2022年04月20日

吟醸らーめん 久保田

IMG_1372


名称:吟醸らーめん 久保田
種類:独自
場所:五条
注文:醤油らーめん
評価:6/BAB
2022.4.20.
コメント:麺はやや細めのちぢれ麺。ちょっと茹ですぎな感じだが、スープの絡みはとても良い。このくらいの柔らかさは東京では好まれないが、京都だと良いのかもしれず、地域性の表れの可能性もある。

スープは鶏ガラ中心豚骨ブレンドのあっさり醤油味で、スープ表面の脂が多め。こういう脂が強めの店は味がボケているのがほとんどだが、この店のスープはちゃんと味があって良い。

チャーシューは味付けは良いのだが、肉の質か、処理が良くないと感じた。

店名 吟醸らーめん 久保田
電話 075-351-3805
住所 京都府京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル 1F
営業時間 11:00〜15:00(L.O.14:30)18:00〜22:30 (L.O.22:00)
定休日 火曜日

IMG_1369


IMG_1374
  

2022年04月10日

翔鶴

久しぶりに石神氏の色紙を見つけた。

IMG_2605


以下、評価。

名称:翔鶴
種類:塩
場所:群馬総社
注文:塩らあめん
評価:7/ABA
2022.4.10.
コメント:麺は細めのストレート。コシ、スープの絡みともに良好。細麺にありがちなかん水臭もない良品。

スープは鶏ベースの清湯タイプ。非常に繊細でバランスよく仕上がっている。ただし、麺を食べさせるには薄味。

チャーシューは美味しい。

上品なスープで散見される麺を食べさせるだけの味がないラーメンだった。美味しいのにもったいない。二日酔いとか、飲んだ後には良いかもしれない。次は中華そばを食べてみたい。  

2022年04月08日

大和

佐野ラーメンの人気店、大和で一杯。以下評価。

IMG_1163


名称:大和
種類:佐野
場所:佐野市
注文:醤油チャーシューメン
評価:7/ABA
2022.4.8.
コメント:麺は太くて加水率が高めの縮れ麺。佐野ラーメンは麺の太さにバリエーションを持たせる店が多いのだが、この店の麺の太さはほぼ均質。コシは文句ないしスープも絡みやすいのだが、スープの脂が多めなので、麺に味が乗ってこない。これは麺を細くするか、脂を薄めにするか、スープの味をもっと濃くするよりない。

スープは鶏ベースの醤油味。スープだけで飲めば美味しいし味も濃いめなのだが、極太の麺を食べさせるにはもう一工夫必要。

チャーシューは美味しい。

順番票が機械で配布されて、順番が近くなるまで近所の店で時間を潰していられるところが親切で良い。店も大きく、回転は良い。

店名 青竹手打ちラーメン 大和
電話 0283-55-4584
住所 栃木県佐野市茂呂山町4-8
営業時間 [平日]11:00〜14:00 17:00〜20:00 [土・日・祝]11:00〜20:00
定休日 月曜日 ※月曜日が祝祭日の場合翌火曜日休み  

2022年03月29日

吉左右(きっそう)

この店に来るのはこれが4度目。でも、食べるのはこれが初めて。行列に嫌気が差して、別の店に行ってしまっていた。しかし今日は車で、駐車場に停めてしまったので、行列だからやめておくという選択肢がなかった。以下、評価。

名称:吉左右
種類:東京西部
場所:木場
注文:らーめん トッピングチャーシュー
評価:10/AAA
2022.3.29.
コメント:麺はやや太め。腰があって、スープの絡みも良い。

スープは濃厚豚骨のベースに強めに魚の出汁を効かせた東京西部タイプ。濃厚なベーススープが味をしっかりと支えている。

チャーシューもレベルが高い。

濃厚豚骨魚介の、ひとつの頂点と言って良いと思う。ただ、逆に濃厚豚骨魚介スープの構造的弱点を曝け出しているとも言える。

まず、酸味が強すぎる。科学的な理由は不明だが、濃厚なスープは味がぼける傾向にあって、その傾向は味の種類によって異なる。塩気が一番ぼけて、苦味、酸味の順に影響を受けにくくなる。その濃厚スープに魚介出汁を加えると、酸味が飛び抜けて強調されてしまう。このバランスの悪さはどうにもならない。出汁を薄くすれば、今度は塩気が感じられなくなる。

また、濃厚ゆえに骨を砕いたようなざらつきが感じられるのも弱点の一つだろう。天下一品のスープが典型例だが、粉っぽい舌触りも食べ物としては決して褒められない。

これらの弱点をなくそうと思えば、豚骨で出汁を取るときに沸騰させずに茹でて清湯スープに仕上げる必要があるけれど、そうすると今度は豚骨の味が出てこなくなる。この辺が豚骨メインで出汁を取ることの難しさである。

濃厚豚骨魚介としてトップレベルではあるけれど、ラーメンとしてトップにはなれない、そんな難しさを感じてしまった。

店名 麺屋吉左右(めんや きっそう)
電話 03-3699-5929
住所 東京都江東区東陽1-11-3
営業時間 11:30〜15:00頃※売り切れ次第終了
定休日 水曜・金曜・日曜  

2022年03月17日

今日のアメノオト

IMG_0978


えびワンタン塩そば。安定。

一ヶ月以上まともなラーメンを食べていなかったので、ようやく一息つくことができた。  

2022年03月10日

きころく

成増のきころくで一杯。

IMG_0905


まんぼう中なので、具体的な評価はなし。

  

2022年02月08日

今日のアメノオト

IMG_0657


えびわんたん塩そば、チャーシューを煮豚にチェンジ。  

2022年01月16日

nibo

川越のniboで一杯。以下評価。

IMG_0515


IMG_0514


名称:nibo
種類:東京西部
場所:新河岸
注文:極辛煮干そば 中華そば(塩)
評価:7/BAA
2022.1.16.
コメント:最初に食べたのは極辛煮干そば。ラーメン屋の「極辛」は全然辛くないことがよくあるけれど、この店の極辛は看板に偽りなし。ちゃんと辛くて好感。また、辛いだけのスープではなく、辛さの向こうにちょっとだけ出汁の味が感じられる。ただ、本当にちょっとだけなので、辛いのが苦手な人はもちろん、スープの味をきちんと楽しみたい人も、最初は注文を避けた方が良い。

