2015年08月20日

叶匠寿庵 日本橋高島屋店

以前一度食べたことのある高島屋の叶匠寿庵でかき氷を食べてみた。




以前はちょっと粗い感じのした氷だけど、今回はふわふわしていて良かった。加えて、氷の温度が必要以上に低くないようで、口に入れるとすぐに溶ける感じだった。この食感がとても良かった。練乳やあんこも美味しくて、満足度が高かった。

かき氷の機械を変えたのかな????

店名 叶匠寿庵 日本橋高島屋店
TEL 03-3211-4111
住所 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ B1F
営業時間 10:00〜20:00
定休日 不定休(高島屋に準ずる)  

Posted by buu2 at 15:31Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2015年08月10日

果実倶楽部

中目黒の果実倶楽部でかき氷。







果実倶楽部というくらいなので、フルーツがメイン。甘さ控えめ。かき氷のシロップとしてはもうひと息な感じ。テーブルにはシロップが置いてあって、甘さが足りなければ自分で調整できるんだけれど、やはり店から「これがベスト」という提案が欲しい。

店名 果実倶楽部
TEL 03-6451-0900
住所 東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル 1F
営業時間 [月・水〜土]12:00〜17:00 品切れまで 18:00〜23:00 品切れまで [日・祝]12:00〜20:00 品切れまで
定休日 火曜日  
Posted by buu2 at 17:30Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2015年08月07日

ちもと

去年ふらっと食べに行ったら、「開店前の早い時間に終日分完売する」と言われ、一生食べることもないだろうと思っていたちもちなのだが、親切にも「行列して名前を書いておいてあげる」という人がいたので頼んでみた。なんでも、8時頃から蚊取り線香持参で行列し、9時過ぎにようやく名前を書いて、9時15分には完売したらしい。恐るべし。そこまでしてかき氷が食べたいのかとかなり疑問だったのだが、僕はのんびり10:30ぐらいに出かけていった。普通に注文すると抹茶とミルクのツートーンらしいのだが、僕は抹茶は苦手なので、ミルクオンリーで。
















上の方は練乳のみ。中には色々な具が盛り込まれていて、さすがに美味しい。しかし、8時から1時間行列して、さらに開店まで1時間以上待つ心境はちょっと理解し難い。誰かに並んでもらうのが吉。

ちなみに正面のお客さんに撮らせていただいたノーマルバージョンはこちら。




店名 ちもと
TEL 03-3718-4643
住所 東京都目黒区八雲1-4-6
営業時間 10:00〜18:00
定休日 木曜日  
Posted by buu2 at 12:00Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2015年08月03日

松月氷室大谷橋店

日光あたりだと、日光の天然氷はそれほどありがたみがないのだろう。この店のかき氷は400円から500円ぐらいがボリュームゾーン。注文したのはキャラメル練乳と、特上マンゴーと、とちおとめ。










氷は後半になるとちょっとざらっとした感じになってくる。これはシロップの水分が多いせいだと推測。シロップはキャラメル練乳が美味しかった。

しかし、正直、天然氷と人工氷の違いも良くわからず、シロップにも特段の工夫があるとも思えず、まぁ、普通のかき氷である。ただ、最近都内では800円以上のかき氷が主流なので、半値程度で食べることができるのは大きなメリット。行列していなければまた食べたい。

店名 松月氷室 大谷橋店 (ショウゲツヒムロ)
TEL 080-7840-8719
住所 栃木県日光市今市1527
営業時間 11:00〜17:30
定休日 月曜日(月曜日が祝日の際は月曜日営業、翌火曜日休み)  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2015年07月21日

茶寮 伊勢藤次郎

昨今はかき氷ブームらしく、どこへ行っても大行列で、ブームには関係なく冬でもかき氷を食べていた人間としてはちょっと悲しい。

ところが、今日は全然行列していない店をヒカリエで発見したので食べてみた。本来はうどん屋さんのようである。注文したのはマンゴーのかき氷、1300円ぐらい。







店員の教育が全然できてないのが凄い。先日ラーメンを食べた篝もそうだったけど、全くトレーニングされていない人間に調理を担当させちゃうのはどうなんだろう?

