2018年06月18日

Thip Khao

ちょっと前に行っていたんだけれど、うちのHoltby隊員が入院してバタバタしていたので、報告が遅れていた、DCにあるラオス料理店。正直、ラオス料理って食べるのはこれが初めてだったので、どんなものかわからなかったのだけれど、ざっくり言うとタイ料理とヴェトナム料理を足したような感じだった。

この店の店主はヴェトナム戦争のときにラオスからタイへ疎開し、その難民キャンプで料理を習得したそうだ。2014年開店の新しい店だが、なかなか繁盛している。

注文の時に辛さを聞かれたのでどんなのがあるか質問してみたところ、辛くないもの、マイルド、アメリカンな辛口、ラオスの辛口ぐらいがあるようだったので、迷わずラオスの辛口で注文してみた。

























どうせ大したことないんでしょ?と油断していたら、ちゃんと辛くてとても良かった。辛ければ良いと言うわけではないのだが、辛いことは必要条件である。その上で、辛さだけではない美味しさがあって、十分に楽しむことができた。ヴェトナムよりはタイに近い印象。この辺は、料理のルーツがタイの難民キャンプにあるからかもしれない。

ただ、辛い料理に比較的強い僕が食べても「あぁ、これはかなり辛いね」というレベルだったので、普通の人だと完食が難しいかもしれない。自信のない人は無理せずランクを落とした方がいいと思う。




コロンビア・ハイツはうちからはちょっと遠いのだが、また行きたい。

Thip Khao
3462 14th St NW
Washington, DC 20010
(202) 387-5426  

2018年05月30日

Bangkok Joe’s 再訪

まだ「シンハー1つ」すら通じなかった頃に一度行っているタイ・レストラン。久しぶりに再訪してみた。















メニューはこんな感じ。















辛い印が3つのを注文したのに全然辛くなくて、ちょっと消化不良気味。

Bangkok Joe’s
3000 K St NW
Washington, DC 20007
(202) 333-4422  

2018年05月12日

Penang Malaysian Cuisine 再訪

NIHのそばで何か食べようと思うと、必然的にベテスダで食べることになる。その際、良く使われるのがタイ料理のバンコックガーデンと、このペナンである。他にもインド料理屋などがあるのだが、この2店はキャパも十分で近所に大きな駐車スペースもあるので、頻度が高くなる。

今日は辛い食べ物が苦手な人がいたので、マイルドな料理を中心に注文。































日本人の口には合うと思う。























  

2018年05月11日

Alfio's Cucina Italiana

隣のアパートの1階にあるイタリアンだが、ここに住んで2年以上になるのに行ったことがなかったので、ランチを食べに行ってみた。
















多分柔らかいだろうな、と思っていたのだが、予想通り柔らかめのパスタ。これは文化の違いとして受け入れるしかない。

バイキング形式の取り放題料理は味はまぁまぁ。悪くはないけれど、お代わりしたくなるほどではない。

米国のイタリアンとしては標準的だろう。

Alfio's Cucina Italiana
4515 Willard Ave
Chevy Chase, MD 20815
(301) 657-9133  

2018年05月09日

Mai Thai

ジョージタウンはタイ大使館があるせいか、たくさんのタイレストランが点在している。その中でも比較的評価の高いMai Thaiに行ってみた。この店はデュポン・サークルにもあるので、そこそこ繁盛しているのだろう。













なぜか寿司も提供しているのだが、こういう店で寿司を食べてみて美味しかった試しがないので、寿司はスルー。

まずはシンハー。



それから、チャーハンとカニのカレー。無難な選択。

決して悪くはないのだが、「これはうまい」と感動するほどでもなく、近所に来てももう一回行くかどうかは微妙なところ。

Mai Thai
3251 Prospect St NW
Washington, DC 20007
(202) 337-2424  
Posted by buu2 at 17:41Comments(0)ワシントンDC

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年05月02日

Hank’s Oyster Bar Capitol Hill店 再訪

以前一度食べたことがあるHank’s Oyster Bar Capitol Hill店にもう一度行ってみた。




























生牡蠣、カキフライ、クラブサンドを食べてみた。まぁ、普通。というか、特に食べにくるほどの味ではない。前に来た時はまだ米国にきて半年だったので、このくらいでも満足したのだろう、と思ったのだが、過去の自分のレビューに

結論だが、牡蠣はどこで食べても、日本が一番うまい。


と書いてあった。単に、前に食べたときの感想を忘れていただけだったようだ。なお、その後であちこちで牡蠣を食べてきたのだが、まだ日本の牡蠣が一番美味しいと思う。ニューオーリンズの牡蠣は、圧倒的に安くてそこそこ美味しいので、決して悪くはないのだが。ここは1個2.5ドルもして、美味しいのは6種類中1種類だけで、しかもそれですら厚岸の牡蠣などには及ばない質だった。  