麺は中位より少し細めで、弱く縮れたもの。少々コシがたりない。麺硬めで注文すればA評価になりそう。

チャーシューも美味しい。

次に中華そば。niboという店名なので和風だしが強烈なのかと思ったら、それほどでもなく、適度な出汁で美味しい。中華そばを塩で頼むのは正解っぽい。

次に近所に来ることがあれば、中華そばの醤油を食べてみたい。

店名 nibo(ニボ)
電話 049-265-5504
住所 埼玉県川越市砂新田80-14
営業時間 【月〜土・祝】11:00〜15:00 18:00〜23:00(L.O22:30) 【日】11:00〜16:00(L.O15:30)
定休日 不定休  

2022年01月06日

町田商店 佐野店

「○○商店」と名乗る家系ラーメンは池袋西口などで食べていて、その質の高さに驚かされたものだが、その支店が佐野にあったので、食べてみた。

IMG_0455


名称:町田商店 佐野店
種類:横浜
場所:佐野
注文:ラーメン のり 麺硬め
評価:6/BAB
2022.1.6.
コメント:麺は太めで弱く縮れたもの。腰、スープの絡み共に良好だが、不自然に短い。これがラーメンの食感を損ねている。当然わざと短くしているはずだが、その理由は見当がつかない。

スープは豚骨鶏ガラブレンドの濃厚醤油味。これを家系と言われてしまうのは少々違和感があるのだが、味は良い。ただ、デフォルトでもかなり味が濃い。普通に食べたらしょっぱすぎると思う。

チャーシューは普通に美味しい。

家系としては足利にある田村家の方が上だが、山岡家に比べたら雲泥の差。もちろん、こちらの方が美味しい。店員の接客教育が行き届いていて、最近足利にオープンした「豚のげんこつ」はここで勉強した方が良い。

横浜育ちでかれこれ30年以上本場の家系を食べてきた僕に言わせればこれは家系ではないのだが、また食べにきても良いと思える。何より、このあたりの有名店は14:30や15:00で中間閉店になる店がほとんどの中、昼夜通しで営業しているのが良い。

店名 横浜家系ラーメン 町田商店 佐野店
電話 0283-86-8445
住所 栃木県佐野市富岡町1403
営業時間 11:00-24:00
定休日 年中無休  

2021年12月22日

中村屋総本山

IMG_0306


名称:中村屋総本山
種類:東京西部
場所:南古谷
注文:濃厚煮干そば
評価:6/ABB
2021.12.22.
コメント:麺は細めのストレート。腰があってスープの絡みも良い良品。

スープは濃厚タイプを選んで失敗した。この手のにぼしラーメン店は、濃厚タイプを注文すると大抵失敗するのだが、この店もそういう店のひとつ。ベーススープが濃厚だと、必然的に味も濃くなる。煮干系で出汁を強めにしようとすると、どうしても苦味を中心とした雑味がでてくる。この店もそう。ノーマルのラーメンを注文すべきだった。

チャーシューは普通レベルに美味しい。トッピングで追加しても後悔しないレベル。

次があれば、普通の煮干そばを注文する。

IMG_0307


店名 中村屋総本山
電話 049-236-3704
住所 埼玉県川越市伊佐沼397-3
営業時間 (月)11:00〜15:00 [火〜土]11:00〜15:00 18:00〜21:00 【日】11:00〜15:00 18:00〜20:00
定休日 無休  

2021年11月26日

麺童豊香

IMG_0032


名称:豊香
種類:独自
場所:小山
注文:鶏そば塩 豚チャー
評価:3/BBC
2021.11.26.
コメント:麺はやや細めのストレート。コシはあるのだが、食べ初めにかん水臭が気になる。茹で時間が短か過ぎる感じではないので、熟成が足りてないのかもしれない。

スープは鶏ベースの濃厚タイプ。美味しいのだが、ちょっと温度設定が高すぎる。淡麗タイプなら温度が高くても良いのだが、濃厚タイプは高過ぎると味を感じにくくなるし、麺がのびるのも早くなるので、高ければ良いというものでもない。

チャーシューは低温処理タイプの味も素っ気もないもの。低温処理タイプを提供していることが間違い。

今どきの作りで、それは別に悪くないと思うのだが、細かいところでツメがあまく、色々もったいない。本当にちょっとしたところに配慮するだけで、翌日には2ランクはアップする。あと、淡麗タイプだともっと良いかもしれない。

IMG_0030


IMG_0031


IMG_0033


店名 麺童豊香
電話 0285-38-8640
住所 栃木県小山市土塔228-36
営業時間 昼の部 11時〜(14時 L.O.) 夜の部 18時〜(20時 L.O.)※材料切れ次第終了
定休日 土曜日、日曜日  

2021年11月21日

せたが屋 羽田国際空港店

IMG_8697


名称:せたが屋 羽田国際空港店
種類:独自
場所:羽田空港第3ターミナル駅
注文:シビレ豚骨ラーメン
評価:3/CAB
2021.11.21.
コメント:麺はやや細めのほぼストレート。スープの絡みは良好だけど、柔らかくて歯応えが足りない。B評価でも甘いかもしれない。

スープは豚骨ベースのややスパイシータイプ。「シビレ」と謳うほどのシビレでもないし辛いわけでもないのだが、辛いのに弱い人にはちょうど良いかも。

チャーシューは普通に美味しい。

アジア系の観光客が多い空港なので、こういう観光客向けの、麺やわらかめ、トッピング多めのラーメンが好まれるのかもしれないが、普通の日本人が食べるにはイマイチ。

こちらは同行者の鶏塩ラーメン。
IMG_8699


こちらも無難に美味しいけれど、麺がだめなのは一緒。

店名 らーめん せたが屋 羽田国際空港店
電話 03-5708-0899
住所 東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田国際空港ターミナルビル4F 江戸小路
営業時間 24時間営業
定休日 無休  

2021年10月20日

豚のげんこつ

足利に新店がオープンと聞いて行ってきた。

IMG_8093


IMG_8094


名称:豚のげんこつ
種類:福岡
場所:足利市
注文:豚骨ラーメンSP
評価:8/AAC
2021.10.20
コメント:麺は細めのストレートで福岡系。麺硬めで注文してもかん水の臭いが残ることのない良品。

スープは豚骨ベースの九州系。濃厚で味も濃い。九州系としてはかなり上質。替玉をするとどうしても薄くなるのだが、スープのタレはちゃんと用意されている。

チャーシューは九州系としては美味しい部類だが、一般論で言えば普通のレベル。

店は一蘭の食事集中システムに似た個別タイプ。コロナ時代にはありがたいのだが、子連れで行くのは無理。

注文の仕方も一蘭そっくり。
IMG_8090


IMG_8091


IMG_8092


この辺は先行事例を上手に取り込んでいる。

お酒も提供しているようで、ひとりで飲むのかな?
IMG_8089


注文のボタンを押しても受け付けられているのか客からわからなかったり、辛子高菜が無料で無制限に提供されていなかったり、順番待ちの列が直射日光の当たる場所で日除けもなく暑くてかなわないなど、細かいところでツメの甘さは感じられるのだが、ラーメンはちゃんと一定のクオリティをクリアしている。足利では上位に数えられるだろう。