メニューと全然違うのはもちろん、同じものを注文したのに全然違うものが出てきてびっくりした。メニューは凄くゴージャスな感じだったのに、実際に来たのは潰れちゃったかき氷。最近、ここまで貧相なかき氷は滅多にお目にかかれない。それで1300円という強気な設定がさすがヒカリエである。

少ない氷、少ないマンゴー、そしてなぜかソフトクリームで底上げされているのが悲しい。

二度と行かないが、他にも被害者が現れないことを祈るばかりである。

店名 茶寮 伊勢藤次郎 (さりょう ・ いせとうじろう )
TEL 03-6434-1483
住所 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 7F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし

  
Posted by buu2 at 12:00Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2015年05月02日

ぎおん徳屋

原宿にあるぎおん徳屋でかき氷を一杯。







小さくてカラフルなあられを散りばめたのが可愛い感じのかき氷である。練乳はマイルドで甘すぎず美味しい。ちょっと余るくらいにたっぷりなのも嬉しい。並ばずに食べることができるなら、また食べたい。

店名 ぎおん 徳屋 原宿店
TEL 03-5772-6860
住所 東京都渋谷区神宮前2-31-12 ユナイテッドアローズ原宿本店 ウィメンズ館1F
営業時間 [月〜金]12:00〜20:00(L.O.19:30) [土・日・祝]11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 無休  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年08月27日

二條若狭屋 寺町店

京都のラストはかき氷。行ったのは二條若狭屋寺町店。注文したのは「彩雲」というゴージャスなもの。シロップは日替わりのようで、今日は梅、マンゴー、桃、べっこう、黒糖ミルク。













個人的に気に入ったのは黒糖ミルク>梅>マンゴー>べっこう>桃の順。でも、シロップはどれもなかなか美味しかった。氷はちょっとザクザクした感じで、東京で良くあるふわふわの氷に慣れていると、もうちょっと薄くて空気が入っているタイプが良いなぁ、と思う。とはいえ、氷の中に小さく切られた果物が色々入っていて、なかなか楽しいかき氷だった。

同行者が注文した他のメニューも写真だけ掲載しておく。







店名 二條若狭屋 寺町店
TEL 075-256-2280
住所 京都府京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67
営業時間 10:00〜17:00
定休日 水曜  
Posted by buu2 at 00:30Comments(2)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年08月19日

KABOちゃん

知人から「かき氷が食べられるラーメン屋がある」とのタレコミ情報があったので、食べてきた。以下、評価。




名称:KABOちゃん
種類:東京
場所:駒込
注文:しもふり中華そば
評価:3/BBC
2014.8.18
コメント:麺は細めで弱くよりが入ったタイプ。機械打ちの素麺のようなツルツル感が強く、小麦の食感は希薄。この手の麺はスープの絡みが悪くなるケースが多いのだが、この店の場合はきちんと絡んでいた。若干、臭みが残っているのが気になったのだが、これは麺が細いために茹でる時間が短いからだろう。

スープは鶏ベースの醤油味。脂が強めで味がぼけそうなところ、味を濃い目にしてバランスを取っている。濃い味付けが好みならこれもありだと思うのだが、醤油系の味が前面に出すぎていて、ダシの旨味が希薄だった。また、醤油からなのか、苦味が舌に残るのも気になるところである。

チャーシューは火の通りを抑えているにも関わらず厚切りなので、噛み切るのに苦労する。

同行者が注文した塩も食べさせてもらったのだが、ラーメンの完成度としては塩の方が上だと思う。




テーブルの上のウォーターポットは全部空っぽで氷しかないし、前の客が食べ終わったあとの丼はいつまでもカウンターの上に放置されている。チャーシューを切るときは包丁をぐりぐりやって肉を押しつぶしながら切っているし、かき氷の注文を受けていることもあって、調理のオペレーションは乱れっぱなし。恐らく、店でのちゃんとした修行経験がないのだろう。「四つ葉」ほどの粗悪感はないものの、類似の気配が感じられる。