2018年04月14日

今日のTHE CAPITAL BURGER

先週行ったばかりのキャピタル・バーガーにまた行って来た。







ここは食べる価値がある店だと思う。

近所にメッセがあって、先週はNASAの関係の子供向けイベントがあった。今日は医者、看護師向けのイベントがあった。今日の方が混雑がすごかった。確かに、子供向けの店ではない。  

2018年04月09日

THE CAPITAL BURGER

日本に行っている間にキャピタル・グリルの別業態、キャピタル・バーガーがオープンしたと聞いたので、早速食べに行ってみた。

店の中はこんな感じ。



メニューはこんな感じ。






最初に自家製ピクルスを持って来てくれた。



こちらはキャピタルバーガー。



こっちはブルーチーズバーガー。






さすがはキャピタル・グリル・ブランド。とても美味しい。

ただ、フロア係のお姉さんがものすごい早口で、何を言っているのか良くわからなかった。店は空席があるのに、スタッフの手が回りきらず、ウェイティングに座らされている人が多かった。でも、カウンター席は充電可能だし、Wi-Fiも完備されているので、時間を潰すのは難しくない。  

2018年04月07日

八代目儀兵衛

DCへのANA直行便は1日に一便しかなくて、11:00発である。チェックインの手続きはいつも7:00に済ませるので、そのあと、しばらく暇になる。その時間、どこで何を食べるかいつも迷うのだが、花月嵐みたいなダメダメなラーメンを食べて日本を離れるのは痛恨なので、とても悩ましい。

今日は「京都米老舗 八代目儀兵衛」という店にしてみた。







モーニングはおかゆのセットと、おにぎりのセットしかないので、おにぎりで。これが926円(税込1000円)というのはさすがに成田価格だとは思うのだが、味は悪くない。これなら、日本を離れる前の「最後の和食」にも耐えられる。少なくとも花月嵐よりはずっと良い。

店名 gihey (ギヘエ)
電話 0476-32-8188
住所 千葉県成田市三里塚字御料牧場1-1 成田国際空港 第一旅客ターミナルビル 中央ビル 新館4F NC416
営業時間 8:00〜20:00(L.O.)
定休日 無休  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)グルメ−和食

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年04月06日

今日の勇吉

明日には米国に戻るので、寿司の食べおさめで鴨居の勇吉へ。






















ランチのセット、3000円。ごちそうさま。  
Posted by buu2 at 13:45Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年04月05日

今日のさ和長

うちの会社の営業部長が会計士の試験を受けていたのだけれど、今日、その修了考査の結果発表があって、無事合格した。

そのお祝いで、さ和長で一杯。













っていうか、一杯どころか何杯も飲んじゃって、後半は良く覚えてない。まぁ、めでたいことは良いことだ。  

2018年04月04日

まことや 植田店

味噌煮込みうどんといえば山本屋が有名だけど、今日はまことやという店に行ってみた。




味噌煮込みうどんというと、高いばかりであまり美味しくないイメージがあったんだけど、この店のうどんは美味しい。苦味がかなり抑えられていて、味が濃すぎることもない。熱さのせいでうどんがへたってくることもなく、最後まで楽しめた。

美味しい味噌煮込みうどんもあるんだね。勉強になった。  

2018年03月28日

ビストロ・シンバ

経産省の忘年度会、今年は新富町のビストロ・シンバ。って、ここ、万画廊のすぐ横。飲み会の前に寄ってみたら休みだった。






















ワインも美味しかったし、料理も美味しかった。このあたりはラ・ベットラをはじめとして良い店が揃っているので、店選びに困らない。

店名 ビストロ・シンバ (bistrosimba)
電話 03-6264-4218
住所 東京都中央区銀座1-27-8
営業時間 18:00〜翌1:00(L.O.24:00)
定休日 月曜・第3火曜  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)グルメ−フレンチ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

石焼炒飯店 あべのHoop店

天王寺あたりでランチタイムになったので、飛び込みで入店してみた。







しらすの味に対して明太子の味が濃すぎる。おかげで、しらすが完全に死んでしまっていた。もうちょっとバランスを考えた方が良いと思う。明太子に頼った味付けなので、明太子を分解して良く混ぜないといけない。あと、これは炒飯とは言えないんじゃないかなぁ。まぁ、良いんだけど。多分、再訪はない。

