2021年08月28日

まんぷく処 たぬき

先日買ってみた藤井のまんじゅうが美味しかったので、もう一度買いにきてみたのだけれど、

IMG_7652


店の向かいに格段に怪しい店を発見した。

IMG_7651


これはうまそうだ。今度この辺に来るときは必ず買おうと思う。  

Posted by buu2 at 12:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年08月24日

ふるさと納税 アンモナイトの化石

歌志内市のふるさと納税返礼品にあるアンモナイトの化石をゲットした。

IMG_1330


IMG_1331


IMG_1332


アンモナイトの化石の中で最大だと2メートルらしいのでこれは小さい方なのかもしれないけれど、そんなデカかったら置き場所に困る。このぐらいがちょうど良い。

歌志内市のアンモナイトの化石は人気が高すぎるのか、ずっと品切れになっていた。市役所の人に聞いてみたら、化石を磨く人が病気になって、供給がとまっているとのことだった。以後、半年以上、暇があると歌志内のふるさと納税のサイトをチェックしていたのだが、今月になってようやく復活した。そこで早速10万円寄付したのである。すると担当者から写真が送られてきて、先着順でひとつ好きなのを選ぶことができる、と。6個あって、一つは売却済み。これは急がないと。これが先週の火曜日のことである。一番でかいやつは当然のように売却済みで、残り5つの中から最大のものをチョイス。それが今日届いた。素晴らしい。

ふるさと納税といえば、我が家の定番はヨギボーか食べ物だったのだが、とても良いものをもらえた。

ちなみに、もう一個もらおうかな、と思って今調べたら、すでに残りは三個になっていた。他にも欲しい人がいたら申し訳ないので、残りの三個は我慢する。「ふるさと納税で何か良いものないかなぁ」と思っている人がいたらおすすめ。  
Posted by buu2 at 17:44Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年08月16日

緊急事態宣言だけの対策はすでに限界

菅義偉内閣はさすがにもうダメではないか。安倍晋三が酷すぎたので、さすがにあれ以下ではないものの、所詮は腐り切った自民党の内閣である。コロナ禍には明らかに力不足である。

現在、コロナ対策として考えられる手段は、

(1)人流を減少させる施策
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令
入国制限
補償を考慮した上でのロックダウン

(2)現状把握
感染経路の把握
検査拡充

(3)医療施設の充実
重症の感染者を収容する施設の確保
軽症の感染者や家族が療養できる施設の確保
濃厚接触者を隔離できる施設の確保

(4)人材確保
医師、看護師の確保

(5)治療
対症療法
投薬

(6)予防
ワクチンの確保と接種

(7)基準の明確化
入院、退院の基準を明確化する
医療崩壊の基準を明確化する

(8)研究・開発
薬品開発
ワクチン開発



ぐらいが考えられるのだが、菅義偉がやっている有効策は主にワクチンだけである。緊急事態宣言や入国制限は表面的にはやっている体であるけれど、オリンピックをやったせいで実効性が失われている。

オリンピックの開催はコロナ対策としては百害あって一利なしの状態で、高校野球も「五輪ができたのだから大丈夫」と考えてしまう。五輪を機に感染拡大に歯止めがかからない状態になっており、このままでは感染者が増えて、色々な社会インフラが正常に機能しなくなってくる。

菅義偉内閣のコロナ対策は、基本的には「やばい」という雰囲気づくりである。「緊急事態宣言がでてやばそうだから、じっとしていよう」という、生活者それぞれの気持ちに依存している。この雰囲気づくりの最大の敵は「慣れ」である。「前回は一日500人の感染者だったけれど、どうということもなかった」という経験に基づいた麻痺が起きて、警戒心が薄れる。すでに都民の警戒心は1000人/日ぐらいでは働かないようだ。実際のところ、毎日5000人の感染者が出ても、それほどピンときていない様子である。感染から二週間遅れて重症者が増加し、さらに一週間遅れて死者が増加するという時間差も大きく作用して、感染拡大、重症者増加、死者増加は短くても二週間は続きそうだ。

菅義偉の会見を見ていると、いつもワクチンのことしか話さない。上に書いたような色々な対策を同時に実施していく必要があるのに、ワクチンだけしかやる気がない。これではダメだ。

今日は緊急事態宣言の延長と対象自治体の拡大に関するニュースが伝わってきた。こういう、緩い制限をだらだらと続けるのが一番悪い。蛙を鍋に入れてゆっくり加熱して茹でガエルを作る話と同じである。加熱して、熱そうにしていたら一度火を消して、安心しているようならまた火をつける、という作業を続けている。お湯の温度は上がる一方だ。そのうち、温度が上昇しすぎて茹でガエルができあがる。

人流の減少は、もう緊急事態宣言では効果が期待できない。一方で、もっと厳格なロックダウンを実施すれば、最短で二週間、長くて1ヶ月もあれば、大きな効果が期待できる。ここでいうロックダウンは最低でも2020年4月に行われた程度のもので、科学的根拠に基づいていて、かつ憲法と整合性が取れる範囲で一番厳しいものが良い。

菅義偉は馬鹿なので、ワクチンの接種が進めば感染は収まっていくと考えているようだが、デルタ株の蔓延によって、そういった甘い期待はできないことがわかってきている。デルタ株の感染力を考えれば、ウィズコロナは絵空事で、目指すべきはゼロコロナである。

そのためには何が必要か。思いつく範囲でロードマップを書いてみる。


人口10万人あたり1人/日以上の感染者を出している地域をコロナ汚染地域に指定(地域は自治体で区切るのがわかりやすい)

汚染地域を対象に、人流を1割程度にする強いロックダウンを実施する。期間は最短二週間とし、非汚染地域に該当するまで継続する

ロックダウンに当たっては、該当地域の全生活者に、10万円を支給する(追加については要検討)

非汚染地域では十分な検査を実施する(発熱者と濃厚接触者は全員、希望者も可能な限りPCR検査の対象とする)

汚染地域から非汚染地域への人の流入にあたっては、二週間の隔離期間を設ける(物の移動は可)

海外からの入国は例外なく二週間の隔離期間を設ける

希望者へのワクチン接種はワクチン数に限界があるうちは公平な基準を設け、例外は認めない


このぐらいでどうだろうか。

すごく難しいことは書いてない。今ある手札でなんとかできそうなことである。立法については多少時間が必要だろうが、感染症の専門家と憲法の専門家を交えて議論すれば可能なはずだ。こうした対策を実施して、感染が落ち着いてから、経済再生やコロナ時代の医療体制の構築について考えて、治療薬の開発を進めたら良い。

自民、公明、維新では憲法を無視して国会を開くことすらせず対策は無理みたいなのだが、選挙まで待たなくてはならないのだろうか?