  

2021年10月19日

たま屋

IMG_8078


名称:たま屋
種類:佐野?
場所:あしかがフラワーパーク
注文:ちゃ〜しゅう麺
評価:8/AAC
2021.10.18
コメント:スープは鶏ベースで野菜、昆布、煮干しなどで出汁を取っていると思う。今日の注文は生姜ら〜めんではないけれど、生姜が強めに感じる。化調で味を調整している感じはしない。こういうスープは味がたりないことが多いのだが、この店のスープはちゃんと味がある。脂が強めなのでその分濃い味付けが必要になるのだが、しっかりバランスが取れているところが好感。

麺は太めの太平手打ち麺。佐野タイプに近いけれど、麺の太さにはそれほどばらつきがない。細麺と太麺のミックスという感じではなく、太めのもちもち感を味わうタイプ。腰が強く、スープの絡みも良い。太い麺を食べさせるには味の濃いスープが必須だが、ちゃんとその条件をクリアしている。

チャーシューはスープ、麺の完成度に比較するとちょっと見劣りするけれど、まずいわけではない。

入り口は渋いのに安っぽいのぼりが何本も立っていて心配になったのだが、ちゃんとおいしくて、しかも伸び代がある店だった。ちょっと損していると思ったのは店内の照明。蛍光灯の色温度が高く、店の中が青みがかっている。これだと、食べ物が美味しそうに見えない。

まだできてそれほど時間が経っていないと思うのだが、すでに足利ではかなり上位にランクされると思う。こういう店には頑張ってもらいたい。

ラーメンとは関係ないけれど、から揚げもメニューに載っていた。この辺は小倉食鶏とか、鳥喜とか、から揚げの名店がいくつかあるのだけれど、良い鶏肉の供給源があるのだろうか。

IMG_8076


IMG_8075


店名 手打ち麺処 たま屋
電話 080-1187-9234
住所 栃木県足利市大久保町953-25  

2021年07月31日

阿波家

野木町でひまわりを見た帰りに寄ってみた。以下評価。
IMG_7520


名称:阿波家
種類:独自
場所:野木
注文:2色チャーシューメン
評価:6/ABB
2021.7.31
コメント:麺は細めのほぼストレート。コシはしっかりしているのだが、スープが絡んでこない。これは麺が悪いというよりは、スープの脂分が強いのだと思う。

スープは鶏ベースの醤油味。スープだけで飲むととても美味しいのだが、麺を食べさせるのは少々苦労している。もう少し脂を少なめにしたら良いと思う。

チャーシューは無難に美味しい。

なお、同行者が注文した塩も食べてみたのだが、こちらもおいしかった。次に行く時は磯塩ラーメンを食べてみたい。
IMG_7522


IMG_7509


店の中が昭和っぽいのも良い。
IMG_7513


IMG_7514


店名 中華そば 阿波家 野木店
住所 栃木県下都賀郡野木町友沼4722-5
営業時間(平日)11:30〜14:00 (土日祝)11:30〜15:00
定休日 水曜日、第2・第4日曜日  

2021年07月02日

麺屋 穂華

自治医大近くの「麺屋穂華」でいっぱい。以下評価。

IMG_7324


名称:麺屋穂華(ほのか)
種類:中華そば
場所:自治医大
注文:特製和だし醤油らぁめん
評価:6/ABB
2021.7.2
コメント:麺は中位の太さの平たい縮れ麺。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは鶏ベースに魚介系のダシを効かせたタイプ。やや塩分が濃いめで、その分ダシの主張が弱い。味のないスープはよく見かけるが、ここは塩、あるいは醤油で味付けしているタイプ。ごくわずかに苦味が感じられるのだが、その出どころが魚なのか、醤油なのかは不明。塩ラーメンを食べればわかるかもしれない。

チャーシューはスープの塩分とバランスの取れた濃口の煮豚。普通に美味しい。

評価とは無関係だが、煮卵は味が薄くスープ、チャーシューとバランスが取れていない。メンマはそれほど美味しくないので、メンマ抜きでも良いかもしれない。ワンタンは美味しかった。

店のつくり、メニュー構成、業態などが狙いすぎ。コロナ対応できっちり座席がセパレートされているあたりも素人臭さがなく、プロ的には逆に警戒する。田舎の店だけれど、おそらくどこかのコンサルがかんでいる。でもまぁ、味はなかなか良い。このあたりに行ったらまた寄ってみると思う。

店名 麺屋 穂華 (メンヤ ホノカ)
電話 0285-44-8841
住所 栃木県下野市笹原59-7
営業時間 平日 11:30〜23:00 土日祝 11:00〜23:00
定休日 不定休  

2021年06月23日

名前はいまのところ伏せておく店

コロナの最中は評価の低い店を食べてもブログに書くのはやめていたのだけれど、そうすると今度は食べたかどうだかもわからなくなるので、名前を伏せてレビューを記録しておく。


注文:正油、チャーシュートッピング

麺はやや太めの全粒粉タイプ。コシはまぁまぁだけど、スープは絡んでこない。

スープは鶏ベースで、おそらく無化調。味がほとんどない。塩気があればまだ食べることができるのだが、塩分をあまり感じない。脂っぽくて味のないスープで麺を食べるのはちょっとつらい。写真でわかるように、角度のついた円錐形のどんぶりなので、スープにはお金がかかっているのだろう。努力の方向を間違えている。

チャーシューもそれほど美味しいとはいえない。

これはちょっと残念なラーメン。無化調で味のないスープよりは、化調で味を調整したスープの方が良い。  

2021年06月15日

杏と桜 再訪

太田の「杏と桜」の印象がとても良かったので、間をおかずに再訪してみた。

杏と桜
http://buu.blog.jp/archives/cat_68912.html

今回注文したのは辛味噌。

IMG_0987


これも良い。とても良い。辛さも適度だし、辛いだけのスープにならないよう、きちんと濃厚なスープで支えている。大人気という雰囲気はないけれど、ここは良い店だ。  

2021年06月10日

ざくろ

館林のざくろという店を教えてもらったので、食べに行ってきた。

IMG_7151


名称:ざくろ
種類:喜多方
場所:成島
注文:喜多方肉そば白じょうゆ
評価:7/ABA
2021.6.9
コメント:一番人気という喜多方を注文してみた。

麺は加水率が高めの太平麺。コシ、スープの絡みともに良好。

スープはかなり生姜が効いた清湯タイプ。ちょっと脂が多めで、麺を食べさせるだけのパワーに欠ける。スープだけで飲めば美味しいのでちょっともったいない。少し脂を控えたらずっと良くなると思う。

