2017年08月08日

Danke schon! @juliagoerges

今年のCITI Openでは惜しくも準優勝だったユリア選手。来年、ワシントンDCに戻って来て、優勝して欲しい。でもその前に、まずはニューヨークの全米オープンでの活躍に期待したい。

Danke schon!!
Im nachsten Jahr treffen wir uns wieder in Washington, D.C .. Davor werden wir am Ende dieses Monats in New York treffen.
Vorsicht!


















































  

Posted by buu2 at 00:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年08月07日

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Finals その4

女子シングルス決勝はエカテリーナ・マカロワ対ユリア・ゲルゲス。前日、深夜0時過ぎまで死闘を繰り広げたユリアの体調が心配。

試合開始直後はユリアのペース。






















そして、あと1ゲームキープすれば優勝というところまで来て・・・




ここでまさかの大変調。










以後、タイ・ブレイクも含め、ユリアにはほぼノー・チャンスだった。ファイナル・セットは6−0。あと一歩のところで体力的にも精神的にも切れてしまったのかもしれない。応援したんだけど。やっぱり、前日の試合が影響したのかなぁ。




























ちょっと晴れない顔だったけれど、記念に写真。来年は、優勝の笑顔で一緒に撮って欲しい。




試合前の練習は非公開で、ファン対応も皆無だったエカテリーナだけど、試合後は凄く丁寧にファン・サービスしていた。







これで全プログラムが終了なのはとても残念だけど、一週間、テニスを満喫できた。また来年を楽しみにしようと思う。  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年08月06日

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Finals その3

男子シングルス決勝はアレクサンダー・ズベレフ対ケビン・アンダーソン。前日の試合を観た限りではズベレフに死角なし、という感じで、アンダーソンがどこまで食い下がるかに注目だった。

























始まってみれば、予想通り、ズベレフペース。ともかく全てのショットが安定している。二階席からの観戦だったので球のキレなどはわからなかったのだが、常にアンダーソンが押されているので、厳しい球がほとんどだったのだろう。



















錦織戦と同じく、全くブレイクされる予感のない試合で、あっという間にマッチポイントになってしまった。







そして、優勝の瞬間。


































わずか69分の圧勝劇だった。これは強い。全米オープンでも活躍が期待される。

表彰式でも、終始にこやかで、ファンも増えそうだ。
































  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Finals その2

続いて、ケビン・アンダーソン(Kevin Anderson)選手の練習風景を写真でどうぞ。



































  
Posted by buu2 at 14:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Finals その1

若手で一番の注目株、アレクサンダー・ズベレフ(Alexander "Sascha" Zverev)選手の試合前練習風景を写真でどうぞ。
























































































気軽にサインに応じてくれて、とてもフレンドリー。  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Semi-finals その2

錦織ファンの皆さんは男子の試合が終了して帰宅してしまったようだ。でも、今日の最終戦はユリア・ゲルゲス選手とアンドレア・ペトコビッチ選手の、ドイツ人対決である。これを観戦せずに帰る手はない。







序盤はペトコビッチ選手のペース。
















第一セットの終盤でゲルゲス選手も粘りを見せたものの、序盤のリードがものをいって、7−5でペトコビッチ選手。

しかし、全体の流れはむしろゲルゲス選手。

























第二セットはゲルゲス選手が6−4で取り返した。

そして、ファイナルセット。











































結局、ファイナルセットは7−5でゲルゲス選手。試合終了は23:40。インタビューが終わった頃には午前0時を回っていた。これは明日の決勝が心配だけだ。







疲れているのに笑顔で写真撮影にも応じてくれて、決勝はゲルゲス選手を応援せずにはいられない。


  
Posted by buu2 at 01:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年08月05日

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Semi-finals その1

昨日絶体絶命の危機を何とか乗り越えた錦織選手と、この一年ぐらい、メチャクチャ強いズベレフの準決勝。このズベレフ、見た目ステファン・エドベリ、実力登場直後のマッケンローといった感じの選手で、大注目である。

#ところで、ドイツ語だとツフェレフという発音になるのかな????