#なお、僕は「ワクチンが嫌な人は接種しなければ良い」派です。
#このエントリーは時々加筆修正される可能性があります。  
Posted by buu2 at 16:29Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年07月27日

五輪をやっちゃったのはやっぱり失敗だった

今日の東京都における新型コロナ感染者数が過去最多の2848人になったそうだ。

緊急事態宣言が発令されたのが7月8日なので、すでに19日が経過している。つまり、宣言の効果は全くみられず、感染はどんどん拡大している。

これは、東京オリンピックを強行したせいである。五輪目当ての人流が増加したとか、海外からウイルスを持ち込まれたとかではない。

オリンピックをやってしまったせいで、政府や東京都から

「大きな問題はない」

という間違ったメッセージを出してしまったのだ。オリンピックをやってしまった時点で緊急ではなくお祭り騒ぎの期間になってしまった。

菅義偉や安倍晋三や自民党の有力者たちは馬鹿なので、その相関に気がつくことができない。これでしばらくは感染拡大が続くだろう。拡大スピードを考えると、このままなら8月5日に4500、12日に7000、19日に1万を超えてくるかもしれない。日本は雰囲気で感染拡大を防いできた国なので、数字を見て「これはやばい」と考えると勝手に外出を控えて、感染が収まってきたのだが、今回は五輪のせいでそういう雰囲気がない。閉会が8月8日だと、それから二週間後に自粛の効果が出てくるとしても、19日にはまだあまり効果が出てこないことになる。都内の一日の感染者数が1万人を超えるのも、決して悲観的な試算ではない。

そうした事態になれば、責任は当然菅義偉にあるのだが、菅内閣の支持率が相変わらず30%を超えているというのだから話にならない。7月以降に感染して死んだ人たちは、菅義偉とその支持者に殺されたことになる。  
Posted by buu2 at 18:28Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年07月21日

ファイザーワクチン 二回目接種完了

19日の午前中に接種。筋肉痛と短時間の発熱ぐらいで特に大きな問題もなく終了した。  
Posted by buu2 at 17:12Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年07月17日

クズ政治屋が大量生産される理由

今の自民党の主要政治家を見てみると安倍晋三を筆頭に菅義偉、下村博文、萩生田光一、河野太郎、麻生太郎、甘利明、二階俊博、世耕弘成と、揃いも揃ってクソな政治屋が並んでいる。

クソ同士で仲の良い悪いがあるのはともかく、ここにあげた政治家は全員がクソだ。

どうしてこうなるのかといえば可能性はニつだけだ。一つは最初からクソだった可能性、もう一つは最初は立派な議員だったのに政治家を続けているうちにクソになった可能性である。

最初からクソなのは、これはもうどうしようもない。しかし、そういう事例もないわけではないだろう。下っ端には何人も若いうちからクソな議員がいるけれど、雑魚を叩いても仕方ないので具体名は挙げないでおく。加えて残念なのは「クソがクソを呼ぶ」という現象だ。先日ネットで見かけたのは、クソ議員の一人、河野太郎が代表的なクソ医者の木下喬弘を呼んでアドバイスを求めたことである。クソ同士は親和性が高いので、すぐにこうして群れたがる。挙句、次のようなクソなつぶやきを書き込むのだが、

IMG_1146


これを読んでも分かる通り、こういうクズ医者にとっては感染拡大うんぬんよりも政府に対して不満が集中しないことが大事なのだ。この文脈でわざわざ「政府への不満は〜〜」という一説を書き加える必要は、政府の擁護以外にはない。

政治のことを何も理解していないクズ医者が「政府に怒りをぶつけるな」などとはとんでもない話である。政治は全ての国民に関係する話で、選挙権のあるなしに関係なく、全ての国民が意見をいう権利を有する。文句があれば直接、間接の別なく、為政者に伝えていくことが一番大切で、これが民主主義の根幹である。主権は国民にあるのだ。この程度のことも理解していない馬鹿に医師免許を与えてしまう今の制度もどうかと思うのだが、幸い、木下喬弘の本名も所属も分かっているので、こいつのいる病院へは近づかなければ良い。

#ちなみに、同じようなクソ医者には萩野昇、画像診断医kなどがいる。

話を戻すと、クソがクソを呼ぶからこそ、クソな政治屋が増える。木下などはクソ医者の評判が広まって客が減った時には自民党から立候補しかねない。

なお、クソな政治屋及びその候補を見つけ出す簡単なやり方があるのだが、既存システムや強いものに近づいていく、長いものに巻かれる人間がクソなタイプである。河野太郎が安倍内閣へ入閣するにあたって、それまで声高に語っていた反原発の旗を下ろしてなかったことにしたことが代表的な事例だが、クソが見ているのは弱者ではなく権力者だ。立派な政治家はいつも弱者の方を向いている。国民は投票にあたって、候補者がどこを見ているのか、良く観察する必要がある。

さて、次は立派な志を持っていた政治家を骨抜きにして、クソな政治屋にしてしまうことだ。僕は約10年前、自民党が野党だった頃、神奈川県の元衆議院議員や神奈川県の県会議員たちが運営していた「日の出テレビ」というネット放送局を手伝っていたことがあるのだが、落選議員たちは、ちゃんと国民の話に耳を傾けて、自分でどうすれば良いかを考え、自分の言葉でそれを有権者に伝えようとしていた。ところが、民主党がずっこけて自民党が与党に返り咲いた途端に、彼らの視線は国民ではなく安倍晋三、甘利明、麻生太郎らに移ってしまった。

この辺は政党政治の限界なのかも知れない。当選した途端に、総裁選びの権力者ゲームに巻き込まれ、思ったことも言えなくなり、派閥の領袖に従うだけになる。こうして変節漢に成り下がった代表的な事例が前述のとおり河野太郎だが、日の出テレビの面々もほとんど同じような経緯でクソな政治屋に成り下がったようだ。

今の政党政治がクソ政治屋量産の原因の一つになっているという判断の材料の例が、「野党が憲法53条の取り決めに従って臨時国会の招集を要求しているのに、内閣と与党はこれを拒否している」件である。公明党の石井啓一は「政府・与党側としては直ちに新しい補正予算や、法律をやろうということではない。閉会中審査でさまざまな委員会が開催されており、野党が要望している中身も審議されている」と述べ、早期召集は不要との認識を示したようだが、憲法53条は内閣や与党が判断する話ではない。無視すれば立派に憲法違反で、憲法改正以前の話である。憲法違反は国会議員として一番やってはいけない行為なのだが、日の出テレビのメンバーを含め、自民党と公明党の議員から臨時国会を招集すべしという声は聞かれない。

これは自民党だけではないのだが、政党の公認を受ける際には党議拘束に従うという誓約書を書かされる(ようだ)。では、党議はどうやって決まるかと言えば、議員総会か総務会で決まるのだが、多くは総務会で決定され、その総務会の結論は実質的には総理が決めている。つまり馬鹿が総理大臣になると、自民党の議員が全員馬鹿に従う仕組みになっている。

