、ぐちゃぐちゃにしすぎ。歯ごたえというものがない。なんか、あらびきのひき肉の歯ごたえみたいなものって、ハンバーグには重要じゃないですか?重要だと思うなぁ。それがこの店のハンバーグには全くない。皆無!(カイジ調)そこが、なんとも。ユッケよりももっと歯ごたえがない。そうだなぁ、ネギトロ?そんな感じ。

でも、普通に美味しいとは思います(渡辺樹庵さん風味)。

評価は☆2つ。一ヶ月に一度くらいは来ても良いかも知れない。

店名 焼肉キッチンスタジアム 黒5 本店 (クロゴ)
TEL 03-5396-6829
住所 東京都豊島区池袋2-46-3 シーマビル 1F
営業時間 17:00〜翌5:00
定休日 無休  

2011年08月28日

京城

水道橋の京城で食べるようになったのっていつからだろう。今、焼肉で「あそこ」って思い浮かぶのはこの京城と、あとは凛、それからひゃら亭の3店。ひゃら亭はお酒が飲めないし、凛はちょっと不便なところにあるので、なかなか行きづらい。ということで、どうしても京城の頻度が高くなる。

今日残念だったのは、レバ刺しがなくなってしまったこと。昔は月曜日だけレバ刺しなしだったのに、今は常時ないようだ。美味しいレバ刺しはどこで食べることができるんだろう・・・・。

11_08_26_384


11_08_26_385
  

2011年08月01日

ろうかく荘

白馬からの帰り道、「美味しいジンギスカンがあるからちょっと遠回りして帰ろう」という提案があって、それにのってみた。お店は「ろうかく荘」。このあたりは羊を食べるのが大好きみたいで、たくさんのジンギスカン屋さんがある。その中で一番評判が良いのがこのろうかく荘らしい。

11_07_31_333


11_07_31_334


着席すると、まず炭火で熱せられたジンギスカン鍋がテーブルにやってくる。

11_07_31_335


ちょっと外に目をやると、景色はこんな感じ。

11_07_31_336


タレについてはこんな能書きが。

11_07_31_337


さて、お肉。まずは看板のサホーク。

11_07_31_338


内地でジンギスカンというと大抵薄切りにしたものをジンギスカン鍋にのせて食べるスタイルなんだけれど、この店は北海道の食べ方に似ている。肉はそこそこに柔らかくてなかなか美味しい。北海道の砂川や滝川で食べるジンギスカンに比較すると肉質がちょっと落ちるかな、と思うのだけれど、でも、最近食べたジンギスカンの中ではかなりいけている。

続いて、ラムとロースを食べてみた。

11_07_31_339


11_07_31_340


ラムは柔らかくて肉の味を楽しめる。ロースは逆に脂が乗っているので、脂大好きなら結構良いんじゃないだろうか。僕は最近脂が胃に持たれるので、大概にしておいた。

最後に食べたのは上肉。

11_07_31_341


一番安いお肉だけあって、他の肉に比較するとやや味が落ちるのは間違いない。さんざん食べて、ビールも飲んで、味が良くわからなくなったらこれでも良いかも。運転手故にビールを飲んでおらず、ダイエット中なので食事量も少なかった僕にはちょっと「?」だった。サホーク、ラム、ロースでローテーション構築だろうな。ご飯も普通に美味しかった。

評価は☆2つ半。

店名 ジンギスカン料理 ろうかく荘 (ろうかくそう)
TEL 026-262-2309
住所 長野県長野市信州新町上条95-3
営業時間 [月〜水・金土日 ]11:00〜21:00(L.O.20:00)[木曜日] 11:00〜14:00
定休日 無休  

2010年10月18日

蛮々

たまには新店を開拓しよう!という主旨で、飯田橋の「島」のすぐそばにあるステーキ屋さんに行ってみた。

肉以外については、普通に焼きました、という感じ。何か特段の工夫があるわけでもなく、これだとちょっと高く感じる。

ステーキは価格相応な感じ。ちょっとジューシーさに欠けるのが難点。ハンバーグも価格相応かな。正直、ハンバーグ自体は自分で作ったほうが美味しいと思う。ソースはなかなか。パンとかを貰ってソースをつけて食べる、行儀の悪い食べ方をしたくなる(実際やったけれど)。

素晴らしく美味しいという感じではないけれど、お手ごろな価格で肉を食べたいなー、という気分の時には良いかも?