試合はこれまでにない普通の時間に開始。まだ夜の7時である。




開始直後から、ズベレフのサーブ、ストロークは絶好調。一方の錦織は体が重く、サーブにも精彩を欠く状態。これまでの数試合は開始直後は体がキレすぎているようなオーバーワークっぽさがあったんだけど、今日はそのまま、重い感じ。







あれよあれよという間にブレイクされ、そのまま第一セットを終了。







続く第二セットも同じような展開で、ブレイクするチャンスすらなく終戦。










見所はズベレフの活躍だけで、あっという間に終わってしまった。ズベレフの強さは本物。これは全米オープンも台風の目になるだろう。錦織は・・・・記者会見ゾーンで待っていたら、セキュリティに囲まれて現れ、ファンの横を抜けてアップ、ダウン用のジムの裏へ。ドーピング・チェックかな?戻ってきた時も無言で、ファンへの対応はなし。周囲の子供達もがっかりしていた。まぁ、負けだから仕方ないのかな。  
Posted by buu2 at 21:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Quarter-finals その2

連日夜中の23時過ぎに試合開始となっていた錦織戦だけど、今日の準決勝は20:30ぐらいと、比較的まともな時間に試合開始。




しかし、試合相手のトミー・ポールはランキングに似合わない難敵だった。ともかくサーブが安定している。加えて、錦織に連日2時過ぎまでの真夜中テニスの疲労が見て取れて、序盤から劣勢である。







あっさり1ブレイクのまま第一セットを落とし、第二セットも先にブレイクを許す苦しい展開。







第一セットと同じく、1ブレイクされて、1ゲームもブレイクできずにあっさり終了かと思われた6−3、5−4からマッチポイントを握られつつも、徳俵一枚でなんとか踏みとどまり、ブレイクして6−3、5−5へ。







タイ・ブレイクへと突入後も、一進一退を繰り返し、ここでもマッチポイントを握られる場面もあったのだが、ベテランの意地でなんとか第二セットを取った。




第三セットになると、トミーに疲れが見え始め、錦織の優位が動かなくなってきた。



















最終セットは6−4で錦織が取り、薄氷の勝利となった。結局、試合終了は24時近く。試合後のインタビューでも表情に冴えがなかった。








  
Posted by buu2 at 01:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年08月04日

CITI OPEN 2017 観戦の記録 Quarter-finals その1

そろそろシティ・オープンも中盤戦である。まず観戦したのはSabine Lisicki - Oceane Dodin戦。先行したLisickiに対してDodinが徐々に追い上げ、ファイナルセットはタイ・ブレィクにもつれ込む大接戦。ただ、タイ・ブレィクはDodinが終始有利に進めて、危ないところがなかった。

サンバイザーの白い方が勝った。












































  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 ROUND 16 その5

雨で中断があったおかげで、開始が夜中の12時を過ぎていた(苦笑)という錦織ーデルポトロ戦。

いきなりこれだと驚くところだけど、火曜日に夜中の2時過ぎまでの熱戦を観戦していたので、心の準備は万端。














































火曜日の試合はリードしては追いつかれ、リードしては追いつかれの展開だったので、かなり負担だったんだけれど、今日はちょっと怪しい流れにはなったものの、終始リードを保っていたので、精神衛生上はとても安らかな試合だった。

試合後の表情も、火曜日に比べると明るい。













これで、錦織の勝利者サイン・ボールが2つに増えた。




一番右が火曜日、その隣が今日のサイン。  
Posted by buu2 at 17:39Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年08月03日

CITI OPEN 2017 観戦の記録 ROUND 16 その4

雨で数時間中断していたティーム対アンダーソンの試合の続き。どのセットも接戦で、最後までどちらが勝つか予想のできない熱戦だった。





























  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 ROUND 16 その3

最近のD.C.は温暖化の影響なのか、毎日夕立がある。今日ももちろんあった。おかげで、再び試合は中断である。













ようやく雨があがって、虹が出て、コートを乾かす作業が始まって、










さぁ、これから、と思ったところで再び降雨。これは心が折れる(;_;)。







結局、お約束の中断が解けて、再開したのは21時過ぎ(笑)。これで錦織戦は二戦連続の二日がかりになることが決定した。  
Posted by buu2 at 22:30Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 ROUND 16 その2

背後の練習コートになぜか大量の観客が来たので何かと思ったら錦織選手のアップだった。特等席から見学。
















30分ぐらいちょいちょいっと打って終了。  
Posted by buu2 at 19:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 2017 観戦の記録 ROUND 16 その1

写真集





























  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 観戦の記録 ROUND 32 その3

本日のメインディッシュ、錦織戦。

まずは練習シーンを撮影。













試合開始直後、勢いは錦織にあるのに、体がオーバーワークというか、切れ過ぎて調節できないというか、持て余している感じだった。特にフォア。それと、サーブの安定感がない。おかげでブレイク合戦になってしまった。ただ、途中から錦織のプレイはだいぶ安定してきて、このままなら6−1、6−0で圧勝じゃない?と思ったところから変調。













