2017年05月13日

オープン・ハウス 欧州編

先週はアジアや中南米の大使館が公開されていたのだが、今週は欧州の大使館が公開されていた。先週に比較すると馬鹿でかい大使館が多く、お金持ちは違うなぁ、と思った。
























































  

2017年05月06日

Passport DC 2017

DCでは毎年5月にPassport DC 2017というのをやっていて、各国の大使館を見学できる。今週は日本を含めたアジアと中南米を中心とした国々の大使館が公開されていたので、観てきた。

とりあえず、日本から。




どこもすごい行列である。










30分以上並んでようやく入ったと思えば、中もこの混雑。




JSTなどの公的機関や、トヨタ、日立、JRなどの大企業が色々と出し物を展示していた。







外に無料の軽食コーナーがあって、焼きとうもろこしと雪見だいふく(のようなアイス)と伊藤園のお茶をもらった。テニスの友達がふたり、JSTとNASAから派遣されていて、こき使われていた(笑)。

続いて、行ったことのない国々の大使館へ。











































世界は広い。

そして、昼ごはんはニカラグアの良く分からない(笑)料理。二つで5ドル。







これはおみやげでもらったニカラグアの帽子。




大使館通りやデュポン・サークル界隈ではみんなが被っていたので、せいぜい「それはどこでもらえるんだ?」と聞かれるだけだったのだが、フレンドシップまで戻ってきたら、高齢の女性から「あなたはネイティブ・アメリカンの方ですか?」と話しかけられてしまったり、ちょっと目立ちすぎていた印象である。

なかなか楽しかったので、来週のヨーロッパ・シリーズもぶらぶらしてみようかな。

  

2017年04月22日

THE WHITE HOUSE SPRING GARDEN TOUR

ホワイトハウスは春と秋にそれぞれ一日、庭を一般公開する。これが、毎回大混雑なのだ。せっかくDCに住んでいるので、一度ぐらいは見ておこうと思って出かけてみた。トランプは支持しないが、ホワイトハウスに罪はない。

まず、8:30からのチケット配布に行列。




約30分ほどで無事チケットゲット。このころから雨が降り始めたので近所のスタバで時間を潰した。




入場時間になったので、ホワイトハウスへ。時間ごとに行列ができている。10:30の列の最後尾へ。ちなみに1時間後の入場待ちの列もそこそこ長くなっていた。










結構厳重な手荷物検査。まぁ、当たり前。







庭に入ると、何本かのでかい木に、木のいわれが書いてある。でも、まぁ、普通の木。




庭にいる野鳥のリストが掲載されている。




でも、雨なので、鳥の姿は見られない。




建物のそばにも行ける。




ホワイトハウスから見たワシントン記念塔。




あとは、庭。

























見学の所要時間は1時間弱。一度見たら十分かな。  

2017年04月12日

Good Stuff Eatery

ジョージタウン在住のネイティブのおじさんに教えてもらった当地のハンバーガー屋。







シェイク・シャックやマクドに比べれば美味しいけど、バンズがイマイチなので、もう来ないかも(笑)。学生がいっぱいいたので、ジョージタウン大学の学生が来るのかな?

Good Stuff Eatery
3291 M St NW
Washington, DC 20007
Phone number (202) 337-4663  

2017年04月08日

タイダルベイスン

桜祭りの会場がイマイチ面白くなかったので、タイダルベイスンに来てみた。桜はすっかり終了していて、ただの初夏の一日の様相を呈していた。

ジェファーソン記念館























カモ









赤ちゃん



撮影する人



鵜?



自転車



乗り遅れた花









ワシントン記念塔

  

Sakura Matsuri




DCで開催中の桜祭りに行ってみた。のだけれど、なんか、ちょっと違う感が強いお祭りだった。日本っぽいけど、どれもこれも、ちょっと違う。和傘があっても中国製だし、ジブリっぽいアニメ画があっても、良く見ると模倣品。着物も、センスも、金魚すくいも、ほとんど全てが本場のものとは違う。

なんとなく乗り切れず、写真は一枚だけ(笑)。入場料1000円だったけれど、もったいなかったかな。米国はデフレじゃないんだから、もうちょっと本物を扱って欲しかった。来年は来ないかも?  

2017年04月06日

Rasika

ワシントンDC界隈には安くて美味しい店はほとんどないのだが、タイ料理、ベトナム料理、エチオピア料理などはそれぞれ一軒だけ、良い店がある。一軒だけでもあれば、そこにリピートしておけば良いので構わないのだが、選択の余地はない。ところが、インド料理だけは例外で、複数の良い店がある。

そんな状況で、「安くて美味しい」ではなく、そこそこ高くて美味しい店が、このRasikaである。他にも数軒の良いインド料理屋があって、DCで一番質の高いレストランが集まっているのは、インド料理かもしれない。

ということで、今日はランチで食べに来てみた。















サラダ、グリル、カレー、ライス、ナン、どれもちゃんと美味しいところはさすがである。フロア係のサービスも行き届いていて、不満に思うことは全くない。ただ、じゃぁベテスダあたりにある美味しいインド料理屋さんに比べてどうかというと、明確な差は感じられない。ベテスダのカダハイでも十分に満足できる。日本からお客さんがきたときに使うぐらいかな?

Rasika
633 D St NW
Washington, DC 20004
b/t N 7th St & N 6th St
Phone number (202) 637-1222  

2016年12月30日

国立航空宇宙博物館再々訪

ここも何度きたかわからないけど、友達が来た時に案内する場所としては鉄板。
























ところで、誤植を見つけた。

  
Posted by buu2 at 18:30Comments(0)TrackBack(0)美術

編集

2016年12月29日

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum再訪

スミソニアンで絶対に見ておかなくてはいけないのは、ナショナル・ギャラリーと、この航空宇宙博物館別館である。

会社の経理担当者が遊びにきたので、連れて行ってみた。前回、写真を撮りまくって、あとで写真の処理が大変だったので、今回は控えめに。










































緊急の際はここを切れ、と書いてあるけれど、シャトルが事故ったら大抵の場合は粉々だろう。









これ、ほとんど無料の博物館の中で珍しくお金を取るシミュレーター。8ドルだけど、その価値は全くない。

  

2016年12月08日

2 Amys Neapolitan Pizzeria

DC界隈ではもっとも人気のあるピザ屋のひとつ。










予約不可らしく、休日や御飯時に行くと行列しているらしい。今日は13:30ぐらいに行ったので、すぐに入店できた。

一枚13ドルぐらいなので、DCとしては安い部類だと思う。ピザというとすぐにファストフードの&pizzaを考えてしまうのだが、3ドルぐらい上乗せするだけでこれを食べることができるなら、こちらがプランAになるのも十分に理解できる。