店名 石焼炒飯店 あべのHoop店
電話 06-6622-3090
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 HOOP B1F
営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:30 ※ テイクアウトメニューは除く)
定休日 Hoopに準ずる  
Posted by buu2 at 15:30Comments(0)グルメ−和食

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月27日

金沢まいもん寿司

「最近は回転寿司でもそこそこ美味しい店がある」と聞いたので、京都の夜の最後の食事をよせば良いのに、回転寿司にしてみた。






















適当に7皿食べてみたけれど、どれも満遍なくまずい。そもそも、握りの腕が悪くて、力づくで握ったおにぎりみたいなシャリだった。これで良いなら、俺でも握れる。ネタは、イワシだけはまぁまぁ。といっても、もちろん美味しいわけではない。エンガワを頼んだら、良く分からない変なものが出てきたのには驚いた。間違いなくヒラメではない。脱脂綿のようにスカスカで不自然に水っぽい。これは一体どんな魚なのだろう。ともあれ、「えんがわ」と言えば東京ではヒラメのヒレの部分だと思うのだが、金沢では違うのかもしれない。また、わさびの巻物は不自然に辛かった。あまりにも辛すぎるので、西洋ワサビあたりを混ぜているのかもしれない。

またつまらないものを食ってしまった。

店名 金沢まいもん寿司 京都駅ポルタ店
電話 075-371-1144
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町902 京都駅前地下街ポルタ B1F
営業時間 11:00〜22:00L.O. 21:00
定休日 不定休(ポルタに準ずる)  
Posted by buu2 at 21:00Comments(2)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月24日

今日のまぐろ市場

IMG_1822


先日ネギトロ丼がまずかったまぐろ市場でこんどは中落ち丼を食べてみた。

アメ横のまぐろ屋さんの売れ残りがこういう店に回るのかな?  
Posted by buu2 at 00:00Comments(0)グルメ−丼物

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月22日

海底撈火鍋

池袋で新規開拓をしようということになって、行ってみたのが海底撈火鍋という火鍋屋である。



















これが意外と美味しくて驚いた。価格も安いし、色々食べることができて、満足度も高い。しかも、無休で朝の6時までやっているだと??これは良い店を見つけた。

店名 海底撈火鍋 (カイテイロウヒナベ)
電話 050-5593-5525
住所 東京都豊島区南池袋1-21-2 ヒューマックスパビリオン南池袋 5F・6F
営業時間 11:00〜6:00
定休日 無休  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)グルメー中華

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月21日

今日の蟻月

無難に美味しいもつ鍋。ただ、本来はもうちょっとワイルドな食べ物じゃないかな。ちょっと上品すぎる感じ。





  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)グルメ−鍋

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月18日

MEDICINEMAN

札幌でスープカレーを一杯。チキンカレー、ホット3で注文。










スープカレーって、とんでもなくまずいものは食べたことがない。この店のカレーも、もちろん普通に美味しかった。ただ、コストパフォーマンスという点ではどうなんだろう。ちょっと割高な食べ物に感じられるんだよな。

店名 メディスンマン (MEDICINEMAN)
電話 011-552-5456
住所 北海道札幌市中央区南十二条西10-1-18 グッドビル 1F
営業時間 [月・木・金]11:30〜15:00 17:00〜22:00(L.O.21:30) [土・日・祝]11:30〜21:00(L.O.20:30)
定休日 火曜・水曜  
Posted by buu2 at 16:25Comments(0)グルメ−カレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月17日

鮨 おくの

今回の北海道ツアーは金持ちが大勢いたので、車で滝川まで寿司を食べにいくことにした。店は、「おくの」。































いやぁ、美味しかった。ラーメンを食べている余裕がない(笑)。昨日食べた小樽の「なかむら」も良かったけど、こっちの方が好きだな。

なお、近所にこの店の店主のお父様がやっている「本おくの」という店があるので、お間違えなきよう。なお、今度は本おくので食べてみる予定。

店名 鮨 おくの
電話 0125-24-1818
住所 北海道滝川市栄町3-4-5
営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜日

ところで、上の写真はiPhoneで撮ったもの。恥を承知で、買ったばかりの良いカメラで撮った写真も載せておきます。























  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月16日

今日の鳥よし













砂川最強の焼き鳥屋、鳥よしで、夜食。今日は僕がドライバーなので、僕が烏龍茶。ところで、砂川のおでん屋さんがミシュラン北海道に載ったらしいね。ちょっと行ってみたい。  
Posted by buu2 at 21:00Comments(0)グルメ−焼き鳥

