2017年01月07日

Pho 75

ロックビルにも同じ名前のベトナム料理の店があるのだが、これはアーリントン。店の人にロックビルの同名の店はここの支店かと聞いたら、全然関係ないとのことだった。まぁ、バージニアとメリランドで州も違うので、関係ないのかもしれない。ベトナム料理の店はフォー○○という店名が多いのだが、同じ数字にしなくても良いのに、と思う。










フォーも、デザートも、どこへ行っても基本フォーマットは同じなんだけど、味は結構違う。で、この店のフォーはちょっと薄味。出汁がちゃんと取れていない感じで、いまいち。やはり、今のところ、DC界隈でベストはロックビルのナムナムである。

Pho 75
1721 Wilson Blvd
Arlington, VA 22209
(703) 525-7355  

2016年12月30日

国立航空宇宙博物館再々訪

ここも何度きたかわからないけど、友達が来た時に案内する場所としては鉄板。
























ところで、誤植を見つけた。

  
Posted by buu2 at 18:30Comments(0)TrackBack(0)美術

編集

2016年12月29日

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum再訪

スミソニアンで絶対に見ておかなくてはいけないのは、ナショナル・ギャラリーと、この航空宇宙博物館別館である。

会社の経理担当者が遊びにきたので、連れて行ってみた。前回、写真を撮りまくって、あとで写真の処理が大変だったので、今回は控えめに。










































緊急の際はここを切れ、と書いてあるけれど、シャトルが事故ったら大抵の場合は粉々だろう。









これ、ほとんど無料の博物館の中で珍しくお金を取るシミュレーター。8ドルだけど、その価値は全くない。

  

Tandoori Nights

ベテスダにカダハイ以外にも美味しいインド料理屋があると教えてもらったので、ランチで食べに行ってきた。

カレーは5、6種類ぐらいあって、一通り食べてみたけれど、どれも辛さはもう一つだけど美味しかった。特にヤギのカレーは美味しかった。サラダやタンドーリも美味しくて、ついつい食べすぎてしまった。






マンゴージュースもついてきて、トータルで12ドルはベテスダ周辺としては格安。デザートのライスプリンだけはカダハイの方が美味しいのだが、他は勝るとも劣らない。DC周辺の和食やタイ料理はほとんどがイマイチだが、インド料理は健闘している。

Tandoori Nights
7236 Woodmont Ave
Bethesda, MD 20814
(301) 656-4002  

2016年12月28日

Penang Malaysian Cuisine

ベテスダにあるマレーシアとタイ料理の店。タイ料理のDCベストはナバタイとほぼ結論が出ているのだが、念のため、食べに行ってみた。




















この辺りにしては珍しくたくさんのデザートが用意されているのだが、なぜかタロイモのプリンとかタピオカ・ココナッツ・ミルクなどは見当たらない。米国ではタピオカ飲料はバブル・ティと呼ばれて、非常に一般的なのに、タイ料理屋さんで見かけたことがない。

で、味の方だが、マレーシア料理も含めているせいもあるのかもしれないが、ほとんど辛さを感じないものだった。スパイシーマークがついていて、この味だとちょっと納得がいかない。もう食べに行くこともないだろう。

Penang Malaysian Cuisine
4933 Bethesda Ave
Bethesda, MD 20814
(301) 657-2878
  

2016年12月23日

Uncle Julio’s Bethesda Row

年内で日本に帰国する知人の送別会をベテスダのメキシコ料理屋で開催した。



















目の前でアボカドを調理してくれるのが良い。だけど、スパイシーなのを頼んだのに、全然辛くなかったのはちょっと残念。メキシコ料理も米国風にアレンジされているんだね。

Uncle Julio’s Bethesda Row
4870 Bethesda Ave
Bethesda, MD 20814
(301) 656-2981  

2016年12月14日

Spirit Airlines

今回のフロリダ行きは往路、復路ともにLCCのスピリット航空を利用したのだけれど、往路は1時間、復路に至っては5時間ぐらい出発が遅れた。おかげで、出発ロビーはこんな感じ。









なんでこんなに遅れるんだ?って、安いから。医療から教育まで、この国はカネ次第である。でも、貧乏人だって、ディズニー・ランドで遊ぶことはできる。その辺はフェアである。