2 Amys Neapolitan Pizzeria
3715 Macomb St NW
Washington, DC 20016
(202) 885-5700  

2016年12月03日

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その3

スミソニアン航空宇宙博物館別館のパート3は、残りの写真をペタペタ貼って行く。











































まだまだあるので、残りは追記に掲載。  続きを読む

2016年12月02日

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その2

スミソニアン航空宇宙博物館別館のパート2は、日本に関係する飛行機である。

















































名機紫電改の真上に覆いかぶさるようにしてエノラ・ゲイが置いてあることにちょっと腹が立つのだが、B29はすげぇでかい。こりゃ、負けるよ。

紫電改や零戦をみてもびっくり仰天ということはないのだけれど、震電一号機が一部分とはいえ、展示されていたのはとても良かった。二号機と三号機は壊されちゃったんだよね、確か。終戦間際に作られた非常に独創的な機体で、実際に飛ぶところを見ることができないのが残念でもある。分解状態なだけで、部品はある程度揃っているんじゃないだろうか。  

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その1

Steven F. Udvar-Hazy Centerとは、スミソニアン航空宇宙博物館別館と日本語訳されている博物館である。



ここに収納されているのはスペースシャトル、コンコルド、ブラックバード、エノラ・ゲイなどの巨大航空機である。あまりにもすごいので、3つに分割して紹介する。まずは、スペースシャトル等の宇宙関連である。




なぜか、未知との遭遇のマザーシップとか。



で、いよいよシャトル。







































他にも、宇宙ものがいっぱい。





















ミサイルも一応宇宙って分類で。  

2016年10月31日

Hank’s Oyster Bar Capitol Hill店

Hank’s Oyster Barはこれまでにアレキサンドリアとデュポン・サークルの店に行ったことがあったのだが、せっかくなのでキャピトル・ヒルの店にも行ってみた。注文はいつもどおりロックフェラーと、と言いたいところだったのだが、他の二店ではメニューにあったロックフェラーがこの店では存在しなかった。残念。ということで、生牡蠣全種類とクラムチャウダー、牡蠣フライを注文。
















結論だが、牡蠣はどこで食べても、日本が一番うまい。

Hank’s Oyster Bar
633 Pennsylvania Ave SE
Washington, DC 20003
b/t S 6th St & S 7th St
Capitol Hill
(202) 733-1971  

2016年10月30日

Washington National Cathedralのステンドグラス Nikon D7000編

レンズはAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで、撮影データはiso6400 f/5.6 1/2000。









































































比較のために、RICOHとNikonと、レタッチなしで掲載してみた。

RICOHはこちら
Washington National Cathedralのステンドグラス RICOH GR DIGITAL IV編
http://buu.blog.jp/archives/51535460.html

ちなみに一番のお気に入りはやはり理系っぽいこれ。

  

Washington National Cathedralのステンドグラス RICOH GR DIGITAL IV編















































  

Washington National Cathedral

Carnival of the Animalsを開催中ということなので、ワシントン国立大聖堂に来てみた。ここへくるのはもう3度目だが、日曜日は館内が無料開放されているので、初めて中にも入ってみた。
















ステンドグラスのたぐいはあとで別エントリーで詳細に紹介するので、ここではざっと。






















最上階からの眺めはこんな感じ。
















東海岸は地震がないから建物でかいなぁ、と思っていたら、5年前に結構でかい地震があって、そこそこ被害が出たらしい。教会の中に色々被害に関する資料が展示されていた。  

2016年08月10日

DC周遊バス

DCには周遊観光バスが何社か走っている。名所をぐるぐる回っていて、20箇所ぐらいあるバス停で好きに乗り降りできる。乗車中はガイドが英語で色々解説してくれる。

まぁ、一生に一度ぐらいは乗っておいても損はないかな、と思って乗ってみた。





































観光自体は無難に面白いのだけれど、とにかく暑くて大変だった。乗るなら、季節を選んだほうが良いだろう。真夏は最悪。


  

ワシントン記念塔

とりあえず、DCで一番目立つ建造物なので、一度は登っておく必要があるだろう。朝の8:30から無料の整理券が配布されるので、8:00ぐらいから並んでみた。













整理券は結構な枚数がばらまかれているようで、9:30からのチケットをゲット。あとはベンチに座って待つだけである。







空港並みの厳重な持ち物検査を受けてからエレベーターに並ぶ。そりゃまぁ、この塔を自爆テロでぶっ壊されたら、赤っ恥だものなぁ。当然といえば当然。




エレベーターの待ち時間がまたちょっとあって、その後無事展望台へ。ここかーと思って窓から外を覗くと、まさかの結露である。これ、早朝の早い時間に見にいくのは損だろ。でもまぁ、一応四方を見て楽しんだ。




























一応、建物の内部はこんな感じ。




てっぺんはこんな風になっているらしい。




夕方に登ると良いかもしれない。  
Posted by buu2 at 10:30Comments(0)TrackBack(0)ワシントンDC

編集

2016年08月07日

ポトマック川遊覧船

アレクサンドリアからジョージタウンまで遊覧船があったので、乗ってみた。ロナルド・レーガン空港がそばにあるので、ポトマック川だけではなく、飛行機も楽しめた。ちょっとお得な感じ。



























































  

2016年06月18日

ワシントン国立大聖堂

家からDC中心部への移動はほとんどバスを使っているし、アダムズ・モーガンへの移動の際にも近くで乗り換えがあるので、この大聖堂を見る機会は非常に多かったのだが、実際にちゃんと見たのはこれが初めて。それも、隣の教会でフリマがあったから、という不信心ぶりである。







教会の中に入ろうとしたら、ここは有料で10ドルだったか、12ドルだったか。結構高かったので、知人が来た時に一緒に観光するまでとっておくことにした。だって、「僕はもう見たから、一人で行っておいで」というわけにもいかんでしょう?

