2017年12月16日

井上雅子さんの蕎麦猪口2個セット

セットなのかどうかは不明なのだが。











  

Posted by buu2 at 15:00Comments(0)井上雅子

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年12月02日

干支 戌(いぬ)展、アニマル展III @数寄

ギャラリー数寄で開催中の「干支 戌(いぬ)展」と「アニマル展掘廖米瓜開催)に行ってきた。これまで何度もやっているのは見ていたのだけれど、日本にいなかったり、色々で初日に並んだことはなかった。今回はたまたま初日に日本にいて、これといって用事もなかったので、前日の飲み会をパイナップルジュースで過ごして、夜中に東名を走って数寄に向かった。到着したのは朝の3:30。順番待ちは僕の前に4人。徹夜組の目当ては牟田陽日さんで、牟田さんは今回は2作品しか作っていないそうなので、僕までは順番がまわってこない勘定である。これなら悩む必要がない(苦笑)。

数寄さんは徹夜で設営らしく、電気が点いたままだった。

朝、8時に公式に開店して、全体を下見。その上で、近所のカフェのコーヒー券をくれた。コーヒーを飲んで一服して、9時から整理券順に購入して行く。このあたりの流れはさすが、コレクターでもある数寄さんなので、混乱なく整然と進んでいく。

僕が買ったのはこれ。




井上雅子さんの立体作品である。すっきりしたスタイリッシュな本体に、ぴったりフィットした彩色がされている。後ろ足が上に上がっていて3本足で立っているのがわざとなのか、上がっちゃったのかは良くわからないのだが、微妙に上がっているのではなく、しっかり上がっているので、多分わざとだろう。今の所、コレクターたちが徹夜してでも買いたいと思う現代作家は見附さん、牟田さん、池田さんぐらいで、残っていれば朝一で、という作家があと10名ぐらいいると思うのだが、井上さんはまだ普通に購入できるところがありがたい。

平成29年12月17日(日)まで。  
Posted by buu2 at 10:00Comments(0)陶磁器

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年11月16日

井上雅子さんの蕎麦猪口

第九回鹿島槍そば打ち体験会は過去最多の参加者を記録して無事終了しました。参加者全員に記念品として蕎麦猪口が配られたのですが、今年は九谷の作家さん、井上雅子さんの作品でした。全部、箱も蕎麦猪口もデザインが異なっていたのですが、そのうちの3つについて、写真で紹介しておきます。


























  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)井上雅子

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2015年08月28日

井上雅子さんの徳利、ぐい呑、角皿

三越の5階をふらふらしていて発見。徳利とぐい呑は全面に描かれていて、余った部分は内側へはみ出したりしているので、写真ではなかなか全容が把握できないかも知れない。


























  
Posted by buu2 at 18:05Comments(0)TrackBack(0)井上雅子

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集