さて、最後に肝心のかき氷なのだが、4つあるシロップのうち3つまでが完売。残っているのがミクルココアだけだったのだが、コーヒーやココアを飲まない僕はパス。写真だけ紹介しておきます(笑)。




店名 カボちゃん (KABOちゃん)
TEL 非公開
住所 東京都北区西ケ原1-54-1
営業時間 11:30〜15:00 17:30〜21:00
定休日主に水曜日  

2014年08月16日

るぷりん

銀座でかき氷を食べることができる飲み屋があるということなので、行ってきた。

お盆だったからか、料理は軽食のみということでかなり残念。かき氷は桃のかき氷で、天然氷らしいふわふわタイプだった。シロップもたっぷりで、なかなか美味しかった。次はちゃんと料理を食べることができるときに来てみたい。




























店名 麦酒屋 るぷりん
TEL 03-6228-5728
住所 東京都中央区銀座6-7-7 浦野ビル 3F
営業時間 [月]18:00〜22:30(L.O.) [火〜金]12:00〜14:30(L.O.) 18:00〜22:30(L.O.) [土]15:00〜21:30(L.O.) [日]15:00〜20:00(L.O.)
定休日 日曜日、祝日は不定休  

2014年08月14日

しんじろう

いつの間にか池袋にかき氷屋がオープンしていたので食べてきた。




注文したのはマンゴー。氷はかなりふわふわしたタイプで、上品な感じ。これが日光天然氷の良さなのか、違うのかは正直良くわからない。氷の保存温度や削り方によっても違ってくるのかも知れず、もうちょっと色々と経験を積む必要がありそう。ともあれ、氷の削り具合には何の不満もない。

シロップは普通に美味しいレベルで、これは凄い、と驚くほどのレベルではなかった。また、マンゴーのかけらが3切れほど入っていたのだけれど、このマンゴーもそれほど美味しいものではなかった。銀座の三徳堂のマンゴーかき氷に比較するとかなり見劣りがしてしまうのだけれど、値段が倍以上違うので当たり前といえば当たり前。

参考:三徳堂のマンゴーかき氷

お手軽にかき氷が楽しめるのでなかなかありがたいのだが、今はかなり行列している様子。今日はたまたま待ち時間なしだったのだけれど、行列して食べるほどではないかも?

店名 しんじろう 池袋総本店
TEL 03-5952-4360
住所 東京都豊島区西池袋1-29-4
営業時間 11:00〜売切次第終了
定休日 無休

#その後、「あの店は天然氷のポスターを貼っているだけで、実際は天然氷を使っていませんよ」というタレコミあり。真相のほどは不明(笑)。レビューにも書いたけれど、天然氷なのか、そうじゃないのかなんて、食べただけじゃわかんないよね(笑)。  
Posted by buu2 at 11:16Comments(2)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年08月02日

平五郎本店




天然氷を使用、ではなく、天然水で作った氷を使用、というかき氷。

物凄くふわふわ、という氷ではないけれど、大きなマイナスポイントではない。トッピングのマンゴーは充分な量で、しかも美味しい。氷が溶けて味が薄くなった時に備えたシロップも気が利いている。トッピングされているパンナコッタも良いアクセントになっている。一方でミントのジェラートはちょっと主張し過ぎなので、普通のバニラで良かったのになぁ、と思う。

トータルでは十分に合格点で、また食べたいと思う。ただ、ミントジェラートはなしでお願いすると思う。

店名 平五郎 本店 (ヘイゴロウ)
TEL 026-266-0156
住所 長野県長野市大門町515
営業時間 パティスリー 10:00 - 18:00 カフェ 10:00 - 16:00 (ラストオーダー) ランチ 11:00 - 14:00 (ラストオーダー)
定休日 無休(ただし、年に2回程メンテナンス休業)  
Posted by buu2 at 23:19Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年07月26日