不信心ではあるのだけれど。

3101 Wisconsin Ave. NW
Washington, DC 20016  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)TrackBack(0)ワシントンDC

編集

2016年04月25日

Eastern Market(ファストフード)

イースタンマーケットには飲食店の出店もたくさんあるのだが、今回はマーケットの建物の中にあるハンバーガーショップで食べてみた。













注文したのはダブルバーガー。



バンズは工夫がない感じだけど、パテはとても美味しい。このハンバーガーを食べたら、マクドで食べる人の気が知れない。

バス一本でここに来ることができるのは良い発見だった。

名称:イースタンマーケット
住所:225 7th St SE
Washington, DC 20003
電話:(202) 698-5253  

2016年04月21日

SUSHIKO

こっちに来て日本食レストランはラーメン屋しか行ってなかったのだけれど、近所に結構繁盛している和食レストランがあるので、行ってみた。名前はSUSHIKO。「すしこ」ではなく、「すしこう」だろう。



ハッピーアワーに行ったので、それ用のメニュー。



この中からまず飲み物を選択。スパークリングワインやウォッカがベースになっているものが多い。






東京とか、熊本といった名前が付いているのだが、その根拠はさっぱりわからない。適当に付けたんだろう。

何はともあれ、「ハンドロール」を2本と刺身、パン粉シュリンプを注文。















手巻きはノリの代わりに湯葉を使っていて、味付けは濃い目。ちょっとスパイシーというか、エスニックな感じで仕上げてあって、あまり和の雰囲気ではない。刺身も最初から柑橘系のフレーバーが振りかけてあって、米国人の考える「和」が垣間見える。鮮度はまあ普通だと思うのだが、なぜかピンクグレープフルーツの上に乗せられていた。パン粉シュリンプは予想通りエビフライ。ただし、サイズは極小(笑)。これで5ドルかぁ。ビッグマックよりも高い。

せっかくなので本メニューの寿司も注文してみた。












一応、寿司の雰囲気は味わうことができる。ただし、味のレベルは回転寿司や、回っていないまでもファミレスタイプの郊外型寿司店のそれ。せっかくハッピーアワーだったので、もう一杯だけ飲み物を追加。



これでチップ込みで約90ドル。どんなに「どうしても日本食が食べたい」と追い込まれても、この店に来ることはないと思う。でも、このレベルでも繁盛しちゃうんだから、米国で日本食レストランを経営するというのは大きなチャンスだろう。

#逆に、日本人が喜ぶような店では、こちらでは難しいのかもだけど。

名称:Sushiko Chevy Chase
住所:5455 Wisconsin Ave, Chevy Chase, MD 20815
最寄駅:Friendship Heights(RED)
電話: (301) 961-1644  
Posted by buu2 at 23:30Comments(4)TrackBack(0)グルメー寿司

編集

2016年04月19日

National Cherry Blossom Festival(全米桜祭り)

先月の中旬からやっていたらしい桜祭りも最終盤。一番盛り上がるパレードがあるというので、観に来てみた。

























思うのは、ワシントンの人たちは肌の色だけでなく、体重に不自由な人や、目の不自由な人(メガネ)に寛容だということ。

黄色い人たちもいる。



もちろん、毛髪に不自由な人もいる。



飲み物ではそれほど贅沢をしていない様子である。都民の皆さん、安心してください。



桜クイーンの皆さん。



あぁ、日本からもクイーンが来ているのね。



ここはあえてノーコメント。



ということで、延々と続くパレードなのでした。



天気は最高。






それにしても、日本人が少ない。今日はパレードに参加している日本人を何人も見かけたけれど、観客はほとんどいなかった。この二十日ほどで、明らかな日本人はナショナルギャラリーで見かけた夫婦の二人だけである。みんなNYに行くのかな?

  

2016年04月18日

Rappahannock Oyster Company

ワシントンDCといえばオイスターバー。ということで、ユニオン駅からRedラインで一駅北に行ったNoMa-Gallaudet U駅のRappahannock Oyster Barに行ってみた。

駅の周辺は結構寂れていて、人通りが少ない。そういえば、前にワシントンに来た時も、「ユニオン駅から北は治安が悪いので行かないほうが良い」と言われたんだった。頭がピンクで掃除機を手にした怪しい人がいたり、ちょっとやばい感じ。ゴーストタウン化してしまったような町並みを抜けた先にあったのは大きなショッピングセンターみたいなフードコートで、その中だけはかなり賑わっていた。そのフードコートでも一番人が多かったのがこの店。ギリギリでハッピーアワーに間に合って、結構お得な感じだった。













通常メニューはこちら
IMG_0116


IMG_0117


店はこんな感じ。

IMG_0120


住所:20002 District of Columbia, Washington, 5th St NE, 1309
電話:(202) 544-4702
営業時間:日曜 午前 11:00 - 午後 8:00、火曜〜土曜 午前 11:00 - 午後 9:00
定休日:月曜  
Posted by buu2 at 23:16Comments(0)TrackBack(0)ワシントンDC

編集

Zenebech Injera

ワシントンDCにはエチオピア料理の店がいくつかあると聞いていたのだけれど、ジョージタウン周辺をぶらぶらしていて発見したのがここ。



お店の中はお客さんがふた組いるだけで、店員さんが見当たらない。ちょっと待ってみたのだけれど誰も来ないので、うーーーんと思って一度店の外に出てしまった。他に行こうかな、と思っていると、白と黄色のお姉さんがやってきて、店に入って行って、勝手に座ってしまった。なるほど、ああやればいいのか、と思って真似してみた。






しばらくするとお兄ちゃんがやってきて、メニューを渡してくれたのだが、何を注文していいのかわからない。まぁ、なるようになるだろう、と思って適当に2品注文し、あとはビールを飲むことにした。ビールがすぐに提供されるのは世界中で共通らしい。



ここに至り、ちょっとネットで店の情報を調べてみると、やはり大皿を注文するのが良いらしい。あたり。20分ぐらい待っていると、やってきたのはこんな料理。



手前の牛肉は追加注文したものである。



この肉や野菜の料理を、薄くて酸っぱいパンで包んで食べる。フォークやナイフといった食器は提供されず、全部手づかみである。



料理は普通にスパイシーで、日本人の味覚には合うと思う。これはいい店を見つけた。



住所:608 T street NW Washington, DC 20001
電話:(202) 667-4700
アクセス:Shaw/Howard
営業時間:10am–11pm
休日:なし(多分)  

2016年04月17日

Georgetown Flea Market(ジョージタウンフリーマーケット)

ジョージタウンでは毎週日曜日にworld famousなフリーマーケットが開催されているというので、早速行ってみた。

ジョージタウンの街並みはこんな感じ。









で、ここからフリマ。






あっという間に終了(笑)。どの辺が世界的に有名なのかは良く分からなかった。せっかくなので、周辺をぶらぶらしてみた。この辺りは建物の高さが低いので、空が広い。










  