チャーシューはなかなか美味しかった。喜多方系は肉がたっぷりトッピングされているのに、質がイマイチという店が多いのだが、この店は質・量ともに満足がいく。

IMG_7148


IMG_7149


それはそうと、この店はかき氷でも有名らしい。次回はラーメンとデザートにかき氷を食べたい。

店名 麺屋 ざくろ
電話 0276-75-1119
住所 群馬県館林市大谷町1053-19
営業時間 [火〜金]11:30〜15:00 17:30〜21:30 [土・日・祝]11:30〜15:30 17:30〜21:30 ※祝日が月曜日の場合、夜営業なし
定休日 月曜日(祝日の場合昼のみ営業)  

2021年06月01日

杏と桜

IMG_7114


名称:杏と桜
種類:独自
場所:太田
注文:特製醤油ラーメン
評価:9/AAB
2021.6.1
コメント:麺はやや細めで弱く縮れたタイプ。腰、スープの絡みともに良好。

スープは鶏メインで脂を乳化させたタイプ。ぱっと思い出すのが百麺のような鶏寄り濃厚家系タイプやげんこつ屋のようなダブルスープタイプである。良い具合に濃厚で、味付けも良い。久しぶりに美味しい濃厚スープのラーメンを食べた気がする。

チャーシューは肉質がイマイチのようで、まぁまぁ。

具にもこだわりが感じられるし、スープはそれに負けないだけの力強さがある。良い店だと思う。

店名 杏と桜 (Anzu To Sakura)
住所 群馬県太田市浜町43-5
営業時間 11:30〜15:00、18:00〜22:00

IMG_7112


IMG_7111


IMG_7110
  

2021年05月29日

ヨコクラストアハウス

小山に行く機会があったので、この店で一杯。以下、評価。

IMG_7103


名称:ヨコクラストアハウス
種類:独自
場所:小田林
注文:醤油そば 味玉
評価:6/ABB
2021.5.29
コメント:麺は細めのストレート。食感がそうめんみたいで個人的には好みではないけれど、腰があってスープの絡みも良い。

スープは鶏系。味は美味しいのだが、脂が多すぎて麺との相性が良くない。スープだけ飲むと美味しいのに麺を食べさせる力がない。

チャーシューは無難に美味しい。チャーシューにちゃんと火を通せばもっと良くなりそうな気配がある。

店名 ヨコクラストアハウス (YOKOKURA STOREHOUSE)
電話 0285-37-6162
住所 栃木県小山市横倉596-76
営業時間 11:00〜14:30 18:00〜20:00
定休日 木曜日  

2021年05月24日

麺蔵あつお

栃木市の「あつお」で一杯。

IMG_7085

名称:麺蔵あつお
種類:鶏白湯
場所:栃木
注文:こってり鶏出汁 濃厚塩 チャーシュートッピング
評価:9/AAB
2021.5.26
コメント:麺はやや細めのストレート。腰、スープの絡みともに良好で良品。

スープは鶏の白湯。濃厚さにあわせて味を濃く調整してあって、とても良い。ただ、ちょっと熱すぎる。そのせいで、少し薄味に感じる。

チャーシューは味付けは良いのだが、肉質がそれほど高くないようだ。

写真ではわからないのだが、この店の丼はちょっと鋭角な円錐状。これはスープの量を少なく済ませる裏技だが、全体の熱容量が少なくなって、冷めやすいというデメリットがある。その対応で、最初のスープの温度を高く設定しているのだろう。しかし、濃厚なスープの温度を高くすると、どうしても薄味に感じてしまう。あっさり鶏出汁なら問題ないのではないかと思うので、次はあっさりを注文してみようと思う。
IMG_7084


IMG_7083


店名 麺蔵あつお
電話 0282-20-5111
住所 栃木県栃木市倭町10-14
営業時間 11:00〜14:30 17:30〜20:30
定休日 水曜日  

2021年02月23日

寿製麺よしかわ 坂戸店

坂戸にあるよしかわで二杯。以下、評価。

名称:よしかわ
種類:独自
場所:北坂戸
注文:特製鶏中華そば 芳香真鯛そば
評価:6/BAB
2021.2.23.
コメント:食べたのは特製鶏中華そばと芳香真鯛そば。

麺は細めのストレートタイプ。スープの絡みは良いのだが、腰があるというよりは硬さがある麺で、粘りがないのが残念。鶏そばだともう一歩かなと思うのだが、鯛そばにはフィットしている。

スープは鶏そばは鶏の味が、鯛そばは鯛の味がきちんとする。中華鍋で鶏や魚を炒めて、ベーススープを追加して仕上げているのかな、と思ったのだが、ベーススープをそれぞれ作り分けているのかもしれない。鶏は脂のせいで味がぼけて、麺を食べさせるにはやや力不足。鯛そばは適度な味付けで、魚系のスープにありがちな魚臭さも気にならず、なかなか良くできている。

チャーシューは普通。

幼児向けに座席を配慮してくれて、とても助かった。

店名 寿製麺よしかわ 坂戸店
電話 049-299-4683
住所 埼玉県坂戸市上吉田206-1
営業時間 月曜日〜金曜日11:00〜15:00(Lo14:30) 17:00〜21:00(LO20:30) 祝祭日、土曜日11:00〜21:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日 日曜日  

2021年02月18日

らーめん・つけ麺 吉田商店 本店

IMG_0183


名称:吉田商店
種類:佐野
場所:小山
注文:芳醇鶏塩らーめん チャーシュートッピング
評価:7/BAA
2021.2.18.
コメント:麺は手打ちの太平タイプ。麺の厚さと幅がほぼ一定で、満遍なく茹ですぎな印象。佐野系の手打ち麺は、細い麺と太い麺が適度に混ざって、食感とスープの絡みを両立できるのが最大の特徴だと思うのだが、残念ながら腰が不足していた。

スープはとても丁寧に作られた塩味で、臭みがなく、味のバランスも適切。塩ラーメンのスープはかくあるべしと言いたくなるような、お手本のようなスープ。

チャーシューもスープとのバランスが取れた美味しいものだった。

店名 らーめん・つけ麺 吉田商店 本店
電話 0285-23-5621
住所 栃木県小山市城東5-10-17
営業時間 11:00〜14:30
定休日 月曜日、第3火曜日(祝日の場合は翌日)  