ちなみに今回の飛行機は、出発が遅れただけではなく、着陸時に、もう車輪が接地する、というタイミングで加速して再上昇した。この時はさすがにびびった。でも、安いから仕方ない。

結局、空港で頼んであったシャトルバスも自動キャンセルになったのだが、ここはちゃんと代替のタクシーを用意してくれた。

安いには、安いなりの理由がある、ということ。結局、移動でほぼ丸一日潰れてしまった。  

2016年12月13日

ユニバーサル・ハード・ロック・カフェ

最後の夜はやっぱりHRC。







  

夜のHogwarts Express界隈

夜景も、ディズニーより好き。
































































  

London/Diagon Alley (The Wizarding World of Harry Potter)

夜のダイアゴン横丁を散歩していると、みんなが上にカメラを向けている。



何かなーと思っているとでかい火が現れた。



そしたら、明るくなって、竜がいた。竜が定時に火を吹くらしい。















杖屋さん。





















ちょっと、魔法使いのローブを着てみた。





なんか、ハリーとかよりはスネイプみたいな感じ。

ふくろうもいっぱい。

  

Islands of Adventureで何かのレース

よくわからん。



















  

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター その2

また来てしまったハリポタの街。

そこここで、魔法の杖を振り回す魔法使い研修生たち。







魔法使いの沙汰も金次第。8ドル高い杖を使わないと、全く魔法が使えない。




ちょっとしたショウをやっているのだけれど、






なぜかカンフーと新体操の人々。魔法とは全然関係ない。この辺のセンスが凡人には理解不能。




  

The Leaky Cauldron

The Wizarding World of Harry Potter のHogsmeade Village内にあるレストラン。雰囲気は非常に良い。味はまぁまぁ。米国のテーマパーク内レストランだと頑張っている方だろう。だけど、味だけで評価したら、シティ・ウォークにあるハード・ロック・カフェの方がずっと美味しい。






















外の屋台で売っているバター・ビールも飲んでみた。


甘いキャラメル味の飲み物だった。フローズンなら飲める。

The Leaky Cauldron
6000 Universal Blvd
Orlando, FL 32819
(407) 363-8000  

Hogwarts Express

King's Cross





















Hogsmeade


















景色だけ見ると雪だけど、



フロリダなので、服装は夏。

  

ユニバーサル・シティ・ウォークからキングス・クロス駅へ






















デロリアン発見。









ブルース・ブラザースも。



それで、ジョーズ。









目的地に無事到着。

  

2016年12月12日

夜のEPCOT

花火も含め、夜景はディズニーがユニバーサルに圧勝。












































































  

EPCOT World Show Case

ワールド・ショウ・ケースをぶらぶら。









フランス・コーナーのクレーム・ブリュレはなかなか美味しかった。食べ物全部がまずいわけではないようだ。















でも、イギリス・コーナーのフィッシュ・アンド・チップス(ポテト)は油まみれで美味しくなかった。

  

Katsura Grill

オーランドまで来て、まずいとわかっていてもメニューにラーメンとあればとりあえず注文しなくてはならないのがラーメン評論家の悲しいところ。



名称:Katsura Grill
種類:北海道
場所:エプコット
注文:スパイシー味噌シーフードラーメン
評価:1/CC−
2016.12.11
コメント:麺はやや細めの縮れ麺。完全に茹ですぎで、調理に失敗したインスタント麺のよう。というか、実際にそうなんじゃないか。

スープはちょっと辛口に仕上げたインスタントラーメンのよう。というか、実際にインスタントなんじゃないか。

チャーシューはのっていなかったので無評価。

かなりまずい。東京ディズニーランドでも食事は全く当てにならないのだから、総じて日本より食文化のレベルが低い米国のディズニーワールドで、しかも12ドルぐらいの価格では、美味しいものが食べられるわけがない。ちなみに食器も箸も、全てがディスポである。日本人にはもちろん、外人にも全く勧められるものではない。



あと、チキンカツカレーも食べてみたのだが、


ラーメンに負けず劣らずまずかった。またつまらぬものを食ってしまった。

Epcot
1510 N Ave Of The Stars
Lake Buena Vista, FL 32836
Disney World, Horizons West / West Orlando
(407) 939-3463  