2016年04月16日

ナショナル・ギャラリー・オブ・アート

ふらっとDCまで来てみたのだが、やることがないのでナショナル・ギャラリーに来てみた。



妙な藤棚があるのが米国らしい。






国会議事堂は改修中らしい。



んで、地震がない国独特の馬鹿でかさ。



中に入れば、名画がたくさん。もちろん、すべて写真撮影可能。











































これが全部タダなんだもんなぁ。  
Posted by buu2 at 12:04Comments(0)TrackBack(0)美術

編集

2016年04月14日

sakuramen

ワシントンDCで食べたDaikayaが侮れない味だったので、調子に乗ってもう一軒食べてみた。以下、評価。



名称:sakuramen
種類:東京
場所:アダムスモーガン
注文:sakuramen
評価:1/CCB
2016.4.11.
コメント:麺は中くらいの太さのちぢれ麺。北海道系に近いと思う。やや茹ですぎで、麺からもちょっと臭いがする。麺方の腕が悪いんだろうな、と思って食べていると、謎の物体が現れた。



麺の塊である。クラゲみたいになっていた。麺を茹でている時にカゴの中でちゃんと泳がせておけばこんな状態になるはずもなく、金返せレベルの酷い品である。

スープは豚骨ベースの薄いスープで旨みが感じられない。こういう、想定の範囲内というか、「どうせ海外のラーメンなんてこんなものだろう」と思ってしまうようなラーメンだと逆に安心する。このあいだのDaikayaが異常だったのだろう。

チャーシューは普通に美味しい煮豚。これだけはお金を払っても良い。

この店にももう来ることもないだろうな、と思ったので、tonkotsu redというのも食べてみたのだが、



こちらは細麺で仕上げた九州系辛味噌ラーメンだった。こちらの方がまだちょっとマシだった。

店名 sakuramen
TEL 202-656-5285
住所 2441 18th Street NW, Washington, DC
営業時間  火・水・木曜日 17時30分〜22時30分、金・土曜日 11時30分〜23時00分、日曜日 11時30分〜22時00分
火曜日 17時30分〜22時30分
定休日 月曜  

アダムスモーガン周辺

動物園に行ったついでに、地下鉄の駅が近所にないので普段はちょっと行きづらいアダムスモーガンへ行ってみた。






















車社会の国らしく、道路の両側は駐車車両でいっぱいなのだけれど、どこも結構びっしり並んでいる。すると、その狭い場所にお姉さんが車を停めようとしている。スペースは車一台ギリギリな感じ。こんなタイトな場所に停めちゃうなんてセナみたいな腕だな、と思いつつ見ていると、いきなり歩道サイドに脱輪した。なるほど、強引といえば強引だけど、この停め方は盲点だな、と思っていると、今度は切り返した勢いで後ろの車にごつんとぶつけてしまった。これは斬新だ。日本ではちょっとありえない駐車方法である。アメリカ、すげぇ。  

Smithsonian's National Zoo(スミソニアン国立動物園)

パンダが大人気ということなので、とりあえず行ってみた。入場料無料なので、どこから動物園なのか、良く分からない。どうやら、ここから動物園らしい。




まず、アフリカやアメリカ方面の動物たち。






















それからすぐにアジアの動物。もちろんパンダ。

























結構獰猛な感じ。

それから、ライオン。













3時間ぐらいで見終わってしまった。  
Posted by buu2 at 01:01Comments(0)TrackBack(0)ワシントンDC

編集

2016年04月08日

Daikaya(大鍋屋)

一応、プロのラーメン評論家としては、住んでいる界隈のラーメン屋は全て食べておくのが常識である。それは、ワシントンDCとあっても同様だ。ということで、手始めにDaikaya(大鍋屋)という店で食べてみた。




名称:Dikaya
種類:北海道
場所:Gallery Place Chinatown
注文:Shoyu Ramen
評価:6/ABB
2016.4.8.
コメント:札幌スタイルとのことだったが、味噌はかなり冒険なので無難に醤油を注文してみた。あまり期待していなかったのだが、食べてみてびっくり。まず、麺がかなりしっかりしている。札幌ゴム麺を使っていて、若干茹ですぎな感じこそあるものの、きちんと食感が楽しめる。三大札幌ゴム麺のどれか、多分西山だと思うのだが、店には暖簾がなかったので確かめることができなかった。

スープは脂が多めの純連系で、風味もしっかりしている。中華鍋で野菜を炒めて仕上げているのだろう。野菜の旨味も結構上手に引き出している。ただ、若干の苦味が感じられることだけはマイナスポイント。

チャーシューは非常に薄くスライスされた豚肉だったが、悪くない。次はトッピングしてみても良いかも知れない。

価格は12.25ドル。高いといえば高いけど、これだけのクオリティのラーメンを外国で食べることができるとは驚きである。

ついでなので塩ラーメンも食べてみたのだが、こちらはちょっと現地風に味を整えた感じがあって、醤油ほどの美味しさはなかった。




メニューは他に麦味噌、スパイシー味噌(担々麺?辛味噌?)、野菜ラーメン(タンメン?)があった。オプションは替玉、煮卵、メンマ、ワカメ、バター、コーン、ノリなど。サイドメニューは餃子など。

これ、日本にあっても普通に美味しいレベル。今度、他のメニューも食べてみようと思う。

店名 Daikaya
TEL 202-589-1600
住所 705 6th St NW Washington, DC 20001
営業時間  日曜、月曜 11:00-10:00、火曜、水曜 11:00-10:30、木曜 11:00-11:00、金曜、土曜 11:00-12:00
定休日 なし
  

2016年04月06日

Clyde's of Chevy Chase

Friendship heightsにあるClyde'sに来てみた。




食べたのはハンバーガーとエビのグリル。ハンバーガーは肉は美味しいのだけれど、あとは凡庸。これなら日本のプレミアムバーガーの方が美味しい。



エビも同様。大きさは立派だけれど、味は凄く美味しいわけではない。まぁ、普通に美味しいレベル。



お酒は注文せず、パンで済ませておいた。



ランチで酒なし、コーヒー紅茶なしで、チップ、税金含めて一人2,000円以上というのは、かなり割高感がある。日本なら1,500円か、もっと安くて、これより美味しいと思う。

Clyde's of Chevy Chase
441 Wisconsin Ave
Chevy Chase, MD 20815
Metro:RED Friendship Heights
(301) 951-9600  

2010年02月24日

ワシントン旅行記総集編

今回は2月17日出発、22日帰国の日程でした。

その間、撮った写真は800枚ちょっと。そのうちの一部をブログにアップしました。もうそのままPicasaで公開しちゃえ、と思ったのだけれど、今までずっとこういうふうにやってきたので、今回は頑張ってみました。でも、やっぱり結構な手間なので、次からはPicasaのアルバム直結になるかも知れません(汗)。

ワシントンの感想ですが、思ったよりもビルが大きく、そして街並みはゆったりとしていて、そしてあまり人がいない感じでした。みんなヘルシー志向で、道路が凍っているのに大勢ランニングしていました。