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

寿し なかむら

せっかく北海道まで来たことだし、寿司でも食べるか、と思い立ってレンタカーで小樽に来てみた。特にお目当ての店があるわけでもないので、駐車場のそばにあった店に行ってみると、予約でいっぱいとのこと。このあたりの寿司屋は、以前は観光客相手の刺身寿司屋が林立していたのだけれど、最近は回転寿司の人気が絶大らしく、何軒もつぶれたらしい。その跡地になのか、新しい店がいくつも登場して来て、結構勢いがあるようだ。仕方ないので、すぐそばにあった別の店に入ってみた。それが、この「なかむら」である。














































寿司は全て手が入っていて、醤油を自分で使うことが一切ない。このあたりの姿勢に好感が持てる。「うちの寿司は、この味で食べるのが一番」という自信が垣間見える。

酢飯、握りの具合、ネタ、どれもなかなかのレベルで、これなら小樽まで食べに来た甲斐もあろうかというもの。

店名 寿し なかむら
電話 0134-26-6566
住所 北海道小樽市山田町1-21
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜21:00
定休日 水曜日  
Posted by buu2 at 18:15Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月15日

政次郎

Hisayo's Innのそばにある政次郎という焼き鳥屋を開拓してみた。



















すごく美味しいというわけではないけれど、無難。酒の種類もそこそこ。軽く夜ご飯がわりに、というのは悪くない選択。  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)グルメ−焼き鳥

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

立喰 さくら寿司

陶芸教室があるビルからすぐの地下に立喰寿司があって前から気になっていたので、ランチで食べに行ってみた。







ちょっと高めのセットと、別途アジ、イワシなどの青魚の握りを注文。

結論から言えば、美味しい寿司とは言えなかった。まずシャリの握り方が硬過ぎ。これなら素人でもできる。魚はただ切っただけの刺身寿司で、それはそれで構わないのだが、ネタの質があまり良くないので(いくつか、まともなものもあったが)、これだと厳しい。

まぁ、いつも回転寿司とかサミットの寿司ばかりを食べている向きには良いのかもしれない。椅子がないけど。

店名 立喰 さくら寿司
電話 03-5960-3242
住所 東京都豊島区西池袋1-15-9 東武ホープセンター B1F
営業時間 10:00〜22:00
定休日 なし  
Posted by buu2 at 12:00Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月14日

まぐろ市場







この値段でまともなネギトロ丼を食べることができたら驚愕、と思いつつ、まぐろ市場に行ってみた。なるほど、これはまずい。ネギトロって、どうやったらこういう感じでまずくなるんだろう??  
Posted by buu2 at 20:00Comments(0)グルメ−丼物

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月12日

今日のウチョウテン

東京でハンバーグを食べる時の有力な候補が池袋のウチョウテン。ということで、久しぶりにランチで食べに行ってみた。店の前には4人の順番待ちがいたのだが、このあたりはプランBが存在しないので、仕方なく列の最後尾についた。行列中に注文を取りに来てくれたので、ハンバーグとメンチカツのセットを注文。










ハンバーグが「あれ?」と感じてしまうほどに劣化していて驚いた。これなら、ちょっと美味しい店なら提供できるレベル。仕入れ値が高騰して肉の質を落としたのだろうか。この店では価格がアップしても美味しいハンバーグを提供して欲しいのだけれど、そういうわけにもいかないのかな。  

2018年03月09日

今日の楊(やん)

一人でご飯だったので、いつもは注文することのないエビワンタン麺と餃子にしてみた。







美味しいけど、食べ過ぎだな。なお、麺はそれほど良くもない。  
Posted by buu2 at 22:30Comments(0)グルメー中華

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月07日

イタリアンステーキハウス Gaston&Gaspar ららぽーと横浜店

映画の半券があると10%引きということだったので、食べてみた。

注文したのはブラックアンガス牛肩ロースステーキ。










食べ放題の付け合わせはまぁそれほど悪くないのだが、これを食べているとデブりそうで、怖くて一度しか取りに行かなかった。もう、食べ放題にありがたみを感じる年齢ではない。

肉料理はやはり米国にはかなわないのかな。いや、この店の問題だろう。肉質が全く良くない。このレベルで1680円はかなり高く感じる。

あと、ライスもまずかった。

もう二度と行くこともないだろう。

店名 イタリアンステーキハウス Gaston&Gaspar ららぽーと横浜店 (ガストンアンドギャスパー)
電話 045-414-1663
住所 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜 3F
営業時間 11:00-23:00(L.O.21:45)
定休日 無休  

