2014年06月03日

ほぼ一年間枯れていたパキ蔵がメネデールのおかげで復活しつつある件

我が家のパキラのパキ蔵、2012年に剪定をやったあと、すっかり元気がなくなってしまい、徐々に弱ってしまった。去年は葉っぱが出てくるものの、すぐにしわしわにしおれてしまい、健康な葉っぱにならなくなってしまった。そこで、去年、植え替えをしたのだが、それもまずかったのか、完全に丸坊主状態となっていた。




幹の上のほうから徐々に黄色くなってきて、これ、枯れちゃったのかな、と思いつつも、春になれば芽がでるかも、と思い、冬の間も一応水だけはあげていた。今年、春になってもやはり発芽しないので、さすがにもう駄目かも知れないね、と思っていたのだが、先週、ふと思い出して、ウツボカズラの株分け用に購入してあったメネデールを使ってみた。すると、今日になって、幹から芽が出ているのを発見した。







良かった、死んでなかった。メネデールバンザイ!

参考:このブログを「パキ蔵」で検索した結果(元気だった頃のパキ蔵満載)
  

Posted by buu2 at 09:29Comments(0)TrackBack(0)植物

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2012年09月23日

パキ蔵君の剪定

我が家のパキラのパキ蔵君、御年23歳くらいなんだけれど、さすがに大きくなりすぎた。天井につっかえてどうなるかと思ったら、そこで横に成長を始めて、家の中で一番大きな部屋の20%程を占めるくらいに大きくなってしまった。ということで、チョキチョキ剪定することに。

12_09_21_1700


上に伸びきってしまったところを切って、二回りくらい小さくすることに成功。

12_09_22_1701


本当はこれから寒くなる時期にやることじゃないんだけど、せっかくなので切った枝は挿し木にしてみた。

12_09_22_1702


でも、挿し木って、苦手なんだよね。ウツボカズラでもうまく行ったことがない。加えて、秋だからなぁ。ダメで元々。  
Posted by buu2 at 16:06Comments(0)TrackBack(0)植物

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2011年08月17日

親愛なるパキ蔵君へ

こんにちは。

暑い日が続きますが、お元気そうで何よりです。さて、今日はパキ蔵君にひとこと言いたいことがあります。多分君には口で言っても伝わらないと思うので、ブログに書きます。

君が僕と一緒に暮らすようになって、かれこれ20年以上。一緒に暮らしている生き物としては、君との付き合いが一番長いです。これだけ一緒にいるのだから、君がこんなに大きくなってしまったのも道理といえば道理。

11_08_17_368


でも、ちょっと待ってください。そこは、僕がご飯を食べたり、仕事をしたりする場所です。

11_08_17_369


あ、ちょっと目を離すと、ちょっと、それ以上伸びちゃうと、天井につっかえてしまいます。

11_08_17_370


君はなんだかんだいって、もう2畳分ぐらいの場所を占有しています。もうそろそろ、大きくなるのはやめてもらえないでしょうか。僕がいる場所がどんどん狭くなってきています。あと、これ以上大きくなると、引越しの時とかも大変だと思います。

是非一度、お考えいただければ幸いです。

君の友達より。  
Posted by buu2 at 16:28Comments(0)TrackBack(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2011年06月26日

パキ蔵君がでかくなりすぎ

このパキ蔵君は、僕が靭帯を切って病院に入院していたときに、女の子が病院にあった花屋で買ってきてくれたもの。その時は10センチぐらいで、葉っぱも3センチぐらいのが数枚ついていただけだったんだけど、それから20年経って、こんなでかくなってしまった。特にここ一年ぐらい、ハイポネックスでドーピングしたら凄いことになっている。このままじゃ、部屋の20%ぐらいがパキ蔵君に占有されてしまう。どうしたら良いんだろう?

11_06_26_258
  
Posted by buu2 at 06:00Comments(2)TrackBack(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2010年09月05日

うちのパキ蔵

我が家にはパキ蔵という名前のパキラがある。こいつとは凄く長い付き合いで、もう20年以上になる。僕が前十字靭帯を切断して横浜労災病院に入院していたとき、実家の美容室で働いてた可愛い女の子がお見舞いに持ってきてくれたもの。当時は5センチくらいの切り株から二本の芽が出ているだけのものだった。

彼女はなんか、他の誰かに「入院している人に根がつくものをお見舞いで渡すものじゃない」と叱られたらしいけれど、聞いたら横浜労災病院の花屋で売っていたそうで、そりゃぁ仕方ないだろ、という感じ(笑)。僕はあんまり動植物に愛着のない人間なんだけれど、このパキラだけはずっと長い付き合いで、考えてみたら血がつながらない生物と一緒に生きているものとしてはこいつが最長だと思う。

今では1メートル50センチぐらいに成長しているわけだが、枝が離れて邪魔なのでリボンで縛っておいたら、そのリボンがすっかり木に食い込んでしまって取れなくなっていて、その膨れてしまった部分からまた新しい芽が出てしまって、なんとも怪しい感じになっている(笑)。で、このパキ蔵、にょきにょき上の方へは伸びていくのだけれど、他の家で見かけるパキラに比較するとあんまり葉っぱがない。せいぜい、5本ぐらいの枝の先に7枚か8枚の葉っぱがついている、程度のしげり具合だった。

先日、ベランダを掃除していたら、園芸用の箱の中からハイポネックスがでてきたので、「じゃぁ、これを使ってみよう」と思って、パキ蔵にドーピングを始めてからかれこれ三ヶ月程度だと思うのだけれど、面白いように葉っぱが増えた(笑)。

いやー、生き物というのは、餌に明確に反応するものだね。ハイポネックスなんて、凄く不健康そうな、人間で言えばブルーハワイのかき氷のシロップみたいな色なんだけれど(いや、多分間違って飲んだりしないように、おおよそ食べ物っぽくないカラーリングに着色しているんだろうけれど)、凄く効くことがわかった。

DSCN1272


まぁ、葉っぱは多いほうが良いよね。  
Posted by buu2 at 02:24Comments(0)TrackBack(0)Nikon COOLPIX P6000

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集

2006年05月28日

きのこ

a529e9cd.jpg我が家には約20年物のパキラがある。

これ、僕が靭帯を切断して入院しているときに知り合いの美容師がお見舞いで持ってきてくれたものなんだけど、そのときは10センチぐらいだったのに今は1メートル以上に巨大化している。で、まぁそれは良いんだけど、この間このパキラ(名前はパキ蔵)の土をかえてやったら、その土からきのこがはえてきた。

何これ。食べられるの?  
Posted by buu2 at 00:44Comments(0)TrackBack(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集