与野党の多くが党議拘束をかけているため、実際の国会での議論は実質的にはほとんど意味がなくなっている。そして、法案検討にあたって、官僚は与党とだけ議論しておけば全て片付く。また、政府与党の首脳が特定の団体、組織に便宜を図ろうと思えば、それを阻止する手立ては存在しない。こうした悪弊を倫理観なしにやりたい放題やったのが安倍晋三で、菅義偉はそれを踏襲している。

立派な志を持って政治家になった人の多くは、こうしたシステムの下で政治屋に改造される。だから、自民党の首脳はクソばかりになってしまったのだ。この状況を少しでも改善しようと思うなら、長期で安定した一党独裁政治を避けなくてはならない。  
Posted by buu2 at 16:09Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年06月22日

一日100万回が聞いて呆れる

IMG_1014


それで、これから捏造が始まります(苦笑)。ヒントは、「後日増加することがあります」という文言。  
Posted by buu2 at 18:33Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年06月17日

見せてもらおうか

河野太郎によると、今週中にも、ワクチン接種一日100万回を達成できる見込みらしい。

行革相、今週にもワクチン接種1日百万回
https://nordot.app/778056193971109888

最新のデータはこちら。
CE55929F-8162-408A-AC44-CE738667F77A

出典:新型コロナワクチン情報まとめ

僕の記憶が確かなら、今日は木曜日。今週は今日を含めてあと三日。シャアじゃなくてもいうところだね。「見せてもらおうか、政府の、ワクチン接種推進の実力とやらを」。


まさか、別の統計データを持ち出すわけではないよね?  
Posted by buu2 at 10:29Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年06月03日

丸山寿一さんの思い出

丸山寿一さんと初めて会ったのは2007年か、2008年だろう。場所は八方の大根館で、伊勢丹に勤務している一橋スキー部の後輩に紹介された。

それまで白馬方面に行くことはほとんどなかったのだが、神戸大スキー部OBの氏家さんが鹿島槍スキー場を購入、経営しているので遊びに行こうという話になって、「それなら知人の宿が八方にあるから、そこに泊まることにしよう」と連れて行かれた。

白馬界隈は関越道周辺に住んでいる人間にはちょっと不便な地域で、スキーの大会でもないと行くことがない場所だったけれど、これからあと、毎年何度も、特に雪のない季節に白馬に行くことになったのは間違いなく寿一さんのおかげである。

出会いの頃のエピソードのひとつを創作落語にしたのがこちらである。

創作落語「鹿島槍」
http://buu.blog.jp/archives/50534201.html

寿一さんはその頃ちょうど伊勢丹を定年になって、「何か面白いことはないかな」と考えていた時期だった。寿一さんの埼玉の自宅から近くに住んでいて、平日の昼間からお酒が飲めて、フットワークが軽く、何よりスキーが大好きな僕をとても気に入ってくれて、それからは平日の真昼間に「もときーーー、今、暇だろう?ちょっと出てこないか?面白い話があるんだよ」と電話をかけてきてくれるようになった。

思い出はいっぱいあるけれど、現在まで続いていることは、白馬でのそばまきである。「使ってない土地があるから、そばでもやろうかと思うんだよ。手伝ってくれねーか」と言われて、後輩を引き連れて手伝いに行った。寿一さんの畑で穫れた蕎麦粉を使って、氏家さんのスキー場の施設を借りて蕎麦打ちをするイベントが、今も続いている「鹿島槍蕎麦打ち体験会」である。

そばまきとは、種をまく前の雑草取りと、種まきである。ただ、そこは寿一さんのやることなので超適当である。せっかく僕たちが「今年はただまくだけだったけれどあれではだめだ。ちゃんとロープを張って、そのロープ沿いにまこう」と提案して、次の年にそれをやってうまく行っても、その次の年には「あれは面倒だからやめにして、ちゃちゃっとまいて終わりにしよう」となってしまう。ところがそこが寿一さんの人間力。どういうわけか、「寿一さん、寿一さん」と慕ってくる召使いがいっぱいいて、船頭は適当なのに、秋になるとどういうわけかいっぱいの蕎麦粉が穫れて、みんなで蕎麦打ちを楽しめてしまう。

話をスキーに戻す。寿一さんが話す現役当時の思い出は、スタートが怖かったという話が多かった。僕もスピード系の試合で靭帯を切る大怪我をしていたので今でもスピード系の競技は好きではないのだが、寿一さんも前の夜から怖くて眠れず、スタート直前まで恐怖心と戦っていたと話していた。そして、「仁也さんは、あれはバケモンだよ。怖くねぇんだろうなぁ」とも話していた。仁也さんとは、丸山仁也さん。丸山庄司さんとならぶ白馬の重鎮で、グルノーブルオリンピックでは男子滑降で仁也さんが59位、寿一さんが64位だった。

寿一さんは八方リーゼンで昔からのライバルと競走するのが何よりの楽しみで、「今年は10秒勝った」などと嬉しそうに話していた。僕は寿一さんが競技にでているところを一度しか見ていない。一緒に滑りに行っても、2、3本滑ったあとは黒菱のカフェの前に椅子を引っ張り出してきて、ビールを飲んでいた。八方界隈では寿一さんを知らない人は誰もいないので、なんでもありだった。

寿一さんのもう一つの楽しみはゴルフで、毎年開催される「オールスポーツマンゴルフ大会」にスキー代表で参加することを楽しみにしていた。飲んでいてスキー選手の話をしていても、いつの間にか「岡部のてっちゃんは、とにかく飛ばすんだよ。飛ばす、飛ばす。やっぱり、下半身が違うんだろうな。あれにはかなわないよ。でもな、元木、俺だろ?群馬の林のたっちゃんだろ?それで仁也さんだろ?枠がねぇんだよ」と、ゴルフの話になってしまう。スキーヤーの評価もなぜかゴルフだった。スキーはオフシーズンの長いスポーツなので、ゴルフをやる一流選手も少なくない。それで、「あいつはゴルフがうまい」「あいつは飛ばす」という話に良くなった。

八方で夕方になれば毎日飲み会である。「今日はめえだ(前田という蕎麦屋)にしよう」「今日はこいやが良いな」「あたらしい店ができたんだよ。いってみねぇか」という調子で、大根館の夜ご飯は食べたことがない。飲み屋から帰ってきても、大根館で続きである。おかげで風呂に入るのは毎日朝になる。

寿一さんは2015年ごろから段々と酒の量が減ってきて、自作のそば粉を使った蕎麦会も2016年には「10年やったから、今年はやらないでおこうと思う」と言い出した。また、同じ年に手首を痛めて、それ以後は大好きだったゴルフも滅多にやらなくなった。2018年からは岡部哲也さんがオールスポーツマンに出ることになった。

2016年の4月に僕は米国に引っ越して、それ以後、これまでのように頻繁には寿一さんと遊べなくなってしまった。それでも年4回ほどは日本に来るので、スケジュールを調整してランチに行ったり、伊勢丹や三越の美術イベントに行ったりした。陶芸のイベントに行くと、「八十吉さんは酒と釣りが大好きでねぇ。よく遊んでもらったよ。昔は、今みたいな売り方じゃなくてさ、『ここからここまで全部売ってくれ』って言われるんだよ。客一人で全部買ってっちゃう。楽な商売だったなぁ。今は、陶芸家は大変だろうな」などと昔話をしてくれた。