2018年03月06日

今日の麻布さ和長

名古屋から赤毛君が東京に来るというので(って、頻繁に来ているけど)、そば打ち会のメンバーでそばを食べに行くことにした。店は広尾のさ和長。











































締めはもちろんそば。






この店の蕎麦は機械打ちだけど、ちゃんと美味しい。手打ちばかりが蕎麦ではない。下手な手打ちよりもよっぽど美味しい。  

2018年03月04日

今日のカシミール

鴨居駅前で創業40年になるカレーの名店。







CoCo壱で食べる人の気が知れない。  
Posted by buu2 at 21:30Comments(0)グルメ−カレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年03月02日

今日のえいすけ

みずほ台のえいすけでビーフカツ定食。













安定の美味しさだが、やはりカツにするなら牛より豚だな、と思った。牛は、部位にもよるのだろうが、肉そのものにあまり味がないので、味の濃いソースが必要になる。ソースの味が濃いと、ソースを食べているような気分になってくる。  
Posted by buu2 at 22:30Comments(0)グルメ−洋食一般

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年02月28日

牛泥棒

白金にある北里大学病院のすぐそばにある牛ホルモン串焼き屋さん。

まずは串焼きのコース。10本。







































それからもつ鍋。









B級グルメではあるけれど、串は美味しかった。もつ鍋はもっと美味しい店があるけれど、不満に思うわけではない。また来てみようと思うレベルに美味しかった。

米国には牛肉はたくさんあるけれど、ホルモンはあまりない。米国でも展開できそうだけど、米国では牛の内臓ってどうしているのかな。

店名 牛泥棒 (ウシドロボウ)
電話 03-6447-7670
住所 東京都港区白金5-10-12 1F
営業時間 18:00〜翌4:00(L.O.3:00)
定休日 年中無休  

2018年02月25日

魚徳

僕はどこかの街で外食するときは、大抵事前に調査をして店を決めておく。ところが、今日は札幌で食べるつもりだったのに時間がなくなって、苫小牧で飛び込みで食べることになった。Googleさんにお願いして見つけたのが魚徳というお寿司屋さん。







うーーーーーむ・・・・・・。もう寄らないだろうし、人にもオススメしない。シャリがカピカピで、ネタもイマイチ。北海道のコメがいけてないのは仕方ないとしても、魚もイマイチだと、ちょっとどうなのかな。

店名 鮨処魚徳
電話 0144-36-8376
住所 北海道苫小牧市春日町2丁目1-2
営業時間 11:00〜22:00
定休日 水曜日  
Posted by buu2 at 20:00Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

ながぬま温泉ジンギスカンコーナー

よくタンネトウのおみやげジンギスカンを食べていたので、一度は行ってみたかった長沼へ。ながぬま温泉にジンギスカンコーナーがあったので、三種盛りを食べてみた。













品種ごとの違いよりも、同じ品種の中でのばらつきの方が大きかった。なんか、いまいちである。もっと高いセットを頼めば良かったのかも。これなら信州新町のジンギスカン街道にあるむさしやの方が段違いに美味しい。

店名 ながぬま温泉 ジンギスカンコーナー
電話 0123-88-2408
住所 北海道夕張郡長沼町東6線北4番地 物産館2F
営業時間 [夏季]11:00〜20:00(L.O.19:30) [冬季]11:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日 無休  

2018年02月23日

今日のとりよし

砂川で後発隊と現地集合だったので、もちろん待ち合わせはとりよしである。
















安定のおいしさ。

なお、外はこんな感じ。




  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)グルメ−焼き鳥

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

笑飛巣(エビス)

砂川は最近はポークチャップの街らしい。ポークチャップを提供している店が10軒以上ある。どうしてそんなにポークチャップが好きなんだろうと不思議に思いつつ、評価の高い笑飛巣というカフェに行ってみた。







でかい。でかすぎる。ということで、二人でシェアすることに。

待ち時間が長いので、ケーキ。



そして、これ。






おお、悪くない。二人でシェアするなら飽きて来ない。一人だったら飽きるだろうけど。ご飯がいけてないのは北海道ならではか。どちらかといえばまずい部類。

食べ盛りの高校生には良いかもしれない。

店名 笑飛巣 (エビス)
電話 0125-74-5868
住所 北海道砂川市東7条南8-1-10
営業時間 11:00〜17:00
定休日 水曜日  

2018年02月11日

今日のAbsolute Thai

ワシントンD.C.界隈では二番目に美味しいかな、と思っているAbsolute Thai。場所が良いから、利用頻度が増える。今日は春巻き、グリーンカレー、ジャングル(なんだろ、これ)を注文。辛いけど大丈夫?と聞かれたので全然平気と答えたのだが、その甲斐があったのか、いつもよりも辛い料理だった。いつもこうなら嬉しい。














  