2021年02月16日

和風ピンポン竹末

小山の和風ピンポン竹末でいっぱい。以下評価。

IMG_6381


名称:和風ピンポン竹末
種類:独自
場所:小山
注文:鶏の濃厚醤油 チャーシュー濃いラーメン
評価:6/ABB
2021.2.15.
コメント:麺は細めのストレート。腰、スープの絡みは良好。取り扱いにも問題なく、美味しく食べることができる。

スープは鶏の濃厚タイプを注文。こってり具合は問題ないのだが、味が薄い。濃厚スープにありがちなのだが、スープが濃厚なら、それに比例して味を濃くしないと、濃厚なだけのスープになる。これはちょっともったいない。仕方ないのでテーブルに用意されていた辛子高菜で味付けして食べた。

チャーシューは三種類の肉がトッピングされていた。普通のタイプが一番美味しくて、あとは平凡。全部普通のチャーシューなら7/ABAだった。

チャーシューだけでなく、トッピングが全体的にうるさく感じる。別にまずいわけではないけれど、取り立てて良い効果も生み出していない。

IMG_6378


店名 和風ピンポン竹末 (和風PING-PONG竹末)
電話 0285-31-0001
住所 栃木県小山市東城南1-35-15
営業時間 11:30〜15:00 17:00〜21:00
定休日 木曜日  

2021年02月12日

麺屋 照の坊

IMG_6330


名称:照の坊
種類:独自
場所:茂林寺前
注文:特製煮干しそば
評価:8/AAC
2021.2.18.
コメント:麺はやや細めのほぼストレート。腰、スープの絡みとも問題ない。

スープは魚介系で、味が良く、雑味が感じられず、余計な臭みもあまり気にならず美味しい。

チャーシューは色々な種類がトッピングされているが、低温処理タイプがいただけない。邪魔なので、乗せない方が良いだろう。

IMG_6328


店名 麺屋 照の坊 (メンヤ テルノボウ)
電話 080-7809-1151
住所 群馬県館林市青柳町1063-1
営業時間 [水〜日・祝] 11:00〜14:30 18:00〜21:00 [月]11:00〜(売り切れ次第終了)
定休日 火曜日  

2021年01月30日

地鶏らーめん花道

群馬といえば、1990年代に高崎のだるま大使に良く通ったものだけれど、先代が病死されてからは一度しか食べに行っていない。その高崎に祖師ヶ谷大蔵の名店「こましょう」が移転してくれたおかげで、また群馬のラーメンを食べてみようという気になった。まず行ってみたのがとても評判の良い「花道」である。以下、評価。

IMG_0041

名称:地鶏ラーメン花道
種類:独自
場所:西吉井
注文:花道らーめん・塩
評価:10/AAA
2021.1.30.
コメント:麺は細めのストレート。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは鶏ベースの塩味。マイルドな塩気だが、細麺のためにきちんと麺を食べさせる。出汁がしっかりしていてバランスが非常に良い。

チャーシューも肉質が良く美味しい。

店内には「黙食」の張り紙があり、コロナに対する意識も高い。厳しい状況だが頑張って欲しい。
IMG_0044


なお、同行者が注文したらーめん&上州牛プレミアムローストビーフ丼セットはこちら。
IMG_0042


IMG_0043


メニュー。
IMG_0040


IMG_0039


外観。
IMG_0045


このあたりは濃厚ラーメンなのかと思ったら、意外とすっきりしたスープだった。決して広い店ではないので、混雑時は行列するのかも?かなりおすすめ。

店名 地鶏らーめん花道 (【旧店名】麺屋花道)
電話 080-9820-8731
住所 群馬県高崎市吉井町本郷10-1 1F
営業時間 11:30〜14:30 18:00〜20:30(売り切れ次第終了) 祝日は昼の部のみ、スープ終了まで
定休日 日曜、月曜(月曜が祝日の場合、翌日の火曜が振替休日。)
  

2020年11月13日

絹屋

名称:絹屋
種類:佐野
場所:佐野市
注文:しょうゆチャーシュー
評価:6/BAB
2020.11.13.
コメント:麺は太めの太平縮れ麺。しっかりとした腰があって、スープの絡みも良い。

スープは鶏と豚のブレンドタイプ。出汁と塩気がしっかりしていて、とても美味しい。ただ、残念ながら太めの麺を食べさせるには力不足。これはスープが悪いのではなく、麺が太麺で一本調子のせいだと思う。手打ち麺は太さのばらつきによって、太い麺でコシを、細い麺でスープの絡みを楽しめるのが最大の魅力だと思うのだが、この店は細い麺がほとんど存在しない。それで、ちょっと味が足りなく感じてしまう。

チャーシューは普通に美味しい。

有名店ではないけれど、佐野ラーメンとしてはかなり上位に来る味だと思う。

店名 絹屋
電話 0283-21-6644
住所 栃木県佐野市大橋町3245
営業時間 [火〜金]11:00〜15:00 [土・日・祭]11:00〜20:00
定休日 月曜日  

2020年10月17日

大島

すみれの暖簾分けという触れ込みの店があったので、TDLの帰りに寄ってみた。

名称:大島
種類:北海道
場所:船堀
注文:コク辛味噌
評価:5/ABC
2020.10.17.
コメント:麺は森住のやや太めの縮れ麺。すみれの麺よりはちょっとだけ太い気がするけれど、気のせいかもしれない。コシ、スープの絡み共に良く、なかなかの良品。

スープは動物系のベーススープを味噌味で仕上げているのだが、中華鍋で玉ねぎやひき肉をラードで炒めたような味の深みは感じられない。すみれとは味噌も違う感じだし、若干の苦味も感じられる。

チャーシューは肉質がイマイチで凡庸。

すみれの暖簾分けと聞いていたので期待が高かったのだが、それに応えるほどではなかった。近所にきたら醤油や塩も試してみようと思う。










店名 大島
電話 03-3680-2601
住所 東京都江戸川区船堀6-7-13
営業時間 [火〜土] 11:00〜15:00、17:00〜20:30(LO) [日・祝] 11:00〜16:00、17:00〜20:00 ※いずれもスープ無くなり次第終了
定休日 月(祝日の場合翌日休)  

2020年05月13日

あじべ

足利市の小俣にあるあじべで一杯。

IMG_1917


名称:あじべ
種類:佐野
場所:おまた
注文:ちゃあしゅうめん
評価:7/BAA
2020.5.13.
コメント:麺は佐野ラーメンタイプの太平手打ち麺。スープの絡みはまぁまぁだけど、ちょっと柔らかすぎる。もう少し硬めでも良いと思う。