三徳堂のマンゴーかき氷

暑くて死にそうなので、三徳堂でマンゴーのかき氷を食べることにした。




かき氷として考えるとかなり高いけれど、マンゴーとかき氷と思えば高くない。マンゴー美味しい(^^

店名 三徳堂 (サントクドウ)
TEL 03-5568-6882
住所 東京都中央区銀座7-8-19 喜多ビル 1F・2F
営業時間 [月〜金]12:00〜22:00 [土・日・祝]12:00〜19:00
定休日 年中無休  
Posted by buu2 at 11:26Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年07月09日

初音茶屋

さて、折角浅草まで来たので、かき氷でも食べようか、と思い、初音茶屋に来てみた。この店、宇治金時がめちゃくちゃ有名なので、宇治金時しかないのかと思ったらさにあらず。ミルクやカルピスは言うに及ばず、イチゴやメロンやレモンといったジャンクな感じのかき氷も各種取り揃えている。でもまぁ、今日食べたのは個人的に定番のミルク。




ふわふわの氷で大変おいしくいただきました。

店名 初音茶屋 (はつねちゃや)
TEL 03-3844-7658
住所 東京都台東区浅草2-23-3
営業時間 11:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日 火曜  
Posted by buu2 at 23:25Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2014年05月24日

阿左美冷蔵 金崎本店

ちょっと川越方面に用事があったので、ついでに長瀞に行ってかき氷を食べてみた。行ったのは、阿左美冷蔵という店で、かき氷界ではかなり有名らしい。

まず、店の周辺が駐車場だらけで驚く。どこも一日500円。一日なんていないので、もっと安くしてくれ、と思うと同時に、ほとんど全ての駐車場利用者がこのかき氷屋目当てだと知って、かき氷屋が地元に物凄い貢献をしていて感心した。

店は20人以上の大行列だったのだが、西日暮里のひみつ堂よりもずっと客席が多く、回転が早い。15分ほどで着席できたので、むしろひみつ堂などよりもずっとハードルが低い感じだ。食べたのは乙女の苺ミルク。かき氷にたっぷりのシロップと練乳が添えられている。




自分で少しずつシロップをかけて食べていくスタイル。シロップは粘性の低いさらっとしたもので、かき氷にはすっと染みこんでいく。




おかわりが自由なので、ひとつ食べ終わってから追加しても問題ない。こちらは蔵元秘伝みつのかき氷。




シロップがサービス満点のため、貧乏症の僕などはついついたくさんのシロップをかけてしまうのだが、それだとちょっと甘すぎる感じ。ちょっともったいなくても、勇気を出してシロップの量を控えめにすべきだった。

ところでこの店、かき氷も良いけど、内装が面白い。














































なんか、有名らしい犬も食べに来ていた。







店名 阿左美冷蔵 金崎本店 (あさみれいぞう)
TEL 0494-62-1119
住所 埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
営業時間 10:00〜17:00 ※混雑時等は15:00頃オーダーストップ
定休日 木曜日

  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年08月21日

澤田商店

かき氷はすっかり二極化している印象があるのだけれど、この店は庶民派路線まっしぐら。看板は由緒正しい感じ。




店の前面は壁がなくて、もちろん冷房もなし。




かき氷のラインナップはこんな感じ。




手元のうちわにも書かれている。




そして、到着したいちごみるくはこんな感じ。




蜜は、そりゃぁひみつ堂などに比較したら全然だけど、これはこれで美味しいわけで、名古屋でかき氷を食べるときには外せない店ですな。

今日は16:20ぐらいに行ったんだけど、16:30にて閉店だった。営業時間には要注意。

店名 澤田商店
TEL 052-231-4162
住所 愛知県名古屋市中区栄1-13-31
営業時間 12:00〜18:00頃 氷の配達中はお店を閉めています。
定休日 日曜日  
Posted by buu2 at 16:52Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