Frozen Ever After

ワールド・ショウ・ケースのノルウェイ・コーナーにあるライド系アトラクション。音響などのハードや人形の出来が良いので、大したことのない内容でもそれなりに楽しめる。大人でも大丈夫。  

EPCOTの日本コーナー

三越と広島が中心であった。










  

Soarin'

とりあえず、一番人気と言われるソアリンに来てみた。



事前情報なしに白紙で来てみたのだが、これはすごい。ソフト的には全く大したことがないのだが、ハードが素晴らしい。ハンググライダーで世界各地を見て回るという内容だが、高所恐怖症の僕にはかなり背筋が寒くなるもの。リアリティが半端ない。

これでもっとソフトに凝れば凄いのにもったいない。  

EPCOT

WDWの二日目はEPCOTに来てみた。

大きく分けてアトラクションのあるエリアと、ワールド・ショウ・ケースのあるエリアにわかれている。まずは、アトラクションのエリアをぶらぶら。

























ここはスタバも普通。



噴水が面白い。









モノレールでマジック・キングダムへ行けるらしい。


  

2016年12月11日

Morimoto Asia

和食の鉄人といっても三代目になると誰だかさっぱりわからないのだけれど、ラーメンを出していると聞くと行っておかざるを得ない。1時間待ちだったので、近所をぶらぶらしてから入店。以下、評価。



名称:Morimoto Asia
種類:中華
場所:ディズニー・スプリングス
注文:スパイシーチャーシューメン
評価:0/CCC
2016.12.11
コメント:スープはほとんど味がない。スパイシーなのは確かだが、ダシの味がない。米国人はこんなものを食べてラーメンだと思っているのだろうか。

麺は中くらいの太さの縮れ麺。完全に茹ですぎで、コシのカケラもない。最悪。

チャーシューも美味しいとは言えない。

これはひどい。またつまらないものを食ってしまった。

ちなみに内装は立派。





















コンセプトはアジア料理の店なので、寿司も食べてみた。











ネタはまぁまぁだが、シャリは大きさも、握り具合もバラバラ。やはり、米国でまともな寿司を食べようと思うのが間違いなのだろう。この国から食文化で学ぶべきところはほとんど見当たらない。まぁ、もっと金を出せば良いんだろうけど。

Morimoto Asia
1600 E Buena Vista Dr
Lake Buena Vista, FL 32830
Disney World, Horizons West / West Orlando
(407) 939-6686  

ディズニー・スプリングス

買い物と夜景と食事を目的に来てみた。

























買い物をしたのはなぜかユニクロ(笑)。















あとは夜景の続き。







  

ディズニー・ハリウッド・スタジオ 総評

全体的に、コースターのレベルは低い。乗車時間も短い。ユニバーサル・リゾートと比較するとクォリティは大分下と言える。

しかし、3Dもののハードのレベルは高い。かなり古い映画のアトラクションも映像は新しくリニューアルされている。この辺はユニバーサルよりも上だろう。

キャストも親切だし、夢の世界の住民にはちょうど良いのかもしれない。でも、現実に慣れていると食い足りない。スター・ウォーズやインディアナ・ジョーンズという大好きなソフトを備えていても、僕にとってはユニバーサル・スタジオよりも下だった。


























  

Star Wars: A Galactic Spectacular

スター・ウォーズをテーマにしたショウ。基本的に被り物を被ったキャラしか登場しない(笑)。あと、BB−8が自走しないのがとても残念。

































待ち時間中にはトルーパーが客席に登場。






ちなみに出演待ちの姿も見ることができる。






  

Beauty and the Beast Live on Stage

美女と野獣のダイジェスト版みたいなステージ。




















短いレンズしか持ってなかったので、上手に撮れなかったのだが、何より目の前のおばさんの頭が写り込まないようにするのに苦労した。

  

ディズニー・ハリウッド・スタジオのスタバがわかりにくくて困った

色って大事だよね。

  

Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!