地下鉄は結構な混雑。

危ないと言われているところには最初から近づきませんでしたが、普通にしている分には怖いと感じる場面はありませんでした。ただまぁ、このあたりは感じ方に個人差があるでしょうし、用心に越したことはないと思います。

宿泊したホテルジョージ(The Hotel George)は非常に居心地の良いホテルでした。部屋は広いし、駅から近いし。なんといっても、観光の拠点になるユニオン駅のすぐそばというのが今回はとても良かったです。ただ、繁華街からは外れているので、夜にお酒を楽しむとかだったら、また別の場所のほうが良いかも知れません。僕は今回お酒の飲めない若い女性が一緒だったので、ちょうど良かった感じです。ユニオン駅は比較的遅くまでフードコートやサンドイッチ屋さん、ピザ屋さんなどがやっていて、自動販売機などもあり、色々と便利でした。ネットが使い放題というのもナイスでしたが、これはキンプトンの会員になる必要があります(無料)。なので、もしこのホテルに泊まるなら、会員になっておくと良いかも知れません。

キンプトンホテル
Kimpton InTouch

今回は3日間の自由時間がありましたが、ちょっと足りない感じ。あと2日あれば良かったな、と思います。以下、リンク集です。ワシントンに旅行する方はご参考にどうぞ。

成田からワシントンへ
ホテルジョージ、ユニオン駅など

ワシントン二日目
ワシントンの街並み、ニュージアム、ナショナルギャラリー西館、地下鉄、フィリップスコレクションなど

ワシントン三日目
ユニオン駅内部、国会議事堂、スミソニアン航空宇宙博物館、第二次世界大戦記念碑、ホワイトハウスなど

ワシントン四日目
ワシントンの朝、ワシントン記念塔、自然史博物館、ナショナルギャラリー東館など

ワシントンから成田へ
ダレス国際空港など

○グルメ情報
ユニオン駅地下フードコート

Garden Cafe(D.C.)

Old Ebbitt Grill(D.C.)

Bua Thai Cuisine(D.C.)

Capital Grille(D.C.)

Potbelly(D.C.)

○参考にしたウェブサイト
かもねぎ日記(Twitterでも相談に乗っていただきました)

DCグルメガイド

Greetings! from Washington D.C.(突然更新が終了していて、ウェブマスターの安否がちょっと気になりますが・・・)

2ちゃんワシントン板(僕は2ちゃんは書き込まない主義なんだけれど、今回はちょこっと書き込んで情報収集してみました。122、124、126、127が僕)  

2010年02月22日

ワシントンから成田へ

朝は7:30ぐらいに出発ということで、6時起き。眠い。

DSCN5283

ホテルまでバスが迎えに来てくれて、高速でダレス国際空港まで。空港では結構時間があるので、航空宇宙博物館の別館に行こうかと思ったら、今日は10時かららしい。それじゃぁ、間に合わない(涙)。

DSCN5291

空港はあんまり人がいない。

DSCN5294

待合スペースにはサムスンがこんなのをプレゼントしてくれている。これなら、ACアダプターをトランクに入れちゃうんじゃなかった。

DSCN5296

空港もあんまり飛行機がいない感じ。

DSCN5297

空港でお腹がすいたので、お店を探したら、ワシントンで食べ損ねたポットベリーがあった。素晴らしい。ということで食べてみたら、美味しいじゃん!こ、これは、サブウェイとかよりもずっとうまい。日本にはないのかな?

ということで、雪のワシントンにさようなら。

DSCN5307  

2010年02月21日

ワシントン四日目

朝起きて、昨日買っておいたsbarroのピザで朝ごはん。

DSCN5104

二日間甘いパンでのスタートだったので、ちょっと辛かった。今日はすっきり。出発準備を進めて、8:30に部屋を出た。

ホテルでは出発の際に明日のスーパーシャトル(空港までの乗り合いバス)の予約を確認。まだできてなかったみたいで、その場で予約してもらった。チップを払うのかなー、と思ったけれど、手持ちがなかったのでそのままでごめんなさい。

今日はこれまでの二日間で回りきれなかったところを回収する日。

まず、歩いてワシントン記念塔へ。所要時間は約25分程度?土曜日の朝ということもあってか、物凄い人数がこのあたりをランニングしている。ところどころ凍結していてツルツルなんだけれど、そんなことはものともせずに走っている人たちは偉い。前も後ろも右も、大体何かわかる。でも、左は良く分からない(汗)。ところどころにリスがいて、雪の中から食べ物を掘り出している。

DSCN5106 DSCN5107

DSCN5108 DSCN5110

DSCN5113 DSCN5115

DSCN5117 DSCN5118

P1020464 P1020465

P1020466

ワシントン記念塔に到着すると、15th st側にある小屋で9:30の回のチケットを入手(無料)。これをもらうと塔に登れる。そして、ふきっさらしの塔の横で待つこと約30分。凄い寒い。係りのおじさんが「ガムはそこに捨てて、危険物は持ち込めません」などと注意を一通り。

DSCN5120 DSCN5124

DSCN5127 DSCN5128

そのあと、8人ずつで塔の小屋へ。門番の人が「今日は雪で凄くきれいだから君たちはラッキー」と言っていたけれど、晴れなら晴れ、雨なら雨でラッキーといっている気もするし、本心かも知れないけれど、まぁ、登ってみればわかる。小屋の中で持ち物チェック。まぁ、塔を壊されたら一大事だからね。そして、塔のエレベーターに乗って77秒で一番上へ。一番上がどこなのかは良くわからないけれど、とにかく一番上。ここから、ワシントンを四方見学。もうちょっと窓をきれいにしておいてよ、と思わないでもないけれど、それでも展望を満喫。

DSCN5131 DSCN5132

DSCN5133 DSCN5135

ホワイトハウス、丸見え。

DSCN5136

塔から降りて、次に向かったのは自然史博物館。途中でやっぱり雪だるま。

DSCN5140 DSCN5144

自然史博物館はニューヨークでも見ているけれど、ここは見所が多くて時間が足りない。ざーーーーっと見ただけだけど、それでも予定を大きくオーバー。この時点で行こうと思っていたいくつかの候補地には時間切れで行けなくなることが確定。

