2023年01月22日

THE FIRST SLAM DUNK

スラムダンクについては「バスケットの漫画」という知識以外全くない状態で鑑賞。

まず感じるのは脚本の良さ。僕のようにほぼまっさらの白紙で観る人が少ないからかもしれないが、映画の中で語りすぎないのが良い。さすがに某登場人物の退場フラッグはあからさますぎだったけれど、それにしても詳細は描かれず、観る側の想像に任せる形だった。もちろんよくわからないところもあって、例えばロン毛の不良が7番やゴツいのでないことはわかっても、何番かはわからなかった。他にもこいつなんでスポンスポン3ポイント決めちゃうの?とかわからないことはあったけれど、原作の良さを損なわずに上手に映画化しているな、と思ったら原作者が脚本担当だった。

次に演出が良い。実写ならカメラワークに該当する場面の切り取り方がうまくて、このアングルがカッコいい、この角度から撮るなんてすごいアイデア、この撮り方がスピーディでいい、などと感心させられることが何度もあった。バスケというスポーツとその映像化について熟知していて、あぁー、これは原作の良さを見事に引き出しているな、と思ったら原作者が監督だった。ともあれ、最近観たドクターコトーとかイチケイのカラスの監督はこの映画を観て「映画の演出」のなんたるかを勉強した方が良い。

大きな疑問は湘北の選手がほぼ5人に限定されていたこと。バスケのみならずアイスホッケーなどもそうだけど、交代に制限のないスポーツでは交代要員も含めどうやって回していくかが勝負の肝になってくるはず。その選手起用の妙を見ることができなかったのは残念だった。設定で何か交代できない理由があったのかもしれない。

最後までどっちが勝ってもおかしくない展開で、試合のラストは黙って見守るしかなかった。この感覚を共有できた人はほとんどいないはずで、これまで全く白紙でいた僕が最大の勝利者かもしれない。

評価は☆3つ。

  

Posted by buu2 at 18:51Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年12月27日

アバター ウェイ・オブ・ウォーター

IMAXのハイフレームレートなのは当然として、前後左右とも中央の特等席で鑑賞した。

現代の映画は通常24フレームパーセカンド(fps)で上映されている。つまり毎秒24コマである。一方でこの作品はアクションシーンのみ48fpsで上映されている。つまり、動きの激しい場面は相応に精密に上映されている。3Dのさらなる成熟具合とこのハイフレームレートが技術的な見どころ。

一方で内容については正直それほど興味はなかった。一作目も複数回観ているけれど、内容はほとんど覚えてない。「青くて大きい異星人の星に行く」ぐらいである。

始まって1時間ぐらいは3D画像の体験映像な感じだった。「異世界を3Dアニメで観る」といった趣で、3D映画につきものの焦点を見失うことも良くあった。

そして、90分ぐらいからちょっとトイレに行きたくなった。しかし上映時間は調べてなかった。内容を考えるとまだまだ全然終わりそうにない。大丈夫かな。

ところが、この辺から3D映画であることを忘れる。もしかしたらこれはハイフレームレートのおかげなのかもしれない。内容は一作目同様大したことがない。でも、映像が凄い。おかげでトイレのことはすっかり忘れた。

出演者については、サム・ワーシントンとか、ケイト・ウインスレットとか、エンドロールで初めてわかった。

全5作の2作目で、残りの3作は今後の特撮3D技術の見本市になるのだろう。次回作は2年後のよう。内容を忘れないでいられると良い。反捕鯨映画であることは覚えていられるかもしれない。

内容は特にないし、脚本がどうとかもない。細かいことはともかく映像を楽しめという映画だった。

ところで、この映画はIMAXで最高品質の映像を観ないと意味がないと思うのだけれど、日本はIMAXが高額すぎる。ドルビーにしても同じなのだが、3D映画で特別料金を取るのはいかがなものなのか。今回僕が払った鑑賞料金は2900円である。日本人は知らないかもだけど米国はドルビーだろうがIMAXだろうが通常上映と同一料金である。デフレでなんでも安いのに映画だけは高くて、それで客が入らないとか言ってないでもう少し安くして欲しい。