スープは鶏ガラ豚骨ブレンドの塩味。野菜からと思われるほんのりした甘みが良い。良くできたスープだと思う。

チャーシューも美味しい。

近くに住んでいたら時々食べにくると思う。

店名 あじべ
電話 0284-62-2930
住所 栃木県足利市葉鹿町1丁目25-1  

2020年03月06日

和み屋

館林の和み屋に行ってみた。




名称:和み屋
種類:独自
場所:館林
注文:天草大王の鶏そば 醤油
評価:7/ABA
2020.3.6.
コメント:麺はやや細めで弱く縮れたもの。コシ、スープの絡みともに良好の良品。

スープは鶏ベースの醤油味。スープだけで飲めば美味しいけれど、麺を食べさせるだけの味はないといういつものタイプ。

チャーシューは色々な種類を食べることができて良かった。

「天草大王の塩鶏そばを頼んだら、醤油と塩はどちらにしますか?と聞かれる謎展開で、反射的に醤油と言ってしまったら、塩鶏そばとは違うものが届いたらしい。まぁ、良いけどね。




これは同行者が頼んだ濃厚ラーメン。




なかなか美味しいけれど、東京あたりでは良くあるタイプだと思う。

店名 らーめん つけめん 和み屋
住所 群馬県館林市大手町6-4
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜 ※スープ無くなり次第終了
定休日 月曜日、第1、3火曜日  

2020年02月20日

今日の田村家

IMG_3392


栃木県の家系でここまでの味を出せるのは素晴らしい。すぐそばにある山岡家は全然駄目だけど。  

2020年02月13日

ソラノイロ食堂

池袋と要町の間にあるソラノイロ食堂でラーメンを一杯。




名称:ソラノイロ食堂
種類:東京とんこつ
場所:要町
注文:ラーメン 塩
評価:5/BBA
2020.2.13.
コメント:麺は細めのほぼストレート。コシはあるのだが、麺の表面の滑りで食感を損ねている。

スープは豚骨ベースとしては珍しい清湯タイプ。豚骨はぐつぐつ煮てもなかなか味が出てこない食材なので、低温で煮たらなおさら味が出ない。スープだけで飲むなら美味しいのだが、麺を食べさせる力はない。

チャーシューは美味しかった。 







一番評価できるのはこれかな(笑)。



店名 ソラノイロ食堂 池袋店
電話 03-6912-6715
住所 東京都豊島区池袋2-22-5
営業時間 [火〜金]11:30〜15:00(L.O.14:00) 18:00〜23:00(FOOD L.O.22:00/DRINK L.O22:30) [土]11:30〜22:30(FOOD L.O.21:30/DRINK L.O22:00) [日・祝]11:30〜21:30(L.O.21:00)
定休日 月曜日(祝日の場合営業で火曜日休み)  

2020年01月31日

ラーメンショップ 卒島店

「ラーメンショップ」って、店に入るの20年ぶりぐらいではなかろうか。食べる店が見当たらないので入ってみた。

IMG_3286


名称:ラーメンショップ 卒島店
種類:東京とんこつ
場所:思川
注文:ネギらーめん
評価:2/CBB
2020.1.31.
コメント:麺を一口。柔らかい。細めの麺が柔らかすぎる。硬さは調整してもらえるだろうが、デフォルトで出すには柔らか過ぎる。

スープはとんこつベースの醤油味だが、とんこつとか鶏とかよりも、ネギの味が中心。ネギラーメンだから当たり前か。それで、味の方はこれはこれで悪くない。

チャーシューは普通に美味しい。

意外と悪くなかった。でも、今の時代、この味で大行列は難しいだろう。

店名 ラーメンショップ 卒島店
電話 0285-37-0965
住所 栃木県小山市卒島2098-2
営業時間 6:00〜18:00 祝日6:00〜16:00
定休日 日曜  

2020年01月22日

久松の鯛ラーメン

年末に食べてみたらまぁまぁだった久松に鯛ラーメンを食べに行ってみた。

前回の評価
http://buu.blog.jp/archives/51596055.html


IMG_3227


多分こんな感じだろうな、と想像していた味にドンピシャ。魚臭くていけない。鳥や豚の臭さはある程度慣れがあるので臭くても気にならないことが多いけれど、魚はいただけない。大体、日本人の料理の歴史は魚臭さをどうやって消すかの戦いで、その戦いの成果をほとんど無視している。だから、一口目を食べる前から「うわぁ・・・」という負の感情が湧き起こる。

食べたことを後悔するラーメンだった。  

2020年01月21日

麺屋大河




名称:麺屋大河
種類:北海道
場所:金沢
注文:味噌らーめん 肉盛り
評価:5/ABC
2020.1.21.
コメント:麺はかなり太めの札幌ゴム麺。ここまで太い北海道系はちょっと珍しい。どこかの北海道の製麺所に特注したのだろうか。スープの絡みやコシには何の問題もない。

スープは濃厚なベーススープを味噌で調味したもの。美味しいけれど、極太麺を食べさせるには少々味が足りない。一味や特製十味で調整を試みたが無理だった。

チャーシューは低温処理タイプ。味がなく、スープで味付けすることになるけれど、そこまでして食べる必要はないものなので、トッピングして失敗した。

東京にあればそれほどありがたみを感じる店ではないけれど、金沢の人には良いかもしれない。観光客は金沢まできてラーメン食ってる場合ではない。




店名 麺屋大河
電話 076-260-7737
住所 石川県金沢市堀川町6-3
営業時間 11:30〜15:00 17:30〜23:00 [日・祝日]11:30〜15:00
定休日 月曜(祝日は翌日火曜)  

2020年01月20日

らうめん 侍

金沢の駅ビルにあった侍という店でラーメンを一杯。以下評価。



名称:らうめん 侍
種類:福岡
場所:金沢
注文:和風とんこつ
評価:5/ABC
2020.1.20.
コメント:麺は細めのほぼストレート。きちんと丁寧に茹でられていて、コシがあってスープの絡みも良い。

スープは豚骨ベースの九州系あっさりタイプ。ちょっと調味料で味を整えた感こそあるものの、美味しいと思う。

チャーシューは肉質はイマイチだけど味付けが良い。

駅ビル、駅地下、ターミナル駅周辺は賃料が高く、契約期間も長いので、大きな資本がバックにないと参入しにくい。固定費が高いので、ラーメンの原価割合も低くならざるを得ず、郊外の店に比べるとまずい確率が格段に高い。ところが、この店は、そういう常識を覆す質だったので驚いた。5点だけど、ここまで点数が高い店は珍しい。それくらい、駅ビルの店はまずい店が多い。