DSCN5147 DSCN5149

DSCN5153 DSCN5155

DSCN5156 DSCN5158

DSCN5168 DSCN5170

DSCN5171 DSCN5172

DSCN5177 DSCN5184

DSCN5186 DSCN5188

DSCN5190 DSCN5191

DSCN5192 DSCN5200

DSCN5201 DSCN5202

DSCN5203 DSCN5205

DSCN5208

ちょっと遅めの昼ごはんはナショナルギャラリーそばのサンドイッチ屋さんのつもりだったけれど、どうも注文が難しい感じなのでパス。かわりにキャピタルグリルというお店に行ったら、結構高級だった。そして、そこで食べたハンバーガーはボリュームたっぷりすぎ。一応全部食べたけれど、満腹で死にそう。

DSCN5230

少し時間がたって動けるようになったところでナショナルギャラリーへ。途中、例によってリス。ホームレスが餌付けしていた。

DSCN5216 DSCN5220

ちなみに、道路にはあちらこちらで歴史的大雪の爪あとが残っていて、もう、太い木がばっきんばっきん折れてる(涙)。

DSCN5222

さて、ナショナルギャラリーに到着。まだここは半分以上見ていない。リンカーンの記念展示をやっていて、石象もあった。これって、レプリカ?みんな写真を撮っていたけれど。

DSCN5232 DSCN5243

アメリカ、イギリスなどの絵画を見終わったら、フランスなどは東館に移っていることを発見。東館へ。東館でゴーギャンやら印象派やらを見て、現代アートを見て、さぁ、17時だ、ということで下に下りたら、そこにもまだフランスの作品があることを発見。手遅れ。あわてていくつかの部屋を見たけれど、まだまだあるじゃん!という感じのところで「もう閉館です」といわれ、泣く泣く退館。

DSCN5244 DSCN5246

DSCN5247 DSCN5248

DSCN5249 DSCN5250

DSCN5253 DSCN5254

DSCN5255 DSCN5256

DSCN5257 DSCN5258

DSCN5259 DSCN5260

DSCN5262 DSCN5265

DSCN5266

すっかり疲れてしまったのでホテルで一度休むことに。なんか、街もすっかり夕方だ。

DSCN5267

ホテルに戻り、休憩をしているうちに熟睡。気がつくともう21:30だ。しまった。この時間ではあまり出歩くことができない。仕方なしにユニオン駅まで行き、夜ご飯にピザを買ってホテルへ戻り、夜ご飯。

訪問しそこなった主なポイント。

ハードロックカフェ(えっ!)
リンカーン記念館
ジェファソン記念館
動物園
ジョージタウン全部
アフリカ美術館
航空宇宙博物館別館
最終日の夜に食べておくべきだったどこかのお店
  

2010年02月20日

ワシントン三日目

今日はグレイライン社のツアーで一日ぐるぐるD.C.をまわる。

朝、7:45までに来いということなので、6:20に起床。朝食。二日続きでドーナッツでいきなり飽きた。明日は違うものを食べようと心に固く誓った。でかける支度をして、ホテルのカウンターに帰りのホテルまでのシャトルバスの注文をして、ユニオン駅へ。ツアーの出発駅がユニオン駅なのは非常に便利。徒歩で行けるのがナイス。

ちょっと早めについたので、ユニオン駅をぶらぶら。特に観るべきものもない。というか、もう何度も観たので、それほど目新しいものがない。でも、景色は非常に良いので、色々と写真を撮影。

DSCN4865 DSCN4871

DSCN4889 DSCN4892

DSCN4895 DSCN4898

集合時間になって、バス乗車。異常にテンションの高い運転手が英語で観光案内をしてくれているけれど、話はなんだか良くわからない(笑)。他にお客さんは老夫婦が二組。こんな時期にワシントンを観光する人はあんまりいないんだろう。

最初に行ったのは国会議事堂。非常に立派だ。さすがアメリカ。

とりあえず、外から撮影。

DSCN4900 DSCN4903

DSCN4908 DSCN4915

P1020427 P1020440

中はツアーを聞きながら撮影。

DSCN4925 P1020429

DSCN4926 DSCN4941

DSCN4946 DSCN4954

DSCN4955 DSCN4965

DSCN4963

外に出て、さらに散歩。まずはトラディッショナルなジャパニーズ雪だるまを作成、議事堂を帽子にしてみた。

DSCN4982 DSCN4985

これはリス。

P1020434 P1020437

女神様と、まぁ気にスンナ、の人たち。

P1020438 P1020448

次に向かったのはスミソニアンの航空宇宙博物館。ここもすげぇ。っていうかさ、ここを二時間で全部見ろって、そりゃ、無理でしょ。一日必要でしょ。しかも、ダレス国際空港のそばにある別館の方が凄いっていうじゃん。そっちも見たいんですが(涙)。

DSCN4987 DSCN4989

DSCN4993 DSCN4998

DSCN5000 DSCN5003

DSCN5005 DSCN5007

DSCN5012 DSCN5013

DSCN5019 DSCN5022

DSCN5024 DSCN5028

DSCN5031 DSCN5032

DSCN5033 DSCN5037

DSCN5041 DSCN5042

DSCN5047 P1020449

P1020451 P1020453

ここで思ったのは、もうちょっと写真の腕が良かったらなぁ、ということ。

そして次が第二次世界大戦記念碑。リンカーン記念館とワシントン記念塔の真ん中にあって、両方が良く見える。

DSCN5059 DSCN5067

煙が出ているようにも見える。

DSCN5070

ここにもジャパニーズトラディッショナル雪だるま。

DSCN5072

これが肝心の記念碑のアップ(一部)。

DSCN5085

って、あれ?食事は?みんな、いつ食べたの?という感じなんだけれど、全然食事している時間がない。

続いてアメリカ歴史博物館。ここはなんか展示が文字中心で、しかも米国の歴史に対する造詣のない僕にはイマイチ。ここで撮影したのはジュリア・チャイルドさんのキッチンの複製。

DSCN5087

凄い数のフライパンだ。我が家にはフライパンが1つ、中華なべが1つあるだけ。もうちょっと買い足そうかな?ちなみにこの博物館のショップにはジュリアの料理本とか、DVDとか、一杯売っていた。日本では全然見当たらないのになぁ。って、アマゾンで調べれば良いのか。この間調べたのは新宿の紀伊国屋。何しろ、写真が少ないとアップするのも楽で良い。

次に行ったホワイトハウスのゲストハウスもいまひとつぴんと来なかったけれど、外に出てホワイトハウスを見に行ったら、途中でオバーマ氏の語出動シーンに遭遇(多分)。米国人もみんなカメラを向けていた。

オバーマさんの乗った車。

P1020457

主が留守のホワイトハウス。

P1020459

最後に行ったのはフォード劇場。ふとっちょのおじさんが劇場の沿革やリンカーンさんが殺されたときのエピソードを喋り続ける。が、途中で眠くなっちゃった。向かいにリンカーンさんご臨終の名もない宿屋(今は有名)があって、そこも見学。ベッドが凄く小さかった。ちなみにそのベッドも複製らしい。