最後におまけ。映画の前にお約束の予告編があって、インディ・ジョーンズの新作も楽しみだったけれど、凄かったのはミッションインポッシブルの予告編。予告編と言ってもトム・クルーズがバイクで崖から飛び降りるシーンのメイキング映像だったんだけど、これが相変わらず凄くてびっくり。このシリーズのトムは本当に尊敬する。トップガンも凄かったけど。

  
Posted by buu2 at 22:20Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年12月18日

Dr.コトー診療所(映画版)

IMG_4723


漫画の連載は中断したままなので、待望の続編。とはいえ、監督と脚本家はテレビシリーズと同じなので、大きすぎる期待は良くない。テレビドラマと同じ感覚で製作してしまう監督や脚本家は山ほどいる。

冒頭、一番最初の海を行く船のシーンでいきなりガッカリする。甲板の上に人が誰もいない。おそらく船の上に動く人間を配置できなかったのだろう。カネのかかっていない特撮ならやらない方が良い。

続いて漁船と並走するシーンだが、わざわざ連絡船と並走する理由がわからないし、それを見ようと大勢が甲板に駆け上がるのも不自然。冒頭の数分を見ただけで監督も脚本家も映画撮影に慣れていないことがわかってしまう。やはりテレビドラマの延長線上に映画があると勘違いしているのだろう。

ゲスト出演のように出てくる大物俳優は単独での登場で他の役者との絡みはほとんどない。旧作の同窓会にお手軽にZoom参加したような感じ。

天候不順で災害が発生するのも新鮮味は感じられず、災害が発生してしまえば対応が困難なのだからもっと事前に対策しておけよ、と思ってしまう。

そして、ある中心人物の病気がありきたり。「赤い疑惑」を見てきている「北の国から」世代なら、エピソードを一つ見せるだけで「あぁ、またあれか」とわかってしまう。しかもご丁寧にもう一度回想として映しだすありさま。一度で良いよ。

なお、「ドローンが使えて嬉しい」というのは伝わってきた。僕も飛ばしたい。

2時間ドラマを無理やり引き延ばしたような内容にあって、唯一良かったのはタケヒロのエピソードだけど、こちらは逆に描写が足りない。英和中辞典はただの宣伝だったのだろうか?

と、散々に書いてきたけれど、ラストだけは良かった。中島みゆきの「銀龍」を映画館の音質で聴けたのは最高。

評価は☆2つ半。中島みゆきの曲だけなら星3つだけど、それまでの間に120分ぐらい我慢しなくてはならないので半分減点。なお、中島みゆきがなければ☆半分。  
Posted by buu2 at 20:04Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年12月13日

ある男

正体不明の男が宮崎にやって来て文房具屋の女性と結婚するのだが、勤務中の事故で亡くなる。その後、未亡人となった女性が夫の身元を調べていくと、思っていた人物とは赤の他人とわかり、じゃぁ私が結婚したのは誰だったの、、というストーリー。

石川慶監督の作品を見るのはこれが初めて。まだ作品は少ないが、なかなか良い監督だと感じた。

邦画はとかく語りすぎるけれど、あれ?この子は誰?みたいに唐突に登場人物が増えたりするのも良かったし、それだけでなく次はどうなるのだろうと先を急ぎたくなる脚本が良かった。

盲導犬に連れられるような親切すぎる映画より、あれ?ん?と考えさせられる映画の方が楽しい。

人間は必ず出身とか、親とか、育った土地とか、色んな、そして自分ではどうしようもないしがらみを抱えて生きているけれど、それをリセットしてしまう生き方を見せている。そもそも、主人公の女性、安藤サクラはそういう情報を一切なしに結婚してしまうのがちょっと面白い設定だった。

主役級の役者を脇役で使っていて安心感もあった。

評価は星2つ半。

  
Posted by buu2 at 19:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年09月22日

さかなのこ

のん主演でさかなクンの半生を描いている。

のんの演技が良いし、ストーリーも良い。日本の教育、社会の問題点を上手に描いている。全部ジェネラリストにしてしまい、スペシャリストがスペシャリストとして生きていけない社会で、なんとか生き抜いてきたさかなクンとその母がすごい。

ジェネラリストにならざるを得なかった人にも、スペシャリストとして足掻いている人にも、響く作品になっていると思う。

詳細はYouTubeで。



評価は☆3つ。  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

異動辞令は音楽隊!