上手にプロデュースしてあると思う。腕の良い職人の手によるものだろう。もちろん金沢くんだりまででかけて九州ラーメンを食べる意義は、東京の人間にはない。金沢周辺の人には良いと思う。




店名 らうめん 侍の侍 (Samurai of Samurai さむらいのさむらい)
電話 076-223-3661
住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 くつろぎ館 3F
営業時間 11:00〜22:00 (L.O.21:30)
定休日 無休  

2020年01月14日

ココノラ #佐野

佐野のココノラ(coco nora)で一杯。以下評価。




名称:ココノラ
種類:佐野
場所:田島
注文:チャーシューメン
評価:7/BAA
2020.1.14.
コメント:麺は佐野タイプの平打ち縮れ麺。ちょっとコシが足りないのが残念。スープは良く絡む。

スープは多分とんこつ鶏ガラブレンドの標準的な佐野ラーメンのスープ。でも、バランスよく仕上げてあってかなり美味しい。

チャーシューは色々なタイプのチャーシューがトッピングされていて、約300円高いのが気にならない。これならトッピングした方が良い。ただ、低温処理チャーシューは余分。これをトッピングするなら、他の肉をトッピングして欲しい。

ぱっと見、結構怪しい感じなので、なかなか入りにくいのだが、ラーメン以外も食べてみたくなる美味しさだった。ココ・ファーム・ワイナリーと関係あるのかな?



















店名 ココノラ
電話 0283-24-5337
住所 栃木県佐野市上羽田町394-2
営業時間 11:30〜14:30(L.O)17:30〜21:00(L.O.20:30) ※14:30〜17:30はラーメンのみ
定休日 水曜日  

2020年01月12日

えんや

王子のえんやで一杯。以下評価。




名称:えんや
種類:塩
場所:王子
注文:柚子塩らーめん
評価:8/AAC
2020.1.12.
コメント:麺はやや細めのストレート。コシがしっかりしていて、スープも絡む良品。

スープは魚介系中心、鶏ブレンドの塩味。すっきりしていて美味しい。良くできたスープだと思う。

チャーシューは低温処理タイプ。麺とスープが良いのに、チャーシューだけは大きく見劣りする。低温処理チャーシューは肉そのものの旨味を楽しみにくいし、食べにくいし、美味しく提供することが非常に難しい調理方法なので、どうして取り入れるのか不思議でならない。今までに食べた中で、まともな低温処理チャーシューを出している店は一軒か二軒だと思う。




店名 えんや
電話 03-3905-6550
住所 東京都北区岸町1-1-10 岸町NUビル1F
営業時間 [月〜金]11:30〜翌1:30[土・祝]11:30〜22:00
定休日 日曜  

2019年12月18日

久松




名称:久松
種類:東京
場所:池袋
注文:特製鶏そば
評価:6/ABB
2019.12.18.
コメント:麺はやや細めの全粒粉タイプ。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは鶏ベースの醤油味。なかなか美味しいけれど、醤油からなのか、少しだけ苦味が感じられる。

チャーシューは豚と鶏が半々。低温処理タイプで、標準的な味。すごく美味しいわけではない。

新店にもかかわらずなかなか良い味をだしている。ただ、右を向いても、



左を向いても、



水がからっぽ。

看板のひとつ、鯛そばは年内は提供できないみたいで、蘊蓄は立派なのだが、運営はまだ魂が入ってない感じ。






店名 鶏そば 鯛そば 久松
住所 東京都豊島区池袋2-18-2 1F
営業時間 11時ー23時
定休日 なし  

crab台風。




名称:crab台風。
種類:独自
場所:人形町
注文:蟹そばハーフ肉増し
評価:5/ABC
2019.12.18.
コメント:麺は細麺。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは豚骨ベースで蟹を合わせているらしい。ベースのスープが濃厚なのに、温度が熱すぎて味が薄く感じる。この辺は食べ物に対する科学的考察ができていないようだ。おかげで、カニは香りが中心で、味はそれほどアピールしない。

チャーシューは低温調理タイプ。薄く切っているところは工夫が感じられるが、別に美味しいわけではない。

エビは良くみるけれど、蟹をスープに使う店は珍しい。蟹が何より大好物という、ギャラリーフェイクの藤田さんには良いかもしれないけれど、一般の人にはそれほどありがたみが感じられないラーメンだと思う。









店名 crab台風。 (クラブタイフウ)
電話 03-6667-0600
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-9-5 大鷲ビル1F
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜21:00
定休日 無休(年末年始休みあり)  

2019年12月10日

博多屋台




名称:博多屋台
種類:福岡
場所:館林
注文:博多チャーシュー
評価:5/ABC
2019.12.10.
コメント:麺は細めのストレートで九州系。取り扱いに問題はなく、最後まで美味しく食べることができる。

スープは豚骨ベースの九州系。濃厚さは合格レベルだが、味が足りない。無料の高菜で調整できるので、問題ないといえば問題ないのだが、味の変化が楽しめないので、替玉をする気になってこないのが残念。

チャーシューは普通。まずくもないがおいしくもない。同行者の注文した角煮に方が美味しかった。30年前の東京なら行列したかもしれない。今は九州系の味がとてもレベルアップしたので、行列はしないかな。






店名 博多屋台
電話 0276-75-3773
住所 群馬県館林市富士見町18-50
営業時間 17:30〜23:00
定休日 月曜日・木曜日  

2019年12月08日

リューズヌードルバー

せっかく新横浜にいるので、今日もラーメン博物館に来てみた。食べてみたのは一番すいていたリューズヌードルバーという店。




名称:リューズヌードルバー
種類:鶏白湯
場所:新横浜
注文:しお
評価:1/CCB
2019.12.8.
コメント:麺はやや細めのストレート。今時珍しい茹で過ぎででろんでろんのべたべたした麺。これはダメだ。

スープは鶏白湯らしいけれど、味がない。温度と塩加減のバランスが悪いようで、まったくだめ。

チャーシューはまぁまぁ。

良くこんな内容でラ博に店を出したものだ。武内さんや北島さんが生きていたら、さぞやお嘆きだろう。

店名 リューズヌードルバー (RYUS NOODLE BAR)
電話 045-471-0503
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館
営業時間 [月〜金・日] 11:00〜22:00 [土] 11:00〜22:30
定休日 無休  