でもまぁ、序盤の貯金がきいて、危なげなく第一セットを先取。










しかし、第二セットになると錦織のミスが目立つようになり、あれよあれよという間に第二セットをヤングに取られてしまった。







第三セットになると、試合はキープ合戦になって、試合開始直後のブレイク合戦が嘘のよう。それでも、先手を取り続けたのは錦織で、3、4回あったマッチポイントをきちんと取れなかったのは痛かったのだが、そのままタイブレイクへ突入してしまった。




タイブレイクも、先手を取って、主導権を握り続けたのは錦織だった。結局何度か「このリズムは嫌な感じ」と思う場面こそあれ、実際に逆転されるまではいかず、危なくなる展開は一度もなかった。このあたりはさすがに錦織である。ただ、錦織は今や日本人初の四大大会制覇が夢ではないところまで上り詰めている。今回のような試合展開は体力の消耗につながるので、できれば避けたかったはず。また、特にサーブが安定しないのは不安材料である。逆に、バックハンドは何度も唸らされたのだが。総じて、相変わらず本調子ではないのかな、という内容だった。




試合後、インタビューコーナーが公開されていたので写真を撮りに行ったのだが、かなり疲労困憊な様子だった。







何はともあれ、錦織のサインボールをゲットできたのは良かった。何が書いてあるのか理解不能だけど。




おまけのようで申し訳ないけれど、こちらは別の試合でロシアのTursunov Dmitry選手からもらったサインボール。




なお、試合終了は午前1時50分ぐらい。さすがに疲れた。Uberで帰宅したら、乗り合いの客が日本人で、しかも隣のマンションだった(笑)。  
Posted by buu2 at 13:37Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 観戦の記録 ROUND 32 その2

コートが乾いたので、まずは添田豪選手の試合を観戦。ややピークは過ぎた感があるものの、元日本ランク1位。

ただ、スタンドとコートの距離が至近のため、ゲーム中に撮影するのはちょっとまずそうな雰囲気。練習だけ撮影した。
















お互いサーブゲームをキープしつつ進んだ第9ゲームあたりで錦織選手の前の試合が選手の途中棄権で非常に早く終了したとの情報。このまま結果を見届けるという選択肢も有力だったのだが、やはり、第一人者が登場するスタジアムへ移動することに。

申し訳ない。

ちなみに、その後の情報によればセットカウント0−2で添田選手は敗退した模様。残念。  
Posted by buu2 at 12:49Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

CITI OPEN 観戦の記録 ROUND 32 その1

去年も存在だけは知っていた、ワシントンDCで開催されるテニスの大会、CITI OPENの季節がやってきた。去年はそれほど関心がなかったのだが、今年はウィンブルドンで早々に敗退した錦織が全米オープンの調整も兼ねて、突然参加を表明した。こうなると、もちろん観に行かなくてはならない。

よく調べてみたら、大会の会場はうちからバスで一本、時間にして15分ぐらいと至近であった。そこで、まずは火曜日に観に行くことにした。何しろ、このところの錦織はすっかり一時の勢いが消えうせてしまい、強いには強いけれど、格下にぽっきり負けたり、怪我したり、いろいろな理由で途中で姿を消してしまう。それなら、対処方法はただひとつ、トーナメントの序盤で観に行くことだ。

まず、持ち物の準備。公式サイトにはあれはダメ、これはダメ、と色々書いてある。




ディパックがダメなのは全米オープンテニスで経験済みなので、トートーバッグを用意した。もちろん、サインをもらうための油性ペンも抜かりない。







バスに乗って15分で目的地到着。こんな近所にこんな立派なテニスイベント会場があったとは。米国はこういう施設があちこちにあるのがすごい。

とりあえず入場して、錦織戦のあるスタンドへ向かってみた。会場では第二試合が行われていた。




観客は、ガラガラ。













全米オープンの会場に比較すると段違いに小さいけれど、それでもなかなか立派なものである。スタンドに来る前に立ち寄ったブースでもらったボトルで水を飲みながら試合を見ていたら、第一セットが終わるあたりでポツポツと雨が降り出した。




こんなこともあろうかと和傘も持っていたのだが、途中からは土砂降りになって、テニスは中断。僕はオフィシャル・マーチャンダイズで雨宿り。







1時間ぐらいかなぁ、雨宿りしていたら雨が小降りになってきた。すっかりお腹が減ったので、ハンバーガーを買ってきて食べた。










格別に美味しいわけではないけれど、まずくもない。まぁ、こんなものだろう。雨は小降りだけど、まだまだあがるまでには至らず。







それからさらに1時間以上経って、ようやく雨はあがり、コートを乾かし始めた。この作業がえらく地道で、タオルで水を吸っている。これが一番速いのかな。そのあと、ドライヤーで乾燥させて、いよいよ準備完了である。まだ、第二試合だけど。


  
Posted by buu2 at 11:25Comments(0)CITI OPEN 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集