阿部寛主演の人情モノ。モーレツタイプの刑事がパワハラで音楽隊に異動になるというストーリー。先が読めてしまうところはあるけれど、ちゃんと面白かった。

詳細はYouTubeでどうぞ。



評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 13:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年09月18日

ブレット・トレイン

ブラピが日本の新幹線を舞台に大暴れ、という体の映画だが、出てくる電車はイマイチ新幹線っぽくないし、京都駅も全然違う駅っぽい。日本らしさはテキストだけという妙な映画だが、内容はまぁまぁ面白い。アクションというよりはコメディで、演出手法はタランティーノっぽい。色々なところでオリジナルとパロディの中間を行ったり来たりする。

ナンセンスな笑いがいっぱいでそれなりの楽しめたので評価は☆1つ半。  
Posted by buu2 at 00:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年08月26日

NOPE

ネタバレなしで感想を書くのが難しいので、まず最初に採点だけすると評価は☆1つ。

以下、ネタバレが嫌な人はさようなら。

内容は未知との遭遇とジョーズを足して2で割ったような感じ。謎の巨大生命体(一個体のみ)が空から襲ってくる。

それはそれで良いのだけれど、まず全体の構成がイマイチ。メインのストーリーにチンパンジーをテレビ出演させた時にチンパンジーが暴走したというエピソードを絡ませて、生命体を制御するのは難しいという説明をしている(多分)のだけれど、シチュエーションが違いすぎて効果的でない。

謎の生命体の設定もイマイチ。雲を巣にして、縄張り意識が強く、目があった生物を捕食するようだが、どうやって空を飛ぶのかとか、雲一つない快晴だと巣の存在がバレちゃうのに今まで長い間どこに隠れていたのかとか、弱点があまりに大きくてそんなんじゃすぐ死ぬだろとか。

「細かいことは良いんだよ」と思い込ませるほどの迫力もなく、うーーーーん。  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年08月18日

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

完結編との触れ込みだったけれど、別に完結してない終わり方。やろうと思えばまだまだ作れる。日本だけなのかなと思って調べたら米国でもConclusionって書いてあるから完結編なんだね。ジュラシック・パーク・シリーズではなくジュラシック・ワールド・シリーズの完結ということかな?

ストーリーは相変わらず恐竜が暴れて、人間が逃げる。

恐竜は暗いところや素早く動くシーンが多くて、じっくりと鑑賞する感じではない。なんか、色々ごまかされている気がしないでもない。

このシリーズもかれこれ6作目。すっかり飽きてしまった。評価は☆1つ。  
Posted by buu2 at 17:40Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年08月14日

パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!

もちろん自分から観たかったわけではなく、Holtby隊員の人生初映画に付き合ってみた。ちなみに僕の人生初映画は「日本沈没」で一緒に行ったおばさんが悲しいストーリーに耐えきれず途中で退出する羽目になった。そのあと、別の映画を観ようということになって「男はつらいよ」が人生二本目の映画になったのだが、寅さんが写真撮影の時にチーズではなくバターと言ったというエピソードだけ覚えている。それで「寅さん バター」でググてみたらそれは1972年製作の「第九作 柴又慕情」だったらしい。つまり僕が6歳の時。Holtby隊員は4歳で映画館デビューしたので随分早い。

閑話休題。

さて、映画だけど、子供向けの映画なのでこんなものだろう。テンポだけは早くて良い。30分ぐらい経ったかなと思って時計を見たらまだ10分だった。上映時間は60分もなくて、短いところも評価できる。ずっと喋らずに見ていたので、終わってから「面白かった?」と訊いたら「うん」という返事だったので、子供には良いのかもしれない。ほとんどの大人は自分から観に行かないよね?ということで内容には特に言及せず。評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 17:27Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年06月30日