体調不良が決定的になったのは2017年だと思う。蕎麦会の予定を聞いたとき、「今年もやめておこうと思う。12月に2週間検査入院する」とのことだった。その頃に難病の特発性肺繊維症と診断された。遊びに誘っても出てくることはなかった。それでも2019年の11月には「普通の生活に問題なし、スキーゴルフはまだ諦めていないけどどうなるか?はがゆい!努力する!ありがとう」と言ってきてくれた。

最後に会えそうだったのは2019年11月18日だったのだが、この日は丸山家のお墓参りで、スケジュールが調整できなかった。そして、コロナである。呼吸器系の疾患とあって、コロナに感染するのは致命傷になる。結局、顔を合わせたのは2017年の6月5日に要町のもり山で飲んだのが最後になってしまった。また、電話で話したのがいつだったのか、寿一さんの親戚が事故で亡くなった話と、大根館のひろみつさんが結婚した話をした。「大根館もこれで安心だから、よろしく頼む」と言われた。寿一さんはともかく面倒見の良い人で、「愛子はずっと心配していたけれど、立派になって良かった」などと話すことも多かった。

6月1日の夜に「寿一さんが亡くなったらしいという話を聞いたけれど本当か」という連絡が来て、寿一さんの親戚に問い合わせたところ、「五日前に亡くなった」とのことだった。地震をはさんで、色々大変な時期を、面白おかしく過ごせたのが寿一さんのおかげだったことは間違いない。賑やかな飲み会が大好きだった人なので、まずはコロナで中断している鹿島槍蕎麦打ち体験会が再開できるように頑張ろうと思う。

IMG_0900


IMG_0904


e7eef0a58c02989d2704


IMG_0903


7be278758df38d733f16


742c4bb29cbec1670950


00ebdce0bba9637d7039


776cbef99ea10f5ebeb4
  
Posted by buu2 at 16:21Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年05月26日

新垣結衣結婚記念クイズ

ここに2枚の顔写真があります。

(A)
IMG_0894


(B)
IMG_0895


では、ここで問題です。正解は次のうちどれでしょうか?

(1)Aは新垣結衣、Bは長澤まさみ
(2)Aは長澤まさみ、Bは新垣結衣
(3)両方とも長澤まさみ
(4)両方とも新垣結衣  
Posted by buu2 at 01:40Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年04月25日

サッカーの合間に

どうということもない花と







知らない花と




シルエットだけの小鳥と




ベニシジミ


  
Posted by buu2 at 15:57Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年02月27日

足利市に来てくれたヘリコプターたち

DSC_2644


DSC_2649


DSC_2625


DSC_2655
  
Posted by buu2 at 15:15Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年02月24日

かなり燃えている足利の山火事

高崎からも煙が見えた足利の山火事。高速道路が通行止めで一般道に降りたので、消化活動の邪魔にならないような渡良瀬川の対岸から撮影。

IMG_0203


あちこちから煙があがっている。  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2021年02月22日

コロナで外反母趾が治った

あまり靴を履いて外出しなくなって、サンダルを愛用していたら、外反母趾が治ってしまった。やっぱり、靴って足には良くないんだな。

IMG_6375


代わりにサンダル焼け。  
Posted by buu2 at 10:15Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年12月17日

オーディオで経済を回してわかったこと

コロナで経済が冷え切っている。こんなとき自分では何ができるだろうかと考えて、オーディオで経済を回すことにした。

まず、最初に断っておくと、僕はオーディオおたくではない。

高校生の時、お年玉や小遣いを何年もかけて貯めて、セパレートのステレオを購入したのが最初である。その時のコンポーネントは、

アンプ ヤマハ A -7a
スピーカー パイオニア S -180A
プレイヤー パイオニア PL-88F
デッキ ソニー TC-FX1010
チューナー ビクター T-X55
CDプレイヤー テクニクス SL-P3

といった感じで、総額50万円(定価で。実際は4割引ぐらいで買ったと思う)ぐらいだったと思う。

その後、大学院生時代にスキーで大怪我をした時に多額の保険がおりて、アンプをAVアンプにして、スピーカーをオンキヨーにして、CDプレイヤーをヤマハにして、と、多少のグレードアップがあったのだが、大きなステップアップはないままに2020年になった。

そして、コロナである。家にいる時間が格段に長くなったので、家で音楽を楽しむのが良いと考えて、少しずつバージョンアップを進めてきた。それがようやく完了した。今のラインナップは、

メイン
アンプ ヤマハ A -S3000
CDプレイヤー ヤマハ CD-S3000
スピーカー TAD TAD-CE1

サブ
アンプ ヤマハ A-S1100
USB DAC マランツ HD DAC1
スピーカー B&W805マトリックス
ヘッドフォン ゼンハイザーHD800S

である。CD-S3000にはUSB DAC機能が付いているので、メイン、サブともにアップルの「ミュージック」にAIFFでリッピングしたデータを聴くことが多い。

TADはパイオニアのハイエンドブランドで、結局子供の頃からヤマハ−パイオニアを聴いていることになる。

定価ベースでは子供の頃に買ったステレオは総額50万円ほどで、そのクオリティで35年ぐらい聴き続けてきたことになるのだが、大人になった今、揃えたオーディオはメインだけでも約300万円になる。この価格差は音質にどの程度の差を生むのか。

最初に書いた通り、僕は別にオーディオおたくではない。特段のこだわりがあるわけではなく、ケーブルも5000円程度である。スピーカーもスパイクを使うわけでもない。こんなもんかな、と適当に置いただけだ。それでも、音質の違いは良くわかる。それだけでなく、Amazon Music、Amazon Music HD、CDの音源の違いによる音の違いも良くわかってしまう。特に影響が大きいのはスピーカーで、TADにしたら、あぁ、これはコンサートホールのような音だな、これは目の前で歌っているような音だな、という録音の違いまでわかってしまった。サブのB&Wは良い録音も悪い録音もそれなりに聴かせるのだが、TADは良いものは良く、ダメなものはダメなように鳴らす。この辺が面白い。

おかげで、長いあいだ、30年以上も聴いてきた中島みゆきの音が、全く違うものだったと気が付いてしまった。今まで一塊だった音が、全部バラバラに分解されて、その一つ一つが調和して聴こえてきたのである。僕は、持っている全てのCDを聴き直したくなってしまった。枚数的にはおそらく500枚以上あるので、一日一枚聴いても1年以上は楽しめる計算である。経済を回すはずがこれでは引きこもり確定である。しかし、やむを得ない。

300万円あれば、中島みゆきのコンサートには300回行ける。あるいは、これから20年間毎日1時間ずつ聴いたとして、一日あたりの費用は約411円。そこそこの金額である。でも、それに見合うだけの気持ちの豊かさは得られそうだ。