インディアナ・ジョーンズの「レイダース 失われたアーク」をテーマにしたライブ・ショウで、映画の撮影を見学するスタイルになっている。

映画を知っていれば、いくつかの名シーンが再現されていて、楽しめる。え?このシーンもできちゃうの?と心配になる場面も無事クリアしてエンディング。悪くない。


















もうちょっと長いレンズ、400ミリぐらいを持ってくれば良かった。  

Dockside Diner

ランチ・タイムになったので、園内のファスト・フードでホットドッグとナチョス。










それほど美味しくはないが、テーマ・パーク内のレストランなので多くを期待する方が間違っているのだろう。  

Rock'n'Roller Coaster staring Aerosmith

スペースマウンテンのような真っ暗闇のローラー・コースター。先が読めないのでそれなりに楽しい。ただ、そこはやはりディズニー。荷物を全部ロッカーに入れさせないと危なくて仕方のない、ユニバーサル・スタジオにあったコースターのようなハードさはない。


  

The Twilight Zone Tower of Terror

フロリダ三日目はディズニー・ハリウッド・スタジオに来てみた。ユニバーサルと比較すると、明らかに客が多い。それと、キャストの質が高い。ユニバーサルは無表情なキャストが大勢いたけれど、こちらはみんなにこやかだ。これだけで、受ける印象は全く違ってくる。

天気も良いし、気分良く最初のアトラクションへ向かった。乗ったのは人気のThe Twilight Zone Tower of Terrorだったのだが、どんな乗り物なのか知らずに行った。















動き始めたら、いわゆるフリーフォールものを密室にした感じだった。一瞬驚いたのだが、この無重量感はアルペンスキーヤーなら頻繁に味わっている感覚なので、あとは惰性。

しかし、慣れていない人には新鮮な感覚なのかも知れない。  

2016年12月10日

Black Angus Steakhouse

米国で知らない場所に行ったら、食べるべきは中華か肉と相場が決まっている。なので、今日は肉にしてみた。yelpでは非常に評価が低い店だったのだが、泊まっていたホテルから徒歩で30秒という立地だったので、迷わずここにした。ステーキを食べてみたけれど、安定のうまさ。この程度なら十分に満足である。やはり、米国では肉が安全パイ。












Black Angus Steakhouse
6231 International Dr
Orlando, FL 32819
(407) 354-3333  

ユニバーサル・スタジオ・フロリダをぶらぶら

散歩しながら、夜景など。



















  

ユニバーサル・スタジオ・フロリダのクリスマス・パレード

夕方になってパレードが始まる感じだったので、待つことにした。







で、始まったら、馬鹿でかい、それでいて表情や可愛さがかなり微妙な山車が次々とやって来た。



















なんというか、微妙としか表現のしようがない。









ミニオンだけは安定の可愛さである。


















サンタも登場。






記念撮影可能だったので、美女に挟まれてみた。日頃から米国人は体重に不自由している人ばかりと言っている僕だが、自分は顔の大きさに不自由している(涙)。

  

Harry Potter and the Escape from Gringotts

ハリー・ポッターの4Dライド。新しいので、映像はなかなか良いし、アクションも悪くない。

このアトラクション、ちょっと奥まったところにあってわかりにくい。  

E.T. Adventure

完全に子供向けのアトラクション。

これを見ていて、ETって、指が光るのと、自転車が空を飛ぶだけで、素っ裸だし、どうやって地球まで来たんだろうなぁ、と不思議に感じた。友好的な宇宙人がいるというのは今となっては割と当たり前の話なのだが、やはり時代を感じる。

  

Men in Black: Alien Attack

ライド系のシューティング・アトラクション。

はっきり言って全然面白くない。自分の得点が低いと一層つまらない。メン・イン・ブラックっぽさがほとんど感じられないのも残念。  

Revenge of the Mummy

日本での公開名はハムナプトラだけど、こちらではマミー。暗闇での4Dライドで、炎を使うあたりが面白い仕掛け。映像の出来もまぁまぁ。

ちなみにこのアトラクションは荷物をロッカーに預けるタイプなんだけれど、そこまでハードではない。あと、一応体格制限があって、あまりにも体重に不自由していると乗ることができない。米国人は8割が体重に不自由しているので、それに対応して椅子はかなり大きめにできている。日本人ならよっぽどのことがない限り大丈夫だとは思う。

  

The Simpsons Ride

アトラクションの一般名は多分ライドなんだと思う。

非常に古いシステムだが、限られた技術の中で精一杯頑張っている。金がない中で頑張った名作「カリオストロの城」のような良さがあって、非常に好感。

金はなくても、知恵がある、という姿勢はこのアミューズメント・パークからは完全に失われつつあって、その遺産のような施設。ここにきたら、これに乗るのはマストだろう。  

Shrek 4-D

4Dということだったので新しい映像かな、と思っていたら、3Dメガネがかなり古いタイプで、もちろん映像も古く、立体像を安定して観ることができない。これじゃぁダメ。でも、3Dの技術の進歩は確実に感じることができた。