ベイビー・ブローカー

このところ絶好調の是枝監督の最新作。驚くべきは、韓国映画だということ。

日本で言うところの「赤ちゃんポスト」をめぐる犯罪を、犯罪者と警察の両方から描いている。是枝監督らしい今時の家族像を見せる作品に仕上がっていた。韓国映画でキャストも韓国人なので、描かれる街や家族も当然韓国のもの。それにも関わらず、終始違和感なく観ることができた。語りすぎない脚本がとても良い。

ソン・ガンホ、ぺ・ドゥナといったお馴染みの俳優はもちろんだが、他の俳優たちも演技が上手。正直、韓国語はわからないので、台詞回しが流暢なのかどうかは判断がつかないのだが、台詞のない場面でも良い演技をしていたと思う。

上映館も、上映回数も多い。この内容でこれだけの扱いということは、是枝監督もすっかり超一流になったということだろう。

評価は☆3つ。  
Posted by buu2 at 01:16Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年06月05日

トップガン マーヴェリック

前作同様、大したストーリーはないのだが、音楽と映像でぐいぐい引っ張っていってしまう。こういう映画はなかなか日本ではお目にかかることがない。

まず、冒頭。「マッハって英語ではマックって発音するんだ」という意味以外に何があるのだろう、何もないと言いたくなるようなシークエンスなのだが、どういうわけかそれが面白くて「手に汗握る」というやつなので困る。

以後も、「このバーのおばさんは誰?」と思う間もなくクライマックスの攻撃シーンになってしまう。

「マイケルジャクソンの歌って、内容は全然大したことないよね」というのと同じで、この作品も内容は全然大したことないのだが、こういうのも立派なエンターテインメントだよなぁと再認識させてくれる。

これは観ても全く損ではない。評価は☆2つ半。僕ならウルトラマンよりこっちの方が高評価。

しかし、トムは全く年齢を感じさせない。すごい。来年公開予定のMIの次作も楽しみだ。  
Posted by buu2 at 13:40Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年05月16日

シン・ウルトラマン

円谷プロ、東映、カラーの共同制作、企画・脚本庵野秀明、監督樋口真嗣というラインナップ。

なるほど、特撮オタクが撮った一作になっていた。一番カラーが出ていたのはもちろん樋口監督。彼の演出はちょうどスピルバーグに強く影響されたJ・J・エイブラムスが「SUPER8/スーパーエイト」を撮ったような感じ。色々なところにオリジナルへの敬意が感じられた。ただ、脚本はそれほどでもない。なぜ脚本と監督をわけてしまったのか。樋口監督に撮らせるなら、脚本も樋口氏に任せた方が良かったのではないかと思う。

大きな破綻もなくすんなり進んでいくけれど、ゼットンが兵器だったのはちょっと残念。

評価は☆2つ。それなりに面白かったけれど、絶賛するほどではないと思う。  
Posted by buu2 at 13:24Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年04月19日

ナイトメア・アリー

IMG_1357


第二次世界大戦の時代、見世物小屋に流れ着いた男性が読心術を身につけて出世していくのだけれど、やがて大金持ちを引っ掛けるようになって、という良くあるストーリー。

それほどびっくりするような仕掛けがあるわけでもなく、途中で大体の展開は察しがつく。考えうるストーリーのうちではやや穏便な結末に至るので、観終わってすごく嫌な気分になるわけでもない。

少々長い映画だが、退屈することはなかった。評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年03月02日

ドリームプラン

IMG_0854


変なタイトルだな、と思ったら日本でつけた邦題らしい。

ビーナスとセリーナを育てたお父さんの話。女子にパワーテニスを持ち込んだ画期的な人なので、さぞかしすごい理論があったんだろうなと思ったらさにあらず。でも、運動ばかりではなく教養もきちんと身につけさせようとしたところは感心した。

主人公のリチャードは三回結婚して三回離婚しているけれど、本作では二度目の結婚の間だけを描いている。二人の姉妹がプロデビューしてからの夫婦関係や親子関係には全く触れていないので、「だいぶ変わっているけれど、二人のチャンピオンを育てたお父さん」で終わっている。そのおかげで、映画としては気持ちよく見ていられる。「実際はどうだったのかなぁ」と思わないでもないけれど、家庭のことに他人が首を突っ込むのは良くない。