一枚のCDにこんなにもすごい音が収録されていたとは。おそらく、ほとんどの人がそのことに気がついていない。

  
Posted by buu2 at 14:44Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年12月06日

尾身茂がやらなければならないことは国民に対する謝罪である

ここ数日、テレビを含め、尾身茂はGoToに対して否定的な見解を述べている。たとえば産経ではこんな感じで発言をまとめている。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は6日のNHK番組で「『Go To トラベル』も含め、人々の動きと接触を短期間に集中的に減らすことが感染を沈静化するために必須だ」と述べた。

出典:新型コロナ対策 尾身・分科会長「Go Toも含め、人々の動きを減らすことが必須」
https://www.sankei.com/politics/news/201206/plt2012060003-n1.html

これは、掌返し以外の何ものでもない。なぜなら、尾身茂は、7月にこう発言しているのだ。

新型コロナ対策分科会・尾身茂会長「旅行自体が感染を起こすことはないですから、もしそれが起きていれば日本中は感染者だらけ」

出典:尾身会長「旅行自体に問題はない」との見解
https://news.yahoo.co.jp/articles/86369c82ad9d9b306852507467390ab4607199b1

この発言は経団連のフォーラムでのものだが、尾身茂のこうしたスタンスがGoToトラベルの方向性を決めたことには間違いがない。

ここで政府や役所の内情を書いておくのだが、政府の参考人として国会に出席したり、役所の委員会に委員長格で出席する場合、政府や役所との打ち合わせは必ず実施される。「ちょっと来て、好き勝手に喋ってください」ということは絶対にない。その上で、野党や他の委員からの質問に対して、「こういう質問には、こういう返事をしてください」という打ち込みがある。そういう対応をしてくれないような人には、最初から参考人や委員長を頼まない。

つまり、尾身茂は政府側の人間として、本人の見解とは別に「旅行は問題ない」と発言し、日本全体のGoToトラベルの方向性を決定づけたのである。政治家は与党も野党も素人の集まりなので、与党が「専門家がこう言っている」と言えば、野党は返す言葉がない。しかも、尾身茂は、実績だけは十分な専門家である。

5ヶ月経って、尾身茂がなぜ政府の意向と異なるスタンスに立つようになったのか、その理由はわからない。ともかく僕は、国会での質疑において、尾身茂が政府の顔色をうかがって答弁している様をみて、「どんなに立派な実績があろうとも、こいつは信用できない」と感じた。そして今、尾身茂が援護したGoToのせいもあって全国に感染が拡大し、各地の医療を逼迫させ、北海道や大阪などの医療関係者を危機的な状態に追い込んでいるのである。

経済を回すのは確かに大切だ。ただ、医療を犠牲にするのでは話にならない。今の感染拡大に、尾身茂が果たした役割は決して小さくない。

しかし、現役の医者たちはほとんどこういうスタンスを取れない。医者の世界は旧態依然とした権威主義で、悪いことを悪いと言えず、高名な医者の悪口を実名で言おうものなら、どこから弾が飛んできてもおかしくない。そんな事態になるくらいなら、最初から何も言わないという世界である。特に尾身茂はポリオ対策や鳥インフルエンザ対策で広く知られており、自治医大を中心に幅広い人脈を持ち、WHOとの関係も深い。その辺の医者が呼び捨てできる存在ではない。

だからこそ、である。晩節を汚したくないのであれば、国会において政府寄りの答弁に終始したり、GoToの推進を支援するようなコメントを続けていたことを、「間違いであった」と謝罪すべきなのだ。それは、権威のある専門家としての矜恃だろう。それがないうちは、僕の中ではいつまで経っても「尾身茂」である。  
Posted by buu2 at 21:48Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年09月04日

画像診断医kという馬鹿医者(自称医者かも?)

先日、Twitterで画像診断医kとかいう変な医者に絡まれた。これがそもそもの現場である。

スクリーンショット 2020-09-10 13.58.41


安倍を「仮病だ」「自業自得だ」と叩くのとコロナ感染で差別されることをまったく同根と書いているつぶやきを見かけて、僕が

別に「仮病だ」って叩かないし、コロナ差別はダメだけど、潰瘍性大腸炎は伝染病じゃないから「まったく同根」ではないよね。


と書いた。読んで字の如しだが、念のため詳細に意図を書くなら、

安倍晋三を仮病だと叩いているのは、もともと安倍が嫌いな層や、安倍晋三が重ねてきた嘘の答弁、コメントに飽き飽きとしているそうで、病気がなんなのかは本質的な問題ではない。すい臓がんだろうが、アルツハイマーだろうが、病気はなんでも良くて、安倍晋三のこれまでの行動に絡めて批判している。一方で、コロナ差別は、根底に「自分や自分の家族に移るかもしれない」という恐怖感がある。だから、基本的にコロナ差別は感染者の近隣で起きる。

新型コロナはある程度強い感染性があり、一方で安倍の病気は感染しない。したがって、安倍を叩くのと、コロナ差別は、病気に関係するという部分では共通点があるが、感染する病気と感染しない病気という相違があるので、「まったく同根」ではない。


という主旨だ。

また、僕はこれまでずっと反安倍晋三だが、安倍晋三を病気に絡めて批判したことはないし、賛同したこともない。だから、”「仮病だ」って叩かない”と明記している。

それに対してついた馬鹿な医者の引用リツィートがこれである。

スクリーンショット 2020-09-10 14.21.54


僕のTweetのどこが差別なのか全くわからない。そもそも僕は安倍晋三の診断書を見たわけでもないので、安倍が仮病なのかどうかも判断できない。再燃にしたって今回が初めてではないだろうし、その時と比べて今回がどうなのかもわからない。こういう個人的なことに僕は興味がないので、そもそも言及しない。とはいえ、きちんとした診断書の提示もなしに「具合が悪いので総理大臣を辞めます」と安倍晋三が言ったことに対して「仮病ではないか?」と考える人がいても何ら不思議ではないし、それ自体差別とは考えにくかったので、

「仮病ではないか?」と疑問を呈するのは、私の感覚では差別ではない。


と書いた。僕の中では話がどんどん明後日の方向へ向かっていてなんだかなぁという感じだったのだが、続いてこの医者が書いてきたのはこんなコメントである。

スクリーンショット 2020-09-10 14.38.58


なんだこりゃ。お前は安倍晋三の担当医なの?お前が専門家だろうがなんだろうが、関係ないよ。患者が大変なのはその通りだけど、今はそんな話をしているんじゃない。なんでもかんでも自分の土壌に持ち込みたいのかな。それで、

「仮病ではないかと疑問を呈するって。悔しい。」

もう、アホかと。僕は一度も疑問を呈していないし、疑問を呈することへの是非にも言及していない。ただ、安倍晋三に関しては、情報が提供されていない以上、「仮病なんじゃないの?」と考える人がいても不思議ではないと思っている。それで、仮病かどうかは客観的に判断可能なんだから、調べたい人が調べたら良い。了承が得られるなら、それを公表してしまうのも一つの手である。