また、他のアトラクションと違い、感覚的ではなくセリフで説明するので、眠くなる。というか、ちょっと寝た。映画もそれほど好きじゃないんだよね。  

Despicable Me: Minion Mayhem

ミニオンの3Dシアター。当然のように子供向けだが、ミニオンがかわいい。まぁ、それだけなんだけど。  

Transformers The Ride 3D

ホグワーツ特急を使ってアイランズ・オブ・アドベンチャーからユニバーサル・スタジオ・フロリダへ移動した。最初に乗ったのがトラスフォーマーのほぼ3Dライド。でも、今時の言葉で言えば一応4Dライドだと思う。




動画のできはなかなか良いし、長さも十分。立体感も問題ない。ただ、デブが同じ列に乗るとセィフティバーが緩くて不安になる。実際にはそれほど揺れないけど、一応個別セィフティバーにして欲しい。

ちなみにアトラクションのすぐそばでデモンストレーションしていたトランスフォーマーの出来がなかなか良かった。


  

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

多分、このテーマパークで一番人気のスポット。人出も凄いし、魔法使いのコスチューム(110ドル程度)に魔法の杖を持った人がそこここにいる。この魔法の杖がまたやっかいで、40ドルのノーマルバージョンと、48ドルのスペシャルバージョンが存在する。そして、スペシャルバージョンの杖を使うと、このコーナーのショウウィンドウのあちこちで、ちょっとした魔法を使うことができる。ウィンドウの中に飾られている花が大きく咲くとか、置いてあるメジャーが巻き取られるといった、本当にちょっとした魔法なのだけれど、安い方の杖を買う人はほとんどいないし、魔法が使えるスポットは順番待ちの行列ができるほどの人気である。


























  

Dragon Challenge

ハングアップタイプのコースターで、赤と青の二種類がある。この二つは直前にどちらにするか選ぶスタイル。フロントローも指定できるけれど、待ち時間が10分ほど長くなる。コースターは二つが絡み合うように配置されていて、見た目が良い。ただ、走り出すと隣のコースターは全く目に入らないので、実質的には絡み合っている意味はない。意味はないのだが、構造物としてはとても良くできていると思う。

ハルクほど捻りがなく(意匠に捻りがないのではなく、文字どおり、ねじれの動きが少ない)、比較的ストレートなコースターだが、迫力は結構あって、決して子供騙しではない。

宙返りや捻りの場所では足元に何もないのがちょっと新鮮である。

なお、このコースターも金属探知機による持ち物チェックがあるので、デジカメや携帯での撮影は不可能である。  

Flight of the Hippogriff

ちょっとまったりしたコースターで、TDLのマウンテン系と同じような迫力。もう一つのハリポタコースターがかなり本格的なので、それはちょっと怖い、という人向けなのかもしれない。個人的にはかなり物足りない。  

Harry Potter and the Forbidden Journey

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターにあるアトラクションなのだけれど、整備中で乗車できず、一部を散歩するだけだった。













当然ながら、面白いのかどうか、判断がつかないのだが、内装はなかなか凝っていた。  

The Amazing Adventures of Spider-Man

4Dライド。面白いけど、ちょっと3D酔いする。ブランコみたいな動きが多いからかな?  

Jurassic Park River Adventure

ジュラシックパークをテーマにしたウォーターライド。びしょ濡れにするのが目的なので、乗り場の横でポンチョを売っている。

びしょ濡れになるのが嬉しくないなら、それほど楽しくないかも???







TDLのスプラッシュ・マウンテンをジュラシック・パークにしたような感じ。  

Skull Island : Reign of Kong

この夏に新設されたため、このところ一番混雑しているというキング・コングの4Dライド。さすがに人気で、エクスプレスでも待ち時間あり。キング・コングを出し惜しみするせいで、最初のうちはジュラシック・パークなのか、キング・コングなのかわからなくなる。でも、後半はちゃんと活躍する。普通に面白い4Dライドである。