雀おどり總本店

名古屋が異常に暑いので、かき氷を食べることに。松坂屋から長距離の移動は難しそうだったので、すぐ裏にある「雀おどり」という和菓子屋さんへ。注文したのは梅蜜氷というもの。




ほとんどのケースで練乳がかかったタイプを注文するのだけれど、今回は昼ご飯前ということもあって、すっきりさっぱりっぽい梅味を選択。

溶けてきた時に氷が固まってしまうことを除けば、非常に美味しくいただけた。

店名 雀おどり總本店 (すずめおどりそうほんてん)
TEL 052-241-1192
住所 愛知県名古屋市中区栄3-27-15
営業時間 10:30〜19:00
定休日 無休  
Posted by buu2 at 11:50Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年08月16日

四代目徳次郎の大行列

去年あたりから時々かき氷についてレポートしているので、そろそろかき氷ネタのタレコミが増えてきてありがたいことである。

今日は「池袋西武の地下のかき氷が大行列している」という情報をいただいた。ここ数年、西武では日光の天然氷を使った四代目徳次郎が出店しているようなので、多分それだろうな、と思いつつ、ちょうど山手線に乗っていたので、様子をうかがいにいってみた。

すると確かに大行列。待ち時間は約60分である。




馬鹿らしいので当然行列には加わらなかったのだが、折角なので店の状況を偵察しておいた。かき氷は電動で削っていて、器はディスポーザブルなタイプ。蜜は8通りぐらいが用意されていて、黒糖っぽいやつが人気らしい。注文するとすぐに作ってくれるわけではなく、番号札をもらって、そのあとは近くの椅子で座って待つスタイルのようだ。

ざっと見てウリは天然氷のようだったけれど、正直、僕は天然氷の良さが良くわからない(笑)。ま、ときどき覗いてみて、空いていることがあったら食べてみようと思った。  
Posted by buu2 at 16:37Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年08月11日

台湾物産館のチャーミースノーアイス

笹塚って生まれて初めて(笑)来たんだけれど、台湾物産館に行って、チャーミースノーアイスというのを食べてきた。マンゴー味とミルク味があって、ミルク味は練乳たっぷりな感じなので、普段の僕なら迷わずミルク味なんだけれど、最近マンゴー熱が上昇中なのと、台湾物産館ということで店内マンゴーだらけなのもあって、今回はマンゴー味を注文。




ほほーーう。これはなかなか美味しい。マンゴーの果汁を凍らせて、かき氷製造機で削ってるんだろうか。シャーベットとジェラートとかき氷を足して3で割ったような食感。

次はミルク味も食べてみたい。

店名 台灣物産館 笹塚本店
TEL 03-5304-7801
住所 東京都渋谷区笹塚2-14-15 ヴェルト笹塚ツインビル1F
営業時間 11:00〜14:00 16:00〜19:00
定休日 無休  
Posted by buu2 at 09:33Comments(4)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年08月06日

叶匠寿庵

高島屋の地下でかき氷を見つけたので食べてみた。




練乳は無難。餡が素晴らしく美味しい。ただ、氷はキメの細かさが足りない。氷の温度が低すぎるのかも知れない。

店名 叶匠寿庵 日本橋高島屋店
TEL 03-3211-4111
住所 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ B1F
営業時間 10:00〜20:00
定休日 不定休(高島屋に準ずる)  
Posted by buu2 at 23:10Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年07月26日

三徳堂

夏はやっぱりかき氷。ということで、今日は銀座で打ち合わせのあと、昼ご飯にかき氷を食べて来ました(^^; いや、本当は別の店でランチの予定だったんだけれど、その店の店主が寝坊したそうで、やってなかったんです。本当はデザートで食べる予定だったかき氷がメインに昇格しました。