どちらにしても、僕は安倍晋三の病気には全く興味がない。病気とは全く別に、安倍晋三には政権運営能力が決定的に欠けているから批判してきた。で、悔しいって、誰に言っているの?あんたが悔しくても僕には全く関係ないし、興味もない。安倍に仮病じゃないの?って疑問を呈している人に言えよ、馬鹿。

僕が興味があるのは、突き詰めたら「安倍晋三に対して仮病ではないか」と疑問を呈するのは差別かどうか、差別だとして、それはコロナ差別と構造的に全く同じか、ということである。どこの誰ともしれない自称医師が悔しかろうが、悔しくなかろうが、知ったことか。ということで、こういう自意識過剰な馬鹿はさっさとブロック。

ブロックしたらブロックしたで僕がツイートを消したと勘違いして自分のツイッターに画像をアップする間抜けっぷりである。誰が削除するか、馬鹿。

コロナの感染拡大にともなって、Twitterで馬鹿な医者が次々と発見されている。それで、萩野昇みたいなのはまだマシなのだ。ちゃんと実名でやっているので、「こんな馬鹿の世話にはならない」と医者を選択できる。困るのはこの画像診断医kみたいな匿名の医者で、友達の潰瘍性大腸炎の患者に「こいつは馬鹿だから医者を変えたほうが良いよ」とアドバイスできないのである。

医者がTwitterで馬鹿を晒すのは全く気にしないのだけれど、ぜひ、実名でやっていただきたい。

#こんな馬鹿が医者というのはにわかには信じがたいので、自称医者かもしれない。  
Posted by buu2 at 14:58Comments(2)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年05月28日

忘れちゃうと困るから、峰さん @minesohへの質問をまとめておく

























  
Posted by buu2 at 15:46Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年05月10日

日日是暇日

最近、ラーメンもとんかつも食べてないし、作陶もしてないし、映画も観てないので、あまり書くことがない。自粛生活というのはかくも書くことのない生活であった。そのかわり、はてブを書く時間はたっぷりあるので、いろいろ書き散らす毎日である。

しかし、こんな手抜きをしているとブログの読者が減りそうなので、そろそろ昔のような毎日ブログ生活に戻りたい。

とりあえず、インスタの写真でも貼っておく。って、これも手抜きだよな(笑)。




  
Posted by buu2 at 19:37Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年04月04日

織姫神社の桜








  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年03月27日

AI画伯に肖像画を描いていただいた。

IMG_1615
  
Posted by buu2 at 14:54Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年03月24日

焼きなす

IMG_1590
  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年03月03日

安倍晋三は国権の最高機関たる国会を馬鹿発見器にしてしまった

ほとんどの日本人が知らないと思うけれど、Twitterを「馬鹿発見器」と命名したのは僕です。

さて、このところ暇な時は国会中継を見ているのですが、国会はTwitterより効率的に馬鹿を釣り上げることのできる馬鹿の釣り堀となり、今やTwitter以上の馬鹿発見器になってしまったようです。

この2週間ぐらいで発見された馬鹿の例

○森まさこ法務大臣
決め台詞は「私も弁護士でございます」

○北村誠吾内閣府特命担当大臣
名セリフは「文書主義ができるよう頑張ります」「有名になりありがたい」など

○小泉進次郎
小泉進次郎論法「反省の色が伝わらない、そういう自分を反省したい」

○松尾恵美子人事院局長
迷言「つい言い間違えたということでございます」

○脇田国立感染研所長
PCRの偽陰性率について質問に答えず

○松川るい参議院議員(大阪府選挙区)
ヤジ「高齢者は歩かない」

○杉田水脈衆議院議員(比例中国ブロック)
ヤジ「結婚しなくていい」

憲法には、

第四十一条
国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。


と書かれているのですが、この条文だけでも憲法改正が急がれます。念のため、下記に私案を書いておきます。

第四十一条改正案
国会は、馬鹿の釣り堀であつて、国の最高の馬鹿発見器である。


  
Posted by buu2 at 13:55Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2020年01月26日

歩数19000

先日、大学時代のスキー仲間と飲んでいた時、一日に歩いた歩数の自慢大会になったのだが、一人の会計士が自信満々に、「今日は午前中10キロ走ってきたから、俺が一番だと思いますよ」と言っていたのだが、いざ、iPhoneで調べてみたら、僕の方が歩数が多かった。走っているわけではないけれど、車での移動を極力避けていると、結構な歩数を歩くもの。

IMG_1302


19000歩以上で、歩いた距離は約15キロ。地道な徒歩は、一時間のランニングに勝る。距離と歩数は。  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年12月26日

安倍晋三(参考:ミルクボーイ「コーンフレーク」)

駒場:うちのおかんがね、嫌いな政治家がいるらしいんやけど、その名前をちょっと忘れたらしくてね。

内海:政治家の名前忘れてもうて。どうなってんねん、それ。

駒場:いろいろ聞くんやけどな、全然わかれへんねん。

内海:ほな、俺がね、おかんの嫌いな政治家、ちょっと一緒に考えてあげるから、どんな特徴を言うてたか教えてみてよ。

駒場:しょうもないことでもすぐ閣議決定する奴や。

内海:安倍晋三やないかい。その特徴はもう完全に安倍晋三やがな。すぐわかったやんこんなん。

駒場:それがちょっとわかれへんのよ。

内海:何がわかれへんのよ。

駒場:いや、俺も安倍晋三だと思うてんけどな、おかんが言うには「次の選挙もそいつが勝ちそう」て言うねんな。

内海:は〜、ほな安倍晋三と違うかぁ。次の選挙が安倍晋三でええわけないもんね。安倍晋三は、他に任せられる人がいないから投票されるんよ。安倍晋三側もね、また総理大臣任せられたら荷が重いよ。そういうもんやから。安倍晋三ちゃうがな。ほなもうちょっと詳しく教えてくれる?

駒場:なんであんなに支持率が高いんかわからんらしい。

内海:安倍晋三やないかい!どんな不祥事起こしても、支持率だけは高いねん。でも俺はね、あれは他の政党がダメだから高く見えてると睨んでんのよ。俺の目は騙されへんよ。俺だましたら大したもんや。ほんであれよう見たら、「桜を見る会」の政府説明には7割以上が納得できないって言ってんのよ。俺はなんでもお見通しやねんから。安倍晋三なんてそんなもん。

駒場:日本語はちゃんとできる。

内海:ほな、安倍晋三ちゃうやないかい。安倍晋三は答弁書に「云々」って書いてあると「でんでん」と読むくらい日本語が不得意やもんね。安倍晋三の答弁はね、朝の寝ぼけている時やから聞いてられんねん。聞いているうちにだんだん目が覚めてくるのが普通やけど、安倍晋三はまた寝てまうねん。そういうカラクリやから。安倍晋三ちゃうがな。ほなもうちょっとなんか言うてなかった?ん〜?

