2017年02月23日

カリオストロの城 MX4D

アニメ史上に残る名作だと思っているし、DVDディスクを持っていることもあって、ほとんどすべてのセリフが分かっているくらいには何度も観ている作品だが、記憶が確かなら、映画館で観るのはこれが初めて。4Dに大きな期待があったわけではないのだが、2200円というとてつもない高額料金を払って観てみた。

内容については特に語ることもないのだが、あぁ、この場面ではこんな感じで焦点が合わないように演出していたのか、とか、こういうところで手を抜いていたのか、とか、新しい発見がいくつかあった。やはり、映画は大きな画面で楽しまないと、と思った。

作画で粗いところもちらほらあって、これは全部作り直したら、さらに凄い作品になるだろうな、と思った。それか、ディズニーランドかユニバーサルスタジオのアトラクションを作るのでも良い。奇跡的なまでに良質なコンテンツであることは疑いがないので、今の技術で新しいエンターテインメントを創り出せたら良いのに。

MX4Dは、意外なところで効力を発揮した。それは、眠気覚ましである。時差ボケと睡眠不足の合わせ技で、何度か意識が遠のいたのだが、椅子が大きく揺れるたびにこちらの世界に引き戻された。椅子が揺れる以外にも、顔に空気や水蒸気が吹きかけられたり、スクリーンそばで多分水蒸気による白煙が湧き出たり、シートも単に大きく揺れるだけでなく、シートの下からお尻を軽く叩かれたり、いくつかの画像にリンクした動きがあったのだが、特別素晴らしい効果を発揮することはなかった。結局、眠気覚まし以外の効果は何もなかった。映画関連では付加価値を高める手段として色々なものが考案されてきたけれど、このMX4Dは効果的に機能するにはまだまだ時間がかかりそうだ。  

Posted by buu2 at 23:50Comments(0)TrackBack(0)映画2017

編集

2017年02月03日

La La Land

アカデミー賞14部門にノミネートということだったので、映画の日(?)にジョージタウンで観て来た。才能はあるのに運に恵まれず埋もれていたジャズ・ミュージシャンと女優のラブストーリー。ところどころに過去の名画の名シーンのパロディを盛り込んでいる。監督は『セッション』で一躍注目を浴びたデミアン・チャゼル(Damien Chazelle)、主演は良く知らない男優(笑)と、『アメィジング・スパイダーマン』、『マジック・イン・ムーンライト』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエマ・ストーン。

冒頭の高速道路のシーンでいきなり「これ、どうやって撮ったんだろう」という絵が展開されるのだが、以後もたびたび良く効果のわからない長回しが出てくる。この辺りは出来上がった作品で表現された効果以上に、役者や編集者に負担がかかったはずで、お疲れ様としか言いようがない。長回しやノーカットは最近の流行りのようだ。

ストーリーは良くある話で、確かにラスト・シーンは良かったと思うのだが、こういう表情ってどこかで観たよな、と思って思い返してみたらトイ・ストーリー3のラストだった。あっちは人間じゃないし、そもそもCGアニメだけど。

決してつまらない映画ではないし、正直、面白かったけれど、アカデミー賞にノミネートされるような作品かと問われると激しく疑問だったりする。一番「これ、どうなんだろう」と思ったのは、多分、映画で観るよりも本で読んだ方が感動しそうだと感じてしまったことである。そりゃ、俳優が演じていた方がリアルだし、音楽があるのも映画ならでは。過去の名画へのオマージュなんかも書籍では無理なんだけど、どうも、何かが足りない感じがした。でも、それは字幕なしで観たからかもしれない。

米国人はこういう映画が好きなのかな。僕は『Arrival』の方が好き。  
Posted by buu2 at 04:57Comments(0)TrackBack(0)映画2017

編集

2016年12月07日

Arrival(邦題『メッセージ』)

字幕なしの英語で鑑賞。多分、理解度は80%ぐらい。

突然宇宙船が飛んできて、世界の各地にそれが横たわるのだけれど、宇宙人の目的がわからない(ちなみに日本は北海道に飛んできてくれるのだが、本編では一度も日本語は出てこなかったと思う。英語発音でのホッカイドーはでてきた)。

それで、こいつ、何の用事があるんだ、という感じの米国は、語学者を連れてきて、奴らの言語の解読を試みるのだけれど、宇宙人は妙に親切で、色々会話をしてくれる。そうやってコミュニケーションを取っているうちに、やがて語学者が特殊能力を身につけてしまい、未来が見えるようになってしまう、という感じのストーリーである。

映画の途中で何度もセピア色(かな?オレンジの発色が強い画面)で語学者と、幼いうちに死んでしまった彼女の娘との思い出の場面がフラッシュバックして、その対話の中から宇宙人との対話の・・・と、これ以上書くとネタバレなので自粛。

最後に「あぁ、そういうことだったのね」と思わせる脚本がなかなか良いできなんだと思うけれど、英語なので正確にはわからない(笑)。早く、この程度の英語なら全部理解できるようになりたいものだ。

言葉がわからないのに評価もへったくれもないので、星の評価は割愛。でも、多分結構面白いと思う。日本公開は来年の春らしい。  
Posted by buu2 at 06:44Comments(2)TrackBack(0)映画2017

編集