2018年02月04日

BO BROOKS

友達のユキちゃんがジョージア州に引っ越してしまうので、お別れパーティでバルチモアのカニ屋さんに行ってみた。



有料駐車場のゲートの向こうにあるので、ちょっとわかりにくい。






メニューはこんな感じ。



牡蠣やカニのディップを食べていると、カニが登場。















この解体が難しいので、スタッフのお兄さんにお手本を見せてもらった。





まだ食べることができそうだったので、牡蠣を追加。



お腹いっぱい。

BO BROOKS
2780 Lighthouse Pt E
Baltimore, MD 21224
(410) 558-0202  

2018年02月03日

Felix’s Restaurant & Oyster Bar

最終日のランチ。すなわち、ニュー・オーリンズで最後の食事はFelix’s Restaurant & Oyster Barというシーフードレストラン。結局、ニュー・オーリンズでは魚類と甲殻類と爬虫類しか食べなかった。







なお、店内のテレビではマッケンローが何かの大会の決勝戦を戦っている。



注文したのは牡蠣と郷土料理。















どれも普通に美味しい。例によって生牡蠣は大味だけど、この店はホースラディッシュが大量に提供されているので、好きなようにアレンジできるので、あまり関係ない。

マッケンローは負けたようだ。残念。




Felix’s Restaurant & Oyster Bar
739 Iberville St
New Orleans, LA 70130
(504) 522-4440  
Posted by buu2 at 12:30Comments(0)米国 ルイジアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年02月02日

Royal House

ニュー・オーリンズに到着してからというもの、朝食を除くとほとんど全てシーフードである。結構お腹にたまるのだが、胃への負担は軽いようで、ドイツに行った時のような「もう結構」という状態にはならない。

ドイツは、塩分の強い肉料理とビールの連続攻撃で、すぐに胃腸をやられた。

さて、今日の夕食はRoyal Houseというオイスター・バー。






















店の中はこんな感じ。



とりあえず、水とブラッディ・マリー。






アルコールは少量でも体に悪いという論文を読んでから、アルコールの摂取はかなり控えている。今回は、ビール一杯と、これがアルコールの二杯目。

そして、カキ。









正直なところ、他の店との味の違いは良くわからない。しかし、北米で良く見かけるこぶりな牡蠣と違い、大きくて食べでがある。厚岸あたりの牡蠣と違って濃厚なミルクのような味わいは希薄で、かなり淡白だが、牡蠣の美味しさを味わうことができる。

あとは、牡蠣やエビの料理。









この店のクレオール料理は他の店よりもスパイスが効いていて、インド料理みたいで食べやすかった。

Royal House
441 Royal St
New Orleans, LA 70130
(504) 528-2601  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)米国 ルイジアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

Oceana Grill

ランチはシーフードの人気店、OCEANAで。
















食事はいつもと同じく、アリゲーター、エビ、ナマズ(cat fish)、カキなど。


















揚げ物が多いので、腹持ちがする。一日で一番豪勢に食べることができるのがランチである。ロックフェラー系のカキの料理はここが一番美味しいかもしれない。




Oceana Grill
739 Conti St
New Orleans, LA 70130
(504) 525-6002  
Posted by buu2 at 13:33Comments(0)米国 ルイジアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年02月01日

Gumbo Shop

フレンチ・クオーターにあるガンボ・ショップに行ってみた。

店頭のブラックボード



メニュー









今回の旅行ではビールは5万歩につき1杯と決めてあったので、おそらくこれが最初で最後の1杯。



店の雰囲気はこんな感じ。隣のテーブルでバースディ・パーティをやっていたので、賑やか。



販売もあるほど人気のある調味料たち。それほど辛くない。



以下、料理。


















ザリガニやエビで作った、辛くないカレーという感じ。個人的にはもうちょっとスパイシーな方が嬉しいのだが、そういう客は例の調味料で辛くすれば良い。ザリガニは、エビよりもぷりぷりした食感がなく、食べなれないせいか、「エビの方が美味しいかな?」と感じた。ワニのソーセージは、「これ、なんだと思う?」とクイズ形式で食べさせられたら、「うーーーん、豚かなぁ。鶏かなぁ」と悩みそうな味。

全体的に、胃に優しくて、日本人の味覚にはフィットすると思う。日本人は全然見かけないけれど。ここまで日本人が少ない街は米国では初めてかも?