食べたのは三徳堂のマンゴーかき氷。




台湾産のマンゴーを丸々一個トッピングしてある超豪華な一品。お値段はなんと1,800円という、価格だけでも十分にメインの一皿足りうるもの。

食べてみると、マンゴーのかき氷というよりは砕いた氷でキンキンに冷やしたマンゴーという趣。しかし、これは確かにうまい。高いけど。







ところでこのかき氷は違うけれど、台湾風のかき氷は氷の段階で味がついているそうで、それはそれでちょっと食べてみたいなぁ、と思った次第。なお、今年はもうマンゴーのシーズンが終了とのことで、もう食べることができません(笑) ほとんどラストの一杯を食べた感じです。

店名 プーアル茶の専門店 『銀座・三徳堂』
TEL 03-5568-6882
住所 東京都中央区銀座7-8-19 喜多ビル 1F・2F
営業時間 [月〜金]12:00〜22:00 [土・日・祝]12:00〜19:00
定休日 年中無休

このお店は蒼井優「今日もかき氷」にも掲載されています。
  
Posted by buu2 at 23:51Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年07月20日

村並商店

かき氷の本を書こうと思ったら、蒼井優がもう出していた。



こうなると、この本に載っていない店で食べたくなるのが人情というもの。そこで、熊本県宇城市小川町小川19にある「松並商店」に行ってみた。何と言っても、夏限定のお店である。冬は和菓子、みたいな軟弱さがないところに好感が持てる。この店、梅雨があける頃に店の前にソフトクリームのオブジェが飾られるそうで、それが現れると小学生たちがそわそわしはじめるらしい。小学生に一番人気は青りんごらしいのだが、大人はそんな邪道なメニューは注文せず、正々堂々といちごみるくである。




うまい。

しかし、ここを教えてくれた小学校の先生が食べている青りんごソフトも美味そうだ。




ひとくち食べてみたけれど、こちらも確かに美味しい。

ということで、熊本に来たら、松並商店のかき氷をぜひ。って、誰かが車を出してくれないと、なかなか行けないと思いますが。隣の小川阿蘇神社には物凄いクスノキがあります。  
Posted by buu2 at 17:33Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年07月19日

蜂楽饅頭

折角熊本に来たので、かき氷を食べることにした。わざわざ熊本に来ているのだから、当然名物のかき氷を食べる。ということで、蜂楽饅頭の「コバルト」を食べることにした。







こ、これは・・・見た目はハワイアンブルーのかなり人工的な色合いなのだが、食べてみるとただの氷ミルクである。なんのためにこの色にしているのかがさっぱりわからない。

一方でいちごみるくはこんな感じ。




こちらの方がずっと人工的だったりして、良くわからない(^^;

店名 熊本蜂楽饅頭 熊本本店
TEL 096-352-0380
住所 熊本県熊本市中央区上通町5-4
営業時間 10:00〜19:00(イートインは〜18:30)
定休日 火曜  
Posted by buu2 at 22:34Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年07月16日

ひみつ堂のゴールデンパインミルク

先日の日の出テレビの放送中に、「かき氷なら都立大のちもと」という話を聞いたので、福長でとんかつを食べた後にちもとに寄ってみた。ところが、かき氷はまだやっていないとのこと。こんなに暑いのになんてこった。「とんかつを食べてかき氷」というのが予定だったのに。仕方なく、プランBを考えたのだが、ほとんどのお店は19時ぐらいで閉店。となれば、最後の手段はひみつ堂である。

夏にひみつ堂に行くというのは悪手中の悪手で、平常時ならダメ、絶対、というところなのだが、今回ばかりは仕方がない。渋谷に出て、山手線で日暮里まで行くと、思った通りの大行列である。お店のお姉さんは「今から並んでも、食べることができるかどうかわかりません」という背筋が凍りつくようなことをおっしゃるけれど、こちらだってわざわざ都立大から食べに来たのである。これを食べずに帰れるものか。ということで、並ぶこと約40分。無事、食べることができた。狙っていた石垣島のピーチパインは当然のごとく完売だったのだけれど、ゴールデンパインがあった。ということで、ゴールデンパインミルクを注文。いつもどおり、シロップは別皿である。