DSCN5089 DSCN5090

以上でプログラム終了。

ユニオン駅で降ろしてもらったので、何度も見ているけれど、駅の写真を撮影。

DSCN5091 DSCN5092

DSCN5094

地下鉄でデュポンサークルまで行って、夜ご飯(といっても、本日二食目だけれど)はタイ料理。あんまり辛くないのはちょっとどうかと思うけれど、まぁ、そこそこな感じ。スープ、炒め物、カレーなどを食べてお腹一杯。シンハーを三杯飲んで、二人で60ドル弱の支払いはそんなに高くない印象。

DSCN5100

お店のすぐそばにあったコンビニで飲み物やらなにやらを色々購入して、地下鉄でユニオン駅へ。もう朝食にドーナッツは嫌なので、ピザをテイクアウト(to go)した。

道路はだいぶ雪が減ってきた。

ホテルに戻ったら、これまでに撮った写真をパソコンに移転、全部見たら眠くなり、歯を磨いて就寝。

例によって朝の3時に目が覚めたので、日記を記述。色々やっていたら、もう6時過ぎだ。もう一回寝るかな。おやすみなさい。  

2010年02月19日

ワシントン二日目

朝起きて、昨日の夜に買ってあったシナモンロールとマフィンで朝食。

食べ終わってからホテルを出てユニオン駅へ。すぐ右手に国会議事堂が見える。

DSCN4587

ユニオン駅から地下鉄でニュージアムへ行こうと思ったんだけれど、地図で良く見たら徒歩でも行けることが判明。というか、徒歩のほうが大分便利っぽいので、来た道を戻って徒歩でニュージアムへ。途中、第二次世界大戦日系人記念碑があったので、そこを一通り見てみたけれど、半分以上雪で埋もれていた。

DSCN4598

記念碑からさらに坂を下っていくと、左には議会やナショナルギャラリー、右には裁判所などがあって、どれもこれもとにかくデカい。九官鳥のような鳥がたくさんいる。

DSCN4601 DSCN4607

DSCN4610 DSCN4613

DSCN4616 DSCN4628

そして、議会を左手に労働省脇を歩くと、すぐにニュージアム到着。

DSCN4625

ここのカウンターでワシントンパワーパスを入手。バウチャーを持っていたのでそれを渡したんだけれど、カウンターのお姉さん達は「なんだコリャ?」という感じで上司に渡していた。上司の上司の上司ぐらいでやっと「あぁ、これはね」と言う感じで対応してくれた。米国はこういう感じで、前線に立っている人が全然分かっていないことが多い気がする。これは客目線では不便だけれど、全ての人にきちんと仕事を分配するという視点からは良い事なんだろう。日本では考えられない。

無事パワーパスを入手したので、これで今日は一日、ワシントンの名所をただで見ることができる。お姉さんが「ここを見るの?」と聞くので、「もちろん」と返答。まずはニュージアムを見学することに。ここの見所の一つはベルリンの壁関連の展示物。

DSCN4637

DSCN4631 DSCN4634

DSCN4646 DSCN4656

それから、9.11関連の展示を見学。米国人の見学者が一番多かったのがここ。

DSCN4658 DSCN4663

DSCN4664 DSCN4666

DSCN4668

続いて、活動中に亡くなったジャーナリストの展示を見学。

DSCN4671 DSCN4673

バルコニーに出たかったのだけれど、雪が積もっているせいか、外には出ることができなかった。

ニュージアムはなかなかに見ごたえがあるのだけれど、ここにいつまでもいるとそれはそれで残念なことになるので、このあたりで退去。それにしてもすでに時間が足りない感じである。朝、間違ってユニオン駅に行って時間をロスったのが悔やまれる。

DSCN4676 DSCN4678

さて、ニュージアムから歩いてすぐのところにナショナル・ギャラリーがあるので、次はそちらへ。

DSCN4681 DSCN4682

ここはもともと無料の施設なので、パワーパスがあるのに立ち寄るのは本来勿体無い。でも、せっかく近所にあるんだから、ということで寄ってみた。寄ってみたのは良いけれど、ここには物凄い量の展示があって、とてもじゃないけれど観切れない。仕方がないので、最低限ということでフェルメール4枚を含めた西洋絵画をざっと流す。これだけで2時間以上が経過。それにしても、米国の博物館はフリックコレクションやフィリップスコレクションのような美術館と一部の現代アート以外はほとんど撮影可能、ストロボもオッケイというところが少なくない。日本はなんで禁止するのか良く分からない。

DSCN4689 DSCN4692

DSCN4695 DSCN4698

DSCN4714 DSCN4727

DSCN4715 DSCN4721

DSCN4730 DSCN4733

DSCN4736

一通り見たところでおなかがすいたので、ギャラリー内のフレンチで食事。

DSCN4743

食べ終わって、さぁ、どうしようかな、と思い作戦会議。結論はせっかくパワーパスがあるのだから有料のところへ、ということになり、フィリップスコレクションに向かうことにした。途中、雪合戦に興じる子どもたちと雪だるまを発見。このあたりは全世界共通っぽい。ただしこちらの雪だるまは三段組の昆虫タイプ。

DSCN4775 DSCN4779

チャイナタウン駅まで歩いて地下鉄。地下鉄のチケットは良くわからなかったけれど、適当に10ドルを入れたら10ドル分チャージされたパンダのチケットが出てきた。これをイオカードみたいに使えば良いんだろう。改札の機械に入れたら、無事利用できた。ということで、チャイナタウンからデュポンサークルへ。どうでも良いけど、ワシントンの地下鉄は暗い。人が多いので別に怖いとか、そういう感じではないけれど、とにかく暗い。

DSCN4795 DSCN4798

デュポンサークルは凄く深い駅だったみたいで、エスカレーターが長い。上のほうにトンネルの出口があるような感じ。

DSCN4805

やっと地上に出たら、ごちゃごちゃしていて方角とかさっぱりわからない。「スターバックスまで行っちゃったら行きすぎ」などと思いながら地図を片手に歩いたら、やっぱり行き過ぎてスターバックスに到着した。そこから戻ってみると、地下鉄から出てきたところで左に行っておけばすぐだったと判明。

ワシントンの道路は、格子状の道路と放射状の道路が複合している。札幌の町と田園調布の町を合わせたような感じだろうか。普通の場所は別にどうってことないのだけれど、放射状の道の中心(デュポンサークルとか)はストレンジャーにはかなりハードルが高い。