Gumbo Shop
630 Saint Peter St
New Orleans, LA 70116
(504) 525-1486  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)米国 ルイジアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

Acme Oyster House

ニューオーリンズの中心部はフレンチ・クオーターと呼ばれる長方形の地域である。空港からのバスでこのすぐ外側まで行くことができたので、そこからカナル・ストリートをミシシッピー川方面へ歩いた。途中で中心部側へ入り、すぐに見つけたのがAcme Oyster Houseである。

メニューはこんな感じ。






この店は生牡蠣、焼き牡蠣の両方と、ソフトシェルのカニ料理が有名とのこと。せっかくなので、全部注文してみた。座ったのは牡蠣を捌いている調理台の真向かい。




すごい勢いで次々と牡蠣が調理されている。ほどなくして、まずは生牡蠣である。




あとは、カニやらザリガニやら牡蠣やら、もうてんこ盛り。












Acme Oyster House
724 Iberville St
New Orleans, LA 70130
(504) 522-5973  
Posted by buu2 at 13:00Comments(0)米国 ルイジアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年01月27日

今日のCapital Grille

レストラン・ウィークの定番、キャピタル・グリルに来てみた。このステーキレストランは、きちんとした雰囲気なのにそれほど高額でもなく、気軽に利用できる。しかし、米国は結構良い肉でも安く購入できるので、ついつい肉屋で買ってきて、自宅で料理して食べてしまう。そういうわけで、数ヶ月に一度でも食べに行けば満足できるので、レストラン・ウィークの時しか食べに行かないのだが、逆に言うと、レストラン・ウィークには必ず食べに行く。

専用のメニューの中から選ぶ形式になっている。




今回はこれに加えてオニオン・スープを追加注文した。

























僕が良く言っていることに「食文化という視点からは、日本人が米国人に学ぶべきことはほとんどない」ということだが、肉料理は唯一と言っても良いくらいの例外である。特に牛肉に対するこだわりは凄いの一言。米国で美味しい料理を食べたいと思うなら、まず第一にステーキを考えるべきだろう。

この店のステーキも、もちろん満足できた。フィレ・ミニヨンは味付けがほとんどなく、ソースもかけてないので、好みで塩胡椒を振る必要がある。

サラダ、スープ、メイン、デザートとどれも美味しいし、フロア係の対応も素晴らしい。次のレストラン・ウィークも間違いなく食べに来るだろう。友達がDCに遊びに来た時にも問題なく使える店である。

Capital Grille
5310 Western Ave
Chevy Chase, MD 20815
(301) 718-7812  

2018年01月24日

Sushi Taro

ワシントンDCでは、年に数回「レストラン・ウィーク」というイベントが開催される。この期間中は、エントリーしているレストランで同一金額のイベント・メニューを楽しむことができる。お値打ちなレストランもあれば、普段とあまり変わらないレストランもあるのだが、基本的には「一度食べに来て、気に入ったら、普段も来てね」というスタンスである。

DCに来て2年弱、これまでまともな寿司を食べたことがなかったのだが、折角のレストラン・ウィークなので、DCで一番美味しいと言われることもある「寿司太郎」に行ってみた。




レストラン・ウィークのメニューはこれ。




2人で行ったので、色々バリエーションを変えて注文してみた。

前菜
はまちカルパッチョとサーモンタルタル



温菜
銀鱈鉄板焼



海老天



寿し
スペシャル4





















ジャパニーズ5 + スパイシー・スパイダー



デザート
黒ごまのもちアイス



正直、それほど期待してなかったのだが、意外と美味しかった。前菜はサーモンの味付けが濃く、はまちとのバランスが悪い。温菜の銀鱈はカリフラワーが全くフィットしていなかった。味噌味が非常に濃かったので、魚の味は良くわからなかった。天ぷらはまぁまぁ。

寿司は、特に、マグロの赤身はそこそこのレベルだった。逆に、サーモンはイマイチ。米国近辺でたくさん獲れてしまうので仕方ないのだろうが、もともと鮭は臭いが強い魚なので、かなり工夫して食べさせないと寿司ネタとしては厳しい魚である。鮭は、そのまま切って出すなら、高級店だろうが、回転寿司だろうが、米国だろうが、どこで食べてもそれほどうまい魚ではない。焼いて食べた方が良いのである。甘エビはなかなか良かった。ウニも、思ったよりは良かった。当然かもしれないが、ラインナップに日本近海の青魚が全くなく、そこはかなり物足りなく感じた。

わさびは練りわさびで辛すぎて使い物にならなかった。シャリはほとんど甘みが感じられない酢飯で、それは良いのだけれど、握り具合はちょっとムラがある感じだった。少なくとも日本の一般的な回る寿司よりはレベルが高い。

寿司でひとつアディショナル・ロールを追加してシェアし、チップを入れて一人約50ドル。日本円だと5500円ぐらい。ただ、ラーメンが15ドル、1650円ぐらいなのと合わせて考えると、日本なら3000円弱相当である。まぁ、そんなもんかな、というレベルなので、DCで寿司が食べたくなった時は、ここに来るのが選択肢のひとつになるだろう。