DSCN1734


DSCN1736


DSCN1740


DSCN1746


DSCN1748


DSCN1752


店名 鉄板焼き&ステーキ 蛮々 (バンバン)
TEL 03-3230-1897
住所 東京都千代田区富士見1-7-9 東京瓦会館ビル 1F
営業時間 [月〜金] 11:30〜14:00 17:30〜21:00(L.O) [土] 11:30〜13:00(L.O) 17:30〜20:00(L.O)
定休日 日曜・祝日  

2010年10月08日

AGEMAKI

仕事の話もあって、三茶のAGEMAKIに行ってきた。

石垣牛のハンバーグのお店。食べたものは看板メニューのハンバーグにソーセージ、コロッケ。

ハンバーグという名称なんだけれど、食べてみるとあんまりハンバーグっぽくない。ユッケを丸めて外側から火を通して、ちょっと蒸して中まで温かくした、みたいな感じの食べ物。確かに既存の食べ物に当てはめるとハンバーグかも知れないけれど、レアな食感を楽しむハンバーグという意味では同列のハングリータイガーのそれとは随分と違ったものに仕上がっている。

浜っ子の僕にとってハングリータイガーのハンバーグというのは一種のソウルフードなので、とりあえずこの店にかつてあった「ハンバーグ シュープリームス」とどうしても比較してしまうのだけれど、そこで思うのは、ハングリータイガーの旨みが脂の旨味である一方、この店の旨味は生肉の旨みである。どちらが好みか、というのはともかくとして、脂や焦げたタンパク質から出てくる旨みと、生肉で味わうことの出来る旨みは全く異質のものなので、食べる側はまずそのことを了解しておく必要があると思った。というのは、牛刺しと焼肉、レバ刺しとレバーのソテー、それぞれ素材が同じでも、生と焼いたものでは、それにフィットする味付けが違うからだ。この店のメニューにはかなりの味のバリエーションがあるのだけれど、それを選ぶときに、普通のハンバーグのつもりで選んでしまうと、「あれ?」ということになりかねない。どちらかというと、生肉やユッケを食べることを想像しながら、味を選んだほうが良い。

今回、僕は普通のタイプのハンバーグを食べてみたのだけれど、個人的にはもうちょっとスパイシーであって欲しかった。つなぎじゃなくて、ナツメグでもなんでも良いんだけれど、そういうバリエーションがあったらそちらを食べたい。ソースじゃなくて。あと、せっかくの鉄鍋に野菜を敷き詰めてしまったのもちょっともったいない。要は、お客様のお好みで食べ方を工夫して、それによって火の通り加減を調節してください、ということなんだと思うのだけれど、それなら、厨房で調節すれば良いだけのこと。それよりも、こうした野菜によってハンバーグの味がぼけてしまったのが惜しい。

自分でハンバーグを作ってみると、牛肉100%にこだわる必要って、実はそれほどないことがわかる。むしろ、合い挽きの方が美味しいかも?と思わないでもない。でも、合い挽きだとどうしても肉にはしっかり火を通さなくちゃならない。逆に、牛肉100%だからこそ、こういうレアな状態での提供ができるわけだ。おかげで、既存のハンバーグとは随分と違うものになっていて、面白いと思う。素材は決して悪くないので、それをどうやってテーブルまで運ぶのかをもう少し練ったら良いのにな、と思う。でも、まだ開店して間もないお店だから、伸び代はたくさんあると思う。

ソーセージとコロッケも美味しかった。

今日は仕事の話をしながらだったので、次はお酒でも飲みながらゆっくり食べてみたい。

DSCN1634


DSCN1638


DSCN1640


DSCN1644


店名 鉄鍋和牛ハンバーグ AGEMAKI
TEL 03-6450-7329
住所 東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17 ルーエプラッツ三軒茶屋2F
営業時間 ランチ:11時30分〜14時30分 (L.O.14時) ディナー:17時30分〜23時30分 (L.O.23時)
定休日 年中無休
予約不可  