駒場:憲法改正したがる・・・

内海:安倍晋三やないかい!戦後初めて憲法改正した総理大臣になりたいんが安倍晋三やから。

駒場:経済についても語っているて・・・

内海:ほな、安倍晋三とちゃうやないかい。経済政策通に安倍晋三の名前なんかでえへんのよ。アベノミクスは、企業努力しなくても株価が上がって欲しいという煩悩のかたまりやぞ。あれ、みんな煩悩で安倍晋三に投票しとんねん。

駒場:総理大臣でいることが国難・・・

内海:安倍晋三やないかい!安倍晋三の成果、何もないんやから!な?安倍内閣がもっと続こうもんなら、俺は動くよもう!

駒場:職種で言うと立法府の長・・・

内海:ほな、安倍晋三ちゃうがな!職種は全くわからんけど、立法府の長ではないな!安倍晋三が立法府の長だったら、国会議員全員噴飯ものやろ。

駒場:答弁しているときに、何をいっているかわからん・・・

内海:安倍晋三やないかい!安倍晋三の答弁は「いわば」と「まさに」を連発するだけで、何を言いたいのかが頭に浮かばへんねん。な?浮かんでくるのはへらへら顔でヤジ飛ばしてるアホヅラだけ。安倍晋三に決まり!

駒場:でもおかんが言うには、安倍晋三ではないって言うねん。

内海:ほな安倍晋三ちゃうやないかい!おかんが安倍晋三ではないと言えば安倍晋三ちゃうがな。先言えよ!俺が安倍晋三のアホヅラ真似してる時、どう思ててん。ほんまにわからへんがなこれ。どうなってんねん、もう。

駒場:おとんが言うにはな、「ドナルド・トランプ違うか?」って。

内海:いや、絶対違うやろ。もうええわ。  
Posted by buu2 at 12:37Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年12月05日

アレルギー性鼻炎が再発した件

30代は、1月から11月まで花粉症だった。

それが40代になって、ほとんど完治してしまった。理由はわからない。

そして、今年になって、少しずつ再発の兆しがある。アレルゲンが何なのかは不明だが、アレルギー性と思われる鼻炎になった。季節的には、杉には早い気もするのだが、ハウスダストだろうか。

ともあれ、薬を飲むことにした。
IMG_0911
  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年11月26日

今日の夕飯

IMG_0862


今日の夕飯は前日の鍋の残りで作った雑炊、はせがわで買ったほっけ、真鯛、シメサバ。そばが続いていたので、魚が嬉しい。  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年11月13日

地下鉄で見かけた現代アート




なかなかのものである。大手町。

IMG_2451
  
Posted by buu2 at 10:40Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年11月12日

ペンキぬりたて

Posted by buu2 at 18:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年10月12日

台風の前夜













地震の後みたい。  
Posted by buu2 at 00:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年10月11日

ちょっとだけブレードランナー的雨の新宿

IMG_2226


IMG_2227
  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年10月06日

コメダか、デニーズか

パソコンで仕事をするときに、最近はコメダを使うことが多いのだが、デニーズもチェックしてみたので比較をレポートしておく。

(1)混雑具合
長時間居座るとなれば、店や客に迷惑をかけないのが大事。入店待ちの人がいるのに、紅茶一杯で長居するのは気がひける。この点ではコメダは優秀。大抵、空席がある。デニーズは昼食時にはかなり大勢のお客さんが来る。

(2)ネットのスピード
DAZNでサッカー中継を見る程度なら、どちらの店も問題ない。遅くて閉口するということはない。ただで使っているのだし。

(3)空気環境
コメダは、喫煙室のそばだと、喫煙者が出入りする際にタバコの臭いがしてくる。デニーズは、喫煙室のそば、遠くにかかわりなく、タバコの臭いがする。空気環境はコメダの方が数段マシである(もちろん、ベストではない。喫煙室の近くの椅子には座りたくない)。

(4)メニュー
デニーズは約200円でドリンクバーがある。コメダはコーヒー、紅茶がいっぱい約450円。味はともかく、長時間の利用ならデニーズの方がありがたい。

なお、こちらはデニーズのモーニングセット。
IMG_2162


個人的には、デニーズは空気環境が悪いので、行きたくない。  
Posted by buu2 at 13:58Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年09月19日

位置エネルギーの大きい場所

背の高いビルの一室で打ち合わせ。







なかなかない機会なので、記念撮影(笑)。  
Posted by buu2 at 15:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年09月12日

出発

IMG_1869


今回は関東にちょっと長居しちゃった。またね。  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年08月10日

ゴーヤとハラペーニョ

ゴーヤはツルは伸びるのに実は大きくならない。









ハラペーニョは、まぁこんなものだろう。辛いかな?







  
Posted by buu2 at 17:17Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年06月21日

67歳になって絶倫男の話

危ない話なので詳細は書けないのだが、凄い医者の話を本人から聞いた。

彼は診療所を経営する医者なのだが、医師としてだけでなく、男としても現役真っ最中。奥さんとの間に3男1女(4男かも?)の子供がいるのだが、今もまだデリヘル通いがやめられないらしい。先日、召使い(製薬各社のMR諸氏)を引き連れての飲み会に同行させてもらったのだが、その場での会話の半分以上はデリヘル嬢の話である。ちょうど、同行MR氏の一人に同じ店の常連がいるとわかってからは、どのラブホが使い心地が良いとか、BGMはこれに決めていると音楽を流したり、店のサイトにアクセスして「この子が良い」とか、「今、またモテ期真っ最中」とか楽しそうに語っていた。

院長には間違っても歯向かえないMR諸氏が口を揃えて「凄いですねぇ」と褒めていたので、僕がちょっとちゃちゃを入れてみようと思って「小遣いを渡したりはするんですか?」と聞いてみると、「お気に入りの子は東京のブティックにベンツで乗り付けて、上から下まで服を買ってあげる」「使うのは東京ベイコート倶楽部に決めている」「若い子が頑張っているのだから、よっぽどのことがない限りエキストラで5万円渡している」とのこと。それだけしてくれたら本人の魅力とか関係ないだろ(苦笑)、とは思ったけれど、先がそれほど長いとも思えず、溜め込んだお金を世代間で下に流すのは別に非難されるべきことでもないだろう。だから、軽く「結構貢いでいるじゃないですか」と笑うだけにしておいた。「奥さんは良いんですか?」と聞いたら、「それは、一緒に暮らしている女性のこと?」ととぼけていた。

院長の、現時点での最大の課題は、月末のウィンブルドンテニス大会に向けてのスケジュール調整らしい。院長の三男だか四男だかが現在英国留学中で、ウィンブルドンの大会に合わせて院長夫人が渡英するとのこと。夫人がひとりで海外に行ってくれるのはデリヘル遊びの格好のチャンスなので、その間の一週間はびっしりスケジュールを埋めて、病院へは毎朝ホテルからベンツで駆けつけるつもりらしい。「もう、楽しみで仕方がない」と嬉しそうに語っていた。