今まで米国で食べた寿司の中ではマイ・ベスト。ただし、日本なら全く普通。

Sushi Taro
1503 17th St NW
Washington, DC 20036
(202) 462-8999  
Posted by buu2 at 23:19Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年01月22日

ZAYTINYA 再訪

久しぶりにギャラリープレイス駅そばにあるZAYTINYAに行ってみた。

この店は、ギリシャ、トルコ、レバノンあたりの料理を楽しめる。ランチタイムに二人で行ったので、ランチ・コースを2通り注文してみた。3つのカテゴリーごとに4種類の料理から1つを選び、デザートは2種類の中から1つを選ぶスタイル。これで25ドル(チップ別)。


































これが、結構な量があって、2品目でほぼ満腹。米国人の胃袋のサイズに合わせるのは大変である。それでも頑張ってデザートまで行き着いた。

どの料理も生まれて初めて食べる味なのだが、不思議と食べなれているような印象を受ける。何の抵抗もなく食べることができて、簡単に言うならとても美味しい。

前に来た時もかなり美味しいと感じたのだが、今回はその記憶を上書きするかたちになった。ここは1、2ヶ月に一度は来て、楽しみたいレストランである。

店内の雰囲気はとてもお洒落で、気持ちよく食事を楽しめる。安心して知人にオススメできる店のひとつである。

ZAYTINYA
701 9th St NW
Washington, DC 20001
(202) 638-0800  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)グルメ−洋食一般

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2018年01月19日

Bangkok Garden Restaurant at Bethesda

久しぶりにBethesdaのBangkok Gardenへ。










ここは米国人向けにアレンジされているけれど、安定してそこそこ美味しい。そして、安い。  

2018年01月11日

Tommy DiNic's

Reading Terminal Marketの繁盛店、Tommy DiNic'sでポークサンドを食べてみた。







悪くないけれど、すげぇ美味しいというわけではない。味が単調なので、調味料で変化をつけないと、全部食べきれない。最初から同行者とシェアしたので、半分しか食べてないけれど。日本の食文化と比較してしまうと、やはり難しいところがある。

何度も言っているけれど、食文化という点では日本人が米国に学ぶことはほとんどない。この国にも、この街にも、食べ物を期待して来ては、まず間違いなく失望するだけだ。もちろん、何百ドルも出せばこの限りではないだろうが。

Tommy DiNic's
1136 Arch St
Reading Terminal Market
Philadelphia, PA 19147
(215) 923-6175  

2017年12月29日

Russia House Restaurant & Lounge

先日、Mari Vanna DCに行ったらなかなか美味しかったので、DCで一番と言われることもあるRussia Houseにも行ってみた。

メニューはこんな感じ。













まずはビールを一杯。




それから、評判の良さそうな料理とストロガノフ。












締めはクレームブリュレ。これがロシア料理なのかは不明。



マリ・ヴァナとの一番の違いはストロガノフ。こちらは酸味が強いクリームを使っているようで、僕の口には合わなかった。デザートのブリュレも、これなら日本で食べた方が美味しい。個人的にはマリ・ヴァナの圧勝である。ただ、店の雰囲気はとても良くて、接待などで使うならこちらなのかもしれない。






Russia House Restaurant & Lounge
1800 Connecticut Ave NW
Washington, DC 20009
(202) 234-9433  
Posted by buu2 at 06:17Comments(0)グルメ−洋食一般

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2017年12月23日

Mari Vanna DC

クリスマスの時期なので、滅多にしない外食をしてみた。行ったのは、ファラガットノースにあるマリヴァナというロシア料理の店。

メニューはこんな感じ。表紙だけだけど、中身は想像して欲しい(苦笑)。



飲み物リストはこれ。ウクライナのビールを注文。



店の中はこんな感じ。









フロアの人たちがみんな若くて、美男美女。素晴らしい。

時節柄、ゴージャスなクリスマスツリー。



ウクライナのビール登場。



ジョッキに注ぐとちょうどいっぱいになる。



以下、食べたもの3品。









そして、デザート。これがメニュー。



注文したのはMedovikとNapoleon。






途中でお腹いっぱいになってしまい、Medovikは半分以上をto go boxでお持ち帰り。美味しかった。バスでも、地下鉄でも簡単なアプローチだし、また来たい。

Mari Vanna DC
1141 Connecticut Ave NW
Washington, DC 20036
Phone number (202) 839-3067  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)グルメ−洋食一般

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集