2010年09月20日

いち川のしょうが焼き定食

前回、ヒレカツ定食を食べたら到底1400円とは思えない上質な逸品が出てきた朝霞のいち川で、ヒレカツ定食とほぼ同じ価格設定のしょうが焼き定食(1300円)を食べてみた。

DSCN1462


DSCN1460


お?意外だ。うまいにはうまいんだけれど、これがヒレカツ定食とほぼ同じ価格だと、僕なら絶対にヒレカツだな。考えてみれば、やはりしょうが焼きで1300円を取るのはなかなか難しいと思う。この店ならもしかして何か凄いものが、と意味不明の期待をしてしまったのだけれど(笑)。いや、美味しいには美味しいのだけれど、同じお金を出すなら絶対にヒレカツ定食である。  

2010年07月12日

伊達の牛たん本舗 宮城ふるさとプラザ店

池袋の宮城ふるさとプラザにある伊達の牛たん本舗で芯たん定食を食べてみた。1890円なり。

DSCN7243


DSCN7245


DSCN7241


ランチで1890円っていうとちょっと良いトンカツのレベル。それに匹敵するだけの味を提供できるか、ということなんだけれど、残念ながら僕にとってはこの定食は頑張っても1200円ぐらいの価値しかない感じ。

まず肉なんだけれど、このレベルの牛タンは北海道に行けば普通に食べられるし、都内でもちょっと良い焼肉屋に行けばそれほど珍しくない感じ。その牛タンをこの価格で食べることができるか、というと、確かに都内で食べられるところをパッと思いつかない。でもなぁ、「うわぁ、これは美味しい」って感じではないんだよね。

それで、ご飯とスープは標準的。スープとか、単品で頼むと300円以上するらしく、あぁ、そういうのを合算してこの価格ですか?という感じなんだけれど、それならご飯は普通の白米で良いし、スープは要らないから、1200円にしてよ、と思う。

ちょっと、再訪はない感じかな。評価は☆1つ半。

店名 伊達の牛たん本舗 宮城ふるさとプラザ店
TEL 03-5956-3584
住所 東京都豊島区東池袋1-2-2 東池ビル 1F
営業時間 11:00〜20:00 LO:19:30
定休日 無休  

2010年06月17日

ひゃら亭

久しぶりにニュータウンのひゃら亭で焼肉を食べることに。

この店、以前は物凄い行列店で、ノートに名前を書いて、2時間後に再訪、みたいな感じだったんだけれど、ちょっと落ち着いたみたい。普通に出かけて行っても待ち時間なしだった。ありがたい。

いわゆる看板メニューを一通り食べてみたけれど、確かに美味しい。量はちょっと少なめなのかも知れないけれど、年をとるとあんまりばかばか食べることもできないので、ちょうど良いくらい。頼んだものは全部写真を撮ったけれど、3人でこれだけ食べて、支払いは18000円ぐらい。

唯一残念なのはお酒の量が少ないこと。ロックで焼酎を頼むとほとんど氷なので、ストレートで頼まないと損(笑)お酒を飲むお店じゃないのかな。

あとはおおよそ満足。並ばないならまた来たい。

DSCN6998


DSCN7002


DSCN7004


DSCN7006


DSCN7008


DSCN7010


DSCN7012


DSCN7014


DSCN7016


DSCN7020


店名 ひゃら亭(ヒャラテイ)
TEL 045-910-3950
住所 神奈川県横浜市都筑区牛久保西2-26-11 カナクボビル
営業時間 火〜金 17:00〜23:00(L.O.22:30)土・日・祝 16:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)  

2010年06月05日

水道橋の京城で焼肉

いつでも確実に美味しい焼肉が食べられるお店の京城はめぼしいお店があまりない水道橋では非常に重宝する。ただ、最近はやかましい客が多いのが残念。楽しく飲むのは良いけれど、この店は大騒ぎするような店じゃないんだから、騒ぎたいなら牛角にでも行けよ、と思うのだけれど、そういう筋の悪い客でもお金を持っているってことなんだろうな。