2019年12月07日

八ちゃんラーメン

日産スタジアムの座席は確保したので、試合までラーメン博物館でも行っておくかということになった。行ったのは、八ちゃんラーメンという福岡系の店。以下、評価。



名称:八ちゃんラーメン
種類:福岡
場所:新横浜
注文:ラーメン
評価:8/AAC
2019.12.7.
コメント:麺は細めのストレート、麺硬めで注文。さすがにラーメン博物館に出店するだけのことはあって、弱点なし。

スープもとんこつからしっかりと出汁が取れていて、良くできている。

ただ、チャーシューはまずかった。

なお、混雑状況はこんな感じ。



博物館の中はこう。









店名 博多・薬院 八ちゃんラーメン 新横浜ラーメン博物館店
電話 045-471-0503
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F
営業時間 平日 11:00~22:00(L.O.21:30)土曜日 11:00~22:30(L.O.22:00)日曜日・祝日 10:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 無休  

2019年11月13日

かつら木

このところぱっとしなかった池袋のラーメンだけど、久しぶりに良い店ができた。



名称:かつら木
種類:東京
場所:池袋
注文:特製中華そば
評価:10/AAA
2019.11.13.
コメント:麺は細めのストレート。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは鶏ベースの醤油味。やや脂が多めだが、味がボケないように濃い口にバランス調整されている。麺との相性もとても良く、弱点が見当たらない。

チャーシューも美味しい。

年中無休の業態でこのレベルは素晴らしいの一言。この場所に何のバックもない店が出店できるとは思えないが、母体となっている店もそれなりのレベルの店と想像できる。



店名 麺 かつら木
電話 03-6912-9554
住所 東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビル1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 無休  

2019年11月05日

おぐら屋




名称:おぐら屋
種類:佐野
場所:田沼
注文:チャーシューメン
評価:1/CBC
2019.11.5.
コメント:麺はやや太めの太平手打ち麺。スープの絡みがイマイチで、コシも不足気味。佐野ラーメンの良いところは感じられない。

スープは鶏ベースのあっさり塩味かな。スープだけで飲むならまぁまぁ美味しい。

チャーシューは塩気の濃い味付けで、スープとのバランスが悪い。肉質も悪く、トッピングする価値はない。

この辺りでは人気店のようだが、全くお勧めできない。




店名 おぐら屋 (おぐらや)
電話 0283-25-1128
住所 栃木県佐野市出流原町993-1
営業時間 [火〜土]11:00〜19:00 [日]11:00〜18:00
定休日 月曜日、年末年始  

2019年10月28日

こせり

池袋のネパール料理店でラーメンを食べることができると聞いて行ってみた。







なるほど。ラーメンである。以下、評価。

名称:こせり
種類:独自
場所:池袋
注文:スパイシーらーめん
評価:3/AC-
2019.10.28.
コメント:麺はやや細めのストレート。びっくりするほどまともな麺である。

スープはカレーのようなスパイスを中心に味付けしたもの。ベースは炒めた玉ねぎなんだろうが、やはり味を支えるだけの力強さがない。もうちょっとしっかり出汁をとらないと、これだけのスパイスは支え切れないだろう。結果として、スパイスだけが感じられるスープになってしまし、スープだけなら美味しいけれど、麺を食べさせることはできない感じ。

チャーシューはチキンだったので無評価。

決してまずいわけではないのだが、ラーメンの枠で評価するとこの点数になってしまう。あと、店内は喫煙可能で、咳き込みながらタバコを吸っている人間のせいでこっちまで喉が痛くなってしまった。自分も他人にも迷惑をかけてまでタバコを吸いたい人間の気持ちが理解できない。僕は多分この店にはもう行かないけれど、それは味が悪いからではなく、喫煙可能だから。今や、喫煙可能かどうかは店選びの重要なファクターになってしまった。

店名 こせり (【旧店名】ジュグジャリ )
電話 03-5927-8289
住所 東京都豊島区東池袋1-33-4 ニュー池袋ハイツ104
営業時間 ランチ 11:00〜17:00 ディナー17:00~23:00
定休日 年末年始  

2019年10月23日

ナベラボ池袋゛新潟ラーメン第2弾゛生姜醤油

すぐ内容が変わっちゃうので、いちいち新店扱いするのはやめて「今日のナベラボ」といった趣でレビュー。



注文は生姜醤油。生姜の風味がかなり前面に出ているものの、バランスが悪いわけではなく、うまく仕上げている印象。スープとチャーシューは味がやや濃い目で作っていて、わかりやすい味になっている。

テーブルの上に置いてあるのが安定剤入りのおろしニンニクでなかったら気持ち良く帰ることができるんだけど、隣の席の客が食後にタバコを吸い出したのに似た不快感。



もうひとつの看板はニンニクの風味を前面に出しているそうだけど、業務用ニンニクを使っていたら嫌なので、食べに行くことはないだろう。  

2019年10月18日

つじ田 池袋




名称:つじ田
種類:東京西部
場所:池袋
注文:濃厚特製らーめん
評価:7/ABA
2019.10.18.
コメント:麺は中位の太さで、ごく弱くよりが入っているけれど、ほぼストレート。麺が一部絡まっていた(写真ではわかりにくいかな)こと以外は問題ない。



スープは濃厚豚骨魚介系。少し苦味が感じられるけれど、味が濃いので食べている間は気にならない。食べ終わると、口の中に苦味が残る。歯を磨けば問題ないのだが。

チャーシューは美味しい。

すっかり食べ飽きた味ではあるけれど、質はなかなか高い。




つけ麺は食べないけれど、一応能書きは載せておく。



店名 つじ田 池袋西口店
電話  03-6709-2670
住所 東京都豊島区西池袋5丁目2-10 八勝堂ビル1階
営業時間 [月〜金]11:00〜23:00 [土・日・祝]11:00〜21:00
定休日 不定休  

2019年10月16日

足利麺




名称:足利麺
種類:佐野
場所:東武和泉
注文:チャーシューメン 手打ち麺
評価:6/ABB
2019.10.16.
コメント:麺は手打ち麺、細麺、ひもかわ麺から選べる形態で、今回は無難に手打ち麺を選択した。佐野ラーメンとしては気持ち太いかな、と感じる平打ち麺で、コシ、スープの絡みともに良好ではあるけれど、佐野のハイエンドとまではいえない。

スープはわりと塩分が強めのあっさりタイプ。醤油からなのか、微妙に苦味があるけれど、普通に美味しいレベル。

チャーシューも悪くない。

サンマーメンと唐揚げも食べてみたけれど、サンマーメンは横浜から離れた土地ということを考えればなかなか良くできていた。唐揚げは、とても美味しかった。これは、ラーメンにトッピングしてしまうのはもったいない。単品で注文したいところ。