食べながら、少しずつシロップをかけていく。




うむ、美味しい。満足である。予定通りになって良かった。ちもとのかき氷は、田園調布のとんかつを食べに行く時までとっておくことにした。










店名 ひみつ堂
TEL 03-3824-4132
住所 東京都台東区谷中3-11-18
営業時間 11:00〜20:00(春・秋18時閉店あり)冬季11:00〜18:00
定休日 月曜(冬季は月曜・火曜)  
Posted by buu2 at 11:37Comments(2)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年07月10日

浅草浪花家

天然物のたい焼き屋としてかなり有名な麻布十番の浪花屋の支店なのか、暖簾分けなのか、良くわからないけれど、関連のあるお店。食べたのはたい焼きではなくかき氷。日の出テレビの「総統閣下はお怒りです」でかき氷特集をやるくらいにはかき氷が好きなので、ほおずき市の帰りに寄ってみた。たべたのは「きなこ」のかき氷。

13_07_09_2897

価格の方は600円と、プレミアムかき氷系としては安め。ただ、器の深みがないので、量は少なめ。でも、ゆっくり食べていると溶けちゃうので、量的にはこのくらいが良いかも知れない。

氷はかなりふわふわで、口の中で溶けていくのが心地よい。シロップはきなこという変わり種を頼んでみたけれど、これが甘すぎず、粉っぽすぎず、なんとも言えない絶妙な食感。到着まで他を見ていて「やっぱりいちごみるくにすればよかったかなー」と思っていたのだけれど、きなこにして良かった。

浅草に来ることがあれば、またここでかき氷を食べてしまいそうな予感がする。

店名 浅草浪花家
TEL 03-3842-0988
住所 東京都台東区浅草2-12-4
営業時間 10:00〜19:00 ※店内茶房 10:00〜18:00(L.O 17:30)
定休日 水曜日  
Posted by buu2 at 13:49Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2013年02月24日

ひみつ堂のひみつのいちごみるく

夏の間はいつ行っても大行列な上、肝心要の看板商品「ひみつのいちごみるく」は午前中で売り切れ。ということで、真冬に行ってみました、ひみつ堂。と、行列なし、ひみつのいちごみるくも売り切れてない!!

ということで、めでたく食べることができました。

13_02_22_2403


いやー、これは美味しいね。目白「志むら」の生いちごかき氷りと双璧。

かき氷は冬に食べるものだな、うん。

店名 ひみつ堂
TEL 03-3824-4132
住所 東京都台東区谷中3-11-18
営業時間 11:00〜20:00(春・秋18時閉店あり)冬季11:00〜18:00
定休日 月曜(冬季は月曜・火曜)  
Posted by buu2 at 15:32Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2012年09月14日

ひみつ堂

かき氷の名店として有名なひみつ堂に行ってきた。

日暮里から徒歩で5分程度。細い道に大行列しているので、すぐにわかる。平日の15時に行っても行列って、いったいどんだけ?という感じである。

12_09_13_1590


店の外には「いちごみるく、売り切れました」の貼り紙。でも大丈夫だ、問題ない。他にも美味しそうなのが一杯ある。

12_09_13_1587


ということで、注文したのはラズベリーみるく。ただのかき氷なので、注文したらすぐに出てくる。

12_09_13_1588


氷に練乳がかかっていて、ラズベリーのシロップを少しずつかけて食べていく。ほほう、さすがは天然氷、ということはなく、正直、天然の氷と人工の氷の違いは良くわからない(^^;

でもまぁ、天然氷という気分が重要なんだろう。

一緒に行った人はメロンヨーグルトを食べていた。

12_09_13_1589


メロンは非常に美味しいと思うけれど、ヨーグルトをかけてしまう感性は僕には理解不能(^^; でも、「美味しかったです」とのこと(笑)。

あそこまでの大行列はどうかと思うけれど、いちごは食べてみたい。  
Posted by buu2 at 16:22Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2012年09月04日