DSCN4812

フィリップスコレクションは5年ぐらい前に森ビルかどこかで特別展があったような気がするのだけれど、観にいったかどうか覚えてない(笑)。まぁ、今日観たからどっちでも良いや。

DSCN4815 DSCN4816

DSCN4817

ニューヨークのフリックコレクションも凄かったけれど、こちらの絵もなかなかナイスな感じ。フリックコレクション同様、写真撮影が禁止なのがちょっと残念な感じ。特別展示のジョージア・オキーフ抽象画展も良かった。

観終わったらもうすっかり夕方で、パワーパスは十分な効果を発揮しなかったような気もするけれど、どうせただでもらったんだし、無理に有効活用しても仕方ないのでこれで良し、という感じ。

夜は生牡蠣を食べようということで、地下鉄でチャイナタウンに向かい、駅から歩いて財務省(ホワイトハウスそば)の近くにあるお店へ。

DSCN4818

フィリップスコレクションで時間をかけすぎたため、平日の夜にやっているハッピーアワーに間に合わず、ちょっとショック。そして、物凄い混雑。20分待ちということで、その間にいくつか電話をしておかなくてはならないところに電話。20分後に呼ばれて、テーブルへ。ビールを飲みながら、生牡蠣、生クラム(あさり)、クラムチャウダー、焼き牡蠣などをたっぷり食べてすっかりご満悦。

DSCN4841

食べ終わってからチャイナタウン駅まで歩き、そこから地下鉄でユニオン駅まで戻った。昨日も買ったパン屋(ドーナッツ屋?)で朝食を購入。

ホテルに戻り、テレビで日本から持ってきたDVDを見ようと思ったら、なんか、見ることができない。海外とは仕様が違うのかな。ということで、パソコンで映画鑑賞。のつもりが、僕はほとんど寝ていた(笑)。

ということで、今日は歩きっぱなしで疲れたので、本格的に就寝。

そして、夜中の3時に目が覚めた(日本時間18時)ので、日記を執筆。二度寝した。  

2010年02月18日

成田からワシントンへ

さて、ワシントンへ出発である。

成田へ行くのには、日暮里から京成線の特急を利用。特急と言っても、特別料金は不要で、なんか、成田がずいぶん近く感じる。スカイライナーとか使う理由がなくなってしまった。っていうか、これって前からあったのかな?あったなら、何でスカイライナーを使っていたんだろう?何しろ、普通に成田に到着。

成田ではまず携帯を借りた。自分の携帯がグローバルパスポートじゃないのがいけないんだけれど、借りるのに500円とか取られてちょっと納得いかない。っていうか、本当はネットか電話で事前に予約しておけば良かったんだけれど、気がついた日の夜に電話したら(21時ごろ)、もうサービスが終了していた。auって、サービス悪いよなぁ。それから、三菱銀行でドルを400購入。まぁ、これで今回は事足りるだろう。食事などは可能な限りカードで済ませてしまう予定。あとは交通費とかなので。

チェックインして身軽になったところで食事。食べたのはネギトロ丼とおそばのセット。1200円。高くてまずいのは言うまでもない(笑)。こういうところではいまいちとわかっていても、花月とかでお茶を濁すのが得策なのかも知れない。多分、ダメな中でも一定のクオリティコントロールはできていると予想(→花月)。

DSCN4544 DSCN4547

そんなこんなで時間をつぶしていたら、出国手続きが遅くなって、搭乗したのはラストから5人ぐらいだった。通関の際にUnitedのお姉さんが凄い焦っていた。でも、荷物を預けてあるから飛行機だけ先に飛んじゃうってことはまずないはず。飛行機の中は成田からなのに九割方外国人。この時期にワシントンに飛ぶ日本人はあんまりいないんだろう。

飛行機は約12時間。途中で出てきた料理はまぁ、普通にまずかった。最初のうちはビールを飲んでごまかしていたけれど、やっぱ、全部食べるのはつらい。半分くらい残した。他に「きつねラーメン」という珍妙なインスタントラーメンが出てきて、普段は絶対にインスタントは食べない僕も、意を決して食べてみたが、予想通り激しくまずかった。

DSCN4563

ちなみに飛行機の中ではマット・デイモンの「インフォーマント!」を鑑賞。主人公のあまりのいい加減っぷりに思わず笑っちゃう内容。到着は現地時間の14:24到着予定と記載されていたけれど、実際に着陸したのは14:27で、ほぼ定刻どおり。

ダレス空港からホテルまでは相乗りタクシーみたいな奴に乗車。二人で40ドル。ただし、今回は招待ということでバウチャーをもらってあって、無料。ホテルに到着して、今回初めてチップを払った。

ホテルにチェックインして部屋へ。非常に広くて、ベッドが大きく、ネットも無料(Kimpton系列だったんだけど、事前にKimpton inTouchというのに会員登録しておくだけで無料でネットが使い放題。ドリンクも2本無料(100ドル以内))でかなり快適。ここもご招待ということでもちろん無料なのだが、いったいいくらなんだろう。結構高そう。

DSCN5101 DSCN5102

DSCN5284 DSCN5289

ホテル界隈はにぎやかという感じではなく、非常に静かでお店もほとんどないし人通りも少ない。一人でふらふらするのは好ましくないかも知れず、ちょっと警戒しないとという感じ。ホテルの一階にあるレストランはかなり繁盛している様子だったけれど、折角なのでユニオン駅まで徒歩で行ってみた。ユニオン駅は馬鹿でかくて、NYのグランドセントラルのような天井の高い構造。地震のない国はこれができるからうらやましい。

DSCN4566 DSCN4569

DSCN4572 DSCN4575

ユニオン駅の駅ビルを一通り散歩して、地下のフードコートでオクラとチキンのカレーと、チキンのバーベキュープレートを購入。二つで20ドル弱。オクラのカレーはオクラのちょっと食感が緩い感じだったけれど、味自体はちゃんと辛くて悪くない。何しろ断続的にまずい機内食を食べていたおかげであまり食欲がなく(というか、お腹は減るんだけれど、すぐに満腹になっちゃう)、3割ほど残した。もったいない。ごめんなさい。

DSCN4582 DSCN4584

一階にあったパン屋さんで翌日の朝ごはんを購入。二人分で8ドル。円高はこういうときにちょっと嬉しい。

駅からの帰りは21時過ぎだったけれど、人通りも多少あって、怖いというほどではない。まぁ、用心はしたほうが良いけれど。

部屋に戻って、明日の作戦会議中に意識喪失。寝たのは多分22時過ぎ。テレビではバンクーバーのスノボをやっていた。

夜中の3時過ぎに目が覚めて、ネットサーフ。今、こちらは4時23分。日本は18時23分。