脚本がなかなか良く書けているおかげで最後まで楽しめる。ただ、すごく感動するとか、そういうたぐいの作品ではない。評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 16:49Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年02月12日

大怪獣のあとしまつ

ネットでの評判が最悪だったので、楽しみにして観に行った。

でも、わりと普通。この映画を観て何を怒るのだろう。確かに、大して面白くない。でも、この程度のつまらなさは邦画では普通。個人的には「翔んで埼玉」の方が好みではなかった。

役者は良い俳優を揃えている。二階堂ふみなんか無駄遣いレベル。土屋太鳳がすごい美人になっていて驚いた。

一番ダメなのは脚本だけど、こういう本をわざと書いているので仕方ない。細かいギャグ、しかも大して面白くないギャグでつないでいく。つまり、「くだらねぇなぁ」「馬鹿じゃないの?」という失笑を呼び起こすために作られている。この手のくだらなさって、僕の時代は小劇場の演劇で散々観て来ていて、この作品に出ている役者さんたちの中にも小劇場出身の人が何人もいて、要はそういうノリなわけだ。多分僕には免疫がある。

「なんでアキラのミヤコが出てくるんだよ」とかがあったので、色々パロディを盛り込んでそうだけど、僕にはちょっとわからないものが多そう。

映画の中できっちり完結していないので、色々な雑学知識が豊富だと楽しめるのかもしれない。評価は☆半分のところ、無駄遣いした大量の良い俳優におまけして1つ。  
Posted by buu2 at 19:22Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年02月09日

クライ・マッチョ

寿命が尽きるまで撮り続けるのだろうけど、それが一体いつなのか、と思ってしまうクリント・イーストウッドの最新作。

両親が離婚していて、メキシコに住む母親の元で暮らしていた子供を米国に住む父親が取り戻すことにして、イーストウッドに頼むという内容。

最近のイーストウッド作品と同様、物語は淡々と進んでいく。子供を見つけて、車に乗せて米国に戻る途中でトラブルが発生して、といった感じ。

普通に面白いストーリーが続いて、一旦のクライマックスを迎える。しかし、イーストウッドの怖いところは普通に楽しく終われば良いものを、そこから30分や1時間、さらに物語が続いて、なんとも言えない気持ちになって映画館を出ていくことになるところである。さぁ、これからどんな展開になるのだろう、と心の準備をして待っていたら、意外な結末が待っていた。どんなラストかは、映画館でどうぞ。

評価は☆2つ。

なお、映画館はおひとりさまで快適でした。
IMG_0661
  
Posted by buu2 at 19:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2022年01月13日

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

IMG_0493


ホームシリーズ三部作の完結編。完結編と言っても、それほど大きな区切りができたわけでもなく、この辺はサム・ライミ版と同じ。

ちょっと面白いのは、サム版、アメイジング版、ホーム版の合計過去7作を全て引き受ける形のストーリー。加えてアベンジャーズからドクター・ストレンジが出てきていて、この辺はマーベル・シネマティック・ユニバースの作品ならでは。でも、正直、シネマティック・ユニバースの入り組んだ作品展開は好きではない。マーベルとしては過去作を売るのには便利なのだろう。ウルトラマンや仮面ライダーのシリーズでも過去の作品のヒーローが出てくるとワクワクしたものなので、こういうのが好きな人もいるのだと思う。

ネタバレになるので書かないけれど、この作品独自の敵役についても不満が残る。

ホーム版はなんと言ってもMJが魅力的で、本作でもその魅力は発揮されていた。知名度で言えばサム版のダンスト、アメイジング版のエマより数段下だと思うのだが、彼女が一番良いと思う。

スパイダーマンシリーズ独特のスイングシーンは映画館でこそ楽しめると思うので、映画館での鑑賞を推奨。ただし、スパイダーマンシリーズの過去作やアベンジャーズ関連の映画を復習しておかないと、十分に楽しむことはできない。

公開直後なのでネタバレはなるべく避けたいのだが、僕としてはラストはちょっと残念。評価は⭐︎2つ半。
  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)映画2022

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集