67歳にもなって、このバイタリティは見事である。

ちなみに僕は院長夫人とも知り合いなのだが、カーステレオで竹内まりやの曲が流れてくると「不倫の曲なので」と曲をスキップするような女性である。デリヘル遊びがバレたら離婚されて全財産を持っていかれちゃうんじゃないかな、と心配になる。

7人での飲み会の飲み代は全額院長の支払い。院長はカードで支払いを済ませる。領収書を受け取って、「明日、事務長に領収書を渡して現金を受け取るんだよ。こうすれば、妻に内緒で小遣いを作れる」と自慢していた(笑)。一見太っ腹のようで、その実、自分の懐は全く痛んでなくて、逆に潤っている。

腹上死しないことを祈るのはやきもちかもしれない(苦笑)。  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年05月15日

亀井消化器内科で胃カメラ

そろそろ胃カメラの時期ということで、成増の亀井消化器内科で胃カメラをやってきた。

最近、食道がんになった俳優の話を耳にするので、食道の検査も一緒にやってもらった。

結果は、食道、胃ともに異常なし。これでまた2年、安心して暮らすことができる。それにしても、この病院の胃カメラの無痛っぷりは相変わらず素晴らしい。いつものようにマウスピースを口に入れた時点で時計を確認すると、10:10。次の瞬間、「じゃぁ立ってみて」と言われて、時計を確認すると10:30。20分経過しているので、検査は終了している。でも、居眠りしたように、時間だけが経過していて、何の苦痛もない。

米国では当たり前の無痛胃カメラだけど、日本ではなぜか普及率が高くない。無痛分娩と同じで、遅れているなぁ、と思う。

いつまで胃カメラで消耗してるの?  
Posted by buu2 at 11:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月26日

和室に差し込む朝日が眩しすぎるので

すだれで日よけしてみた。

VUH4JWdFQrmJx72Q5feUpA
  
Posted by buu2 at 18:11Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月13日

台所周りの設定

DAZNのおかげで、サッカーを見ながら調理できるのが良い。


  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月08日

マレーネ・ディートリヒ

ドイツ出身にも関わらずナチスを嫌い、出身国を捨てて米国に渡って米国の市民権を取得したマレーネ・ディートリヒ。たばこを吸っている写真なのは個人的に引っかかるところがあるのだが、映画「ボヒミアン・ラプソディ」の中で、フレディの家の中に飾られていたので真似して家の廊下にはってみた。





  
Posted by buu2 at 13:08Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月06日

氷川神社裏の新河岸川の桜並木

川越の桜はちょうど見頃ということだったので、氷川神社の裏にある新河岸川の桜並木に行ってみた。
















ぎり満開という感じで、今週で終わりかも?  
Posted by buu2 at 18:25Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

桐生の天満宮古民具骨董市

桐生で毎月第一土曜日に大きな骨董市をやっているというので、行ってみた。朝の8時に現地に到着したんだけど、駐車場はほとんどいっぱいだった。
















「ちょっと、これ、見て行ってよ」(おじさんが掛け軸を5本ぐらい並べている)
「なに、これ」
「横山大観だよ」
「どれどれ」

「無我」である。

「これ、いくら?」
「一万円だけど、8000円で良いよ。本物だよ」
「そうかぁ」
「横山大観、知ってる?」
「うーーーん、名前ぐらいは」
「他の店じゃ、5万でも買えないよ」

そうだろうね。他に、英一蝶、谷文晁など、一流どころばかり。

「木村武山、知ってる?」
「それも名前ぐらいは」(そういえば、足利の美術館で山ほど見たっけ)
「木村武山、これから高くなるよ」
「そうなんですね」
「安くしておくよ」

これ以上安くなるのか・・・。

下駄屋さんが良かった(^^



なかなか面白いので、毎月行ってみようかな?  
Posted by buu2 at 11:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月05日

今年の花見(一回め)

このところ、花見はワシントンDCですることが多かったんだけど、今年は日本で花見。


































  
Posted by buu2 at 17:22Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年04月01日

令和

新元号は令和だそうで。まぁ、どうでも良い。なるべく使わないようにしようと思う。  
Posted by buu2 at 11:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月26日

印鑑なしでどこまでいけるか実験中

今回の日本滞在にあたって、「印鑑なしでどこまでいけるか」を実験してみることにした。

今のところ、確定申告、転入届け、宅配便の受領は印鑑を使用せず、サインでクリアした。結構いけるんじゃないのかな。銀行口座関連は難しそうだけど。  
Posted by buu2 at 10:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月23日

アイダーダウンを試してみた件

アイスランドに行ったこともあって、アイスランド産の鳥の羽毛ぶとんに興味を持ったので、ちょっと試してみた。

これ、確かにめちゃくちゃ軽い。羽根を手に持ってみたけれど、本当に軽い。そして、この羽根を使って作られた羽毛ぶとんも、めちゃくちゃ軽い。

ただ、セールストークがいただけない。担当者は「アイダーダウンの羽根がバネの役割を果たすので、上から布団をかけても重さを感じない」という説明をしていたのだけれど、これは悪くいえば嘘、良くいえば間違い。力学をわかっていない人間を相手にこう説明するのはありかもしれないけれど、僕は「このスタッフは信用できないな」と感じた。なお、配布していないというパンフレットはこんな内容。







この値段じゃぁ、僕は買わないな。  
Posted by buu2 at 14:00Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月22日

茨城産とちおとめ

なんか、もやもやする。


  
Posted by buu2 at 21:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月17日

Marlene Dietrichのポスター

米国から持ってきたMarlene Dietrichのポスターのフレームが、日本ではなかなか見当たらないサイズと判明。




80.1×40.1ぐらい。伊東屋に持って行って探してもらうかな。  
Posted by buu2 at 07:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月16日

ロストした荷物が発見された件

「このタイミングでトランジットしておいて、荷物がロストしないわけがない」と思っていたら案の定ロストした荷物が、ANAの専用車で滞在先まで送られてきた。



スポーツバッグが破れていて、



ANAの担当者から電話があった。「多分直せないのですが、何年ぐらい使っていて、いくらぐらいのバッグでしょうか」と質問された。2002ワールドカップの記念品なので、価格はわからないのだよね。

そういえば、ANAは東京五輪のオフィシャルパートナーだったはず。スポーツバッグは作らないのかなぁ。

そこそこ高額で購入した版画は、勝手に梱包がアレンジされていた。



中身が潰れていたら「ふざけないでいただきたい」というところだったのだが、無事だった。良かった。  
Posted by buu2 at 11:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2019年03月15日

11日 DC>ロス
12日 ロス>羽田
13日 成田>千歳
14日 千歳>成田

ということで、4日連続で飛行機で移動。仕上げは栃木に行って、飲み会。ただし、ただ酒だったので店の評価はなし。写真はお酒の写真だけ。
Syjji5D4Rhua8X8tGMYipA
  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集