残念っす。今日もうるさい客がいた。二つ向こうのブースでもうるさいと思われるような食べ方ってどうなのよ、と思うけれど。こういうことが続くと、浜松町とかの良いお店で食べようかな、って思っちゃうんだよね。

DSCN6947


DSCN6953


DSCN6955


DSCN6957


DSCN6959
  

2009年12月09日

くにもと

最近は歳のせいかあんまり焼肉を食べなくなった。だって、あんまり量が食べられないから。昔は山ほど食べたのになー、などと思うのだけれど。そういうわけで、焼肉のお店を新規開拓する機会も減ってきたのだけれど、今日は誕生日ということもあって、浜松町のくにもと本店に来てみた。

19時から2名で予約してあって、僕は1845くらいに到着。先に入ってビールでも飲んで待っていようかな、と思ってのれんをくぐったら、「全員揃ってから来て下さい」と門前払いを食らった(笑)寒い中、店の前のスペースで15分ぐらい待って、連れの到着を待ち、到着したところで店内へ。その際、「中で待っていれば良かったのに」「いや、全員揃うまでダメだって断られたんだよ」という話をしていたら、店主と思しき人が「そういうしきたりだから悪く思わないでください」と言っていた。悪く思うなと言われても、店の中はがらがらで、僕たちの席はちゃんと用意がされているわけで、普通の季節ならともかく、冬の寒いなかにこの扱いで悪く思わない方がおかしいし、店の方も悪く思われると思うからわざわざ注釈をつけるのだろう(笑)。しきたりというのなら仕方ないけれど、例えばすごい台風で大嵐とか、真冬の大雪とか、そういう場面で、女性客がひとりで先に来ても同じ対応をするとすれば見識を疑う。

まぁ、僕はスキー選手で寒いのに慣れているから別に良いんだけれど、今回のことで学んだのは、この店に女性と来るときは駅で待ち合わせが必須ということ。間違っても先に女性を店にやってはならない。

さて、今日食べたのは赤身のコース、ユッケ、赤身刺、紅カルビ、ホルモン盛り合わせ、クッパなどなど。炭火でいただく焼肉はどれもこれもかなり調味が薄口で僕好み。要は、「良い肉をあまり修飾しないで食べてください。肉そのものの味を楽しんでください」ということなんだと思う。あんまり良くない肉を薄切りにして、濃い味付けのタレでガンガン食べさせる、という良くあるお店の対極であって、大人の店という感じ。この間、水道橋の京城で焼肉を食べたとき、近所の大学の研究室の飲み会みたいなことをやっていて、教授を含めて物凄い大騒ぎをしていて、「あぁ、この店、いつの間にかこういう店になっちゃったんだなぁ」と寂しく思ったんだけれど、こっちの店は間違ってもそういう事態にはならなそうだ。月島の凛とかに比較してもかなり上品な感じ。残念だったのはレバ刺しが売り切れだったこと。デリケートな食材だから、ダメなことが多いんだと思う。運が良ければ、っていう感じかも。食べてみたい。

面倒なしきたりさえなければ誰にでも勧められるんだけれど、面倒なしきたりがあるので、誰にでも勧めるわけではない。大人限定ってことで、肉を食べたい人だけどうぞ(^^ 評価は☆2つ半(レバ刺しが売り切れだった分を減点)。

#美味しそうに見えるように、気合を入れて写真撮影してみた。

DSCN2558 DSCN2561

DSCN2564 DSCN2567

DSCN2570 DSCN2573

DSCN2579 DSCN2582

DSCN2585 DSCN2588

DSCN2600 DSCN2603

DSCN2606 DSCN2609

DSCN2612 DSCN2618

DSCN2629

店名 焼肉くにもと 本店 (ヤキニククニモト)
TEL 03-3578-1129
住所 東京都港区浜松町2-12-2
営業時間 [月〜金] 17:00〜24:00 [土] 17:00〜22:00
定休日 日曜・祝日