志むら

目白の志むらでかき氷を食べてきた。食べたのは生いちごにミルクトッピング。

12_09_04_1577


うめぇ〜。

同行者が食べたのはあんずバニラアイストッピング。こちらも酸味が効いていてナイス。やっぱり夏はかき氷だよね。もう秋だけど。

12_09_04_1578
  
Posted by buu2 at 19:47Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2009年08月14日

タリーズのカキ氷2

DSCN0095良いカメラで撮るとカキ氷も何か違うことが起きるのか?と思って撮影。でも、別にあまり変わりはなく、やっぱりカキ氷はカキ氷。  
Posted by buu2 at 00:36Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2009年08月04日

タリーズのカキ氷

5f1c8ff5.JPG今日は新宿三丁目で某芸能人と打ち合わせ。場所はタリーズ。この手の打ち合わせではスタバを使うことが多いんだけれど、最近レモンフラペチーノもマンゴーフラペチーノもちょっと飽きてきて、何か違うものが食べてみたくなったから。

それで、カキ氷を食べてみたんだけれど、悪くない。この、じゃりじゃり感がやっぱり納涼って感じなんだよね。フラペチーノでは感じられないこの食感。たまにはタリーズも良いなぁ。っていうか、新宿三丁目で打ち合わせをするときはこれからタリーズにしようと思う。  
Posted by buu2 at 19:36Comments(2)TrackBack(0)かき氷

編集

2009年07月22日

叶 匠壽庵

f7383607.jpg

一時から新丸ビルで打ち合わせ。で、その前にちょこっと作戦会議をしようと思ったのだけれど、いつも行く丸ビル、新丸ビルのスターバックスが両方ともいっぱい。さて、どうしよう、ということになって、じゃぁ、少しリッチに叶 匠壽庵でカキ氷でも食べるか、ということになった。フラペチーノのベンティに比較して約300円コスト高(笑)。

でもまぁ、練乳たっぷり、シロップたっぷりで、満足度は高かったです。ちょっとオーバーカロリーっぽいので、簡単に「また行こう」ということにはならないけれど、印象は決して悪くない。

店名 叶 匠壽庵 丸の内店
ジャンル 甘味処
TEL 03-3211-3560
住所 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング B1F 新丸ビル
営業時間 [月〜土] 11:00〜21:00 [日・祝] 11:00〜20:00
定休日 不定休(新丸ビルに準ずる)  
Posted by buu2 at 12:39Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2009年02月03日

高野家

36657dfc.jpg

ラーメンを食べて、「さて、次の仕事の作戦会議をしに、スタバにでも行きますか」と話しながら高田馬場方面へ歩き始めた直後に「高野家」を発見。

なんと、この真冬に堂々とカキ氷を売ってます。フラペチーノなら全然違和感ないけれど、カキ氷は違和感バリバリ。これは凄い。店には誰もお客さんがいなかったけれど、こういう店こそ大事にしなくてはいけない。ということで、もちろん入店。

「氷ミルク」と注文したら、「氷ですか?」と念を押された。もちろん氷ですよ。

ということで、無事氷ミルク登場。正直「もうちょっと量があったらよかったのに」とは思ったけれど、何しろ今は真冬。こんな季節にカキ氷が食べられることを幸せに思わなくてはなりませんね。

ビバ!高野家!!

店名 高野家 (たかのや)
ジャンル 甘味処
TEL 03-3200-7561
住所 東京都新宿区高田馬場2-2-3  
Posted by buu2 at 16:02Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集

2008年08月07日

わかばの氷ミルク

234d422b.jpg最近、カキ氷をあんまり見なくなった。代わりにスタバのフラペチーノなんかを飲む機会が激増しているわけだけど、やはり日本人ならカキ氷である。

今日は四ツ谷のリバネスに行く用事があったので、途中で寄り道してわかばへ。今の時期はたい焼きではなく、カキ氷が目当てである。運良く机があいていたので、白玉ミルクを頼んだら、白玉が売り切れとのこと。なので、氷ミルクで妥協。でも、おいしかった。やっぱ、日本人ならカキ氷ですな。  
Posted by buu2 at 15:35Comments(0)TrackBack(0)かき氷

編集